※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

薔薇乙女が将棋を指しているようです

銀「ほーっほっほっほ!どう真紅ぅ?痛い?痛いでしょう?私の棒銀に打ち抜けないモノなんてありはしないのよ!!」
真「まったく…相変わらず攻めに関しては滅茶苦茶ね」
銀「ああ、なんて可哀想な真紅。後はただ竜と化した私の羽にいたぶられるがいいわぁ」
真「でも、守りはどうなのかしら」
銀「ふん、私の銀冠は無敵よ。この鉄壁の冠をアナタ如きが崩せるとでも思っているの?」
真「アナタが棒銀で犠牲にした駒…そしてその時に逃がした私の角…教えてあげるのだわ水銀燈。これが絆の力よ!!」
銀「くっ…!?」
真「アナタ自慢の囲いも足下はお留守のようね。あらあら水銀燈。アナタの囲い、お腹がスカスカよ?」
銀「し、真紅ぅうううううう!!」
真「駒を犠牲にしたらその駒に撃たれる事もある。忘れないことね」
銀「ふ…ふふふ…確かに囲いは崩されたわ。そして私は無様に逃げ惑う…でもね、私の竜がもがれたワケじゃないのよ!?」
真「そんな…まだ攻めると言うの!?」
銀「その大切に組んだアナタの美濃…私の竜の翼と桂馬の剣で砕いてあげるわぁ!!」
真「ああ…なんて事…なんて事…!」
銀「あははっ、必死に逃げ出したわねぇ。でも所詮アナタの美しさなんてその程度のモノなのよ!!」
真「いいえ水銀燈…美濃の誓いを解いた今でも、私と駒の絆は繋がっている。私は私のやり方で、このゲームを制するのだわ!!」
銀「ハッ!甘いアナタの考えなんて弱者の夢想でしかないことを、今ここに証明してあげるわぁ!!」
ジ「楽しそうだなお前ら」



ジ「さあ、遂に始まりました夏休み!解説は僕、桜田ジュンと」
巴「柏葉巴でお送りします」
ジ「いやー、ようやくスタートしたこの超大型連休ですが、柏葉さんはどうですか」
巴「はい、周りの目を気にすること無く大胆な露出が可能になる大変に意味のある時期だと思います」
薔「イヤッホーーーーーー!!」
ジ「そうですかー。いや、観客の方も大声援ですね!変態どころには堪らないと言ったところでしょうか」
巴「そういう桜田さんはこのシーズンにかける想いというのは?」
ジ「僕はやはり、平日の昼間なのに部屋に籠もっていたり出歩いていても近所の奥様方の痛い視線が無いと思うだけでご飯三杯はイケますね」
め「WRYYYYYYYYY!!」
巴「なるほど。ヒッキーやニートの方々にはさぞ充実した日々になることでしょう」
ジ「さあ!そんな素晴らしいサマーバケーション、今年は一体どんな毎日がエブリデイになるんでしょうか!CMの後、いよいよ開幕です!!」


真「さあジュン。さっさと宿題を始めるのだわ」
ジ「嫌だぁあああ!離せぇえええ!!」

銀「はぁい、めぐ。ちゃんと渡したプリントやってるぅ?これ追加ねぇ」
め「うぅ…天使様が悪魔に見えるわ…」

雛「学生の夏にこんな服は要らないの」
巴「ああ、まだ桜田君に見せてないのに…」

雪「貴女もそろそろ嫁入り前の自覚を持つべきですわ」
薔「待ってお姉ちゃん!それだけは!貝殻ビキニだけはぁあああああ!!」


―――とある自転車レースでの出来事。


銀「くっ……翠星石に……追いつけない!?」
翠「よし、水銀燈を引き離したですぅ!」
銀「しかも……逆サイドに振られて……でも、まだ諦めないわぁ……」
翠「もうじきゴールですぅ。水銀燈はどの辺りに居やがるですかねぇ?」


ちらと右後方を見やる翠星石。そこに水銀燈の姿は無かった。
    ~~~~~~~

翠「――――! ……JUM、翠星石は遂に勝ったですぅ……!」
銀「くっ……ゴール前でガッツポーズ!? やらせはしない、やらせはしないわぁ!」


ゴール前で勝利を確信しガッツポーズをする翠星石、その左後方から猛然と追い上げる水銀燈――――
                                   ~~~~~~~

