※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ふたりはろりーた

金糸雀は天才です。どれくらい天才かというと、一人でたまご焼きを作れるくらい天才です。
雛苺はまだたまごを割ることができないので金糸雀を尊敬しています。
「おっやつおやつたまご焼きなのー」
「ふっふーん。198回の失敗を重ねついに乳酸菌混合たまご焼きの開発に成功したかしら」
「すごいのー。カナ天才なのー」
雛苺も金糸雀も小躍りするくらい喜んでいます。
「まず味のないたまご焼きを作ります」
「なのー」
「完成した物がここにあるかしら。で、この乳酸菌たっぷりヨーグルトソースをかければ……じゃっじゃーん!!乳酸菌たまご焼きかしら!!」
「マポロチョコも飾るの!!」
美味しそうなたまご焼きに二人のテンションはマックスハートです。
「いっただきまーすかしらー」
「なのー」
意外にも美味しかったらしくぱくぱく食べていました。
おいしいたまご焼きにふたりは笑顔、楽しそう。
めでたしめでたし




「でも乳酸菌混合じゃなくて後乗せじゃないですか」
「素直に食べたいって言おうよ姉さん」





み「うふふ・・・カナったら幸せそうな顔で寝てるわ」
金「すぴー・・・・すぴー・・・・」
み「カナの寝顔写真撮らなきゃ!」ゴソゴソ
み「ああっ!なんてかわいいのかしら!」パシャパシャ
金「・・・ん・・・むにゅう・・・」
み「はぁはぁ・・・カナ・・・カナ・・・」パシャ
金「何故だ!?何故お前達は戦う!?」
み「カ、カナ!!?」ビクゥ
金「イデの力が解放されたらどうなるか誰にもわからないんだぞ!貴様達が・・・貴様達が責任をとってくれるのか!?貴様達が!!」
み「え?え?カナ?カナだよね・・・?」


これ以降みっちゃんが金糸雀の寝顔を撮影することは無かった





今でも憶えている。

まだ目も開かないような赤ちゃんが、小さなもみじのような手で私の服の裾を掴んで離さなかった。
おかげで私は、その日の剣道の道場への練習に行けなくって……
家に帰ってから、両親に怒られてしまった。

それでも、しっかりと私を捕まえていた小さな手の事を思い出すと、むしろ満足感さえ感じた。


私は、蕾のように可愛らしい雛苺と出会った。





今でも憶えている。

やっと歩けるようになったばかりの雛苺が、おぼつかない足取りで私に近づいてきてくれた。
それでも、やっぱり慣れてないのか、バランスを崩して躓きそうになる。
私は咄嗟に、地面にぶつかる直前の雛苺を優しく受け止めた。

抱きしめられたと思ったのか、嬉しそうに笑った雛苺の笑顔に、私は天にも昇るような幸福感を覚えた。


私は、天使のように素敵な雛苺と一緒に過ごした。


  

今でも憶えている。

公園の砂場で、大きなお城を作ろうとしていた雛苺。
おでこに付いた泥を取ろうとして、泥だらけの手で拭ったりなんかして……
遊びつかれたのか、お城が完成すると同時に、眠そうに目をこすっていた。

私に手を引かれながら家路に付く雛苺。その小さな手から伝わる体温に、私は心が満たされていく気がした。

私は、太陽のように暖かな雛苺と一緒に歩いた。



今でも憶えている。

幼稚園の制服に身を包んで、小さな体で元気一杯に駆け回る雛苺。
時折つまづいて、その度に泣きながら私にしがみついてきた。
私が涙を拭いてあげると雛苺はすぐ、とても嬉しそうな笑顔を私に向けてくれた。

言葉では言い表せない程に可愛らしい雛苺の仕草に、私は自分自身の愛情の深さに改めて気が付いた。

私は、咲き誇る花々より綺麗な雛苺と一緒に微笑んだ。



私は、雛苺と共に生き、笑い、歩き、過ごした。

なのに、今。
私と雛苺の二人っきりであるべき空間には、フランスから来た女が何故か居る。
名前は確か、オジ……?オデ……? 
何でも良いけれど、とにかく邪魔だった。 

