※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雛苺「うにゅ~美味しいの~」

雪華綺晶「あら、本当に美味しそうですわね」

雛苺「うゆ?だったら、キラキショーにも分けてあげるのー」

雪華綺晶「なら、口移しでお願い致します」

雛苺「……え?」

雪華綺晶「口移しで、お願い、致します」

雛苺「……」

雪華綺晶「さあ、心の準備は出来ましたでしょうか?」

雛苺「!!?」









【甘美を】【弄ぶ舌】


トントントン
ジ「誰だ…?なんだどうした水銀ムグッ…ゴク…」
銀「んふふ~、ヤクルト口移しぃ」
ジ「///っておいビッグバン級に驚いたじゃないか」
銀「またしてあげるから楽しみにしてなさぁい」
ジ「…///」

数日後
銀「(ヤクルト口移し作戦第二弾よぉ)」
トントントン
ジ「(水銀燈だな…ちょっとからかってやるか)」
銀「(振り向いたわねぇいくわよぉ…って!?)」
ジ「(よし、くすぐり攻撃だ)」
コチョコチョ
銀「ひょっと…ゴボッ…ぶっ」
ジ「今日は引っかからなかったぞ水銀燈」
銀「ゲホゲホ…っていきなり女の子の脇くすぐるなんて最悪よぉ!!」
ジ「しかし白濁液にまみれた水銀燈はまた扇情的でいいな///」
銀「なっ…何言ってんのよぉ///」
ジ「…あそこの物陰から眼帯双子と病弱少女が水銀燈を物凄く熱っぽい目で見てるな…」
銀「…。そぉだ、責任とってシャワー貸しなさいよぉジュン…一緒に浴びていいから…///」
ジ「…ああ///」
「「「キィーーーーーーーーー」」」
【甘美を】【弄ぶ舌】


蒼「姉さん、ソフトクリーム買ってきたよ。僕がバニラで姉さんがチョコだったね」
翠「御苦労ですぅ。やっぱアイスと言えばこう何だか突起物を逆さまにしたやつに
  とぐろを巻いたうねうねが一番ですぅ」
蒼「姉さん…姉さんのはチョコなのによくそんなこと口にできるね…」
翠「ぬふふふ~ですぅ。ところでアイスクリームとソフトクリームって何が
  違うんですかね?」
蒼「…っさぁ…考えたこともないなぁ。インドとインドネシアみたいなもんじゃないかな?」
翠「なるほどですぅ…って蒼星石、アイスが溶けて垂れてるですよ!」
蒼「あっ…危ない危ない…ペロペロ」
翠「…!!」
蒼「ああ…美味しい☆」
翠「蒼星石ぃ!ちょっとそこに直れですぅ!!」
蒼「!?どうしたのさ姉さん…」
翠「うぅ…溶けたバニラを脱力した表情で目を閉じて舌で受け取るなんて…
  何考えてやがるですかこの妹は!ですぅ!」
蒼「でっでもだってもったいないじゃない…」
翠「いいですか!身も心も開放的になるこの夏の街で、そんなマネしてたら
  悪い虫がつくです!今度やったら鉄拳制裁ですぅ!!」
蒼「分かったよ…ごめん姉さん(僕ってそんなに魅力的なのかな?)」
翠「分かればいいですぅ…(おめぇはこの翠星石だけのものですぅ)」
【甘美を】【弄ぶ舌】
ネタがない…


蒼「暑いね姉さん。…あれ、麦茶切らしてるね」
翠「そうなんですぅ。だから冷凍庫で真紅の紅茶を冷やしている最中ですぅ」
蒼「ああ、それいいね。…もう冷えてるみたいだよ」
翠「翠星石にもくれですー」
蒼「はいはい…ああ冷たぁい」
翠「生き返るですぅ…」
真「ちょっ…何をしているの貴女達!?」
翠「うおっ真紅ですぅ」
蒼「何っ…て?」
真「紅茶を冷やすなんて外道なのだわ!!何てことをしてくれたの!!」
蒼「怖いよぉ…」
翠「わわわ悪かったですぅ、勝手に茶葉使って…」
真「許せないのだわ!!紅茶は高温でこそ紅茶…貴女達は甘美を弄んだのだわ!!紅茶を弄んだのだわ!!」
銀「さっきから聞いていればつまらない事で怒ってるわねぇ真紅ぅ」
真「つまらない…?何がつまらないと言うの!?」
銀「別にお茶なんて熱かろうが冷たかろうが飲みやすく飲めば良いじゃなぁい」
真「…このジャンク…だったら貴女のヤクルトを全部レンジでチンしてやるわ!!『あたため』スタート!!」
銀「しぃいんくぅぅぅうううううう!!!!」
蒼「…行こうか姉さん」
翠「とんでもない事になったですぅ」
【甘美を】【弄ぶ舌】


