※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
  2-2
 
 
そのとき、ジュンの脳裏には、霖雨のごとく疑問符が降りしきっていた。
……だろうけど。……じゃないのか。なのに……なんでだ?
ひとつの思惟から、みっつの苦悩が派生するも、そのすべては『?』に呑まれ埋もれてゆく。
その上にまた、頬の痛みと熱が生みだす新たな自問が積み上がり、山を為していた。
 
いつ果てるともなく繰り返される、疑問を疑問で塗り替える迷想の連鎖。
この輪廻を、あとどれだけ――
 
 
「差し引きゼロか、ややプラスってとこだろ。どう考えたってさ……」
 
柴崎元治と並んで馬車の御者台に座るジュンは、すっかり気が腐っていた。
いたずらウサギ撃退のハレンチ行為に対する乙女組の仕打ちに、打ちひしがれていた。
確かに、緊急措置とは言え、彼がとった行動は褒められたものではなかろう。
しかし、だ。それによって進路が開かれたのも、また厳然たる事実ではないか。
 
遙か蒼穹に、虚ろな瞳を彷徨わせながら、「ベストを尽くしたのに」ジュンは小声でぼやいた。
まったくもって、理不尽。この世は納得できないことだらけ。
いい加減、模範解答などない懊悩に疲れて、少年は重苦しい嘆息を漏らした。
 
生きることは痛みを知ること――
どこかで聞いた憶えのある言葉が、ぼんやりと、少年の胸に浮かんできた。
理屈は解る。だが、こうも痛めつけられるだけでは、生きる気力も萎えるというもの。
まだ見ぬ『ココロの樹』だって、打たれ強く成長する前に、立ち枯れてしまいそうだ。
 
「少しは、楽になったかね」
 
……またも疑問の螺旋に呑まれかけたジュンを、嗄れた声が、現実に連れ戻す。
そちらに向けられた少年の瞳と、老人の視線がぶつかった。
元治は弛んだ微笑のまま、ものの見事に腫れた少年の頬へと、眼差しを移した。
 
ジュンは引きつった笑みと共に、「少しはね」と、老人の台詞をおうむ返しにする。
ウソではない。車上を行き過ぎる風は、ジュンの頬を心地よく冷やしてくれていた。
 
「そうかい、そうかい」元治は鷹揚に頷いて、前に向き直った。
「憎まれ口をきけるなら、大丈夫じゃな。あと十年は戦えるよ」
 
なにが大丈夫なもんか。ジュンは言いかけて、その愚痴を呑み込んだ。
老人に八つ当たりしても詮ないこと。かえって惨めになるだけだ。
 
「なあ、爺さん……ちょっと、訊きたいんだけど」
 
でも、独りで鬱屈したままよりは、問題解決の糸口を掴めるかも知れない。
亀の甲より年の劫。いいアドバイスをくれるかもと、少しの期待は込められていた。
 
問いかけた声が、よほど深刻に聞こえたと見えて、「どうしたのかね?」
元治が再び、ジュンの顔を覗き込んだ。
 
「わしに答えられることかな」
「どうだろうな。アタマおかしいって、思われるかも」
「ほぅほぅ。そんなに突拍子もない質問なのかい」
 
言って、元治は小刻みに、空咳のような音を立てた。
それが乾いた笑い声と判るまで、ジュンは暫しの時間を要した。
なにを独り合点したのか、老人がニヤリと、茶渋に染まった歯を見せる。
 
「ははぁん……さては、あのウサギっ娘をペットにしたくなったのじゃな?」

ペット。なんてことない単語が、なぜこんなにも卑猥に感じられるのだろうか。
ジュンは、腫れた頬をさらに赤らめて、元治の言葉に噛みついた。
 
「はあ? 冗談よしてくれよ。あんなワケの解らないのは、願い下げだっての」
「ヌフフフッ……隠すな隠すな。若者なら健全な反応じゃぞ、少年」
「ばッ、ないから! マジ有り得ねえ! そのルパン笑いも止めろ!」
 
だいたい、どこをどう間違えたら、あの眼帯娘がウサギっ娘に見えるのか。
確かに、言動は奇妙だった。左眼を隠した容貌は、ミステリアスな印象だった。
が、ジュンの眼に写ったのは、ごくごく普通の女の子。それ以外ではなかった。
 
透けるほどに白い桃尻が、ありありと網膜に甦って、鼻の奥から熱いパトスが溢れてくる。
それを啜りあげながら、照れ隠しとばかりに、「茶化さないでくれよ!」
猛然と言い返して、ジュンは悔しげに睫毛を伏せた。
 
