※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「なあ、水銀燈」
「どうしたのぉ?ジュン」

朝の登校時間。私はジュンと毎朝一緒に学校に行っている。
何故なら私たちは・・・

「僕たちって、恋人同士だよな?」
「えぇ、そうねぇ」

いきなり何を言い出すんだろう?
ジュンがこんな話をするなんて、今迄一度も無かった。

(まぁ、面白そうだし聞いてあげよっかな)

「水銀燈、話聞いてる?」
「え、えぇ聞いてるわよぉ。それで何?」
「僕たち恋人同士なのに、一度もキスしたこと無いよな」
「・・・えっ、ええぇぇぇぇ!!!」
「うわぁっ!!いきなりでかい声出すなよ」
「ご、ごめんなさぁい・・・」

(い、いきなり何言い出すのよぉ・・・)

キス。ジュンとキスをすることなんて、考えたことも無かった。
恋人と言えど、幼馴染からの延長みたいなものだ。
だから、付き合うことになっても、そんな事ジュンとする気には、どうもなれなかった。
鏡を見たら、自分はすごい顔をしてるに違いない。自分でも分かるくらい、顔が熱い。

「あっ!HRまで5分しか無いじゃないのぉ!!急ぐわよ!ジュン!」
「え?ほんとに?・・・って、待ってくれよ!水銀燈!」

取りあえず、逃げれたが、問題は解決していない。
その日はもう、全然駄目だった。とてもじゃないが、集中などできない。

「はぁ・・・」
「・・・銀ちゃん」
「ひゃあっ!驚かさないでよ!おばけかと思うじゃないのぉ!ばらしー!」
「・・・銀ちゃん、何悩んでるの・・・?」
「べ、別に悩んでなんかないわよぉ。
  乳酸菌を毎日摂ってる私に、悩み事なんてあると思うぅ?」
「・・・それは関係無いと思うけど・・・」
「まぁ、いいわ。で、私が悩んでたらどうするのよぉ?」
「・・・もちろん、名探偵ばらしーが銀ちゃんの悩みをぱぱっと、
  解決してあげよう・・・!」
「探偵ごっこで解決するんなら世話無いわよぉ・・・」
「・・・じゃあ、さっそく聞き込み調査に行こう!」
「ちょっと!?人の話聞いてるぅ!?というか、何の事か分かってるのぉ!?」
「レッツゴー!!」


それからどした?


「・・・ふむふむ、つまり銀ちゃんはジュンとのキスで悩んでる訳だね?」
「いきなりあんなこと言われたら、誰でも驚くわよぉ・・・」
「・・・意気地無し」
「え?なにぃ?」
「なんでもな・い・よ♪」
「そぉ?」
(なんか、ばらしーのテンションがおかしいわぁ・・・)

「・・・取りあえず、他の人にも相談してみたら?私もついて行ってあげるから」
「あなたがついて来る必要ないでしょ。まぁ、いいわぁ。行きましょう」
「・・・やっぱり、ついて来て欲しいんだ・・・」
「べ、別にそんなんじゃないわぁっ!!」


それからそれから?


「まずは翠星石と蒼星石ねぇ」
「あ、見つけた。おーい」
「やぁ、水銀燈に薔薇水晶。二人揃って歩いてるなんて、いいの?」
「いいのって、何がよぉ?」
「ジュンをほったらかしにしといて、いいのかってことですぅ」
「・・・今日はたまたま・・・」
「ふーん・・・ところで何か用ですか?」
「うん・・・実はね・・・」

キングクリムゾン!

「へぇー、ジュンくんにキスを迫られたんだ」
「・・・?別にいいじゃねぇですか?」
「実際に迫られたら緊張するわよぉ」

まぁ、緊張するとかの問題じゃ無いんだけれど。

「しゃーねーやつですぅ。蒼星石が今から手本を見せてやるですぅ」
「え?翠星石、手本って何・・・?っていうか、僕・・・?」
「もうすぐ、アレが来るですぅ。蒼星石は普通にしていたらいいですよ。」
「アレって何よぉ?」
「うん・・・私も分からない」

アレと言えば、とてつもないスピードと、恐るべき生命力、
そして、飛行能力まである某生態兵器しか思い浮かばないけれど・・・
そんなことを水銀燈が考えていたその時――!