「ほら雛苺。貴方が小さい頃に私のお婆様と撮った写真よ」
そう言い、オデ何とかは雛苺に胸に下げたロケットの中の写真を見せていた。

「うゆ?これがヒナなの? ふふ、何だか嬉しそうなのー!」
純粋で無垢な雛苺は、その策略に気付かず、オデ何とかの膝の上で写真を見ながら微笑んでいる。

雛苺の可愛さは、言うまでもない。
問題は。
そう、問題は、このオデ何とかは私から雛苺を奪おうという邪悪で陰湿な思惑を隠そうとしてない事だ。

「オディールよ。オディール・フォッセー」
オデ何とかは私の敵意剥き出しの視線に気付いたのか、鋭い声でそう告げてくる。
ああ、そう。
オデ子でいいや。

「そう」
私はクールにそう短く答えてから、とりあえずは客人なので、オデ子にお茶を出しておく。
一番安いの。

それから、宇治の高級緑茶と苺大福を雛苺にも出してあげた。
「わーい!うにゅーなのー!」
喜ぶ雛苺は、まるで天使そのもの。
「トモエ、だーい好きー!」
そう言いながら、私の胸の中に飛び込んできてくれた。

私は抱きついてきた雛苺の髪をそっと撫でながらチラッとオデ子の様子を横目で窺ってみた。

表情こそ柔らかな笑顔をしているが、よく見ると額に怒りマークが浮いている。

勝利の感触と、雛苺が私の両手の中に居るという事実に、私はついつい笑顔がこぼれそうになった。 

だが、相手もフランスから雛苺を求めて来ただけの事はあるようだ。
引き攣った笑みのまま、それでも落ち着いた動作で目の前に置かれたお茶に手を伸ばす。

そして一口飲んでから、私に向けて柔らかな微笑を向けてきた。
「 思ってたより 良いお茶ですね」
目は、笑ってなかった。

「ええ、どうも」
かろうじて答えたが、これはどう見ても挑発だ。
『思ってたより』を強調しているのが証拠。

それでも、長年に渡って剣道を続け心身を鍛えていたお陰で、決闘を申し込むのだけは堪える事が出来た。


だけれど……
とても感受性豊かで、心優しい雛苺は、抑えようとも抑えきれない剣呑な雰囲気に気付いたのだろう。

「うぅ……何だかトモエもオディールも、目が笑ってないの……」

何かに怯えるように身を震わし、私を見つめる雛苺。

この子を怖がらせるような事をしてはいけない。
私の全身全霊が、そう叫びをあげた。

だから私は、雛苺を怖がらせないように、オデ子とも仲良しな雰囲気だけでも作ろうと努力する事にした。
ごく自然な笑顔を作りながら、雑談でも楽しむような声で尋ねる。

「ところで、オディールさん。私はフランスの文化は学校で習った位しか知らないのですが……
 フランスではどうやって決闘を申し込むのですか?」
 





ジュンが家のパソコンを使っているようです。

ジ「ぎゃぁー!!僕の、僕の『体操のお姉さんのガキにお尻タッチされてる画像』フォルダーが消えてるぅううう!!おのれぇええ一体誰だ…こんな…罪の無いピュアなボーイを苛めるのは!履歴見れば前誰が使ってたくらい…」

『くんくん』『くんくん探偵』『紅茶』『優雅な飲み方』『美しい上腕二等筋』

ジ「真紅だな…くそぉ、後でとんでもなく熱い紅茶でも沸れてや…ん?」

『猫舌』『直し方』『ポーカーフェイス』『主の威厳』『失墜』『人生の分岐点』『もしもの為の完全自殺マニュアル』

ジ「………」
真「あらジュン、こんな所に居たの?もう三時なのだから紅茶の準備をなさい」
ジ「お、おお。…なあ、今日暑いから冷たい紅茶にしないか?ちょうどアールグレイが残ってるしさ」
真「あ、あら…そ、それは良い考えね。ええ、今日は暑いもの。仕方ないわよね。偶にはアイスティーも良いのだわ。是非そうしなさい」
ジ(…可愛いヤツ)
真「何か思ったかしら?」
ジ「いや何も」 

ジュンが家のパソコンを使っているようです。その2

ジ「…どうして僕の『幼稚園児に卑猥な目つきを向けられている人妻先生』フォルダーの中身が全部隠し撮りっぽい水銀燈の画像にすり替わってんだろうね…ここれはこれで嬉しいけどさ…大変だったのになぁ集めるの…」