「他人には笑い話だろうけどな、僕にとっては人生を左右する一大事なんだ」
「そうですよ、あなた」
 
柔らかく落ち着いた声が、ジュンを支持する。いつの間にか、マツが彼らの背後に佇んでいた。
彼らに注がれるのは、臈たけた老婦人の、神々しく慈愛に満ちた笑顔。
その細く頼りなげな腕が支える『バールのようなもの』さえ、金剛杵に見えてくるから不思議だ。
ジュンは反射的に、ココロの裡で祈りを捧げていた。ああっ如来さまっ――と。
 
「からかうのも大概になさい。老人は、若い人の模範たるべきでしょうに。
 それを、おかしな言動で徒に惑わせるなんて、言語道断です」
「まあ、待て待て……真に受けるでない。物には順序、話には枕と言うじゃろう。
 場を和ますための軽口であって、嘲っていたのではないぞ」
 
意外に恐妻家なのか、マツの仕種と一言は、好々爺を一変させた。
けれど、元治の弁明もまた、幾ばくかの事実を含んでいるように思われた。
マツが割って入らずとも、眼帯娘の話は、遅かれ早かれ締め括られていただろう。
 
 
「では、仕切りなおして……」
元治の顔つきが引き締まる。「そこまで思い詰めるほどの問題、とは?」
彼の、ジュンに向けた双眸には、年長者としての貫禄が満ちていた。
 
いざ真面目に対応されると、なにやら教師との二者面談みたいで気まずくて。
ひとつ、唾を飲み込む。尻込みしそうになるココロを奮い起こし、ジュンは唇を開いた。
 
「――僕は、呪われてるんだ」
「なんじゃと? 本当なのかね?」
「驚いたわねえ。どうして、また……そんなコトに」
「不慮の事故だよ。爺さんたちなら、呪いの解き方とか識ってるんじゃないか」
 
けれど、ジュンは期待した分だけ、突き落とされる痛みを知る羽目となった。
口を噤んだきり、低く唸る元治。その傍らで、マツは息を呑んだまま絶句している。
彼らの沈黙は、否定の返事に他ならなかった。
 
それにしても……。虚脱状態まっしぐらな心境で、ジュンは訝しんだ。
この世界における呪術とは、なんなのだろう?
珍稀な現象らしいことは、昨夜、巴が見せた好奇の眼差しからも推し測れた。
しかも『触らぬ神に祟りなし』なんて格言そっちのけで、触りまくりの撫でまくり。
わざわざ動物園まで、珍獣を眺めに足を運ぶ見物客のイメージに類似していた。
 
とどのつまりが、他人事と見なし、安心しているのだろう。
疫病みたいに蔓延する災厄と違って、呪いは個人に限定された不幸だ。
誰だって、自分に深刻な被害が及ばないことなら、あくせくと準備したりしない。
全員がその認識であれば、対抗手段が洗練されないのも、無理からぬことだ。
 
だが、しかし――
 
そうだとしても、まさかのときの予防手段が、ちゃんと用意されているはずである。
病気を引き合いに出せば、特効薬やワクチンみたいな対処法が。
それなのに、幾十年と叡知を積み重ねてきた元治たちでさえ、呆気なく匙を投げる。
端から、抗おうとすらしていない。できないことと諦めているのか?
 
ジュンはなんとなく、そこに祭祀めいた利権の気配を嗅ぎ取っていた。
強大な権力が、民衆から知る自由を奪っているのかも知れない……と。
予備知識を持たないから、こんな風に、素人の手に負えず右往左往の事態となるのだ。
 
「じゃあさ、爺さんたちは呪いをかけられたら、どうしてるんだよ」
 
呪術の秘匿し、独占している何者かが存在するのなら、そこに救済を求めるのが道理。
この忌々しい天狗から解放されるものならば、ジュンは、なぐり込みも辞さない覚悟だった。
……けれど、肝心の何者とやは、どこに居るのか。
結局、疑問の堂々めぐりにしかならない苛立ちから、ジュンは語気を強めて老人に詰め寄った。
 
「本当は、なにか知ってるんだろ? 勿体ぶらないでくれよ!」
 
病気には薬を服用しておきながら、呪いなら受容するなんて不自然きわまる。
およそ常識では考えられない、馬鹿げた酔興だ。
それは自虐。もっと有り体に言えば、他殺願望ではないのか。
 
