※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

もしも蒼星石がツンデレ好きだったら

第一回「テレビゲームと僕」

銀「蒼星石、やっと来たわね。待ってたわぁ。」
蒼「やぁ、水銀燈。お邪魔させてもらうよ。」
銀「翠星石は来ないのぉ?」
蒼「うん、ちょっと修業……っと。」
銀「なぁに?」
蒼「ううん、彼女も最近、色々と忙しいんだ。」

銀「ふぅん、そうなのぉ。あ、薔薇水晶も来てるから。」
薔「こんにちわ、蒼星石……今、銀ちゃんと格ゲーしてたとこ……あなたもする……?」
銀「薔薇水晶ったら強いのよぉ。何度やっても勝てないのぉ。これ、うちのゲームなのにねぇ。」
蒼「ハハハ。それじゃあ、お手合わせ願おうかな。格ゲーは結構、得意なんだ。」


数十分後
銀「で、薔薇水晶に何度やっても勝てなくて、私とやってみる事にしたけど、それでも連敗、と。」
蒼「ゴメン、もう一回だけいいかな…。」
薔「蒼星石……弱い……いえ……弱すぎ……。」
銀「まったく相手にならないわぁ。ほんと下手ねぇ。格ゲーは得意だって言
ってたのは、どこの誰かしらぁ。」
薔「見栄を切るのは、実力を知ってからにした方がいい……蒼星石は身の程知らず……。」
銀「ほんと、おバカさぁん。」 

蒼「ハハハ…まいったなぁ…。」
銀「さぁて、お腹も空いてきたし、私、何か作るわぁ。」
薔「銀ちゃん、私も手伝うね……。」
蒼「ちょ、ちょっと待ってよ!それだけかい?」
銀&薔「?」

蒼「《デレ》はどうしたのさ!《デレ》は!?」
銀「な、何の事ぉ…?」
蒼「君達はツンしておきながら、デレを忘れて良いと思っているのか!」
薔「……意味がわからない……。」
蒼「僕をゲーム下手だと罵ったんだから、その後に『でも、これで手取り足取り教えてあげられる
ね……。』とか『あなたの勝ってるとこ、みたくなったわぁ(はぁと)』とかデ
レが入っても良いと思うんだ。」

銀「そ、蒼星石……?」
蒼「他にも『あなたのそんな所も好…いや、ベタすぎるか…ん?定番な方が
親しみやすいかな……ねぇ、君達はどう思う?」

薔「そんなの、自分で考えて……。」
蒼「はぁ~っ……君達みたいなのがいるからこの世の萌えは廃れてしまうんだ。うん、そうだ。」
銀「あのね、それはあなたの考えであって、私達にとってはどうでも(ry
蒼「デレますか?デレませんか?」
銀&薔「…………。」

続く

|