※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『接近してくる機影を確認。一機のみ』
 
突如、僚機の叫びが無線に飛び込んできた。
私たちの小隊が、このステルス機を駆って敵の領空に侵入してから、まだ30分と経っていない。
これは細心にして最大限の注意を払って実行された、完全な極秘ミッションだったはず。
 
時刻は早朝。敵の迎撃にしては、いくらなんでも対応が早すぎる。
そもそも、たった一機で迎撃に上がってくるというのもナンセンスだ。
 
「増援?」
 
そんな訳はないと分かっているけれど、冗談めかして希望的観測を口にしたのは、
私が戦闘機を飛ばせるというだけの、普通の女の子だから。
戦闘は、いつだって怖い。私の全身を容赦なく粟立たせ、汗を迸らせる。
それがたとえ、AAMを発射するボタンを押すだけの、一方的な戦闘であっても。
 
「方位と距離は?」
 
本作戦のために索敵能力を強化した二番機に訊ねれば、すぐに返答がある。
 
『10時方向です、隊長。まだ900kmは離れていますが』
「朝日を背に近づくつもりかしらね。日の出には、まだ時間があるというのに」
 
本当に、敵の迎撃機? それとも、ただの民間機?
とても目視では見えない距離だけに、判断に迷う。二番機の【眼】だけが頼りだ。
 
「機種は判別できないの?」
『照合中…………データに無いタイプです』
『撃墜しますか、隊長?』 

さては、新鋭機のテスト飛行にでも出くわしてしまったのか。
三番機からの問いに、私は柄にもなく逡巡する。
こちらが3対1で優勢だし、おそらく【眼】も、こちらが優秀に違いない。
現在の距離でも、AAMの一発で撃墜できるだろう。
 
けれど、それをすれば私たちの存在を、敵に知らしめることとなる。
ミッションの遂行上、大きなマイナス要因となり得た。
敵機の撃墜に固執して、今までの労力を不意にするのは愚かに過ぎる。
 
「落ち着きなさい。正体不明機との距離は?」
『およそ600km。AAMの射程外です』
「だったら、無理に仕掛けることもないわ。まだ、こちらに気づいてないかもしれない。
 高度を下げてやり過ごすわよ。私に着いてらっしゃい」
 
機を下方へ向け、加速する。僚機もフォーメーションを組んだまま着いてくる。
――が、次の瞬間!
 
至近での爆発。二番機が撃墜されたと悟るのと同時、私は機を横滑りさせていた。
回避行動で目まぐるしく廻る景色の中、更なる閃光が明け方の空を染め上げる。
三番機が爆散したのだ。どちらの機からもベイルアウトした形跡は見られなかった。
 
「気づかれていたのね。こちらより高性能のレーダーを持っているというの?」
 
考えながらも、私の身体は訓練どおりに回避行動を繰り返していた。
こんな所で散ってたまるかという意地も、多分に影響していただろう。
愛機に描いた紅蓮の薔薇のエンブレムにかけて。
 
「信じられない。まだ600kmは離れていたのに、ミサイルの直撃ですって?
 そんな足の長いAAMを持っているなんて、聞いていないわ」 

もちろん、こちらのデータには無い兵装だ。
新鋭機ともども、短期間で自国開発したとは考えにくい。
 
「どこぞの同盟国か、死の商人から仕入れたのね」
  
軽口を叩きでもしていないと、恐怖で気が変になってしまいそう。
生き延びるには、狩られる前に、敵を落とすしかない。
 
「どこ? 敵は、どこなの!」
 
紫に染まった明け方の空に目を走らせ、敵機を探す。
開きっぱなしの目が痛くても、瞬きだって我慢して、探す。
そして……見つけた。想像もしていなかったほどの至近距離で。
 
漆黒に塗装された、Su-47を彷彿させる機影。けれど、ベルクトではない。
その鋭利な機首には、存在を誇示するような逆十字のエンブレム。
敵機は、まるでヨットに戯れるイルカみたいに、私の機体に身を寄せてきたのだ。
常識はずれな機動性を、これでもかと、ひけらかしながら。
 
「……からかっているの? 馬鹿にして!」
 
私の頭に、血が昇ってくるのが実感できた。
けれど、激しく敵愾心を燃やす一方で、私の思考は奇妙に醒めていった。
私という存在が、戦闘機の1パーツに変貌してゆく。
 
機体を駆る。急激なG。ストラップが身体に食い込み、呻きが漏れてしまう。
でも、私の関心は目前の敵を撃墜すること。ただ、それだけ。
踊るように逃げ回る漆黒の敵機を、無心に追いかけていた。

