※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジュン「……うぁー、今日も終わった終わった。
    ベジータ、今日もジムか?」

ベジータ「ああ。戦士は常日頃、体を鍛えねばならない。」

ジュン「そうか。……じゃあ、頑張れよな。また明日。」

ベジータ「おうっ」バシュ


 僕の名前は桜田ジュン。ごく普通の中学2年生だ。
強いて言えば裁縫が得意ってところかな……

 ――もう6時を回ってしまったな。5組の真紅から頼まれてた「コレ」を作ってたら、
もうこんな時間になってしまった……さて、体育館に自販機があったな。
ジュースでも買って帰るかな……。 

ジュン「ふぅ……もう9月にもなると、夜は少し冷えるな……
    日が落ちるのも早くなってきてるな……」

 ――僕の教室、2年6組から体育館までは、結構距離がある。
校舎から体育館に行くまでには、ちょっとした渡り廊下があって
そこから夕闇に染まる街の姿を見ることが出来る。
なかなか綺麗だ……針仕事の後に見るこの風景は。

◆体育館横
ガコン
ジュン「よし、出てきたな。今日はコーヒー牛乳の気分だ。」

ジュン「さーて、帰りますかね……」

梅岡「お、桜田、まだいたのか。」

ジュン「はぁ……ちょっと、用があって」

梅岡「ちょうどよかった。ひとつ頼まれてくれないかな?」

ジュン「いいですけ……ど」



 梅岡ってのは僕の担任だ。訳あってあまり好きじゃない。
まあ、学校に行き始めた今となっては、そんなことどうでもいいんだけどさ。
……で、梅岡が僕に押し付けたものっていうのが……

ジュン「プロジェクターですか……明日使うんですかこれ」

梅岡「ああ。道徳でな。私はビデオを持っていくから、桜田はこれをたのむ。」ポム

ジュン「わかりまし……」

ズシッ
ジュン「重ッ……」

梅岡「ハハハ。ちゃんと鍛えないとだめだぞー。」


 ……チクショー。なんなんだ、この敗北感は。
薄暗く伸びる廊下、職員室のある1階から、26段の階段を上り、
2年6組がある2階までの道のり、
僕と梅岡、二人の足音と、制服の右のポケットに入った
コーヒー牛乳の缶の中身が立てるタポタポという音以外、
何の音もしなかった。

◆2年6組

ジュン「よっ……と。」

梅岡「ありがとう、助かったよ。」

ジュン「い、いいえ……」

梅岡「じゃあ、戸締りと消灯よろしくな。」

ジュン「はい。」


ガラガラッ
ジュン「ふぅー……腰が。あいててて……
    真紅の奴に明日『コレ』を渡して……任務完了ってとこだな」

 
 僕が教室を後にして、ドアを閉めようとしたその時だった。
左隣の7組のほうから、何かの音が聞こえてきた。


ジュン「……? なんだ?」

◆2年7組
カラ……カラ……
ジュン(失礼しま~す……。)

ジュン(あっれ~……おかしいな、誰もいないのか?
    いやでも確かに音がしたような……)

……グスッ……

ジュン(! ……後ろか)

ジュン(誰かが泣いているな。誰だろう……)

ジュン「……おい、どうしたんだ?」


 泣いていたのは、紫がかった白い髪の女の子だった。
初めて見る顔だ。2学期からの転校生だろうか。
左目には、薔薇の花の刺繍が入った眼帯をしているようだ。
ふむ、なかなかいい仕事をしている……って、そんな場合じゃないな。


ジュン「えと……僕は6組の桜田ジュンっていうんだ。」

「ジュン……桜田、ジュン……。ろっくみの桜田ジュン……」 

ジュン「……名前は?」

「わたしは……薔薇水晶……。その、よろしく……」

ジュン「ばらすいしょう、か。覚えたぞ。
    ところで、何で泣いてるんだ?」

薔薇「…… ……うぅ、…… ……」


 マズい、しくじったか?
こうなったら…… ……

ジュン「…… よかったら、飲むか?」

薔薇「あ……ありがと……」チビチビ

薔薇「あ……ありがと……あの、あのね、えっと……」
ホロホロ
薔薇「……あれ、どうしたんだろ……」
ボロボロ

薔薇「…… ……安心したら……うう……」

 薔薇水晶は、涙が止められなくなってた。
僕に出来ることは……あと僕に出来ることは……
そうだ、"コレ"を……あ、真紅の名前を入れてたっけ……

ジュン「えいっ!!」ビリビリッ!!

薔薇「な……なに……!?」

ジュン「……こ、"コレ"、ハンカチだ、使えよな。涙、拭けよ。」

薔薇「ありが……と……」 

薔薇「わたし……みんなと……なかよくやって……いけるかなぁ……」

ジュン「ああ、それで悩んで泣いてたのか……。大丈夫だ、僕もそうだったけど、
    友達ならたくさんいるぞ。」

薔薇「わたし……こっちに……来たばかりだし……それに……
   舌足らずだから……うまくしゃべれなくて……友達が……」

ジュン「……よし、じゃあ今日から僕が友達だ。そんじゃ、暗くなってきたから帰るぞ。」

薔薇「……ばいばい」

ジュン「……何やってんだ、早く来いよ。一緒に帰るぞ。」

薔薇「ほんとう……!? 桜田……くん……、わたしと、帰ってくれるの……!?」

ジュン「当たり前だ、友達だろ? あ、僕のことは『ジュン』でいいから。」

薔薇「ありがと……ジュン……♪」

 かくして、僕は乙女の涙を拭う手助けをすることが出来、
さらには友達が増えた。真紅には、今夜また改めてハンカチを作ってやろう。
薔薇水晶とは、前にいた学校の話とか、好きなアーティストの話、
好きな教科の話とか、いろんな話をした。

◆分かれ道
薔薇「あの、わたしはここで……。あ、"コレ"は……」

ジュン「ああ、あげるよ。じゃあ、また明日な。」

薔薇「うん……またね。ばいばい……今日は、ありがと。」

ジュン「ああ。いいってことよ。またな!」

 彼女が、また僕があげたハンカチで涙を拭う後姿を、
僕は見届けながら家路についた。

 次の日の昼休み、6組で談笑していた僕や真紅たちのところにやってきた薔薇水晶は、
穏やかな笑顔を見せてくれた。彼女は、真紅たちに歓迎され、またもやあのハンカチでうれし涙を拭っていた。

                            【乙女の涙を拭えるもの 完】

|