※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

紅「さて、親も寝た事だし、何して遊ぼうかしら…?」トゥルルルルル・・・
銀「ふあぁぁ…真紅ぅ、こんな夜中に何の用ぉ…」
紅「あ、水銀燈、これから一緒に遊ばない?」
銀「はあ!?バカじゃないの!?あんた、今、何時だと思ってるの!?非常識にも程があるわよ!!」プツッ
紅「仕方ないわね。テレビも既に砂嵐だし……そうだわ、コンビニにいきましょう」

紅(着いた…さすがは年中無休の24時間営業。深夜の暇つぶしには持って来いの場所ね…)
翠「アハハ!あいつ、マジパネェっですぅ」
蒼「だよね!どんだけ~!」
紅(不良が入口でたむろしているわね…。怖くて入りにくいわ…)
翠「おい、そこのねーちゃん…」
紅「えっ!?な、何かしら…」ドキドキ
翠「ノーブラですか?付ける必要ないなんて、楽で羨ましいですね」
紅「……」バキィ
翠「ひでぶっ」
蒼「す、翠星石!」
紅「何?何か文句ある…?」
蒼「い、いいえ…」

紅(まずは雑誌でも読もうかしら……この漫画…最近、展開がつまらないわね…)
雪「うふふっ…」
紅(隣りの人、本を読みながら楽しそうに笑ってる…何を読んでるのかしら?)チラッ

紅(か、完全凌辱マニュアル!?)
紅(み、見なかった事にしましょう…。)

雪「うふふっ…何を見ているの?」
紅「な、何も見てないわ!」
雪「コレ、あなたも好き?」
紅「いいえ!!全然!!!!」
雪「そう?この本、とっても美味しそうだよ?」
紅「食べるの!?」
雪「うん、貴女も食べる?」
紅「食べません!!」

紅(さ、さて…何か買おうかしら…)
薔「…………」
紅(無口そうな店員ね…いらっしゃいませも言わないし…そう言えば私、すっぴんだわ…ま、いいか…)
薔「…………」
紅「ローザミスティカください」
薔「今、ちょうど切らしています…」
紅「じゃあ水晶でいいわ」
薔「かしこまりました…」
紅(この子、私の手の平を勝手に使って、小銭を文鎮代わりにレシートを置くなんて、嫌な渡し方するわね…
くっ…コレって財布にいれ辛くてムカッと来るのよね…そうよ、こんな時は仕返しをすればいいのよ…)

紅「おでんをください」
薔「どれになさいますか……?」

紅「えーと、えーと…」
薔「どれがいいんですか……?」

紅「えーと、えーと…」
薔(レジが混んで来た……)

紅「えーと、えーと…」
薔(早く決めて欲しい……)

紅「玉子を頂戴」
薔「玉子をお一つ……」

紅「もう1つ玉子を頂戴」
薔「玉子をお二つ……」

紅「もう1つ玉子を頂戴」
薔「玉子を三つ……」

紅「以上でいいわ」
薔(玉子だけ……?)

紅「おつゆを多めにして頂戴」
薔「はい……」 

紅「おいくらかしら?」
薔「231円です……」

紅「一万円でお願い」薔(小銭は……?)

紅「聞こえなかったの?耳、遠いわね?一万円で払うと言ってるの」
薔(この人、さっきのお釣で、小銭、貰わなかったっけ……?)

紅「そうそう、からしを忘れずにね…」
薔「はい……」

紅「レシートは要らないわ。…あら、ごめんなさい。床に落ちてしまったわね」

薔(お釣を渡す前に言って欲しい……)
紅「トイレをお借りしたいのだけれど。今、買ったおでんもちょっと預かってて頂戴」
薔「……うちにトイレはありません……」

紅「じゃあ貴女、どこでするのよ?外??ねぇ?聞いてるの??ほら?答えないの??」
薔(お父様、助けて……)


紅「あら?もう朝ね。親が起きない内に帰らなくちゃ…。今夜もまた来ようかしらね…」

以上、ブリトラのコンビニネタ

|