『アッガイ』『大盛店』『焼売』『枝毛ケア』『失敗しない眼科の選び方』『キャラ付け』『多重人格』

ジ「ま、やっぱりこの二人だろーな…ったく何も消すことはないだろ…水銀燈の画像は嬉しいけどさぁ…あ?」

『オランダ』『百合』『同棲』『めしべとめしべ』『催眠術』『洗脳』『調教のススメ』『正しい監禁のやり方』『家庭で作れる睡眠薬』『手作り料理ガイド』

ジ「…あ、もしもし水銀燈?うん、あのな、ちょっと一週間くらい荷物持って僕の家に泊まりに来い。そうすれば下手に手は…え?ダメ?何だよなんか用事が…
はあ!?薔薇水晶と雪華綺晶が家に来てる!?覚えた料理を食べさせたいって!?バ、バカ!逃げろ水銀燈!いいから理由は後で話すから今すぐそこから逃げろ!早くしないと…て、水銀燈?おい、水銀燈!?くそっ切られたか!待ってろ水銀燈今すぐ行くからなーッ!!」

 





しとしとぴっちゃん。
数日前に始まった梅雨が、今日も街を濡らす。
とある時計屋の裏庭では、店主の老人が一人縁側でその様子をぼんやりと眺めている。
元「ふう…それにしても良く降るのう」
蒼「ただいま帰りました、おじいさん」
元「おお蒼星石、お帰り。翠星石は一緒じゃなかったのかの?」
蒼「姉さんは日直なので少し遅くなります。それにしても良く降りますねぇ」
元「そうじゃのう…天の恵み、とはよく言ったものじゃが…」
蒼「おじいさん、何だか元気がないですね?どこか具合でも悪いんですか?」
元「うむ…ただでさえ機械式時計は湿気には弱いんじゃが…それ以上にわし自身も弱いんじゃよ…。
こういう天気が続くと、腰痛がひどくなってしまってな…アツツ」
蒼「えっ…それは大変だ…おじいさん、僕に何かできることはありませんか?」
元治の顔を心配そうに覗き込む蒼星石。
元「(おぉw年甲斐もなくキュンとするじゃろがい)すまんのう蒼星石、心配を掛けてしもうて…ではワシの腹の上に乗ってくれんかの…?」
蒼「えっ…///」
元「(はっ…ワシとしたことが何を言っておるのじゃ)おお間違えた蒼星石、すまんすまん、
腹じゃなくて腰の間違いじゃった。ワシがうつ伏せになるから、上から腰を踏んでくれんかの?」
蒼「な、何だ…おじいさんったら///」
元「///」
座敷に布団を敷く蒼星石。元治がその上にうつ伏せ、蒼星石は恐る恐る右足を腰に乗せてみる
蒼「おじいさん、痛くないですか…?」
元「おお、これは楽になるのぉ…これこそ天の恵みじゃ…。蒼星石や、両足で乗ってみてくれんかの?まだ大丈夫じゃわい」
蒼「は、はい…」
全体重を元治の腰にかけ、うまくバランスをとる蒼星石
元「はあ…極楽極楽」
蒼「良かった…おじいさん、こんなことでよかったらまた僕に声をかけてくださいね」
元「世話をかけるのぉ蒼星石…お前は本当に器量も良」バターン
翠「たっだいまですぅ~!あ~もう雨の野郎、H2Oのくせにこの翠星石様を不快にさせるとはいい度胸です~、
そんなに降りたいんなら水源地にだけドバーッと降ればいいのです!!」
蒼「やあ姉さん、お帰り」
元「おお翠星石が帰ったか」
翠「おや?おじじと蒼星石は何をしているですか…?あ!さては蒼星石、サーフィンの練習をしてるですね!??
翠星石もこの夏はサーフィンしたいですぅ、お姉ちゃんも練習にまぜろですぅ!!」
蒼「何言ってんだい姉さん、僕はただおじいさんの腰を…って、何で物凄い勢いで飛び乗ろうとしてるのさぁ!?」
元「やっやめるんじゃ翠星石、さすがにワシも二人は相手できん(ry」
翠「問答無用です~☆」
ドサッ・・・ミシッ・・・
元「うぼぁあああああああああああ!!」
雨の街に、悲哀の声が響いた…
【雨の】【歌声】
|