※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

梅「さあ、今日はもう下校だけど、申し訳ないけどジャンケンで負けた10人は
放課後にプール掃除の手伝いに来てくれ!!今日でプールの授業は終わりだからね!」
生徒たちが一斉に見せるめんどくさそうな顔。
そして数分後、選ばれし勇者たちはため息をつきつつ体操服に着替えてプールへ
と向かっていた。
銀「なぁんで真紅が一緒なのよぉ」
真「貴女も負けたくせに私に文句を言わないで頂戴」
翠「もぉ~早く園芸部に行きたいのにとんだ災難ですぅ~」
蒼「仕方ないよ翠星石、だって翠星石はジャンケンではいつもパーしか出さないじゃないか…」
翠「そ~言う翠星石もいっつもチョキしか出さないですぅ!ずるいですぅ!」
雪「プール掃除なんてやったこともありませんわ。お風呂すら洗ったこともありませんのに」
薔「…いつも私が洗ってるのに…」
金「楽してズルして掃除かしら~」
雛「ズルするのなら最初からサボタージュを決行するという手もあるの~」
ジ「今日も今日とてこのメンツだな。柏葉は部活はいいのか?」
巴「ああ桜田君、たとえ漂流する木材に私しか乗れなくても、沈みゆく桜田君を
  忘れることはないわ」
ジ「日本語でおk」
プールにつくと、すでに梅岡がスーツの上着を脱ぎ、ズボンをまくった状態で
掃除道具を用意していた。
梅「やあみんな、来てくれたね!!先生は、エネルギーを発散させるのも良いこと
  だと思うけど、こうして見えないところで頑張るのもオッケーイだと思うんだ!
  じゃあ早速だけど、今水抜きをしているから、膝までつかる位になったら、中に
  入ってそのモップでプールを磨いてくれ!!僕はポンプを制御してくるから、
  頼んだよ!!」
一同「はーい…」
ぞろぞろとプールに入る一同。適当に散らばってめいめいモップを動かしていたのだが…
バシャ
真「きゃっ!!」
銀「あらぁごめんなさあぁい真紅ぅ、お水がかかっちゃったぁ」
蒼「今のはどう見てもわざとだよね…」
真「やったわね水銀燈、ただではおかないわ!!」
そう言うやいなや、真紅は水に沈んでいた塩素の固まりを取り、高笑いをしている
水銀燈に向かって投げつける。塩素は見事に水銀燈の腹に命中してしまった。
銀「真紅ぅぅぅぅ!!」
プールの中心で憎悪が叫ばれ、水の掛け合いが始まる。文字通り水争いだ。
バシャ
蒼「あっ!!」
翠「ふひひ~、油断してるほうが悪いんですよ蒼星石ぃ」
蒼「やったてくれたね翠星石!」
また一か所。
バシャ
雪「!!何なんですの!?」
薔「…お姉ちゃん…お風呂掃除をいつも私にさせている恨み…ここで果たすよ…」
雪「ひっ…ひぃいいいい!!」
また一か所。
バシャバシャ
雛「わ~いわ~いなの~」
金「かしら!?」
また一か所。
バシャ
ジ「!?何するんだ柏葉…」
巴「桜田君…一緒に濡れましょう?濡れることはとても気持ちがいいことなのよ」
ジ「柏葉が狂った」 
もはやプールは戦場と化し、水しぶきの狂宴があちらこちらで繰り広げられ…
「うおおおおおおおお!真紅ぅ!!」
「堀江!!」
「双子の姉としてまっとうな道に連れ戻してやるですぅ!!」
「おじいさんを悪く言うなぁ!」
「だァれが…殺した…コマドリさん…」
「お父様…お父様ぁ!!」
「もう怒ったわなの!」
「田代~!!じゃない、かしら~!!」
「行かなくちゃ…桜田君が呼んでる…」
「いやもう何っつうか…!!」
ジュンが目にしたのは、水を掛け合う乙女らの…透けている体操服。水分を含んだ
それは、その下に隠している胸を覆うブラをあられもなく透過していた。
水銀燈の濃紫、真紅の紅、翠星石の緑、蒼星石の青、雛苺のピンク、金糸雀の黄…
そして、ふらふらと自分に追いすがる幼馴染、柏葉巴の…あれ?つけてない…
脱力しきったジュンは、ついに巴につかまり、水底へと引き込まれていった。
とその時、プールサイドにある男が仁王立ちになった。言うまでもない。
梅「やあ君たち!!元気だね!真面目にやるのもいいけどたまにはこうして
息抜きもしなくちゃね!!先生も混ぜて…」
一同「断る!」
水の集中砲火が哀れな教員へと襲いかかる。
…ここまでは良かった。良かったのだ。しかし、力なく笑う梅岡のシャツの下から
透けていたのは、シャツではなく…
銀「嫌ぁああああああああ!」
真「そ、そんな…」
翠「チビ苺に神奈川!見るんじゃねえですぅ!!」
雛「うい?」
金「どうしたかしら?」
蒼「とっとにかく、見ちゃダメ!」
雪「ああ…あんなものを見せられては…お嫁さんにはなれませんわ…シクシク」
薔「大丈夫…私がお姉ちゃんをもらってあげるよ…梅岡コロす…」
ジ「ブクブク」
巴「ブクブク」
…梅岡がつけていたのは、まぎれもなく男性ブラだった。色は茶。
彼はその後、す巻きにされて水中に没することになる。
真「あれはまさに透けブラでもあり精神的ブラクラでもあったわ」
銀「ちょ」
【透けブラ】【注意】 





