※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

BLACK ROSE 第二話

「はぁっ!?」
「真紅!何を、言ってるんだい?」

突然の事に驚いたが、驚いているのは私だけでは無い様だ。
栗色の少女も、連れの突然の言葉に驚いている様だ。

「この娘を勧誘してるだけなのだわ。何か問題があるの?」
「大有りだよ!」
「ちょっとぉ…」

私の事など忘れて、彼女達は口論を始めている。
突然の事に驚かされ、自分も何か言ってやりたいが、
このままでは、次の日まで待たなければならないかもしれない。
流石に、それは嫌なので、私は無視して家に帰ることにする。


「真紅、彼女とは会って間もない。それに、他のメンバーには、どう説明するのさ」
「まったく…貴女も頑固ね…って、水銀燈がいないのだわ!!」
「やれやれ…真紅も頑固者だよ…」


次の日の朝。水銀燈は目を覚まし、冒険者のもう一つの仕事をすることにする。
道具や武具などのお得な物を見て回るのだ。

「ちょっと!貴方、これがこんなに高い筈無いわぁ。別の店では
 もっと安いわよぉ!」

凄い剣幕で怒鳴る彼女に商人の男もオドオドしている。

「で、ですから…何度も申し上げてる様に、それの値段はこれ以上下げれません」
「なんですってぇ!」

ヒィ、と情け無い声を上げる男が可哀想なので、助け舟を出すことにする。
それにしても――この声はまさか――

「貴女、いい加減にしなさい。怯えてるじゃないの。…って、水銀燈じゃないの」
「はぁっ?どこのどいつよぉ?――あらぁ、真紅、だったかしらぁ?何か用?」
「まったく…貴女はこんなチンピラ紛いの事をいつもやっているの?」
「ふんっ。そんなことある訳ないでしょ。おばかさぁん。」

突き放す様な態度を水銀燈は取っている。
けど、顔がちょっとだけ、笑っている様に見えた。
案外、私の第一印象は好感触だったのかもしれない。

「ふふっ。また会ったのも何かの縁だわ。昨日は聞けなかったけど、
 答えを聞かせてくれないかしら?」

実際、真紅の予想は当たっていた。水銀燈は真紅を嫌っている訳ではない。
一人での限界が身に染みてきたし、真紅は信用できる人間の様な気がする。

 

「水銀燈?」
「……だけなら…」
「え?」
「少しの間だけなら入ってあげてもいいわって、言ったのよぉ!!」

言ってしまった。もう後戻りは出来ない。
顔が熱い。恥ずかしさで死んでしまいそうだ。

「本当に!?アタックし続けた甲斐があったのだわ!」
「…え?本当に、いいのぉ?」
「何言ってるの!私は大歓迎よ!早速、他のメンバーにも紹介しなくちゃ!」

手をギュッと握り締められ、半ば引き摺られる形で連れて行かれる。
彼女の手は柔らかく、温かかった。出来れば、ずっと――

(って、何を考えてるのよ私。おばかさん。)

心の中で言い聞かせても、顔がにやけている様な気がする。
久し振りに人と手を繋いだからだと思う。
真紅に声を掛けられ、目を覚ます。

「着いたわ、ここが私のチームの拠点よ」
「うわ…結構大きいわねぇ…」
「ふふっ、ありがと。さ、中に入って頂戴」
「お邪魔しまぁす」

そんな言葉が自分の口から出てきたのには驚いた。
真紅には受け入れられたものの、他の人に受け入れられるか、
それが心配だからだろうか。柄でも無い。

 

「やぁーっと帰ってきやがったです。遅いですよ!真紅!…ん?そいつは誰ですか?」

緑色を基調としたその服装は、どうやら魔女のようだ。
第一印象はその外見の通り、腹黒そうだ、と思った。
そして、彼女の言葉と共に、他の人からも視線が集まる。

「初めまして。と言っても、知ってる人もいると思うけど。私は水銀燈よぉ。
 職業は冒険者。私を貴方達のチームに入れてもらえないかしらぁ?」
「はぁ…結局連れて来ちゃったんだね、真紅」
「ふふっ、二日続けて会うなんて、何かあると思わない?」
「偶然じゃないかな…」

昨日の栗色の少女は心底呆れている様だ。
その時、奥の方から眼鏡を掛けた黒髪の少年が出てきた。

「真紅、その人が昨日言っていた、新しい仲間か?」
「そうよ。一目見て分かったけど、彼女は腕が立つのだわ」
「うん、僕もそう思う。僕は賛成でいいよ」
「ジュンは賛成っと…。翠星石と蒼星石は?」

ジュン、と呼ばれたのが黒髪の少年だろう。
後は、緑色の方が翠星石で、蒼い服を着ている方が蒼星石だろうか。
他には見当たらないので、この三人が残りのメンバーであろう。

「翠星石は別にいいですよ。ジュンと真紅の二人が認めるんですから
 信用に足る人物だと思うです」
「うーん…そうだね、僕も賛成でいいよ。ただし、条件があるよ」
「…その条件は?」

「今日は、迷宮に潜る予定なんだ。早速で悪いけど、
 水銀燈にも加わってもらう。そこで、君がチームに
 悪影響を与えるなら、辞めてもらう。厳しいと思うけど
 僕は本当に信用できる人物じゃないと、一緒に戦う気にはなれない」
「ホントに厳しいわねぇ…だけど、大丈夫よぉ。
 心配しなくても、私はそんなに弱くない。貴方達に迷惑は掛けないわぁ」
「うん、楽しみにしてるよ」

蒼星石はこっちを向いて微笑むのだが、それが逆に怖い。
悪気は無いのだろうが…

「大変な事になったわね…けど、私は信じているわよ、水銀燈」
「ええ、頑張るわ、真紅」
「あの二人、昨日会ったばかりなのに、もう打ち解けてるです。
 気が合うのかもしれないですね」
「そうだな。真紅があんなにはしゃいでいるのを見たのも、久し振りだよ」

今から迷宮に潜るというのに、二人は、これからピクニックに行くかの様に見えた。
口にはしないが、誰もが、頼もしい仲間が増えることを喜んでいた。

|