※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

いきます

「JUM~、帰るですよ~」

高校生の桜田JUMと、双子の翠星石・蒼星石は幼なじみで、一緒に登下校するほどの仲だ。

「悪い、今日は無理だ。じゃあな」

「なっ!?す、翠星石がせっかく」

「悪い悪い。じゃあ僕急ぐから」タッタッタ



「…きいいいいいいい!!なんですかあのチビ人間!」

「仕方ないよ。JUM君だって、たまには用事があるだろうしね」

「そんな訳ねーですぅ!チビ人間の用事といったら、新作ゲームを買う位しかねーです」

「そういえばそうだね」

「そうですよ。第一、はっきり理由も言わないで帰って行ったことは今までなかったですぅ」 

「じゃあ、僕らに言えない理由でもあるんじゃない?」

「なるほど、秘密を隠してるですか」

「あくまで推測だけどね。例えば、彼女が出来たとか」

「そっ、それはあり得ねーです!絶対ねーです!間違いねーです!」

「それはJUM君に失礼だよ、翠星石」

「だって!…もしそうだったら嫌です。蒼星石はどうですか…?」

「僕も君と同じさ。そのときは、その女に別れてもらえばいいよ」

「どうするです?」

「鞄を生卵まみれにしたり全教室の黒板にスリーサイズを晒したり方法はいろいろある…ククッ」

「そ、蒼星石?」

「やあごめん。つい本音が出ちゃったよ…フフ」

「…」

(我が妹ながら恐ろしい子ですぅ…!) 

「さっきのは冗談だよ、翠星石」ニコッ

「…」

「本当だよ!」

「そういうことにしといてやるです…」

「ふふっありがとう。でも彼女とは限らないしね」

「そうですねぇ…」

「もしかして、のりさんの具合が悪いとか」

「早く家に帰って看病ですか…あり得るです」

「普段はのりさんに冷たいけど、そういうときは優しいかもしれないし」

「普段から優しくするべきです!のりはあんなに優しいのに、JUMはちっともですぅ」

「JUM君が急に優しくなったらどう?」

「…よく考えたら気持ち悪いですぅオエエ」

「でしょ?」

「とにかく、あまり詮索しても仕方ないよ。僕達も帰ろう」

「そうですね。どーせJUMはくっだらないことをしてるに決まってるですから」

「家に帰ったら、JUM君にあげるチョコでも考えようか」

「あ、あんな奴にくれてやるチョコはないです!けど、蒼星石がそう言うなら仕方ないです」

「ふふ、素直じゃないんだから」

「言っとくですけど、義理ですよ、ぎ り!」

「じゃあ僕は本命にしようかな…?」

「え?本命ですか!?JUMですよ?」

「冗談だよ。というか、僕達の間に本命も義理もないよ」

「そうですよね…びっくりしたですぅ(本気で焦ったです…)」

「ふふ、翠星石はからかい甲斐があるね(JUM君は本命だけどね)」 



双子宅

「では、JUMに仕方なくやるチョコを考えるですよ」

「そうだね、こんなのはどうかな?」

「アイディアがあるですか?」

「うん、チョコを長ーい棒状にするんだ。ある程度太さも必要だね」

「…それだけですか?」

「これからだよ。まず片方の端っこを相手にくわえてもらって」

「それで?」

「もう片方は自分でくわえる」

「まさか…」

「二人一緒にチョコを食べていって、最後にはchu☆さ!」

「ただのポッキーゲームじゃねーですか!合コンでやれ、ですぅ!」

「二人の愛を深められる、いいチャンスじゃないか」

「それはゲームだからやることです!だ、だいたいチビ人間なんかとキキキキキキキキキキ、キス出来る訳ねーですぅ!」

(純情だなぁ…) 