「あ、蒼嬢――――!!」

ああ、アレとはこいつのことか。
こいつが来て何になるの?

「ほら、来たですぅ。手本を見せてやるですよ!蒼星石!」
「ええっ!?何をすれば・・・取りあえず、えいっ!」
「ぐはっ」
「ふふっ、流石我が妹ですぅ。くらえっですぅ!」
「がはっ」
「いつもいつも、蒼星石をストーカーしてっ!キモイですぅ!止めを刺してやるですぅ」
「ここからが本当の(ry」

「付き合ってられないわぁ・・・」
「うん。頼ったことが間違いだった」
「あ、すいぎんとーと、ばらすいしょーなのー!」
「あら、こんな所で会うなんて偶然ね」

(真紅と雛苺・・・この二人もちょっと・・・ねぇ)ヒソヒソ
(銀ちゃん、この際誰でもいい。とりあえず話してみよう)ヒソヒソ
(余り気は進まないけど・・・仕方ないわねぇ)ヒソヒソ
「どうしたの?水銀燈?」
「実はねぇ・・・」

キング(ry

「あ、貴方達、そんなはしたない事をしていたの!」
「まだしてないわよぉ!(というか、この反応・・・)」
「・・・で、結局どうすればいいと思う?」
「そんなこと、私には答えられないのだわっ!」
「・・・やっぱり。一応聞くけど、雛苺は何かいい方法思いつく?」
「セッ○スすればいいのー!」
「「「!!!」」」

(セッ○スって、無理に決まってるじゃないっ!)
(うはwwwwktkrwwww)
(・・・・・・)ポカーン

「というか雛苺、そんな事誰から聞いたのだわっ!」
「うゆ~かなりあから聞いたのー」
「どんな説明を受けたのぉ?」
「男女の仲が悪くなりそうな時、喧嘩してるときとかにする事なのー!」

(行為自体の説明はしてないじゃないのぉ!)

「雛苺、これから人前でそんな事を言っては駄目よぉ」
「なんでなの~?」
「だ・め・よぉ」
「は、はーいなの~」ビクッ

(((金糸雀、後で絞める)))

「はぁ~あ・・・結局参考にもならなかったわぁ」
「ドンマイ銀ちゃん。あ、私ジュース買って来るね」
「はぁい・・・」

(どうしようかしら・・・)
ファーストキスはジュンにならあげてもいい。
けど、あと一歩という所で踏み出せないのだ。
(けど、恥ずかしがっても仕方が無いわぁ。よし、決めたわぁ!)

「お~い、水銀燈ー」
「って、ええぇぇぇぇぇぇ!!!」
「僕が呼ぶ度に驚くなよ・・・結構傷つくんだぞ?」
「あっあのぉジュン?」
「ん?どうした?」
「あ、朝の事なんだけれど・・・」
「水銀燈、朝の事って?」

(頑張れ!私!勇気を出すのよぉ)
(水銀燈!頑張るかしら~!)
(そこですっ!押し倒せですぅ!)
(翠星石!?押し倒せなんて言っちゃ駄目だよ!)
(ドキドキ・・・)チラッ
(すいぎんとー、がんばるの~)
(銀ちゃん、今だよ、ジェットストリームアタック!)
(お腹空いた・・・)

・・・
「って、貴方達なんでいるのよぉっ!!」
「ばれたかしら~」
「この意気地なし!なんで押し倒さないですか!」
「翠星石!まずいよ!逃げよう」
「いいものが見れたのだわ。後もう少し見たかったけれど」
「取りあえず、にげるの~!」
「銀ちゃん、晩御飯はお赤飯炊くね」
「晩御飯はハンバーグがいいですわ」

皆、思い思いの事を言って、ささっと逃げていく。

「貴方達・・・待ちなさぁーい!!」

結局、水銀燈はキスが出来ないのでした。

「あれ、僕、出番これだけ?」

|