※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

9月24日 15時15分。
大薔薇中学 2年6組

ジュン「ふぅー……上がりだな。」


 ふぁー……眠かったなー。6限の数学は本当に眠かった……。
別に因数分解なんか使わないっての……。
まぁ、楽勝に解けるわけなんだけど……さて、靴を出して帰ろ、と……

ガシャッ

ヒラヒラ

ジュン「ん゛!? なんだこれ……。」

ベジータ「どうしたんだ。妙な声を上げやがって……。」

ジュン「ててて手紙が……。」


 靴と一緒に出てきたもの……封筒に入ってる手紙だったんだ。
ベジータも興味津々だけど……一体なんだろうか。

ベジータ「ふむ……果たし状だな。」

ジュン「字が女もんだぞ……? 僕に喧嘩を売ろうって女子なんか……。」

ベジータ「いーや、あの8人なら分からないぞ……?」

ジュン「そーいえばそんな気もするな。とりあえず読んでみようか……。」

ベジータ「貸せ、俺が」

ジュン「……すまん」

ドンッ

ベジータ「ぐわおっ……!!」

バタッ

ジュン「すまないな、ベジータ……こういうのは一人で楽しむもんなんだ。」

ジュン「何々……。」


 来たれ体育館裏
 十六の刻に
 その時問う故
 求む返事
         K


ジュン「こ、これって……人生14年目にして初の……」

ジュン「うおーっ!!」


 間違いない。これは……ラブレターではないか!!
うおおおお、力がみなぎってくる!!
今ならこの力を誰かに与えてもいい!!


ベジータ「きたないぞジュン……覚えて……いろ……。
     そ、……せ、せき、に免じて、この……痛みだけは……」

 やたらめちゃくちゃな文だったけど、
どうやら体育館の裏に16時までに行くといいわけだな。
ちょっとジュースでも買って時間を潰すとしよう……


ジュン「うふふ……」

真紅「ちょっとジュン?」

ジュン「なんだーい?」

真紅「紅茶を買って頂戴。」

ジュン「いいとも。」

真紅「え……ちょ……なんですって!?」


 ふふふ……余裕だ。余裕過ぎる。
財布にも1200円……それにこの心の高ぶりが、
僕の心にゆとりを持たせてくれている……!!

真紅「き、気味が悪いのだわ……。」

ジュン「いいんだって。さあ、好きな紅茶を選びたまえ。」

真紅「じ、じゃあ……レモンティーにしようかしら……。」


 よーし、誰かにいいことをした後というのは、
気持ちがいいもんだ……その「K」とやらのためなら、
今だったら何でも受け入れられそうだ……。
あと30分もあるじゃないか……うん、余裕だ。

 しかし、僕のことを知ってる「K」って誰だろう……。
か行だよなー……。「か」、か、か……
金糸雀か? あの強気な……アイツなら
直接話をつけにくるはずなんだけどなー……。

 よし、金糸雀がないなら、次は「き」……き、き……雪華綺晶か。
アイツならあまり気が強いほうじゃないから、
こういうの寄越してこないことも無い……。
確か7組だったよな……ちょっと寄ってみるか。

ジュン「……え? 今日は来てない?」

薔薇水晶「うん……風邪をひいちゃったんだって……」

ジュン「へぇー……最近、急に冷えたからなぁ……」

薔薇水晶「……ジュン、まだ帰らないの?」

ジュン「あ、ああ、僕はちょっと用事があってさハハハ」

薔薇水晶「へんなジュン……あっ、そろそろ帰らなきゃ……
      じゃあね……。」

ジュン「おう、また明日!」


 雪華綺晶じゃなかったのか……
とすると……やはり金糸雀か?
うーむ……アイツがセコセコあの手紙を書いてるところを
想像できないぞ?


ジュン「……まだあと15分あるなぁ……」

「ジューン!!」 

ジュン「ん? 誰だ……なんだ、お前か。」

雛苺「ジュン、まだ帰ってなかったのね。何かあったなの?」

ジュン「いや、無いわけじゃないけど……。
    お前こそこんな時間までいるなんて珍しいな。」

雛苺「うゆ……国語のお勉強をしてたの。そしたら、
   金糸雀、先に帰っちゃったのよ……。」

ジュン「なんだ、金糸雀の奴もう帰ってたのか……。」

雛苺「うぃ。だから明日、お弁当のおかずをちょっともらうの。」

ジュン「ハハハ……。」

雛苺「ジュンも金糸雀に用があったなの?」

ジュン「ま、まあな。おっと、あと10分だな。
    じゃ、気をつけて帰るんだぞ。」

雛苺「はーいなの! またねー、ジュン!」


 そうか……とすると……
……誰だ? 「K」ってのは……。
これは現地に行ってみるしかないか……。

 ふぅ。とりあえず、現場に来てみたはいいけど……。
空が高いなー……。


翠星石「ここんとこをもうちょっと切りやがれですぅ。」

蒼星石「分かってるよぉー。じゃあ、そこの土を均しといて。」

翠星石「ラジャー、ですぅ!」


 園芸部コンビも、よくやってるなー。
ふふふ、今日は気分がいい。まだ1080円あるから、アイツらに差し入れしてやろう。
買ってきて戻って、一息つけば時間になるだろう。


ジュン「おーいお前らー、お茶買って来……あれ?」

ジュン「……帰っちまったのか? 誰もいないや……。」


 まぁ、1本は僕が飲むとして……どうしよう、もう1本は。
……だが今日はそんなことどうでもいい。ふふふ、誰なんだろう、「K」ってのは……

 おっと、その「K」が来たようだ。


「……来てくれたんだ、桜田君」

ジュン「おうっ……柏葉……カシワバ!?
    『K』ってのはお前だったのか!!」

巴「へへへ。私が来るなんて思ってなかったでしょう?」

ジュン「なっ……なんなんだよ。」

巴「えっと、今度の文化祭の実行委員、いっしょにやらないかな? って思って……」

ジュン「え? ……それなら午前中にでも言ってくれればよかったのに……」

巴「だって桜田君、いつも休み時間は寝てるし……。
  それに、すぐ帰っちゃうし。」

ジュン「……なんだよ、なんだか、してやられた感じだな……。
    まあ、実行委員の件は引き受けよう。」

巴「そう! ……ありがと、桜田君。」


 な、なんだよ……そんなにマジな顔でいうことじゃないだろ……。
……ふっ、まあいいか。

ジュン「お茶、間違えて2本買ってしまったんだ。1本、お前にやるよ。」

巴「ふふっ、ありがと♪ なんだか、青春だねー……」

ジュン「……なんか言ったか?」

巴「ううん、なんでもない。」

ジュン「ヘンなやつだな。」 

 結局、僕の早とちりってことで、わずか45分の夢物語は終わった。
けど、なんだかこういう放課後も、悪くは無いかな……。

 ……何か忘れてるような気がするけど……。


ベジータ「うおお……!! 思いつかん!!
     なんとかしろ、水銀燈!!」

水銀燈「あなた……正気なのぉ? このご時世に恋文なんて……」

ベジータ「これは恋文ではない! 果たし状だァッ!!」

水銀燈「フン……男なら当たって砕けてくればいいのにぃ……」

翠星石「サイヤ人間が喚いてるですぅ。」

蒼星石「どうしたんだい?」

ベジータ「「!!」」

                                     【おわり】

|