※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

8ページめ
小さな、薄暗い部屋の椅子に独り。ドアが開き、現れた人が差し出す手。誰…?
「がはっ!!げほげほっ…うう…」
真紅は、突如感じた違和感に、飲み込んでいた水を思い切り吐き出しました。
瞼を開くと、目の前の石だらけの地面が、吐き出した水で濡れています。
気がつくと、真紅はうつぶせになった状態で体を支えられ、誰かにのどに指を
入れられていました。この誰かが川原に引き上げてくれたようです。
「!!よかったぁ、こっちの子生きてるわぁ!」
「ほんとっ!?」
体を支え、水を吐き出させてくれた誰かが、真紅をあおむけに戻します。
その時真紅の目に入ったのは、自分を心配そうに見つめる紅い瞳。真紅は一瞬ぎょっとしてしまいました。
真「…あなたたちは?…!!雛苺っ!!雛苺はっ!!?」
紅い瞳の少女が答えます。
「雛苺って…」
少女は目線を別の所に移しました。真紅が視線を追うと、何人かの少女達が何かを囲んでいます。
真「雛苺っ!!」
「あっ!!無理して動いちゃダメよぉ…」
紅い瞳の少女の手から抜け出した真紅は、疲労と水で重くなった体を必死に動かし、
寝かされている雛苺のもとへ這っていきました。
…長い栗毛の少女が、目をとじている雛苺の鼻をつまみ、息を口移しで吹き込んでいます。
その横では、ショートカットの栗毛の少女が、両手のひらを重ね、ものすごい力で雛苺の胸を
押していました。真紅が近づいて来たのを感じ取った二人の少女は、一瞬だけ視線を真紅に向けました…
その、左右で色が異なる、対になったオッド・アイを。
なすすべもなく、ただ妹が蘇生の手当を受けているのを見ている真紅の肩に、誰かが手を置きました。
「今はこの二人に任せておきましょう。大丈夫、必ずこの子は息を吹き返しますわ」
そう言った少女の右眼は、眼帯でおおわれていました。その少女の横で無言でうなずいている少女の左眼にも、
眼帯がありました。やがて…
2・3度咳こんだ雛苺はうっすらと目をあけ、自分を取り囲んでいる少女達の中に真紅を見つけるや、
目に涙を浮かべました。
雛「ぅぅ…うわぁぁああーーーーん、真紅ぅーーーーっ」
真「雛苺!!」
雛「真紅…しんく…ぅ、怖かったの~!!」
真「あああごめんなさい雛苺、私のせいだわ、私が悪かったわ許してちょうだい雛苺…もう離さないわ雛苺っ・・・」
雛「うあーん!!」
涙ながらに抱きあう姉妹。
それをどぎまぎしながら見ている少女達。
ややあって、真紅は、泣きつづけている最愛の妹を胸に抱いたまま顔を上げました。
真「皆さん、本当にありがとうございます、何とお礼を言ったらいいか…その…」
雛苺を助け出したこの4人は、それぞれ顔を見合わせていました。
少し間をおいて、栗毛のショートカットの少女が、真紅に笑顔を向けました。
「妹さん、無事で良かったね」
続いて、栗毛の髪の長い少女が、そのかたわらに膝をつきました。
「ほんとたまげたですよぉ、いやーまったくですよ」
オッド・アイの双子の後ろに控えていた二人のうちの一人が、もう一人の手を取って、
真紅のそばにしずしずと歩み寄ってきます。
「可愛らしい妹さんですね。これからは、目を離してはいけませんわよ?」
右眼に眼帯を付けた少女。
「本当…良かった…」
左眼に眼帯を付けた少女。
「蘇生が間に合ってラッキーだったわねぇ」
最後に、真紅を介抱した紅い瞳の少女。この銀髪の少女も…他の少女も、真紅には日本人には見えません。
真紅と雛苺自身も、金髪のハーフではあるのですが。
「はじめまして、僕は蒼星石。で、こっちが…」
「翠星石ですぅ。この蒼星石と私はご覧の通り双子の姉妹ですぅ。よろしくですぅ」
真紅も慌てて自己紹介をします。
真「あ、あの私、真紅と言います。この子は妹の雛苺です。よろしくお願いします…」
翠「んで、こっちが雪華綺晶で、その横が薔薇水晶ですぅ。この子たちも双子ですぅ」
真「あ、よろしく…」
雪「真紅さんですね。よろしくお願いしますわ。」
薔「…よろしく…」
雪「妹はご覧の通り、人見知りが強いのですわ」
薔「もう…お姉ちゃん…」
真「翠星石…蒼星石…雪華綺晶…薔薇水晶…」
雪「あら、記憶力がよろしいですわね」
「ホントねぇ。で、私は…」
真「…水銀燈…?」
真紅は、偶然ではなく頭に浮かんだ名前をつぶやきました。それを聞いて、銀髪の少女が、
紅い目を大きく見開きました。他の4人の少女も、驚きの表情です。
銀「どうして…私の名前を…?」
真「えっと…べネッツェの高校模試の成績表の上位者のところに、いつも載っている五人の名前を覚えていて…
そのうちの四人の名前が、今翠星石さんが言ったのと同じだったから…
あっあと、その五人の…所属中学校欄が空欄だったので…」
しばらく、その場の時間が止まりました。セミの声だけが響いていました。
つづく

|