※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【少女たちの夢を星に託して】

[2009年11月17日 23:59]
[蒼星石の部屋 ベランダ。]

蒼「う~っ、冷えるなぁー……」

蒼「もう、11月も折り返したんだよね」

雛「なの! もうちょっとでクリスマスなのよ♪」

蒼「……まだあと37日もあるんだよ?」

雛「だからー、もうちょっとなの!」


 ……僕は蒼星石。中学3年生の女の子だよ。
将来の夢だとか、どこの高校に行くとか……
みんなそんなことを言ってるけど、僕にはまだ、
そういうものは、見えない。

 家で、双子の姉の翠星石と、チクチクと盆栽をいじってるほうが、
気が楽だからね……。

 となりに並んで座ってるのは、同級生の雛苺。仲良しなんだ。
見た目だとか性格はちょっと幼いから、まるで妹みたいだけれど……
……たまに、大人びて見えることがあるんだ。

 なんでこんな時間に、雛苺が僕の部屋にいるかって?
……夜の11時に、僕がジュースを買いに行ったら……
偶然、雛苺に出くわしたんだ。
いつもは、9時には寝ちゃうはずなんだけど、
「今日はなんだか眠れないの」って言うから……僕の部屋に呼んだんだ。


蒼「うーん……ねぇ、雛苺」

雛「うゆ?」

蒼「雛苺には……夢ってあるのかい?」

雛「うぃー、あるよー!」

蒼「へぇ、どんな夢なんだい?」

雛「あのねぇ……大人になった後も、みんなで、一緒に遊びたいの。」

蒼「……!?」


 ……僕は、雛苺が言ったことが、
言ったとおりの意味のことかと思ってたんだ。

雛「みんな、高校に行って、大学に行って、働いて……
  ばらばらになっちゃうの。違う国に行っちゃうかもしれないし……。
  忙しくなるの。トモエも、『高校を出たら東京に行く』って言ってたわ。」


蒼「うん……たしか、真紅がイギリスに行きたいって言ってたよね。
  水銀燈も、ドイツに行くって言ってたし……」

雛「金糸雀は、ヴァイオリンの先生になりたいって、言ってたの。
  雪華綺晶と薔薇水晶はお花屋さん、ジュンはデザイナー、
  ヒナも……お菓子を作るひとになってみたいの。」

蒼「そう……なんだ。」

雛「……めったに、みんなと逢えなくなるの。」

蒼「うん……」

雛「……ヒナね、みんなの夢が叶うの、とってもいいことだと思うわ。
  でもね……」

蒼「……?」

雛「みんなが、いつまでも仲良しでいられたら、もっと素敵だと思うの。」

 そうか……。そういうことだったのか。
自分よりも、友達を大事にする……そんな雛苺ならではの、大きな夢だよね。
僕も……というより、周りのみんなも……そう言いたいけれど、
いずれはばらばらになるのを分かってるから……言えないのかも知れない。

 雛苺だって、今までこんな夢を語ったことはなかった。
けど……僕に、あんな素敵な夢を語ってくれた。

 今なら、言えるよ。


蒼「うん。そうだよね。」

雛「うぃ。」

蒼「……思いあっていれば、この先、何年も、何十年も……
  つながりあえるはずだよ。それは、君もよく知っているよね。」

雛「……絆、なの。」

蒼「ディ・モールトいい答えだね。 それに、どこにいようと、上を見上げれば……
  みんなはどこを見ていると思う?」

雛「……みんな、お空を見ているの。 あっ! おんなじ、空を見ているのね!」

蒼「そうだよ。 ……同じ星の上にいるのだから……いつでも、みんなに逢えるよ。」

雛「うゆ!」ニコニコ

 ……なんだか、僕らしからぬことを言っちゃったかな。
だけど……雛苺の満面の笑みを見ていたら、そんなことなかった、って思える。

 そう思って、空を見上げたら……


ヒューン……

蒼「あっ! 流れ星だ!!」

雛「うゆ!? どこどこー!?」


ヒューン……

雛「見えたなのー! うわーい!!」

蒼「僕も見えたよ!」


ドタドタ
バンッ
翠「待ってましたですぅ!!」

蒼「わあっ!! 翠星石!? 寝てたんじゃなかったのかい!?」

翠「『しし座流星群ピーク』だと聞いておちおち寝てられんですぅ!
  蒼星石の声がするのを待っ……ありゃ? どうしてチビ苺がいるですか?」

雛「こんばんわーなの!」

蒼「ほ、星を見にきたんだよ。」

翠「はぁ、そうだったですか。」

雛「流れ星、きれいなのよ♪」


 そっか、今日は、流星群のピークだったのか……。
それで、流れ星を立て続けに見られたんだ……。
ニュースでも言ってたよね。

 翠星石も加わって、3人で、しばらく空を眺めてた。
そうしていると、一瞬だけ、辺りが静かになって……
次の瞬間……

ヒューン……ヒューン……
 ヒューン……ヒューン……

キラキラキラキラキラキラ……!!


蒼「わああ……!」

雛「ふおお……!」

翠「すっげえですぅ……!」


ヒューン……ヒューン……
 ヒューン……ヒューン……

キラキラキラキラキラキラ……!!

蒼「……せっかくだから、お願い事をしようよ。
  さっきの夢、星に託してみないかい?」

雛「うん!」

翠「そうですねぇ……」

蒼「……そういえば、翠星石、君の夢は何なんだい?」

翠「す、翠星石の夢ですか!? そりゃー、ジュ……
  あわわわ! な、なんでもねぇですぅ!!
  とびきりうまいスコーンを焼けるようになりたいですぅ!!」

雛「……翠星石、まっかっかなのー。夜でも分かるのよ。」

翠「じゃかーしーですぅ!! それに翠星石は夢を叶えちゃるですぅ!!」

蒼「ハハハ……」

 天体ショーを楽しみ終わったわ、時計の針は1時を指してた。
僕と翠星石は、雛苺を家まで送り届けて、少しだけ冷たい風の中を、
途中の自動販売機で買ったココアを握り締めて、家路を共にしたよ。
明日も……もう、今日かな? ……行かないとね。みんなのいる、学校へ。


翠「……ジュンには内緒ですよ?」

蒼「言わないさ。……けど、素敵な夢だと思うよ。」

翠「……ありがとです。」


 ……君の夢も、みんなの夢も、叶うといいね。

                                    【少女たちの夢を星に託して 終わり ☆彡】

|