実況「ゴール! 優勝は水銀燈選手です!」
翠「…え?」
銀「…え?」


―――そんな、どっかのブログニュースで見た内容の保守。


ポクポクポク…

雛「翠星石ぃー、どうして西瓜を叩いてるなのー?」
翠「ホントにチビ苺はなにも知らねーですね。
  こうして、おまじないしてるですぅ」
雛「うよ?おまじない?」
翠「そうですぅ。甘くなーれ甘くなーれぇって、気持ちを込めて叩くです」
雛「ほへー。あ、ねえねえっ!ヒナもやっていーい?」
翠「そっちにまだ何個もあるですから、勝手にすればいいですぅ」
雛「わぁい!」

ポクポクポク…
ポクポクポク…


真夏の炎天下、二人の叩く西瓜の音が、甘く楽しげに響いていた…。

【甘く響く】【西瓜の音】


そして、お約束のオチ。

翠「ほあー!?叩きすぎて西瓜が割れちまったですぅ!」
雛「のー?!ヒナのもなのー!」


水銀燈「花火を見ながら飲むヤクルトは最高ねぇ」
金糸雀「花火を見ながら食べる卵焼きは最高かしらー」
翠星石「花火を見ながら食べる翠カは最高ですぅ」
蒼星石「花火を見ながら飲むほうじ茶は最高だね」
真紅「花火を見ながら飲む紅茶は最高なのだわ」
雛苺「花火を見ながら食べるうにゅーは最高なのー」
雪華綺晶「花火を見ながら食べる兎は最高ですわ」
のり「花火を見ながら飲むビールは最高よぅ~」
みつ「花火を見ながら卵焼きを食べるカナの写真を撮るのは幸せだわ~」
巴「花火を見ながら苺大福を食べる雛苺を眺めていると幸せ」
めぐ「花火を見ながらヤクルトを飲む水銀燈と一緒に居られるのは幸せね」

薔薇水晶「……花火を見ながらジュンに膝枕してあげるのは最高……」
ジュン「花火を見ながらこうして夢心地でいられるのは幸せだな…」
他一同(……………)

【八月は】【夢花火】



金「何故こんなことをするのかしら!こんなものをかけたら卵焼きがしょっぱくなって美味しくなくなってしまうかしら!」

雛「卵焼きはしょっぱい方が美味しいってなんでそれが解らないの!」

雛「甘党のカナなんてヒナが粛正してやるのー!」

金「エゴかしら、それは!」

の「ヒナちゃん、カナちゃん仲良くしなきゃお姉ちゃん困っちゃう~」

そんな食事のひとこま


とあるベランダ
ドドドドドドドド・・・・・・ン
翠「はぁ~花火終わったですぅ」
蒼「うわあ真っ暗だね…花火に目が慣れちゃったから」
翠「ですぅ…あっ」
蒼「どうしたの翠星石?」
翠「空を見るです…星が綺麗ですよ」
蒼「ほんとだ…あっ、夏の大三角形…」
翠「…」
蒼「…」
翠「…花火もいいですけど、こうやって何もない夜空を見るのもいいもんですね」
蒼「そうだね…。何だか見てるだけで涼しくなっちゃう」
翠「スイカでも切ってくるです」
蒼「いいね…線香花火もしようよ」
翠「夏ですねぇ」
蒼「夏だねぇ」
【漆黒の】【星空】


夜店
真「あっ…ちょっと見なさい水銀燈」
銀「何よぉ」
真「射的の商品をよく見なさい…」
銀「あっ…あれは…」
真「そう!限定生産『くんくんゲリオン』フィギュアよ!」
銀「…欲しいわぁ」
真「…勝負よ水銀燈。どちらが先にくんくんをお迎えできるか」
銀「望むところよぉ」
パン パン パン パン
銀「当たっても倒れないわねぇ…重いのねぇ」
真「くんくん…こうなったら共闘よ、水銀燈」
銀「…一斉射撃ねぇ?」
真「…いくわよ」
銀「装填よーし。照準よし!じゃあ発射用意!!ドライ、ツヴァイ、アイン、フォイア!!」
パパン・・・ゴト
真銀「万歳ーーーーーーーーーー!!」
真「じゃあくんくんは私が頂くわ」
銀「ちょっとぉ!カウントしたのは私だから私のよぉ」
真「そのアイデアは私が出したのだから私のだわ!」
銀「しぃぃいいいんくぅぅぅうううう!!」
真「じゃぁあああんくぅぅxうううう!!」
パンパンパン
「ちょっお客さん方、撃ち合いは止めてくださグェッ」
【童心に】【帰れば】