ジュン「この玉子焼き、なんか甘過ぎないか?」
金糸雀「そう?カナにとってはこれくらいがちょうどいいのかしらー」
ジュン「もう砂糖を喰ってる感じで気が滅入ってきた…気持ち悪い…」
金糸雀「一々文句が多いのかしら…それじゃあこうしてあげるかしらー」
ジュン「え?ちょ…おい…ん………」
金糸雀「…………プハァ…これで少しは甘味は減ったかしら?」
ジュン「////」
金糸雀「…………ジュンの舌、とっても甘くて…柔らかくて…トロけそうだったかしら…」
ジュン「なあ?もう我慢できないんだが…いいか?」
金糸雀「それはカナの卵焼きを完食してからかしらー」
ジュン「か…勘弁してくれ…」
金糸雀「安心するかしらー。また甘さに耐えられなくなったら、カナがチューしてあげるのかしら」

【甘美を】【弄ぶ舌】


ジュン「おい…す、水銀燈…?」
水銀燈「あらジュン、どうしたの?私はただバナナを食べてるだけよぉ?」
ジュン「いや…そうじゃなくて…さ…」
水銀燈「ウフフ…なぁに見とれてるのよぉ?そんなに私の舌使いが魅力的ぃ?」
ジュン「あ、あのなぁ////」
水銀燈「バナナさんはもう私の舌でトロトロ…パクッ…んん、美味しい」
ジュン「あ…水銀燈…その…」

水銀燈「なによぉ…ウフフ、安心しなさぁい。次はあなたのバナナで…」
ジュン「そのバナナ、冷蔵庫に一本しかなかったヤツだよな?2週間前のヤツなんだけど…」
水銀燈「…………うっ」

【甘美を】【弄ぶ舌】


み「カナたっだいまー!」
金「あ゙あ゙あ゙みっちゃんお帰りかじらあ゙あ゙あ゙あ゙あ゙」
み「あ~ん扇風機で遊ぶカナもかわいい!」スリスリスリスリ
金「きゃああああ!まさちゅーせっちゅー!」

み「はぁ、はぁ、あぁ癒される・・・」
金「癒されるじゃないかしら!夏場はもう少しソフトにお願いかしら!」
み「あはは、ゴメンゴメン、そうだ!アイスあるから食べようよ!」
金「ホームランバー最高かしらー」
み「ただし、このアイスを食べるには条件があるの・・・」
金「な、なにかしら・・・・?」ゴクリ
み「絶対に噛まないこと。それだけよ」
金「べ、別にそれくらいなら構わないけど」
み「ならオッケー!いだだきま~す」

み(隠しカメラでカナがアイスを舐める様子はバッチリなんだから!)

金(みっちゃんあんなに赤くなって・・・エアコンの温度下げたほうがいいかしら?)


【甘美を】【弄ぶ舌】


ジ「ほらかき氷買ってきたぞ。どっちがいい?」
   つ【イチゴ】 つ【メロン】
薔「・・・・・じゃあ、メロン」
ジ「ハイどーぞ」
薔「・・・・ありがと」
薔ジ「いただきまー……」
雛「ジューン!イチゴかき氷欲しいのー」
ジ「じゃあ1口だけな」
雛「わ~い、ありがとなの~」

ザーーーーーーーーー
ジ「おい!全部食ったら……」
雛「1口は1口なのよ♪」
雛「…………………」
ジ「どうした?」
雛「頭いたいの~~~」
ジ「当たり前だバカ」
雛「ヒナはバカじゃないの~う~あたまいたいの~」
薔「……ジュン」
ジ「なに?薔薇水晶?」
薔「………半分あげる」
ジ「ありがと」

