※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

巴「あれ、桜田君」
ジ「なんだ柏葉か。こんな場所でどうした?」
巴「桜田君こそ…でもこっちの方面って事は…」
ジ「金糸雀の家、か。いやな、学校でほら、お金の事とかお金の事とかお金の事とか大変だとか言ってたから…まあせめてものって事で姉ちゃんが作ったクッキーをと思ってな」
巴「私もね、何回か電話でみつさんの愚痴とか聞いてたから…何かしたくて」
ジ「金糸雀だって同じ高校生だし、遊びたいよなぁ」
巴「…家ね、空き部屋が出来たの」
ジ「うん?」
巴「だからその、一時的にでも居候みたいな事とかどうかなって」
ジ「あー、なる程。まあみっちゃんさんもいい年だしな。自立しなきゃダメだよな」
巴「うん…だから一応聞いてみようって思ってたんだけど」
ジ「よし、じゃあちょっと行ってみるか」


金「はーい、どちら様かしら~って、あら二人してどうしたかしら?」
ジ「えっと…まず、これ。おすそ分けみたいな」
巴「ちょっと作り過ぎちゃって。良かったら食べてみて」
金「ありがとうかしらー!!」
巴「でね…その、今私の家に空き部屋が出来たの。金糸雀ちゃん色々大変だって言ってたでしょ?だから、少しの間、家に来てみない?」
金「え?お泊まりの遊びのお誘いかしら?」
巴「似てるかもだけど、一週間とかそれ位でもいいし…」
金「それだと家事が出来ないかしら」
ジ「でもさ、ほら、みっちゃんさんももう大人だし、そろそろ自分でさ…」 

金「今みっちゃんね、新しい仕事があって大変かしら。だからそんなみっちゃんを支えるのがカナの役目よ。そりゃ、合間に服の買いあさりが入るのが玉に傷でも、それ位がみっちゃんらしくていいかしら♪」
巴「そう…」
金「あ!そろそろみっちゃん帰ってくるかしら!仕事モードのみっちゃんはいっぱい食べるから助かったわ。ありがとう二人とも!じゃあまた明日かしらー!!」
バタン
ジ「…なんと言うか、楽しそうだったな。そういや学校でも笑ってたっけ…」
巴「うん…今思うと電話の声もそんな気がしてきた」
ジ「人の世話を楽しむとは…うーん、ご苦労様なこった」
巴「心配いらなかったね。じゃあ帰ろうか桜田君」
ジ「おー、そうだな」
巴「…せっかくだから、桜田君空き部屋使ってみる?」
ジ「何ィ!?わっ!ぎゃー!!」
巴「ああ、桜田君がマンションの階段をピタゴラスイッチ並のクオリティで転がって落ちていく…!」
ジ「んな説明いらんから助けろおおぉぉ…」

【でも】【愛していて】

 

 



蒼「やれやれ…『今日からは別の部屋で寝るですよー!!』か。やっぱりジュン君を意識し始めた証拠なんだろうね。電話でもしてるのかな…ふぅ」
雪「ああ…『今日からお姉ちゃんは別の部屋で寝て』ですか。妹の抱き枕は大層ふかふかで具合がよろしかったですのに…お姉ちゃんはとっても寂しくなってしまいました」
蒼「おっと」
雪「まあ、お姉様」
蒼「…その様子だと、お互い境遇は同じようだね」
雪「お察しいただき恐縮ですわ。では、お姉様も翠お姉様に?」
蒼「ああ。ま、仕方ないけどね」
雪「ですわね…ただ、今まであったものが無いのは、いささか物悲しいものがあります。果たしてこれまで通りの安眠が望めますかどうか…」
蒼「そうだね…じゃあ、雪華綺晶?」
雪「はい」
蒼「欠けた者同士、補ってみようか?」
雪「…よろしいのですか?」
蒼「正直、僕もこのままだと寝付きが悪そうだから」
雪「とすると…私が妹という立場になるのですか?」
蒼「君がそれなら僕がお姉さんか。でもこれ位の変化はあってもいいかもしれないよ」
雪「ふふふ…では、妹としてたっぷりと甘えさせていただきますわ、蒼お姉様」
蒼「姉として、善処するよ」
雪「…実は、今まで通りだったりするのですが」
蒼「あはは、僕も」

 

 



雛「いい天気なの!」
翠「まったくですぅ。暑いくらいの天気ですよ」
雛「見て見てこれふきのとう?」
翠「ん? そうですね、これはふきのとうですよ。前埋めたのが出てきたんですかねえ」
雛「えへへ……かわいいの」
翠「少し収穫して今夜はふき味噌にするですよ」
雛「わぁい、楽しみなのー」



いい天気オチはないけどいい天気

 

 



「真紅、まさか君が犯人だったなんて…」
「さすがねくんくん探偵。やはりあなたは素晴らしいわ」
「どうして…僕を殺そうと…」
「仕方がなかったのよ。あなたが他の女と…」
「何のことだい?」
「とぼけないで!この前あの女と仲良く歩いてたじゃない!」

「水銀燈とは事件の相談をしてただけだよ!僕が愛しているのは…真紅、君だけだ」
「そんな、なんてこと…」
「僕は君を愛している。だから君のしたことを許してあげたい。だけど、僕は君の恋人であると同時に、探偵なんだ」
「…私は自首するわ」
「真紅…」
「でも、私が居なくなっても、」
「愛してるよ真紅、ずっと」
「嗚呼、くんくん…」
「きっとまた逢える。真紅、キスを」
「くんくん…んっ」 