そして、パッシブホーミングでAAMを撃とうとした矢先――
漆黒の敵機は、またも驚くべき機動性で私の下に潜り込んで見せた。
 
背筋を駆け抜ける、生まれて始めて感じた戦慄。
いけない! そう思った時にはもう、私はベイルアウトしていた。
その1秒と経たない後、私の機はミサイルの直撃で炎に包まれていた。
 
シートごとパラシュート降下する私の横を、あの漆黒の機体が駆け抜けてゆく。
けれど、そのまま遠ざかるかと思いきや、また戻ってきた。
まっすぐに、私めがけて飛んでくる。まさか、機関砲で私を?!
私は身を竦めて、両腕を前に翳した。
 
「やめて! 撃たないで!」
 
だが、撃ってきた。30mmらしい機関砲で、パラシュートを。
私を嬲り殺しにして、面白がっているの? ふざけた真似を!
私はヘルメットを脱いで、反転してくる敵機に向かって投げつけた。
もちろん、届くはずもないけれど。
 
 
私の、そんな見苦しい仕種を、敵のパイロットはどう思ったのか……
漆黒の機体が、ゆっくりと近づいてくる。
失速で墜落するのではと、こちらが危ぶんでしまうほど、ゆっくりと。
そして更に驚くべきことに、敵機は私の15mほど距離を開けて停止、ホバリングした。
 
キャノピーが開き、敵のパイロットが、ヘルメットを取るのが見えた。
溢れるように流れ出た、鮮やかなプラチナブロンドも。
紛れもなく、敵のパイロットは私と同い年くらいの、悔しいけれど美しい女の子だ。 

空中で、私たちはどのくらい見つめ合っていたのだろう。
不意に、向こうからハンドサインを送ってきた。
 
 
 《また遊びましょ、おばかさん。……ばいばぁい》
 
 
それだけ。
それだけ言って、プラチナブロンドの乙女はキャノピーを閉ざし、群青色の空に消えていった。
 
 
   *

 
敵地深くで不時着した私は、それこそ死ぬ思いで三日を走り続け、味方の部隊に拾われた。
空軍基地まで後送されるトラックの中で、私は死んだように眠り続けた。
 
到着するや、基地の病院に放り込まれて、休養を取らされる羽目となった。
隣のベッドには、顔の左半分を包帯で覆った娘が横たわっている。
この娘の名前は、薔薇水晶。エンジュ基地指令の愛娘で、一流のパイロットだ。
その彼女が、左眼を失明するほどの負傷をしたことは、ちょっとした衝撃だった。
 
 
私が地を走り続けているとき、薔薇水晶たちも、あの漆黒の敵機と闘ったという。
一個中隊、18機をもって空中戦を演じた結果が、この有り様。
被弾しながらも命辛々逃げ帰ったのは、この娘を含めた3機だけだった。
 
夢に見るのか、薔薇水晶は眠っている間ずっと、魘されている。 

 
 
 『漆黒の機体に十字架を描いた敵に遭ったら、祈りながら逃げな』
 
 『あいつは化け物だ。黒翼の死天使なんだよ』
 
 
そんな馬鹿なと、一笑に付すことなんて、できない。
私には、恐怖に顔を引きつらせて語る彼らの気持ちが、痛いほど理解できたから。
 
 
僅かに傍受できた敵の通信で発覚した新鋭機のコードネームは【natukaze】。
 
これが、私と“黒翼の死天使【natukaze】”との邂逅。
そして、これから数年に亘って繰り広げられる私達の、死闘の幕開けでもあった。




【戦闘妖精natukaze】 ~プロローグ~

 次回 第1話「Dances with Angel」 に続く。


  な / ______
ぁ 訳/        ̄ヽ
ぁな /          \
ぁ い レ/ ┴┴┴┴┴| \
ぁ じ /   ノ   ヽ |  ヽ
ぁ ゃ> ―( 。)-( 。)-|  |
んぁ >   ⌒  ハ⌒ |  / 
!ぁ>  __ノ_( U )ヽ .|/
  ん  |ヽエエエェフ | |
  \  | ヽ ヽ  | | |
 √\  ヽ ヽエェェイ|/
    \  `ー― /ヽ

【夏風邪に】【注意せよ】

要するに、前スレのスレタイネタでした。
もちろん続かない。

|