夏休みも残り3週間ほどになったある日。
なぜか雪華綺晶に無理矢理約束を取り付けられ、まだ宿題も終わっていないというのに、喫茶店『ラプラス』に僕は居た。

「へえ、水銀燈がね」
先週発売のヤングジャンプをめくりながら聞き流していた話。
いや、聞き流すといった表現は目の前のお嬢様に悪いので、ちゃんと話を聞きながらも展開の気になる月一連載を読んでいたということにしておこう。
「黒薔薇のお姉様は恋をしているようなのです」
「ふーん、あの水銀燈がね」
ついにあの高飛車な水銀燈が恋をするような年頃になったのかと幼馴染みには嬉しい朗報だ。
しかし、あまりに僕の態度が悪かったのか知らないが、雪華綺晶はどん、とテーブルを叩いて鋭い視線を僕に投げた。
「なんでそんなに気になさらないんですか! 大切な幼馴染みがどこぞの馬の骨にとられるかもしれないんですよ」
すごい勢いでまくしたてる雪華綺晶に恐怖を覚えながらも、僕はYJを離さない。
「馬の骨ってなあ……幼馴染みだからって恋に落ちるなんて方程式こそありゃしない」
それと、と付け足し、
「大体、人の恋に土足で踏み込むほど僕は無礼者じゃないしな」
「なら靴を脱げばいいんです。とにかく、少しは気にしてください」
真向かいに座っている雪華綺晶のアイスコーヒーと僕の前にあるアイスコーヒーは同じタイミングでからんと氷が踊る。
「気にしたところで、水銀燈の好きな奴が変わる訳じゃあるまいし」
「そんなに冷たくするなんて、ジュン様は黒薔薇のお姉様のこと……嫌いなんですか?」
友達想いなのはいいことだがここまで行きすぎるとひどいことになる。
僕は読みかけていたYJを閉じ、思い切り溜息をついてやった。
「いいや、むしろ好きだな」
「えっ、あ、あの本当に?」
さっきまでの怒りはどこへやら。
しぼんだ風船のように勢いをなくしたかわりに、次は驚きが彼女の表情を支配する。
「嘘なんて言って僕に利があるとでも思ってるのか?」
「貴方がたまにそういうことを言うと、誰だって驚くに決まってるじゃない」
後ろから聞こえる悪魔とも天使ともとれる美しい声。
噂をすれば影が差す、昔の人は随分と的確な言葉を残したものだと思う。
影の張本人の水銀燈が現れてしまうと、もうどうしようもない。
「ジュンが私のこと好きだったなんて知らなかったわぁ、ふふ」
流れるように綺麗な銀髪を揺らし、雪華綺晶の隣に座る水銀燈は妖しい笑みを浮かべて僕を見る。
「とにかくその笑顔をやめろ。お前の詐欺師のような微笑みに僕の仲間たちは騙されていったんだからな」
「そんな詐欺師に騙されてるのは貴方もでしょう、お馬鹿さぁん」
「あれ、あれ、お姉様とジュン様は付き合ってらっしゃるの?」
「ん、よくわからない関係。好きだけど」
「さすがにこんな人が彼氏です、なんて人前じゃ言えないわね」
幼馴染みの恋はずるずると、世界の果てへと転がっていく。


ジ「お祈りは済んだか?」
銀「祈りたい神様がいないのよ」
ジ「しかし不安ではないのか?」
銀「まあね。でも、最後に信じられるのは自分だけ…私はこんな所で終わらないわ…!」
ジ「悪くない闘志だ」
銀「じゃあ行ってくるわよ。私は絶対にこの最後の夏休みイベント、『めぐとお泊まり会』を清いままに終わらせてみせるんだからぁ!」
ジ「お尻は死守するんだぞ」


ジ「お祈りは済んだか?」
金「無問題かしら」
ジ「嫌なら嫌って言ってもいいんだぞ」
金「無問題かしら」
ジ「向こうは徹夜の構えだ」
金「無問題かしら」
ジ「…今日の天気は?」
金「無問題かしら」
ジ「みっちゃんさーん、こっちも撮影会の準備出来ましたんでどうぞー」


