※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

481

の「お酒って怖いわねぇ」
巴「怖いですか?」
の「そうよぅ、お酒を飲むと、みんな人が変わっちゃうもの」
巴「そうですね。……人前で全裸だなんて、ダメですよね」
の「ええ、ええ、ジュンくんの裸はそんなに安くないもの!」
巴「そう思います」

巴「だから、今のうちに耐性つけないと」
ジ「それでわざわざ大量の酒用意かよっていうかなんでビデオの用意までしてるんだよ」



482

ジ「すーいーせーせきー!またお前は僕の大切な呪い人形をー!」
翠「ふーんだ、いい年こいてお人形遊びなんてしてるお前が悪いんですよーだ!」
ジ「なんだとー!?だいたいお前こそいい年して雛苺みたいないたずらを…」
翠「翠星石がチビ苺みたいですってぇ!?そんなことチビに言われる筋合いはないですぅ!」
ジ「チビチビって、お前僕よりチビだろ!?」
翠「ふん、翠星石は心のでかさのことを言ってるのですよ!」
ジ「だからお前僕よりチビじゃんか!」
翠「むむぅ!?」
ギャーギャー

巴「……」
の「あらあら、相変わらずね、二人とも」
巴「そうですね」
の「喧嘩するほど仲がいい、を体現してるわねぇ」
巴「……そうですね」
の「ときにはぶつかりあうことも大事よぅ」
巴「…………そうですね」


ジ「……ってぇ!また僕の呪いのお札にこんな落書きしたのは誰だーッ!」
巴「はい」
ジ「柏葉知ってるのか!……え?か、柏葉?柏葉が……やったのか?」
巴「うん」
ジ「……ごめん、柏葉……僕、何か怒らせるようなことしたのかな……気がつかなかったけど……謝るよ」
巴「……」
ジ「その、ほんとに……でも、何がいけなかったのか教えてほし……か、柏葉?」
巴「……」ショボン
ジ「え…ど、どうしたんだよ……」



483

ジ「怖い豚インフル怖いよマジ怖い外出たら死ぬ」
翠「ジュンのヒキコモリの言い訳がまた一つ増えたですぅ」
ジ「い、言い訳じゃないぞ!流行してからじゃ遅いんだからな!」
紅「…そのいい分も一理あるわね」
翠「真紅までそんなことを…」
紅「だって実際そうでしょう。
巴「だいじょうぶ、完全な予防策があるわ」
ジ「だから外に出なければ…」
紅「黙りなさい」
ジ「ごめん」
翠「…で、なんですか?予防策って」
巴「人形になることよ」
紅「……なるほど」
翠「そうですね…」
ジ「ううん…?」



484

巴「あ、見て、仮装大賞やってる」
ジ「ほんとだ」
ジ・巴「……」
ジ「……インチキ通販的な面白さがあるよな」
巴「そう?」
ジ「うん。でも僕が一番大賞をあげたいのは、アシスタントのバニーさんかな」
巴「……」
ジ「バニーは浪漫だね。出場者そっちのけでバニーさんばかり目に入る」
巴「……変態」
ジ「…そう言ってほしいのかと思ったんだけど」
巴「意味がわからないから」
ジ「じゃあなんで今柏葉がバニーの格好してるんだよ」



485

の「最近このあたりは物騒なのよぅ」
巴「そうなんですか?」
の「そうなの、下着泥棒とか出るんだって」
巴「え……それは嫌ですね……」
の「本当にそうよぅ。おちおち洗濯もできないわぁ…」
巴「はい、私も桜田くんにいつのまにか下着をとられたらと思うと…」
の「変質者も出るらしいわよぅ」
巴「それも怖いですね。私もお風呂上りでなにか勘違いした桜田くんに、
  いきなりナニを見せつけられたらと思うと…」
の「電車通学の友だちは痴漢にあったって言ってたし…」
巴「辛いですね…私も満員電車で鬱憤の溜まった桜田くんに痴漢されたらと思うと…」
の「怖いわねぇ…」ガクガク
巴「怖いですね…」ビクビクッ



486

巴「未来予測スコープを手に入れました」
ジ「なにその22世紀的な道具」
巴「このスコープをのぞくと未来がうつっています」
ジ「柏葉も通販にはまったのか?」
巴「早速未来を見てみます」
ジ「マジ?マジで未来うつんの?」

