※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

それから、私達は近くのレストランで昼食をとることにした。
レストランはごった返していたが、何とか八人が座る事のできる席を見つけたわ。
外は太陽が照り付けていたが、中は冷房が効いていてとても涼しい。

翠「はぁ~……涼しいですぅ」
銀「そうねぇ。外は暑くて暑くて……冷たいものが食べたいわぁ」

翠星石と水銀燈が胸元をあけて、手でパタパタ仰いでいる。
周りの男子が胸元をちらちら私達の方に視線を送っている。
おそらく二人の胸元を見ているのだろうけど……オスはやっぱり下劣ね。

蒼「とりあえず、何か頼まない?」

蒼星石がメニューをすっとみんなの前に出した。

雪「そうですね……私はこの『BIGオムライス! 30分で食べ切れたら無料』に挑戦してみようと思います」
金「ええ~~っ!? 本当にやるかしらー!?」
雪「もちろん。ここで引き下がったら負けですもの」

金糸雀が驚きの声をあげる。
確かに、写真を見る限りボリュームは十人前はありそうだ。

苺「ヒナはね~……『イチゴソースパスタ』にするの」
紅「うっぷ……絶対まずそうな名前なのだわ」
翠「ちびちび、ぜってー残したら駄目ですよ」
苺「絶対残さないの。イチゴ大好きなの~♪」

 

雛苺……本当に食べきれるのかしら?
それにしても、そんな料理を扱っているこのレストランって……

金「カナは、『卵尽くし』にするかしらー!」

金糸雀は相変わらずの卵料理だ。
毎日卵で飽きないのかと思っているけど、私が紅茶を毎日飲んでも飽きないのと一緒なのかもしれない。

蒼「僕はちょっと高いけど『飛龍御膳』っていうのにしてみようかな」
薔「……私も同じモノにしよう」
紅「私も……それでいいわ」
銀「私は『ステーキセット』でいいわぁ」
翠「翠星石も水銀燈と同じやつにするですぅ」

みんな注文がまとまったみたいだ。
翠星石が通りがかった店員さんを呼ぶ。

店員「ご注文は?」
蒼「『イチゴソースパスタ』と『飛龍御膳』が三つ、ステーキセットが二つに『BIGオムライス』が一つ」
店員「繰り返しますね、『イチゴソースパスタ』(ry」

しばらくすると、料理がやってきた。

 

 

 

 

 

みんなで手を合わせて、いただきます。
早速、雪華綺晶が大盛りオムライスをすっすっとスプーンを使って口に運んでいる。
特撮映像のように、オムライスが雪華綺晶の口の中に吸い込まれていく。
リアルフードファイトを見ている気分よ。
隣では雛苺が、イチゴソースパスタをゴミを吸う掃除機のように吸い込んでいた。
このイチゴソースパスタ、イチゴのソースの上にホイップクリームがたっぷり乗っている。
紅と白のコントラストが毒々しい。

苺「いっちご味のースパゲッチィー! いっちごっもいっぱい入ってるー! スパゲッチィー! ウォォ(ry」
翠「うっぷ……見ているだけで胸焼け起こしそうです……」
紅「同感よ……」

翠星石が胸に手を当ててえずいている。
はっきり言わせてもらえるなら……下品よ。
まわりにソースが飛び散っているのにも構わず、雛苺はパスタを食べ続けている。
そして、ものの一分で完食してしまった。

苺「ごっちそうさまなの~!」
蒼「速いね……」

蒼星石も普段見慣れているとはいえ、唖然としている。
しかも早食いして脂肪が胸にしかつかないのだから、もう本当になんと言うか不平等ね。
私もお腹や太ももじゃなくて、胸に脂肪がいってほしいのだわ!

薔「私達も……食べない?」
蒼「そ……そうだね。つい二人に気圧されちゃって……」
紅「私もよ……」

 

私や蒼星石も『飛龍御膳』に箸をつける。
うん、おいしいわ。
特にこの山菜料理。敬遠していたけど、かなり美味だ。

銀「このステーキ、ジューシーねぇ」
翠「とっても柔らかいですぅ~」

二人はステーキにかぶりついていた。
肉汁がお皿に滴り落ちている。
かなり美味しそうね……私も食べてみたいわ。

紅「水銀燈、貴方のお肉一切れと、私のお刺身二切れを交換しない?」
銀「待って頂戴、ちょっと考えさせて……」

トレード交渉をしてみる。
水銀燈は『考える人』の様にしばらく考えた後、お肉を一切れこっちに渡してきた。

銀「いいわよ。交換してあげる」
紅「そう。ありがとう」
銀「ふふ、どういたしまして」

私も海老と赤身を小皿に入れて渡す。
翠星石と蒼星石も私達と同じ様にステーキとお刺身を交換していた。
今更だけど、二人は本当に仲が良い。
金糸雀と薔薇水晶も互いの料理を交換している。
美味しそうなスコッチエッグだ。
この光景を見て、私の頭の中に『隣の芝生は青く見える』と言う諺が浮かんだ。

 

 

 

 

 

私達は料理を食べ終え、少し時間もあったので、お土産を見ていくことにした。
旅行地特有のお土産は、見ていて飽きなかったわ。
私はのりさんのために『高原クッキー』を買った。
雪華綺晶はまたもや自分のおやつと言って大量のクッキーを買っていたわ。
BIGオムライスも間食したのに、まだ食べられるのかしら……すごい。
雛苺は苺パスタソースが売っているのを見て、ホクホク顔でそれを籠にいれている。
金糸雀は私と同じ『高原クッキー』を買うらしい。卵にしないのと私が聞いたら、売ってるわけ無いかしら! と返された。
もう……冗談よ、冗談。
蒼星石と翠星石は二人でおもちゃの方を見ていた。『飛龍の笛』を物珍しそうに見ていた。
水銀燈は薔薇水晶と一緒に、ストラップコーナーの方に行っていた。どうやら、新しい携帯ストラップが欲しいみたいだ。
そんなこんなで、私達の高原散策は終わった。
次の目的地は『チャイナタウン』
とっても楽しみなのだわ。

|