ジ「お祈りは済んだか?」
翠「そんなの必要無いですよ」
ジ「じゃあその御守りの束はなんだ?」
翠「…スミマセン。今朝からずっと祈り続けてますです」
ジ「自信の程を聞こうか」
翠「あったら祈りませんて」
ジ「それもそうだ。じゃあ早速乗ってもらおうか」
翠「………」ギイ…
ジ「ん?翠星石、パワーリストは外していいんだぞ?」
翠「………」
ジ「Oh」


ジ「お祈りは済んだか?」
蒼「運には自信があるんだ」
ジ「なかなかにふてぶてしい。ヒイヒイ言わせてやるぜ」
蒼「同感だよ」
ジ「どれ…む、裏か。そっちの勝ちだな」
蒼「やった。じゃあ姉さんのダイエットマッサージは僕が先にやるから」
ジ「笑顔とハサミが眩しいぜ」


ジ「お祈りは済んだか?」
真「私が神よ」
ジ「その答えに全僕が惚れた」
真「だいたい懸賞の応募ごときで祈るなんて馬鹿馬鹿しいのだわ。こういうのはね、ただひたすらにどっしり構えていればいいのよ」
ジ「あるじ様カッコイー」
真「さあ帰りましょう。早く限定くんくんに会いたいものね」
ジ「ふーやれやれ。ハガキ五千枚って結構重いのな」


ジ「お祈りは済んだか?」
雛「今更遅いの」
ジ「まあな」
雛「やっぱり神様なんて居なかったわ」
ジ「そのあどけない悲壮感が一部の大きいお友達にはたまらないわけです」
雛「うぅ…!」
ジ「痛むか」
雛「ヒナ…何か悪い事したかしら」
ジ「やっぱり練乳を歯磨き粉の代わりにしたのは無謀だったな」


ジ「お祈りは済んだか?」
雪「もちろんですわ」
ジ「鉄人定食。これを食べきればお前が大食いナンバーワンだ」
雪「誉高いですわね」
ジ「しかしお前でもやっぱり祈るんだな。鉄人定食…そこまでのモノか」
雪「ジュン様、わたくしは不安なのです」
ジ「その心は?」
雪「先程のメニューでこの店の備蓄食料を全て食べきったようですが、果たして作ってくれるでしょうか」
ジ「もうお前の勝ちでいいよ」


ジ「お祈りは済んだか?」
薔「最初は男の子がいいな」
ジ「お前はもう包囲されている」
薔「次は女の子」
ジ「逃げ場は無い。今僕を解放し自首すれば罪も軽くなる」
薔「野球チームが作れるくらいね」
ジ「9人も!?」
薔「もちろん控え選手も居なきゃ」
ジ「無理だろ常考」
薔「二軍も必要だよね」
ジ「これはひどい」
薔「あと最近育成選手がまいぶーむ」
ジ「助けてママァ」


ベ「ふははは!俺は昨日みつ嬢が大量の衣類を買い込むのを見たのだ」
ジ「・・・おい、まさか覗こうとか考えてないよな?
ベ「俺がこのチャンスを逃すとでも?」
ジ「だから、やめといた方が・・・行っちまった・・・」

~草笛家~
み「ああ、こんなにも幸せを感じたのは初めて・・・さぁ、次はこのバニースーツ!」
金「ふぇぇぇ最近みっちゃんのチョイスがどんどん変態的になってるかしら~!」
み「いーのいーの、じゃあ着れたら呼んでね」パタン
金「・・・カナのサイズを知り尽くした上で胸が大きめになってるかしら・・・」

ベ(おおおおおお!今まさに金嬢がバニースーツを身に纏おうとしている!)

み『あ、カナ~下着の着用は禁止だからね』
金「み、みっちゃん!それはだめかしらー!」
み『下着、着けちゃだめだからね。』
金「・・・うう・・・了解かしら~・・・」
ベ(みつ嬢め、やってくれる!ここからなら金嬢のさくらんぼが・・・!)
金「いくらなんでもやり過ぎかしら・・・」ヌギヌギ
ベ(あれは・・・フロントホックか!?)
金「ねぇ、みっちゃん!せめてブラだけでも・・・・あれ、みっちゃ~ん?」
ベ「クソッ!みつ嬢め、焦らしてくれる」
み「・・・・・・・・ベジータ君」
ベ「え?」

【お祈りは】【済んだ?】

|