※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

7ページめ
「おはようございます、施設長」
「あらおはようめぐちゃん、今日も暑いわね」
「もう、ちゃんと柿崎先生って読んで下さいよお、あの子たちがいないからって…」
「ふふふ、ごめんごめん。そう言えばあの子たちは?」
「朝ごはんのあとにどこかに遊びに行ったみたいですね。元気ですよね…」
「他の先生方もご一緒?」
「いいえ。二人とも素振りをしていますよ」
「若いって良いわね…私は明日から出張よお…」
「大変ですね施設長…」
―――――――――――――――――――――――――――
圧倒的な非日常に押し流されつつも、真紅は体勢を整えようと必死に手足を動かしました。
水中では想像以上に体の自由がきかず、視界もぼやけてしか見えません。…いえ、視線の
先に、力なく水中に漂っている雛苺の姿を真紅は捉えていました。自分でも信じられないほどの
力が水をかきわけ、真紅の体は、少しづつ雛苺へと近づいて行きます。その間が10メートルから
7メートル、5メートル、3メートル…と迫ったところで、酸素を求める本能が、真紅に水中で
息を吸わせ…気管に水が入り込み、想像を絶する苦しみの中で、闇と消えていく視界と意識に
覆われた真紅は、すぐそこにいるはずの愛しい妹へと必死に手をのばし…
ついに意識を手放しました。
―――――――――――――――――――――――――――――――
「そぉーれ!喰らいやがれですぅ!」
「ひゃっ!ちょっと、少しは手加減をしてくれませんこと!?」
「ビーチバレーでそこまで本気出すことはないでしょぉ…」
「ここはビーチじゃなくて川だからいいのですぅ☆」
「姉さん…ボール流れてってるよ…」
「…私…取ってくる…」
「ごめんですぅ」
バシャバシャ
「…追いついたっと…!?…キャッ!!」
「!?どうしたのぉ?」
「足でもつったですかぁ?」
「…人が…二人も…流れてくるっ!!」
「ええっ!?大変だよ、いそいで引き上げなきゃあ!!」
「一大事ですわ!皆さん行きますわよ!!」
「うんっ!!」
少女達は、我を忘れて川の深みへと急ぎました。
つづく

|