雛「あ~た~ま~い~た~い~の~」


【甘味を】【弄ぶ舌】


私は本当に嬉しい時声をあげずに笑うことがある。
目は開き、唇が上がっているのに、歯はぴたりと閉じているのは見ている人には
気味が悪いらしい。
「雪華綺晶、僕をどうするつもり?」
不安そうな蒼星石の声。正直ぞくぞくする。
「どうするなんて人聞きの悪い。ただ罰ゲームを受けていただくだけですわよ」
まあそのゲーム、細工していたんですけれども。
「内容は?」
「三分椅子に座って私のくすぐりに耐えていただきますわ」
「…わかった」
あきらかにほっとした様子の蒼星石。まぁそれくらい双子の姉とよくしてますも
のね。
「いつも二人で楽しみあって、私はいつも羨ましかったのです」
「そうだったんだ、ちょっと意外だね。雪華綺晶はクールなイメージだったから」
「姉達が仲良くしていて混じりたくない妹はいませんのよ」
蒼星石のちょっとした警戒心はもうなくなったみたいで、椅子に座ってくれた。
「それじゃあ行きますわよ…スタート」
「よしこい…ってあれ、雪華綺晶近い」
「くすぐりこうげきー」
私は蒼星石の顔にグッと顔を近づけて、ほんのしばらくそのきめ細やかな肌と、緑の目を楽しんだ。
口を開け、舌を伸ばす。私の舌の突起がそっと蒼星石の細く長いまつ毛に触れた。
「ひゃっ…」
反射的に目を閉じる蒼星石。それを待っていましたのよ。私はそのまま蒼星石の閉じられた右目を舐め回した。
ちゅぷり、ちゅっ、と私の舌と唾液の音がする。
まぶたの舌で、蒼星石の右目が逃げるようにころころ動くのを感じる。なんて可愛らしいんだろうと胸がいっぱいになってしまいそう。
「ふぅ」
ひとしきり舐め回した後、わたしは一度口を離した。
「な、何をするんだ君は」
「あら、予告通りのくすぐりですわ」
私は蒼星石のまつ毛から私の舌まで、一本の光の線が走り、やがて千切れるのをうっとりと見ていた。
さっきまでの感触にうっとりとして、唇に指を添える。
「別に指でくすぐるとは言いませんでしたけれど」
「雪華綺晶、君はおかしいよ」
「あら、ご存じなかったので?貴女の末の妹は変態なのですよ」
私は二の腕を蒼星石の肩に置き、彼女の後頭部で手を組んだ。おでこがぶつかり、私は蒼星石を上目遣いに見る。
「残り六十秒」
私はそういうと、蒼星石の右耳をついばんだ耳たぶを軽く噛み、舌で触り感触を味わう。
その味わいは想像すら遥かに越え、とてもとても美味しかった。


【甘美を】【弄ぶ舌】


ジ「金糸雀ぁー、アイス食べるか?」
金「うん!食べるかしら!一緒に食べよ!」
ジ「何だか恥ずかしいな。どうぞ」
金「ありがとうかしら。良い香りかしら~」
金「ペロペロ。あれ、何だか生ぬるいかしら……あれ……」


金「うーん……ちょ、ちょっと!!ジュン!!顔が近いかしら!!!」
ジ「…………あっ」
金「もう!『あっ』じゃないかしら!どういうことかちゃんと説明するかしら」
ジ「お昼になっても起きないから、水銀燈が起こしに行けって僕に言ったんだ。
  起こしには行ったけど声をかけても起きない。それで、その、寝顔をね……その……」
金「それで、どうしたのかしら」
ジ「キスしようとしました!寝顔がかわいいから!」
金「いつも言ってるでしょ!キスするときはカナの許可を取ってからって!」
ジ「ごめんなさいぃ。でもキスはしてないんだ。本当だ」
金「へぇー、本当かしら」
ジ「あぁ、本当だ。直前に金糸雀が舐めてきたんだ」
金「うえあぇ~くぁwせdrftgyふじこlp」

【甘美を】【弄ぶ舌】

|