※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

BLACK  ROSE  第三話

「遅いよ、翠星石。時間は守らないと」
「仕方ねーですぅ!持ち込む道具類を翠星石が準備してやってるですよ?
 多少、遅れるのは当然ですぅ」
「お前ら、そこまでにしとけよ。いよいよ入るぞ」

 

迷宮の入口前で小一時間程待っただろうか。翠星石がようやく着いた。
それにしても…背中に背負っているリュックは本当に重そうだ。
翠星石以外は、必要最低限の物しか持ってきていない様だ。

 

「翠星石…今迄、その道具類を使ったことがあるかしら?」
「必要最低限の物だけを、持ち込むんじゃないのぉ?」
「キィーー!!お前らは何も分かってないですぅ!
 迷宮は危険がいっぱいです!もしもの時のための道具は用意するものです。
 普通、どんな冒険者も持ち込んでるもんですぅ!」

 

翠星石の言い分も一理ある。備えあれば憂いなしである。
だが、真紅達は今迄、そういうピンチに陥ったことは無い。
水銀燈はまた別の理由で、戦利品を多く持ち帰るために、
要らない物は極力少なくしているそうだ。だが、剣一本だけはどうかと思うが。

 

「もしもの時にならないために、僕達は頑張っているよ?」
「それは…まぁ…そうですね…」
「心配しなくても、貴女には指一本触れさせないのだわ」
「な、な、な…恥ずかしいこと言うなですぅ!」

 

そう言い捨てると、翠星石は顔を俯ける。
それを見て、真紅達も笑った。
水銀燈もつられて笑った。

 


薄暗い迷宮内で、動く影がある。五つ程の人型の影だ。
僅かな灯りを元に、足を進めていくその姿は、
しっかりとしていて、頼もしい。

 

「足元、気をつけなさいよぉ」
「また骸骨ですか…これは、いつ見ても慣れねぇです」
「翠星石、僕にくっ付かないでよ。歩きにくいよ」
「な…別に怖いからくっ付いてる訳じゃねぇですよ!」

 

言い訳のつもりなのだろうか。本心を言っている様な…
それにしても潜って二時間ほど経つが、虫一匹も見かけない。
通常なら、既に一度か二度ぐらいは、遭遇する筈なのだが…

 

「何かいつもと様子が違うわね。慎重に進むわよ」
「了解」

 

ジュンは辺りの気配を探りながら、短く答える。
彼の役割は偵察が主の様だ。真紅は翠星石の後ろで、皆に指示を送る司令塔の様だ。
蒼星石はジュンの少し後ろで、素早く敵にという位置に付いている。
自分の役割はどうすれば良いか迷っていた所、真紅が指示を出してくれた。

 

「水銀燈、貴女がどういう役割に向いているのかは分からないわ。
 だから、今日は貴女の判断で動いて頂戴」
「分かったわぁ」
「シッ――止まって」

 

蒼星石が後ろに囁く。どうやら怪物と遭遇したみたいだ。
姿を見る限り、ゾンビだろうか。動きも鈍い。
しかし、怪物の方はこっちに気付いていない。だが、下の階に下りる階段の前を
うろうろしている。

 

「たった一体で彷徨くなんて…とんだおばかさんねぇ…」
「階段の前をうろうろしてるわね。邪魔だわ。片付けましょう」

 

真紅の言葉に一同がそれぞれの得物を構える。
そして、蒼星石がゾンビに向かって、一直線に走った――!!

 

「やぁあ!!」

 

ゾンビを頭から一刀両断する。あっという間に動かなくなる。
蒼星石が鋏を仕舞おうとした時、ジュンが叫んだ――!!