「ん゛ー!ん゛ー!」
(パチッ「ん…。!」
ベチーン!!
「じ、JUM!何をしてるの!!」
「いてて…こっちのセリフだよ!」
「家来の癖に主人の寝込みを襲うなんて…あるまじき行為だわ!!」
「はぁ!?僕はお前を起こそうとしただけだ!お前からしてきたんだよこの呪い人形!!」
「言い訳なんて見苦しいわね。これは茨の鞭でお仕置きなのだわ」
「ちょっと待てよ!僕は悪くな」
「問答無用!!」
「ぎゃあああああああああ」



「二人とも楽しそうなのー!」
(JUMのやつ、真紅とき、キスを…)
「うわああああん!JUMは不潔ですううううう!」



【でも】【愛していて】?

 

 



ジ「おはよう」
蒼「おはようって……もうお昼だよ?」
ジ「でも今起きたし」
紅「早く寝ないから…」
ジ「夜が僕の時間だから…」
翠「とんでもねーグーたらですぅ…」
ジ「悪かったな。……それで、薔薇水晶は?アイツも一緒に起きてたはず」
薔「……おっはー」
ジ「マジか。僕の方が先に寝たのに…」
翠「薔薇水晶はお前と違って、夜更かししてもちゃんと朝起きてるのですよ!」
薔「照れる……」
蒼「っていうかそんな夜に薔薇水晶と二人きりで何を!?ま、まさか…あ、そ、そんな、ふ、不潔だよ、でも…!」
紅「……蒼星石、ちょっと黙ってなさい。それはともかく、ジュンも薔薇水晶を見習うことね。
  人間は朝起きて、お昼に活動するものよ。お昼に起きるなんて、一日を損してるのだわ」
ジ「むぅ…な、なんだよ、ちょっと早く起きたくらいで…」
薔「……ジュン、それは違う……。…起きたわけじゃない。起きてるけど」
ジ「…は?」
紅「どういうこと?薔薇水晶」
薔「……ずっと起きてた。それだけ。もう限界。太陽とかマジない。おやすみみんな……」バタン
全「……」

 

 



の「高速1000円よぅ!早速みんなで旅行に行きましょう!」


銀「めんどくさいわぁ、あんたたちだけで行きなさいよ」
↑ほんとに置いてくと拗ねる

金「運転はカナに任せるかしら!二週間前に本試験を8回目にしてついに突破、免許をもったカナに死角はないかしら~」
↑爆弾

翠「しゃーないですね、お弁当は翠星石が作ってやるですよ、翠星石の美味しいお弁当にジュンもきっと翠星石を…
  あっ、だめですそんな…」
↑みんなで旅行の意味わかってない

蒼「でもちょっと待って、日本人はこういうときわけもわからずみんなで動くからね。きっと大渋滞だ。
  今回は様子を見たほうがいいかもしれないよ」
↑空気読めない合理主義

紅「車ってあまり好きじゃないわ」
↑空気読めない自己中

雛「わーい、お車お車!!」
↑渋滞になるとトイレに行きたがる

雪「楽しみですね、旅行先でのお食事は一段と格別です…」
↑車内を食い物の臭いで満たす車酔いキラー

薔「……車……」
↑車酔い常習犯

ジ(……めんどくさい)
↑心からそう思ってる引き篭もり(でも無理矢理連れてかれる)

み「旅行♪旅行♪」
↑呼んでないのになぜかいる(金は払わない)

巴「……」
↑旅行の先々で何故か会う(「あ、桜田くん、こんなところで偶然だね…」)

 

 



彼女が、私とは全く異なる人間だと言う事は分かってはいたつもりだが、
彼女が私の敵となるとまでは私は理解していなかった。

それは私達姉妹による潰し合いであり、

それは私達姉妹が『姉妹』と感じ得る瞬間でもあった。

白き末の妹がせせら笑う。
幼き妹を庇いながらでは私は確実に負けるだろう。

服装を正す。ふと、あの時に飲んだ紅茶をもう少し味わえば良かったという後悔が頭を過った。

彼女と目が合う。

恨むはいつか憧れた父の幻影。

NEVER

その時、私は初めて皆が求むモノを恨んだ。




…………続かない保守

 



蒼「さて、春物の服も出したしそろそろこたつも片付けないとね。」
翠「そうですねぇ。ま、片付ける前にこの冬最後のこたつでちょいと休憩するですよ。」
蒼「少し疲れたしそうしようか。あ、じゃあ僕お茶入れてくるね。」
翠「頼んだですぅ。」
翠「いやー、やっぱりこたつは最高ですね。人の生み出した文化の極みですぅ。」
蒼「・・・(ズズー・・・ふぅ・・・落ち着くね・・・。」

翠・蒼「・・・・・・・・・・(スヤスヤ」


翠「ふぁ、ついつい居眠りしちまったですぅ。さっさと片付けて晩ご飯の準備を・・・」
蒼「・・・・・・・・・・(スースー」
翠「・・・あー、まぁもう少し休ませてやるですかね・・・」
翠「そうと決まれば・・・もう一眠りですぅ・・・」
翠・蒼「・・・・・・・・・・(スヤスヤ」

とかそんな何も終わらない保守
|