「まーまー、ジュンジュン。そう熱くならないで」
 
空気の刺々しさを察した姉貴分が、荷台から御者台に身を乗り出して、口を挟んだ。
「同情はするけどさあ、独りでテンパってても、しょうがないでしょー」
 
言われるまでもない。ジュンだって、見苦しい真似をしていることは承知の上。
ただ、遣る方なかった憤懣が、たまたま開いた捌け口から噴きだしただけである。
 
「そりゃ僕だって、八つ当たりなんかしたくないけど。どうにも、やるせなくて」
「解る解る。当然ちゃ当然だよねー。ま、そんなときには……巴ちゃん、お願い」
「ええ。いまこそ、私の独壇場ね」
 
巴は意気揚々と、懐から大アルカナの束を取り出した。
「さあ、迷える子羊よ……このタロットマスタートモエの前に跪きなさい」
 
なんでだよっ! いつもなら即座に、がなり立てているところだ。
けれども、ジュンは急な脱力感に襲われ、口を開くのも億劫になっていた。
ここまで引っぱってきた重くシリアスな雰囲気も、一瞬にして雲散霧消。
グズグズ悩んでいたのが、ひどく愚かしく思えて、少年は少しばかり投げ遣り気味だった。
 
もし、巴の言いなりに跪いたら、次は「脚をお舐め」とでも命じられるのだろうか?
――なんて、奇妙な想像を広げながら、ジュンは巴と目を合わせた。
眼帯娘の一件で生まれた確執めいた気持ちさえ、もう瑣末なことに感じられていた。
 
「柏葉……占ってくれ。どうしたら、僕の呪いは解けるのか」
 
跪いたジュンに頷いて、巴はサクサクとカードを並べてゆく。
期待するだけ無駄と拗ねた見方をしながらも、彼は乙女の手さばきに目を注いでいた。
 
「――ふぅん」
小難しい顔で、溜息を漏らした巴の様子に、ほぉら、やっぱり……
ジュンは露骨に唇を歪めて、最初っから予測の範疇だったさと、無言のアピール。
だが、その態度はネガティブに過ぎたらしい。
 
「これは、なかなか幸先いい暗示かもよ、桜田くん」
「マジで?!」
 
予想外の返事に、ジュンは現金にも喜色を露わにした。「どんな風にだよ」
これには、みつも興味深そうに身を乗り出して、巴の顔と手元を交互に見つめた。
 
「具体的なコトは判らないの、巴ちゃん」
「そうね。遠からず、運命の出逢いがありそう」
「おいおい……。そりゃまた、随分と曖昧で思わせぶりじゃないか」
 
ただ単に『運命』と言うだけでは、どちらに転ぶか判らない。
まかり間違っても、ベジータや眼帯娘みたいな変人に遭遇するのは、ゴメンだ。
 
――しかし、だ。好意的に捉えれば、変革……運が開ける兆しとも言えよう。
みつの師匠の魔導士と、あまり苦労しないで近々に会える予告かも知れない。
あるいは、例の、どこの誰とも判らない声だけの娘と邂逅する……とか。
いずれにせよ、ナニかが変わる貴重な一歩には違いない。
先行きを思い不安に駆られるよりも、事態が動いてくれることを、ジュンは喜んだ。
 
「サンキュ、柏葉。ほんの少しだけど、気が晴れたよ」
「そう? よかった。また鬱になったときは、言って。占ってあげるから」
「ああ。遠慮なく頼むことにする」
 
ジュンは決然と前に向き直ると、さっきと打って変わって、不敵な笑みを浮かべた。
そう。なにも好きこのんで、悪い想像ばかりしなくたっていいではないか。
雲を掴むような話でも、悪い結末にだけ辿り着くワケじゃない。いい目だって用意されている。
ならば、これこそ千載一遇のチャンスと、ポジティブに進めばいいのだ。
 
果たして、彼の心境の変化が、運命を動かしたのか――
 
 
「おやおや……道端に、誰か倒れておるぞ」
元治が瞼を細めて言った。「今日はまた随分と、こんな場面に出くわすのぉ」
 
すわ、いきなり邂逅か! 元治の左右から、ジュンとみつが勢いよく身を乗り出す。
元治の指差す先を辿っていくと、百メートルほど彼方の路肩に、人影が突っ伏していた。
着ている服は、遠目にもよく判るほど派手な赤と白のストライプ模様に、青い縁取り。
同じカラーリングの三角帽子も被って、どこかパジャマを彷彿させるデザインだった。
 