 

「待て!まだ気配があるぞ!…ちっ、どれだけいるんだ。真紅!」
「ええ!全員急いで、下に下りて!!」
「水銀燈、私達も走るですよ!」
「えぇ!」

 

蒼星石が一気に階段を下りようとする。
しかし、その足が止まり、代わりに鋏を構える。

 

「――最悪だね。敵だよ。それも団体さんでね――!」

 

言い終えると同時に、前列の蜥蜴男を二、三体切り裂く。
それでも、後ろにはまだまだいる様だ。この分だと、突破は無理かもしれない。
突破は諦め、早々に引き返すのが最良だろう。

 

「真紅!階段は突破できないよ!一度、出直そう!」
「僕も蒼星石に賛成だ」
「しかし、囲まれているのだわ…翠星石!」

 

真紅が声を掛けた頃には翠星石は魔力を集中させていた。
流石、私のチームの有能な魔女は真紅が指示を出す前に動いていたのだ。

 

「スィドリーム」

 

そう呟いた言葉の意味は精霊の名前。
魔術を行使する者なら、誰もが使役する精霊。
魔術の発動の仕組みは、精霊に魔力を送り、精霊が魔術を発動するというものだ。

 

「――くらいやがれですぅ!」

 

精霊が眩しく瞬いた瞬間、
敵の中心で大爆発が起きた。
凄い爆音がして、耳が非常に痛い。

 

「……初めて見たけど、すごいわねぇ…」
「ふっふーん、これが翠星石の実力ですよ」
「敵の包囲網が破れたのだわ!あそこを突破するわよ!」

 

先程の大爆発で敵が混乱している。この隙を狙えば、
逃げ切れるだろう。水銀燈は全力で走り、敵の包囲網を抜けた。
――横の壁が崩れ、そこから現れた乱入者が水銀燈に斬りかかった――!!

 

「――!!水銀燈、危ない!!」
「――っ」

 

水銀燈は横に思いっきり突き飛ばされた。
咄嗟に蒼星石が庇ってくれたので、水銀燈は真っ二つにならずに済んだ。
そうだ、蒼星石は……?見ると、蒼星石は斬られていた。傷は深そうだ。
血も大量に出ている。私の所為で。私の所為で蒼星石は斬られたのだ。

 

「蒼星石ぃ!しっかりするですぅ!今、応急手当をするです!」
「すい…せ…せき…道具、役に…立ったね」
「もう喋るな。直ぐに地上で医者に見てもらうぞ!」

 

しかし、全身甲冑の乱入者は攻撃の手を緩めない。
負傷した蒼星石に追い討ちをかけようとした。
が、大剣で斬りかかった、相手がいる。

 

「絶対、許さないわぁ…粉々のジャンクにしてあげる!」

 

もの凄い怒気だ。水銀燈がこんな顔をするなんて。
水銀燈は果敢に斬りかかり、甲冑の怪物と互角の勝負を繰り広げていた。
だけど、危険だ。そう簡単にいく相手では無い。

 

「はぁあ!」
「ふんっ!」

 

縦に振り下ろしたり、横に薙ぎ払ったり。
その全ての攻撃を甲冑の怪物は受け流していた。
それどころか、徐々に水銀燈が押され始めている。

 

「水銀燈!深追いしては駄目よ!」

 

聞こえていないのだろうか。彼女は大剣を振るうのを止めない。
後ろから、先程の軍団が迫ってきていた。
このままでは、ここにいる全員が、死んでしまう。
真紅は自分の精霊を呼んだ――

 

「ホーリエ」

 

精霊の名前を呼ぶと同時に、花びらが辺りに散る。
花びらは甲冑の怪物を囲む様に舞い、そして、鋭利な刃物と化し、
一斉に飛び掛った――!!

 

「逃げるわよ!ほら、早く!」

 

無理矢理に水銀燈の手を掴み、地上まで一気に走る。
私の後ろを翠星石達も付いてきている。
何とか撒けた様だ。地上への階段が見えて、一気に肩の力が抜ける。

 


「はぁ…はぁ…疲れたわ…」
「さあ、蒼星石を病院に連れて行くですよ!」
「……私は行けないわぁ」

 

怪訝な表情で真紅がこっちを見ている。
出来ればずっと皆と一緒が良いけど、私はここにいてはいけない。

 

「水銀燈…?」
「さようなら」

 

そう言い、水銀燈は走り去っていった。彼女は泣いていた。
ゴメンナサイと言った気がした。

|