※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆愛の伝道師ばらしー◆

J「…………」

薔「…………」

J「……あの、お名前は?」

薔「……薔薇水晶、だよ」

J「……薔薇水晶さん」

薔「……ばらしー、でいいよ。みんなそう呼ぶから」

J「……ばらしー」

薔「……なに?」

J「……なんで朝目覚めたら、君が僕の部屋の、それもベッドの中で隣にいるんだ?」

薔「…………」

J「…………」

薔「……私は、愛の伝道師だから」

J「ごめんちょっと意味がわからない」


◆ナルっ子きらきー◆

雪「本当に申し訳ありません、JUM様」

J「いえいえ」

雪「ほら、ばらしーも謝って」

薔「……JUM……ごめんね、今度は夜忍び込むから……」

J「できれば夜もやめてほしい」

薔「……じゃあ」

J「昼もやめて」

薔「……ちくしょおおおおおお」ジタバタ

雪「すいません、こんな子なんです」

J「彼女がきらきーの妹なんて信じがたいな」

雪「ええっ、そんな……いくら私が美しすぎるとはいえ……確かにばらしーの容姿が私に劣っているからといっても、
  そんな言い方はありませんわ」

J「いや、そういう意味でなく」

雪「ああ、なんで天は私にこのような罪を与えたのでしょう? そう、美しさ、それは大いなる罪……」

J「聞いちゃいねえ」


◆お前が言うな◆

J「……ってなことがあったわけだが」

め「ああ、それはいつものことよ」

銀「私たちが初めて来た時も朝起きたら侵入してたわねぇ」

J「なんと」

ガチャリ
真「私の時もよ」

J「え、新規もか?」

真「私の名前は新規でなく真紅だけど……引っ越してきた翌朝、隣を見たら彼女がいて驚いたわ」

め「侵入癖っていうのかしらね、新居者の部屋に必ず忍び込むのよ、ばらしー。ふふ、変わった子よね」

J「確かにそうだが、お前が言うな」

銀「ほんと、めぐといい勝負張ってるわ、変人具合は」

J&め「お前が言うな」

真「まったく……あなた達といい、ばらしーときらきーといい、このアパートにはまともな人はいないのかしら?」

J&め&銀「お前が言うな」


◆人形師のお仕事◆

銀「……でもまあ、あの子のおかげでこのアパート、人が全然入らないのよね」

J「僕を入れても三部屋しか借りられてないのか……あの二人は生計立てれてるのか?」

め「ああ、それなら大丈夫よ。彼女たちのお父さん、有名な人形師さんならしいから」

J「人形師? って普段何してるんだ?」

め「さあ? 人形を作ってるんじゃない?」

真「人形って言っても、本格的なものでしょう? そんなにホイホイ売れるものなのかしら」

銀「もうかりそうな職業には見えないわよねぇ……」


「「「「………………」」」」


真「……ま、まあ大丈夫なんじゃない? 二人とも生きてるんだし」

め「『さおだけ屋はなぜつぶれないのか』みたいな何らかの原理が働いているのね、きっと」


◆生きていくために◆

真「そういえば、JUMはバイトとかはしていないの?」

J「うん。めんどいし」

め「そんなんじゃあ社会の荒波に揉まれて生きていけないわよ」

J「まさかニートに説教されるとは。でも、本屋のバイトの面接を一つ受けたんだ」

銀「へぇ、意外にアクティブね」

J「……だけど、店長がちょっと気味の悪い人で」

め「どんな感じに?」

J「長髪で、見るからにチャラチャラしてますよーって雰囲気」

真「それだけなら大したことないんじゃなくて?」

J「いや。やたらと僕の体に触ってきた。肩とか太股とか」

銀「うわぁ、ないわぁ」

J「しかも帰り際に耳元で、『ありえないんだよね、お前以上のケツなんて』って囁いてきた。僕の尻撫でまわしながら」

め「おえええええええ」ゲロゲロゲロ

真「くそみそな匂いがぷんぷんするわね……」


◆JUMのこだわり◆

め「話題変えよっか……ねえねえ、桜田くんって兄弟いたりする?」