「じゃあ、プレゼント用のチョコにしようか。ちょっと高いやつ」

「売ってるやつですか…ひねりがないですねぇ」

「それでもいいんじゃない?」

「いいですが、JUMに馬鹿にされそうですぅ。『自分じゃ作れないんだろ?』って」

「確かにJUM君なら言いそうだね(翠星石にはね)」

「そうですよ。折角あげたのにそんなこと言われたんじゃ、たまったもんじゃねぇです」

「なるほど…翠星石はオリジナリティが欲しい訳だね?」

「そうですねぇ、JUMをあっと言わせたいですぅ」

「なら、僕にいい考えがあるよ!」 



「今度は何ですか?まさか、またポッキーゲームみたいなやつじゃ…」

「ふふ、今回は一味違うよ!使うのはズバリ…musicさ!」

「?どういうことです?」

「だからね、チョコを渡す時に音楽を流すんだ」

「それだけですか?」

「チッチッチ、甘いよ翠星石。それに合わせて踊るんだ」

「踊るですぅ!?」

「ちなみに曲は『チョコレート・ディスコ』ね。僕がのっち、JUM君がかしゆかで、翠星石がゴリラ」

「なんでJUMが入ってるですか!?っていうか翠星石があーちゃんなんておかしいです!断固拒否ですぅ」

「全く、翠星石は飼育が大変だなぁ」

「誰がゴリラですか!」 



「決まる気配がないね」

「誰かさんが変なアイディアばかり出すからですぅ」

「僕は至って素晴らしいのしか出してないつもりだけど…」

「それは蒼星石の自己満足です!…翠星石はハートのチョコを作るです」

「そっか、じゃあ僕も形にこだわろうかな」

「どんな形にするです?」

「僕のミニチュアさ」

「蒼星石のですか?」

「裸のね」

「なっ!?///」

「勿論、手紙をつけてね。『細 部 まで忠実にさいげんしました。目 と 舌 で味わって食べてね☆』って」

「…もう蒼星石にはついていけんです///」

「アハハ、光栄だなぁ」 



「そろそろ真面目に考えようか」

「翠星石はずっと真面目に考えてたですのに…」

「僕はチョコケーキを作ろうかな、1ホール」

「(もうツッコミは疲れたです…)翠星石は生チョコにするです。ハートのかたちの」

「やっと決まったね」

「長かったですぅ…」

「そういえば、JUM君のことだけど」

「です?」

「早く家に帰って、チョコでも作ってるんじゃないかな?」

「…」

「時間がかかるのを見越して。ふふ、冗談だけどね」

「そ、そ、そ…」

「翠星石?」

「その発想はなかった、ですぅ!!」 



「ど、どうしたのいきなり」

「よーく考えたらおかしかったです。バレンタインの前日に一人で帰るなんて!翠星石達に隠し事なんてしなかったですのに!!しかも今日はやたらと担任の梅岡に話しかけてたです!!!」

「だからって、」

「いーや!間違いねぇです。乙女の勘は鋭いですぅ。やつはgthmだったです!!」

「確かに不自然ではあるけどね…」

「今頃奴は梅岡のことでも考えながらチョコを作ってるですよ!」

「だったら嫌だな…(本当なら梅岡は血祭りだね)」

「そうじゃないことを祈って、チョコを作るですよ!」

「そうだね」



その頃JUMは…

せっせ せっせ

「クシュン!風邪引いたかな…まあいいや、完成したし」 





そしてバレンタイン当日の放課後。



「いよいよだね。昨日は頑張ったよ」

「我ながら、会心の出来ですぅ」

「あっJUM君だよ!おーい…ってあれ?」

「う…梅岡のほうに歩いてくです…」

「「…」」

「翠星石!JUM君の鞄!」

「あ、チョコです!丁寧にラッピングまでしてあるですぅ」

「これは…」

「確定ですぅ…」

「「はぁ……」」

てくてく

「おーいなに人の机見てんだ」

「「!」」 




「まさかお前ら…見たな?」

「いやぁ、知らなかったよ…JUM君がgthmだったなんて」

「長い付き合いでも気付かなかったですよ」

「梅岡と幸せにね…!(まぁ血祭りだけど)」

「はぁ?何で僕が梅岡と」

「だって鞄のなかのチョコは梅岡にあげるんじゃ…」

「今、呼び出しに行ったんじゃないんですか?」

「ハァ…そんな訳ないだろ。それに、よく見ろ。2つあるだろ」

「あ、本当だね」

「きっと、梅岡と梅岡の父親にでもあげるんですねぇ」

「しつこいな!あれはお前らにやるやつだよ!」

「「え??」」 



「僕たちに」
「ですか?」

「そうだよ」

「でもJUMは男ですよ?まさかホワイトデーと勘違いしたですか!」

「そうだったらボケどころじゃないよね」

「こいつら…!まあいいや。この前の英語の授業覚えてるか?バレンタインの話」

「あったりめぇですぅ。才女翠星石を舐めるなです!」

「たしかバレンタインの由来…そっか、そういうことか!」

「そういうこと。まぁ僕は日本人だけどな、日頃から世話になってるお前らに、作ってみようと思って」

「ふふっ、とんだ欧米かぶれだね」

「まあな」

「ムキー!二人してなんなんですか!教えやがれですぅ!」

「あれ?才女はわかるんじゃないのか?わからないやつにはあげないぞ?」

「いいから黙ってよこしやがれですぅ!!」

(いやーJUMが梅岡じゃなくてよかったぁ…)

|