※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

16ぺーじめ
暑い夏、今日も今日とて全員集合。
真「今日は何をするの?」
銀「ずばり!」
翠「金儲けですぅ!」
蒼「…」
雛「お仕事するの~?」
雪「正確には、カブトムシやクワガタムシを捕まえに行くんですわ」
薔「そして…それをネットで売るの…」
真「…」
雛「…」
銀「真紅…?」
真「ちょwなぁんて面白そうなの!?」
雛「美味しすぎるお遊びなの~」
翠「ですよね!?さすが真紅ですぅ!」
蒼「…」
…というわけで、一同は近くの林に入りました。あの防空壕は今日も口を開けています。
翠「ここではひどい目に遭ったですぅ」
蒼「誰かさんのせいでね…」
雪「ですわ」
真「…ところで水銀燈、虫取り網は持ってきてないようだけど?」
銀「あらぁ、私達には虫取り網要らずの必殺技があるのよぉ」
真「へぇ…樹に蜜を塗っておいたりするとかかしら?」
薔「それもだけど…もっとすごい方法があるよ」
雛「楽しみなの~」
雪「効率の良さでは蜜に負けませんわよ」
蒼「まあ、見てみたら意外とあっけないんだけどね」
一同は、防空壕のある林の斜面を少し上がり、木々がうっそうと生い茂る真っただ中に入りました。
銀「じゃぁ、見ててちょうだいねぇ」
言うが早いか、水銀燈は傍のクヌギの木をするすると登り始めました。
真「まぁ、何て身軽なの」
雛「すごいの~」
あっという間に、水銀燈は枝葉に隠れ、樹の中ほどまで登りつめました。
真「ねぇ…蒼星石、貴女達は皆ああやって木に登れるの?」
蒼「うん、登れるよ」
雪「私達は片目しか使えませんから遠慮してますけど…」
薔「うん…」
真「…」
少し空気がしんみりとなりかけたその時、頭上から水銀燈が声をかけました。
銀「じゃ行くわよぉ」
翠「それじゃ皆で樹の周りを囲むですよ」
真・雛「…?」
蒼「上をよく見ててね」
真紅と雛苺はきょとんとしつつ上を見上げると…
ふいに樹がゆさゆさと大きく揺れ出し、枝葉を鳴らしました。
真紅は、揺れ動く枝葉の動きを目で追っていると…突然何かが視界に入り、真紅の足元に落ちました。
真「…何かしら?」
真紅はちょこんとかがみ、天空から降ってきた何かを恐る恐る両手で拾い上げてみると…
何と、小ぶりなクワガタムシがもぞもぞと動いていたのです。
虫に触れる機会など、それまでの人生でほとんどなかった真紅は、思わず声を上げそうになりました。
蒼「あ、見つけた?クワガタだね」
隣にいた蒼星石の手にも二匹のクワガタムシが載っています。
雛「親方!空からかぶとむしが降ってきたの~」
雪「あら、大きなカブトムシですわね」
薔「そっちはどう?」
翠「こっちも三匹降ってきたですよ~」
クヌギの樹の下は熱気につつまれています。
銀「どぉ?面白いでしょお?」
いつの間にか樹から降りてきた水銀燈が、しゃがみ込んでクワガタをしげしげと
眺めている真紅の側に腰をおろしました。他の連中は虫カゴに戦利品を詰め込んでいます。
真「ええ、ものすごく」
銀「良かったわぁ」
真「でも本当に…貴女達は強いのね。自然の中に溶け込んで色々出来るなんて」
銀「まぁ…サバイバル的なことも施設で教わったし…」
真「カブトムシをネットで売るという発想もすごいわね」
銀「結構高く売れるのよぉ。カブトムシには気の毒かもしれないけどねぇ…」
真「…それも、施設にお金を入れるために?」
銀「ん…まぁ…似たようなもんねぇ。自分達で参考書買ったりするからねぇ」
真「え!?参考書に使うの?」
銀「ええ…まあ…」
真「…貴女達、本当に…たくましいというか…偉いわ」
銀「…。さっ、次行きましょお?翠星石ぃ、落としたのは全部捕れたぁ?」
翠「ぬかりはねーですよ!じゃあ次はあの樹に翠星石が登ってみるですぅ」
蒼「気をつけてよ…?」
雪「じゃ移動しましょうか雛ちゃん」
雛「はいなの!」
薔「元気な娘っこだぜ」
それから少女達は夕方まで木々をめぐり、たくさんのカブトムシやクワガタムシを捕りました。
樹に上った翠星石がカブトムシと一緒に落下したり、上を見ていた雪華綺晶の開いた口にクワガタムシが
飛び込んだりと、いろいろなハプニングがありましたが…。
大量の獲物を持って意気揚々と林を降りる少女達。
山歩きに不慣れな真紅の手を支えている水銀燈が、真紅に耳打ちしました。
銀「ねぇ、明日、施設に泊まってみない?」
真「お泊り?良いの?」
銀「ええ、今は先生達が少ないからねぇ」
真「大丈夫よ。お泊り…ずっとしてみたかったわ」
銀「じゃあ、待ってるからねぇ」
少女達は、薔薇十字の門の前で別れました。これを見計らったかのように、黒い車がその横を通り過ぎて行きました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
真「ただいま、白崎」
雛「ただいまなの~」
白「お帰りなさいませ…おや、カブトムシですね」
雛「うん!お姉ちゃん達からもらったの~」
雛苺は、カブトムシが二匹入った、竹を編んで作られた虫カゴを得意そうに掲げました。
白「…左様でございましたか」
真「そうそう、明日は薔薇十字の施設にお泊りに行くことになったわ」
雛「なの~」
白「!! お泊り…でございますか」
真「ええ、だから明日の夜は留守にするけど、よろしくね」
白「…承知しました。…あ、お風呂は既に沸かしておりますので」
真「今日は一日中歩きまわって汗だくね。雛苺、行きましょうか」
雛「うぃ~」
白「…」
二人が浴室へ入ったのを見計らい、白崎は電話の受話器を取り、短縮ダイヤルを押しました。
音声アナウンスに従ってボタンを押し、しばらく待ち…
「私だ」
「白崎です。至急報告したい事が…」
つづく

|