ジ「やあ、薔薇水晶に雪華綺晶じゃないか。二人とも眼帯外して何やってんだ?」
薔「あ…ジュン…」
雪「ばらしーちゃんとわたくしの眼帯を使って、あるものを作っているのですわ」
ジ「あるもの…?」
雪「ブラですわ。ちょっと小さいですけれどね」
薔「…形状からアイデアを得たよ…」
ジ「…まあいいや、お前ららしいな。…で、誰に作ったブラなんだ…ってまさか…」
雪「お察しの通りですわ」
薔「せ~の…」
一同「真紅」
ジ「なんだやっぱりな」
薔「…これなら真紅でも着けられる…」
雪「きっと喜んでもらえますわ」
真「残念ね」
ジ「うお!」
雪「あら」
薔「いつの間に後ろに…」
真「絆ックル!!!」
一同「へああああああああああ」




真紅「ふあぁ…もう九時なのだわ…」
翠星石「もう眠たいですね…」
蒼星石「寝ようかな…?」
ラプラス「さて…ミステリーといえば推理」
JUM「いきなり何言ってるんだ」
ラプラス「九時から十一時のお約束。さて…今回の目的は…」

ラプラス「『美人OL水銀燈 旅情殺人ツアー』の犯人を逮捕してもらいます」
JUM「はぁ!?」
翠星石「何言ってるですか!?」
真紅「…でも、それらしい格好になってる」
JUM「何ィィーーーーッ!?」

JUM「えーと…?結局水銀燈を捕まえればいいんだろ?」
ラプラス「え?主人公の美人OLが犯人なワケないですよ」

蒼星石「…僕かも…しれない」
↑平日なのに温泉に居る営業マン

翠星石「……」
JUM「マジかよ……」
ラプラス「…分かっていますね自分のキャラを」


真紅「えっと…じゃあ……逮捕?」





ジ「あー蕎麦が上手い」ズゾゾ
翠「やっぱ讃岐うどんは最高ですねぇ」ズゾゾ
ジ「お前も蕎麦食えばいいのに。上手いぞ」ズゾゾ
翠「その言葉、そのまま返してやるですよ」ズゾゾ
ジ「………」ズルズル
翠「………」ズルズル
ジ「前々から思ってたんだけどさ、うどんってダサいよな。何だよ『うどん』って。カッコ悪い名前だ」
翠「前々から思ってたんですが、蕎麦って気持ち悪くないですか?麺に黒い粒々って。不気味ですよ」
ジ「ヘイ、トンチキガール。聞き捨てならないな。僕のグレイトなランチにケチつけようってか?」
翠「HA。スモールヒューマンがほざくとは。翠星石の白い恋人が笑ってますよ?」
ジ「なら白黒付けてやる。うどんと蕎麦だけにな。それを食わせてみろ」
翠「いいですよ。白黒付けましょう。うどんと蕎麦だけに」
ジ「………」ズルズル
翠「………」ズルズル
ジ「…うどんも、普通に上手いな」
翠「…蕎麦も、捨てたモンじゃねーですね」
ジ「…それに、翠星石の味がする」
翠「な…!何を言いやがりますかこのバカは…!」
ジ「なあ…食べさせてくれないか?」
翠「うう…恥ずかしいです…」
ジ「あーん」
翠「…どうぞ」
ジ「うん…上手い。愛してるよ翠星石…」
翠「はい…私もですよ、ジュン…」


