※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蒼星石がもしもツンデレ好きだったら

最終回「フィナーレと僕」

蒼「翠星石、ただいま!」
翠「蒼星石……。」

蒼「いやぁ、今日は大収穫だったよ。今、縄を解くからね。」
翠「も…う、こんな事はやめて欲しいですぅ……。」
蒼「ごめん、ごめん。僕が間違ってたよ。君はデレなくてもよかったんだ。」
翠「蒼星石…あなた、まだ…そんな事を……。」
蒼「『我がデレはツンとひとつ』、その巴さんの言葉で僕は目が覚めたんだ。これまで僕は、デレ
を疎かにするようになった君に、なんとか昔の自分を取り戻して欲しくて、色んな教育を施して来
たけど、今日、わかったんだ。ツンデレには、デレ無くしてデレる境地が在るという事をね。」

翠「お…お前という妹は……ほんとにバカですぅ!姉不孝者ですぅ!」
蒼「ほとばしるようなそのツン、いいねぇ。そいつで僕をもっと萌え焦がしておくれよ。ね、一緒
に剣道部に入ろう。巴さんの元で無デレを学ぶんだ。そうすれば君は更なる高みへ行ける筈だよ。
地上最萌のツンデレも夢じゃない。」

翠「だから、翠星石はツンデレとかそんなんじゃないですぅ…。お願いだから…もうやめて…。」

蒼「僕は君に自分の夢や希望を賭けているんだ。そんな事もわからないのかい?」
翠「お願いだから、元の蒼星石に戻って欲しいですぅ……蒼星石ぃ!」
蒼「何故、君は、君の才能の素晴らしさを自分で理解しない?理解しようとしない!?……まだ教
育がたらないのかな?縄はまだ解くべきではないか……ちょっとまっててね。」
翠「お…お願いだから…やめて…やめて…やめてぇえ!!!!」
蒼「これも君の為…そして人類の為なんだ……。ツンデレこそ、この濁った世の中を救うキリスト
なんだ。わかってくれ……。」
翠「いやぁぁぁああああ!!!!」

蒼「しっかりテレビ画面を見るんだ!!!!ほらハ〇ヒだよ!!!!
その次はか〇みんだからね!!!!僕も一晩中付き合うから一緒に頑張ろう!!!!」
翠(真紅…雛苺……誰でもいいから助けて……。蒼星石を救って……。)
蒼「ホラ、暴れないで、翠星石。ハルヒはやっぱりなかなかデレないなぁ。まるで今の翠星石みた
いだなぁ。でも、だからこそデレが映えるんだね。」
翠(どうして…こんな事になったです…?昔は…もっと普通だったのに……。) 

蒼「翠星石、僕が君を最高に萌えるツンデレに育ててあげるからね。ほら翠星石、ツンしたら……
どうするんだっけ?」翠「…………。」
蒼「早く答えないか!!!!スルーか!?スルーか!?おい!!!!」
翠「デレ…る。」
蒼「そうそう…じゃ、ツンデレは?」
翠「萌え…。」
蒼「ツンデレは?」
翠「神。」
蒼「ツンデレは!?」翠「救世主!」
蒼「人々の心を癒してくれるのは何!!?」翠「ツンデレ!!!」
蒼「最もこの世に必要なのは!!!?」
翠「ツンデレ!!!!」
蒼「――!!!!」
翠「――!!!!」


―そして爽やかな朝―
翠(ん……ここは…あれ?普通のベッド?)
蒼「翠星石ー。休みの日だからっていつまで寝てるんだい?」
翠(腕の縛らた跡がないです…瞼の洗濯挟みの跡もないです…という事は…夢…?)
蒼「翠星石、聞いてるの?…って、うわっ。き、急に抱き付かないでよ。」
翠「蒼星石、大好きですぅ……。」
蒼「もう、一体、なんなのさ……?ったく、朝ご飯も冷めてしまったし……今日は水銀燈の家に泊
まりにいくんでしょ?まったく、だらしない姉だなぁ。」

翠「そう言えばそうでしたね。」
蒼「忘れてたのかい?はぁ~、ほんと、しっかりしてよね。」

翠「………。」
蒼「じゃあ、僕は先に支度してるからね。」

翠「待つです。蒼星石。」
蒼「なんだい?」

翠「デレはどうしたですか?」
蒼「はい…?」
翠「デレろですぅ。」
蒼「デレ…?なに?デレろって…どういう……。」
翠「さっきツンしたんだから、さっさとデレろですぅ!」
蒼「い、言ってる意味がわからないんだけど……。」
翠「蒼星石、ちょっとそのイスに座れですぅ。」




―水銀燈の自宅にて―

翠「どうもお邪魔させてもらうですぅ。」
銀「いらっしゃい、翠星石。やけに遅かったのね……あら?蒼星石は来てないのぉ?」
翠「あいつも色々と忙しいんですよ。今日はちょっと来れなくなったですぅ。」
銀「ふぅん。」

|