※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



「JUM‥恋愛とは戦うことなのだわ!」
「いや?僕はそうは思わないけど」
「…」
「長い人生、ガツガツし過ぎるのもなあ」
「…」
「真紅もあんま飢えた目をしていると婚期逃すぞ、じゃ」スタスタ
「この草食がぁ!なのだわ!」ダダダダ

 

 



紅「シット!いい加減幼なじみの私に手を出したらどうなのこのガゼルボーイ!」
J「真紅、それは違う。僕は草食系ではない」
紅「どう違うのだわ?」
J「ただお前相手に食欲がわかないだけだ」
紅「…」
J「寧ろ見ているだけで胃がもたれてくる」
紅「‥食ッちまうぞ、この眼鏡男子なのだわ!」

 

 



銀「ねぇJUM‥私とオトナの遊びしましょ♪」
J「水銀燈は嘘吐きだな」
銀「何よぅいきなり」
J「お前はいつも僕をからかうけど」
銀「からかってなんかないわぁ」
J「僕がお前に決して手を出さないと分かってるからなんだろ?」
銀「そ‥そんなこと」
J「でもそんな肉食女子の振りをしても無駄だ」
銀「え…」
J「お前が本当は純情で可愛い女の子だって僕は知ってるからな」
銀「‥ジ、JUM‥お馬鹿さぁん///」


紅「‥なんか納得いかないのだわ!」

 

 



雛「ふぁ‥うにゅ~食べ過ぎて眠くなっちゃったみたいなの~」
J「子供みたいだな」
雛「JUM~おうちまで抱っこしてなの~」
J「ハイハイ、全く仕方がないな」
雛(計画通り‥っ‥このままJUMをっ‥持ち帰る‥っ!)


紅「あれが噂の猛禽女子…狙った獲物は逃がさないのだわ」ゴクリ

 

 



前回のあらすじ
肉食乙女真紅は"猛禽"雛苺にガゼルボーイJUMを目の前でお持ち帰りされてしまうのだった。


翌朝の教室
ワイワイガヤガヤ

紅(おかしい‥JUMは昨日"猛禽"雛苺にお持ち帰りされた筈なのに…)
雪「JUM様、本日美食倶楽部の会合へご一緒しませんか?」
J「ごめん今日はベジータと用事があるんだ」
紅(女性に対してのいつも通りの淡白さ‥何故?雛苺は彼のサクリファイスを奪ってないというの?)
薔「‥その通り‥JUMはまだ清い」
紅「薔薇水晶‥どうして?どうしてそんなことができるの!?」
薔「雛苺は猛者乙女‥JUMを求めはしても‥飢えのままガツガツと食らうことはしない」
雛「そう‥JUMはまだ食べるには青すぎた」
紅「雛苺‥貴女は今までどれ程の男を貪ってきたの」
雛「知りたいのはそんな下らないこと?違うでしょう真紅?」
紅「‥貴女の薄汚れた歯牙をJUMに触れさせる事は許さないのだわ」
雛「真紅の許しなんていらないのよ♪雛は食べたい時に食べたいものを貪るだけなのだから」
薔「彼女の腕は貴女より長く、彼女の胸は貴女より雄大‥勝てるの、真紅?」
紅「胸などただの脂肪の塊‥私の勝利の妨げにはならない!」
雛「持たざるものが吠えるななの!うにゅ~のように赤黒くしてあげるわ!」



め「水銀燈ったら学校サボってまで私に会いたかったの?」ニコニコ
銀「オーガが‥教室に二匹のオーガが居たのよぅ」ブルブル

 

 



J「肉食動物ってどんな味するのかな?」
薔「‥どうして?」
J「いや昨日ハンニバル観てさ」
薔「‥成程」
J「あと熊肉とかって独特の臭みがあるって言うじゃないか」
薔「‥食べてみればいい」
J「‥は?」
薔「さ‥この肉食ガールばらしーの熟れたボディをお食べ」
J「食べるって!意味ちがむぐぅ!」




薔(‥イイ)



翌日
J「え?きらばらと逝く人肉グルメツアー?なにそれこわい」

 

 

 

 

|