蒼「なんだコレ」ズルズル





薔「…こんにちは」
め「あら、いらっしゃい。珍しいわね、アナタがお見舞いに来てくれるなんて」
薔「今回の入院には私の責もあるから…お詫びを兼ねて、お見舞い」
め「そう。ま、ありがと」
薔「………」
め「………」
薔め「「ねえ」」
薔「…どうぞ」
め「…うん。あのね、私達、今まで色々と敵対してきたじゃない?その、水銀燈の事でさ」
薔「うん」
め「水銀燈を一番愛してるのは私…だと思ってるけど。これまでやりあって来て、アナタの事も、認める部分は、無くもないの」 薔「…私も」
め「まあそれ以上に…私達の抗争の中で水銀燈が迷惑するのは…やっぱり、あってはいけないと思うわけ」
薔「その通りだよ。銀ちゃんが困る姿は、やっぱり見たくない」
め「ふふっ、なーんだ。アナタ、ちゃんと話してみれば悪い人じゃないのね。なんだか気が抜けちゃった」
薔「私も最初はめぐの事憎かったけど…銀ちゃんの魅力をわかる人だもんね。その時点で気付くべきだった」
め「誤解と偏見。ま、戦争なんて大抵そんなモノから起きるものよね。もちろんだからといって水銀燈を渡すつもりは無いけど、これからはモラルの中で、互いに切磋琢磨したいわ」
薔「うん、出来るよ。私達なら」
め「そうね。あ、そうだ、じゃあライバル誕生を祝して、これジュン君からのお見舞いだったんだけど…ゼリーだったかな?アナタにあげるわ」
薔「じゃあ私もお見舞い。プリンだけど、コレ食べて、早く良くなってね」
め「ええ、ありがとう。じゃあね、バイバイ薔薇水晶」
薔「うん、お大事に。さようなら、めぐ」


ジ「あ、おーい水銀燈」
銀「あらぁ、お久しぶりジュン」
ジ「お前もあの二人のお見舞いか?」
銀「ええ…まったく、私は何度病院に足を運べばいいのかしらねぇ」
ジ「ははっご愁傷様だな。しっかし二人して長期入院とは穏やじゃないなぁ」
銀「毒性の強い食中毒症状だなんて…一体二人して何を食べたのかしら」
ジ「危ないよな」
銀「本当にねぇ」


 

翠「きれいな紫陽花ですぅ、翠星石が手塩にかけて育てた紫陽花ですよぉ」
銀「そぉねぇ。それにしても紫陽花って色々な色があるのねぇ」
翠「(…今のわざと言ったですか…?)何でも、土壌の酸性度によってお花の色が変わる
らしいですよぉ」
銀「へぇ…だから道路沿いの紫陽花は真っ青なのねぇ」
翠「確かに…でも何で道路沿いなら真っ青なんですかねぇ」
銀「私が毎朝ヤクルトあげてるからよぉ…ってちょっと翠星石その鋼鉄製如雨露を何で
振り上げてんのってうわぁぁああああああ」
【移り気な】【紫陽花】 







小さなお庭に、赤いアジサイと紫のアジサイが咲いていました。
しばらく雨が降らなかったので、赤いアジサイと紫のアジサイはケンカばかり
していました。
「ちょっと、あなた、お水を吸いすぎないで頂戴。私が吸えないじゃないの」
「何よぉ。あなたこそ私の上に葉っぱを伸ばしちゃってぇ。息がしづらいじゃ
 なぁい」
「あなたなんて嫌いだわ。枯れちゃいなさい」
「私だってあなたのこと嫌いよぉ。枯れちゃいなさぁい」
…とまあ、毎日こんな様子なのです。
ある日、赤いアジサイは、この家のおじいさんに、根っこごと植木鉢に移し替えられて、
家の中に運ばれて行ってしまいました。
紫のアジサイは大喜び。
「やったぁ、これでお日さまが浴びられるわぁ、お水もたくさん飲めるわぁ」
そのうち梅雨が本格的に降るようになり、紫のアジサイは元気いっぱいに育って
いました。
…でも、しばらくすると、紫のアジサイは寂しくなってしまいました。
だって、仲が悪かったとはいえ、赤のアジサイが行ってしまって、話し相手がいなくなって
しまったのですから。
ふと、紫のアジサイが家のほうを見ると、窓際に、植木鉢に入れられた赤いアジサイが
いるのがわかりました。赤いアジサイも、紫のアジサイのほうを見ていました。
赤いアジサイも、紫のアジサイと同じように、寂しそうにしていました。
紫のアジサイは、ひそかに涙を流しました。そして祈りました。もう一度、赤いアジサイと
おとなり同士になれますように。
そして、願いはかない、紫のアジサイは、赤のアジサイのおとなりにもう一度咲くことが
できたのです。
外は雨。赤のアジサイと紫のアジサイは、植木鉢に入って、家の中から、仲良く雨が降るのを
見ています。
【移り気な】【紫陽花】 