巴「…………」

ジ「おーい?柏葉?……なにが見えるんだ?なんか切ない顔してるけど…」
紅「ハッ……ジュン、そっとしておいてあげなさい」
ジ「なんだお前いたのか」
紅「なぜなら、巴は人形だからよ」
ジ「え?あー…そういえばそんな設定だったっけ……?」
紅「人間である私たちは年をとっていくでしょう…けれど巴は年を取らない。
  私たちが年老いていくなか、いつまでもセーラー服に身をつつみ、
  やがて一人、また一人と息を引き取っていくのを見送り、
  そして最後にただ一人ぽつんと残る……そんな未来が見えているのだわ」
ジ「えぇー……いきなりそんなシリアスなこと言われても……」
紅「巴……哀れな子……あなたには目標すらみつからない……」
巴「……」スッ
ジ「柏葉……」

巴「……雛苺……ぼいんぼいん……」ショボン
ジ「けっこう近未来を見てたようだぞ」



487

ジ「インフルエンザ感染防止のための休校措置なのに、どうしてガキどもが道に溢れてるんだよ」
巴「まぁ、そんなものだよね」
ジ「うちの学校も休校?」
巴「そうみたい」
ジ「でも来週からまたいつも通りなんだよな?」
巴「うん」
ジ「なんで感染者増えてるのに休校延期しないんだよ。学校の対応も形だけってことか。
  学校がそんなんで、生徒が真面目に対応するわけないよなぁ」
巴「それはそうだと思うけど」
ジ「……今、そんなこと言う前に学校来いって思っただろ」
巴「うん」
ジ「……はっきりいうな。でもさ、それで本当に感染したら…」
巴「マスクしてたら大丈夫だと思うよ」
ジ「マスクねぇ……」
巴「はい、マスク」
ジ「いや、渡されても」
巴「使い捨てだから、使ったのは私が預かるね」
ジ「なんでだよ!捨てろよゴミ箱に!っていうか学校なんて…」
巴「行かないの?」
ジ「行かない!!」
巴「……」
ジ「……でも家の中でマスクはつけるよ」
巴「ならいいわ」



488

巴「……」ゴソゴソ
雛「あーっ!トモエなにしてるの!?」
巴「…!?……って、なんだ、雛苺か……」
雛「なんだじゃないのよ、そんなゴミ箱漁ってなにを……」
巴「ん……これ」
雛「……?マスク……?」
巴「うん。桜田くんの使ってたマスク」
雛「と、トモエ、そんなことしたらめっなのよぉ~」
巴「大丈夫よ、人形だから感染とかないし…心配してくれてありがとね」
雛「え……う、うぅ~……」



489

ジ「なんとか株で食べていけないかなぁ」
巴「またそんなこと言って……」
ジ「だって自宅から一歩も出ずに暮らしていけるんだぞ。夢のようじゃんか」
巴「夢のようっていうか、夢だと思うよ」
ジ「たしかにな……株ってお金のある人でないと勝てないみたいだし……」
巴「一種のギャンブルみたいなものだもんね。破産しちゃったらたいへんなことに…」
ジ「破産か……それは嫌だな……」
巴「借金取りとかやってきたり……」
ジ「……ドアどんどん叩かれて金返せーみたいな感じか…」
巴「……だいじょうぶ、そうなったら、私も一緒に働いてお金返すわ」
ジ「……柏葉には関係ないだろ」
巴「関係あるよ」
ジ「ない」
巴「あるわ」
ジ・巴「……」
み「二人とも変なの。借金なんて踏み倒せばいいじゃない。やり方教えてあげようか?」
ジ・巴「帰れよ」



490

ジ「バチン!……ふー、最近蚊が出てきたなぁ」
巴「もうすぐ6月だもんね」
ジ「ああ、気がついたら腕3箇所も噛まれちゃって……かゆいったらないよ」
巴「ほんとだ……ムヒ塗ってあげる」
ジ「じ、自分でやるよ!……でも、はぁ……これだからなぁ、半袖嫌なんだよな。
  本格的に夏になるまでは長袖でいいかなぁ…」
巴「え……」
ジ「蚊さえいなければ短パンだってはくんだけどな……」
巴「桜田くんが短パン……」


ジ「……なぁ」
巴「……」
ジ「1メートルおきに蚊取り線香置くのはやめてくれ……けむくって仕方ない…ゲホッ」
巴「1日だけでも」
蒼「必死過ぎる」



|