※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

前略 薔薇水晶へ

元気でやっているかい?
お前がいなくなってから随分な日がたったね。
毎朝起きると、お前の姿が無くて少しだけ寂しくなるよ。

桜田くん……いや、ジュンくんとはうまくやれているか?
困ったことがあれば、いつでも相談してくれ。

……勘の良いお前のことだ、今日こんな手紙を送ったのは、他に何か訳があると気づいているだろう。


笑わないでくれ……実は、父さんには今好きな人がいる。

しかもその人は、お前と同じくらいの年齢の人なんだ。
先週、六本木という街のある店で、偶然にも……いや、運命だろう、出会ったんだ。

……薔薇水晶、むろん父さんはお前を愛している。
もちろん、ジュンくんも今となってはかけがえの無い息子だ。

だけど、六本木のその人は、すごい美人なのに……誰よりも、父さんに優しくしてくれるんだ。
口下手な父さんがする、どんなつまらない話でも笑顔で聞いてくれるんだ。
帰ろうとすると必ず袖をつかんで
「あと1時間いいじゃなぁい?」って言ってくれるんだ。

いいか薔薇水晶……父さんは、恥ずかしくなんかない。父さんは目が覚めたんだ。
やっと愛というものが何か気づいた気がするんだ。
父さんは……私は、これから本当の人生を生きようと思うんだ。……彼女と共に、ね。ははは、少し気が早いかな。

……長くなったけど、この辺りにしておこう。ジュンくんに、よろしく言っておいてくれ。  ○月×日 槐


前略 薔薇水晶へ

元気でやっているかい?
……実は父さんは、あまり元気ではないんだ。

お前の言うとおりだった。
先日の手紙に書いた人……あの人は、ひどい女だった。
父さんのお金だけが目当てだったんだ。

父さんが、ちょっとだけ、ちょっとだけ二人の愛を確かめようとしたら、
「カン違いしないでよねぇ。オジサン」だなんて言われたんだ。

今思うと、なぜ娘であるお前よりも、あの女を信じたのかわからない。
すまない、薔薇水晶。ふがいない父さんを許してくれ。


……でも薔薇水晶、父さんはもっと優しい人に出会ったんだ。
疲れた体をもみほぐしてもらおうと思って入った、
歌舞伎町という街の、S……マッサージ店で、偶然にも……いや、運命だろう、出会ったんだ。

語尾に「です」という言葉をつける癖のある、とても上品で素敵な女王s……いや、女性なんだ。

狭い部屋で60分しか会えないけど、父さんの悪いところを次々と口にして指摘してくれるんだ。
特製の鞭でマッサージもしてくれる。そして、父さんを……天国へと導いてくれたんだ。

いいか薔薇水晶……父さんは、恥ずかしくなんかない。父さんは目が覚めたんだ。いや、性的な意味でなく。
やっと愛というものが何か気づいた気がするんだ。
父さんは……私は、これから本当の人生を生きようと思うんだ。彼女と共に、ね。……ははは、少し気が早いかな。

……長くなったけど、この辺りにしておこう。ジュンくんに、よろしく言っておいてくれ。  △月□日 槐


前略 薔薇水晶へ

父さんは駄目な男だ。
お前の言うとおり……実は、あの人もひどい女だった。

父さんのことを愛していると信じきっていたのに、
その店に行ったとある友人が、父さんに自慢してきたんだ。
彼女は、誰にでも同じことをしていたんだ。

……今思うと、なぜ娘であるお前を信じられなかったのかわからない。
ふがいない父さんを許してくれ、薔薇水晶。


……優しいお前のことだ、この手紙を読んで、きっと私の身を案じてくれていることだろう。
でも、平気だ。父さんは、傷つくのには慣れている。

それに、人はダマされるより、ダマす方が辛いものだ。
きっと今頃彼女たちも自分の過ちを悔んで、
父さんのことを思って苦しんでいるはずだ。

いいか、薔薇水晶、父さんは大丈夫だ。
傷つくことなど、とっくに慣れているんだ。
多少、紙の端にシミができてしまったが、ただの汗だ。男は目から汗を流すものなんだ。

いつもどおりの、お前の父さんなんだ。

……今日はこの辺りにしておこう。ジュンくんに、よろしく言っておいてくれ。 ×月△日 槐

|