ジ「ん~…今日昼間あったかかったから布団じゃなくてタオルケットにしたけど…まだちょっと寒い…」もぞもぞ
薔「そのために私がいるんだね」ピト
ジ「僕は最近お前は伊賀忍者の末裔か何かだと感じ始めているよ」
薔「女忍者…あ…私、忍者コス…持ってない…」
ジ「いや、そんな絶望にまみれた声を出さないでくれ。真っ暗なだけに余計怖い」
巴「だからアナタは甘いと言われるのよ」ピト
ジ「何でいんだよ!?」
巴「私なんて最初からお見通し。だからちゃんと着てきたわ」
ジ「僕の思考を先読みするな!そして誰か部屋の灯りを点けてください」
薔「ジュンダメ…そんな変態になびいちゃ…!」
ジ「まさかお前からそんな言葉が出るとはな」
巴「ふん、ジュン君はアナタみたいなデリカシーの無い女は似合わないのよ」
ジ「じゃあお前はさりげなく僕のお尻を撫でるのをまず止めろ」
薔「ジュンのお尻どう?」
ジ「聞くなよ」
巴「食べごろかな」
ジ「答えるなよ!そしてお前ら今すぐ出てけ!!」
蒼「ジュン君はもっと清楚な女の子がいいんだよね」
ジ「うわーお天井から女の子が落ちてきたー。お前が忍者だったかこんちくしょう」
蒼「夜這いは大和撫子の文化なんだよジュン君。授業でならったでしょ?」
ジ「ゆとり教育の弊害だ!」
蒼「ジュン君は勉強熱心だね。じゃあ僕達にも」薔「保健」巴「体育」蒼「教えてくれるよね」
ジ「そんな所で無駄な協調性を発揮するな!くそ、どうにかこの状況を打開しなければ…!燃え上がれ僕のコスモーッ!!」
巴「足ツボマッサージ入りまーす」ぐに
ジ「あひん」
薔「お客さん…こってます」ぐに
ジ「らめえ」
蒼「そして最後に骨盤マッサージ…と見せかけた骨盤外しさ」ゴキ
ジ「ひぎい」
蒼「ふふふ、これでもう逃げられないでしょ?」
薔「ねえねえ今日こんなモノ持ってきちゃった…」
巴「きゃー、ばらりんクール」
ジ「くっお前ら…覚えてろよ…例え僕が敗れても第二第三の僕が…あああごめんなさいごめんなさいダメダメそこは違(ry」







巴「桜田君…私、気付いちゃったの」
ジ「あまり聞く気はしないが後が怖いしな、一応聞いておこう」
巴「長門とか綾波とか蒼星石ってさ、皆人気あるでしょ?」
ジ「まぁ一部熱狂的な信者がいる位だしな」
巴「その人達って私と共通する部b」
ジ「柏葉!」
巴「ううん、言わせて!これだけは!」
ジ「お前はお前らしくあれば、それでいいんだ」
巴「でもね桜田k」
ジ「もう…いいんだ。お前は最早キャラが違い過ぎる。蒼星石を見てみろ。あんなに楽しそうに…」
蒼星石「ヴェェズゥィィタァァァァア!今日こそ息の根を止めてやるぜぇぇ!」
ジ「………。」
巴「自分の下着と見た事もない位でっかい鋏を片手に暴れてるね。」
ジ「…僕は何だかんだ今の柏葉のままでいて欲しいんだ。」
巴「ごめんなさい。私が間違ってたわ。」
ジ「分かってくれればいいんだ。僕はそのままの柏葉がs」
巴「ごめんなさい今日は変な事言って。桜田君も今のままでいてね。あ、でも最近姉モノにハマってるみたいだけど私としては幼馴染み系がいいと思うわ。じゃあね桜田君。今日は相談に乗ってくれてありがとう。」
ジ「………僕が間違ってるのか?」 





普通の女の子じゃなかったら


「水銀燈って普通の女の子じゃないわよね」
「何それぇ? 褒めてるの?」
「褒めてないわよ。でも天使様は普通の女の子じゃないと思うの」
「天使なんて呼ぶのめぐだけなんだけど」
「でもね、やっぱり思うのよ。毎日私の病室に来てくれる水銀燈は普通じゃないって」
「………」
「心臓がガラクタでポンコツな私も普通じゃないでしょ? お似合いよね? 普通じゃない私たち」
「……めぐに毎日会うのが普通じゃないなら、別に普通の女の子じゃなくても構わないわぁ」
「そう、ありがと。天使様」


普通の女の子じゃなくても幸せのようです
|