J「ああ、姉ちゃんが一人いるよ」

銀「想像つかないわねぇ」

真「確かに。どんな人なの?」

J「どんなって……ちっこくて、眼鏡かけてるよ。それでボケてる」

め「つまり桜田くんは、ロリコンでメガネ属性を持ちつつ、実は天然な子がタイプなのね?」

J「なぜそうなる」


トテトテ……コテン

薔「……あん、また転んじゃった……ばらしーったら天然な子ね……テヘ……」


J「馬鹿者、それはドジっ子だ」

銀「いや、突っ込みどころが違うでしょ」

真「いつからいたのよ、ばらしー」


◆生きていくために その2◆

銀「あら、もうこんな時間。めぐ、早く行かなきゃ売り切れちゃう」

め「なんと。急ぐわよ、水銀燈」

J「何を買いにいくんだ?」

め「スーパーのタイムサービスがそろそろ始まるのよ。早くしないとおばさん軍団に買い占められるわ」

銀「食費は少しでも浮かせないとねぇ」

薔「……世知辛い……世の中だね……」

め「そういうわけで、いってきまーす」トコトコ

真「いってらっしゃい。……私も部屋に帰ろうかしらね。原稿書かなきゃ」

J「新規はタイムサービス行かなくていいのか? 一番金に困ってそうなのに」

真「私の名前は新規でなく真紅だけど、歯に衣着せない言い方ね。あいにくと自分一人分くらいの食費は稼いでいるわ」

J「ふーん……そういや、水銀燈ってめぐに寄生されてるよな」

真「……本人はわかってないからいいのよ」

薔「知らない方がいいことも……世の中にはたくさんあるんだね……」

J「いや、気づいてない方がおかしい気がするんだが」


◆真紅マジック◆

真「……さて、部屋に帰ってきたはいいけど」

真「……全くもって我が筆は進まない……」

真「………………」

真「……ミス真紅の、マジックショー!」

真「いえーい、待ってました!」パチパチパチ

真「……ここにある一本のペン。どこにでもある普通のペンです。そうね……ではそこの貴方、確かめてくださる?」

真「ふむ、確かに普通のペンですね、ミス真紅」

真「……ありがとう、そうでしょう? ……ですが、このように端を持って上下に振ると……」フリフリ


真「ペ、ペンが、ぐにょんぐにょんに曲がっているッー!!??」

真「ふふふ……いかがでしたか? 観客のみなさん」

真「ブラボォ!! さすがミス真紅!! 見事なマジック!!」パチパチパチ

真「………………」

真「………………」

真「…………今日はもう寝よう」


◆JUMとばらしー◆

薔「……ねえ、見て見てJUM」

J「それに見えるは黒のマフラー」

薔「いぐざくとりぃ……きらきーに買ってもらったの」

J「そいつぁよかったな」

薔「……もう、JUM……こういう時は『似合ってるよ、ばらしー』とか『素敵だ、君にぴったりだね』とか
  『君には僕というマフラーがいるじゃないか』とか言うべきなんだよ……」

J「そんなもん?」

薔「そんなもんです」

J「そうか、なら……似合ってるよ、ばらしー」

薔「ふふ、ありがとう……おれいに、とっておきの一発芸を見せてあげる」

J「ほほう」

薔「いきますよ……『ひとつうえの男になる』……」

J「やめなさい」


◆JUMとばらしー2◆

薔「……ねえ、見て見てJUM」

J「それに見えるはタートルネックのセーター」

薔「いぐざくとりぃ……きらきーに買ってもらったの」

J「そいつぁよかったな。見たところ、ユニクロで買ったのか?」

薔「……あん、もうユニバレしちゃった」

J「ユニバレ?」

薔「そう……ユニクロの服を着ているのがバレてしまったときに使う言葉」

J「なるほど。また一つ賢くなったよ」

薔「……知識の源泉に一歩近づいたね……ねえ、JUM。どう……?」

J「ああ、よく似合ってるよ、ばらしー」

薔「ふふ、ありがとう……おれいに、とっておきの一発芸を見せてあげる」

J「……いや、遠慮しとく」

薔「いきますよ……『ひとつうえの男になる』……」

J「やるのかよ」

|