※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「どうするですか、コレ……」
翠星石は机の上に置かれた、ペットボトル飲料を見つめながら、小さく呟いた。

怪しげな蛍光グリーン。
鼻を突く葉緑素の香り。
それを一層際立たせる、不気味な炭酸。

現在、絶賛(?)販売中の、某・しそ味ドリンクだった。


始まりは、コンビニにて。

「おお!?この緑色からは何とも言えん迫力を感じるですよ!!」

好きな色は緑色。イメージカラーも緑色な彼女は、てっきりメロンソーダだと思って手を伸ばした。
そしてお会計を終えて、早速開けてみて一口。
時が、凍りついた。

甘くてシュワシュワなメロンソーダだと、気持ちは既に準備を終えていた。
なのに口の中に広がるのは、しそ。紫蘇。SHISO。
予想外の方向からの奇襲を受けた翠星石の味覚は、計り知れないダメージを受ける事となった。

そのままガッカリと肩を落とし、背中からは哀愁を滲ませながら、翠星石はてくてく歩き……
そして、冒頭に至る。

「捨てるのはもったいないですし……かといって……」
一口飲んだだけのペットボトルをジト目で眺め、一人ぼやく。

そして、はぁ、とため息が漏れそうになった時だった。

「たーだいまーかしらっ!!」
玄関の方から、やけに威勢の良い声が聞こえてきた。

翠星石の脳裏に、名案が浮かぶ。
同時に、抑えても抑えきれない笑みが、口の端を持ち上げる。
ことイタズラにかけては、彼女の右に出る者は居なかった。

早速、しそ飲料をコップに注ぎ、何食わぬ顔をして待ち構える。
そして……

「翠星石、もう帰ってたのかしら」
リビングの扉を開けてやって来た獲物に
「おおチビカナ、おかえりですぅ。いやー、それにしても今日は暑いですねぇ。
 本当に暑いですぅ。なので、特別にメロンソーダを用意してやったですよ」
とっても優しい笑顔を向けながら『しそ飲料』を差し出した。

「……何だか優しい翠星石はとっても危険な予感がするかしら……」
金糸雀はあからさまに顔を引き攣らせながら、蛍光グリーンの液体を見つめる。

「チビカナにも、翠星石の『危険な大人の魅力』が理解できるですか」
何気なく誤魔化しながら、翠星石は金糸雀にコップを手渡そうとして……
「カナは全てお見通しかしらっ!ここは……逃げるかしらー!」
見事に失敗した。
 

「……チッ!翠星石の作戦を見破るとは、チビのくせに侮れんですぅ!」

ギッと金糸雀が逃げ出した方向を睨みつけるも、何の意味もなく。
翠星石の手元には、なみなみとコップに注がれた『しそ飲料』だけが残されていた。

コップに入れてあるので、こうしている間にも、どんどん炭酸は空に消えてしまう。
そうなれば……後に残るのは、生ぬるぅい『しそ飲料』
正直、これはいろんな意味でいただけない。

そうなる前に、責任を取って自分が飲むべきか。
「……南無さん!ですぅ!!」
覚悟を決めて、翠星石がコップを持ち上げた時。

救いの天使がやって来た。

「はぁ……ホント、暑いわねぇ……」
気だるげな言葉を口にしながらリビングへと来た水銀燈。

翠星石はパァァ!と表情を輝かせ、ランランと輝く瞳を水銀燈へと向けた。

そんな大げさなリアクションだと、気が付くなという方が無理な話。
当然、水銀燈も蛍光グリーンの飲み物をもって自分を見つめる翠星石に気が付いた。

『イタズラにかけては翠星石。嫌がらせでは水銀燈でしょうね』とは、真紅の言葉。

水銀燈はニヤリと口の端を持ち上げると、それこそ疾風のように翠星石の手からコップを奪い取った。
「ふふふ……貰っちゃった、貰っちゃった。翠星石のメロンソーダ、貰っちゃった」
さらには嬉しそうに表情をほころばせてまでいる。
「かえせー、かえしやがれですー」
思いっきり棒読みで、翠星石はとりあえずそう言っておいた。

そんな翠星石の反応を見て、気を良くした水銀燈。
演技だとは夢にも思ってない様子。

「うふふふ」と微笑んでから、蛍光グリーンの飲み物を、こくこくと飲み始めた。
(ひーっひっひ!まんまと引っかかりやがったですぅ!)
と翠星石が思っているなんて、気が付くわけも無く。

そして、コップの中身を半分ほど飲んでから。
「……あらぁ?これって……不思議な味ねぇ」
水銀燈はキョトンとした表情を浮べた。

もっとキョトンとしてたのは、翠星石。
「な…何とも無いですか?」
恐る恐るといった感じで、感想を聞いてみる。

「……何よ。変わった味だけど、普通に美味しいわよぉ?」
水銀燈はそう答え、それから……
「前にめぐと行った、ゲロみたいな料理出してくるお店とは比べ物にならないわねぇ」
とか言っていた。

(ああ……水銀燈の味覚は、悪友のせいですっかり破壊されちまったですぅ……)
翠星石にそんな風に思われてるとはつゆ知らず。

「ホント、アレはめぐの言う通りサイアクな味だったわねぇ……
 一口でいいから、なんて言われたから食べてみたけど……アレは酷かったわぁ」

水銀燈はめぐと行った料理屋の事を思い出していた。
ごく自然な感じで、蛍光グリーンが素敵な『しそ味ドリンク』を飲みながら。

 

|