「なあ――」
どこか見憶えがある気がして、眼を眇めていたジュンが口を開いた。
「あれって、マジで人間か? 前に、あんな感じの人形を見たことが、あるんだけど……」
  
「そうそう」荷台から眺めていたマツも思い出したらしく、手を叩いた。
「あなた、あれは道頓堀のスターですよ。あの特徴ある服装は、間違いないわ」
 
老女の言を首肯しながら、ジュンは、かつて見た看板を脳裏に想い描いていた。
閉ざされた店舗のシャッター。掲げられた看板と、店名の書かれたスネアドラム。
 
 
  『わて、旅に出まんねん』
 
 
彼――看板の中のくいだおれ太郎は、穏やかな面持ちで、そう語りかけていた。
それが、まさか……まさか……
こんな夢境にまで旅してきた挙げ句、行き倒れ人形になっているだなんて、誰が想像しようか。
 
「爺さん、ちょっと停めてくれ」
 
見て見ぬフリをするのは簡単だ。しかし、たとえ人形でも、見捨てるのは忍びなかった。
ゆっくりと馬車が停まるが早いか、身のこなしも軽く、御者台から飛び降りるジュン。
みつと巴も、いたずらウサギの罠かも知れないと危ぶんで、足早に彼を追う。
……が、手の届く距離まで近づいても、先ほどのような激変は起こらなかった。
 
「取り越し苦労みたいだな」
だとしても、油断はしない。見張りを巴たちに任せて、ジュンは俯せた人形の脇に片膝をついた。
そして、身元を確かめるため、仰向けにしようと触れると――
 
――ふにょん。人形にしては柔らかい感触が、彼の手に返ってきた。
まるで生身の人間みたいだ。そう思いつつ、人形の上半身を抱え起こす。
その際に、被っていた三角帽子が落ちて、ジュンを驚愕させる事態が発生した。
 
「うおわっ、これは……」
「なあに、ジュンジュン……って、ええっ? なにそれ!」
 
いきなり、さらさらと流れ落ちた、艶やかな黒髪。帽子の中に、まとめていたのだろう。
柔らかな肌の感触といい、長い髪といい、誰がどう見ても、導き出される真実はひとつ。
「これ、人間の女の子じゃないか!」
 
どれほど長い間、こうして倒れていたのか。女の子の表情は、病的なまでに青白い。
「こんな場所に、女の子がたった一人で?」娘の顔を覗き込んで、みつは眉を顰めた。
 
「いったい、どうなってるのよー」
「僕に訊いたって、解りっこないだろ!」乙女の肩を抱えたまま、ジュンが言い返す。
「なにか怪しいわね……。桜田くん、これはきっと孔明の罠よ!」
 
とりあえず、巴の妄言は、聞こえなかったコトにした。
 
ジュンたちの喧噪が、くいだおれ人形の格好をした女の子に、目覚めを促したのだろう。
娘の、血色の悪い唇が薄く開かれ、「……し…………か」掠れた声が絞り出された。
しか……鹿? なんのことやら? 娘は尚もなにか喋っているが、よく聞き取れない。
「なんだって?」ジュンは、女の子の唇に触れるくらいに、グッと耳を近づけた。
 
消え入りそうな譫言が、弱々しく繰り返される。
ジュンは限界まで耳をそばだてて、なんとか聞き取っていた。娘の懸命な囁きを。
彼女は、ジュンに問いかけていたのだった。『天使は、そこにいますか』――と。
 
なんと答えるべきだろう。ジュンは悩んだ。熱が出そうなほど真剣に考えた。
この娘は、見たところ衰弱しきっている。このままでは、いまにも死んでしまいそうだ。
それなら……月並みだが励まして、生きる気力を取り戻させるのが先決か。
 
「いるぞ!」
ジュンは思い切って、女の子の耳元で叫んだ。「天使は、ここにいる!」
 
娘の瞼が、揺らぎながら押し上げられてゆく。
その奥に沈んでいた暗く虚ろな瞳が、ふらふらと彷徨いだした。
「どこ……見えない……」
 
声が届いた! いまこそ元気づけるときだ。
ジュンは彼女を横たえ、「これを見なはれ~」と、着ていたローブの前を開いた。
満を持して現れ出たるは、天下無敵の暴れん坊天狗。
その効果は覿面で、たちまち、死にかけの女の子は、カッ! と双眸を見開いた。
 
「それ天狗じゃないの、バカっ! さっさと天使だせ!」
 
しかも、それまでの儚さがウソのように、猛然と罵詈雑言を速射してくるではないか。
その怒濤のごとき勢いに、みつと巴は圧倒されっぱなしで、声もなく立ち尽くしている。
ジュンだけが意地を張って、負けじと孤軍奮闘していた。
 
「だから、これはノーテングモデルの『マークエルフ』って、天使なんだってば!」
「ウソつきっ! そうやって、わたしのことバカにしてっ!
 みんな嫌いよバカっ! 死ね! 死んじまえっ!」
 
女の子は、さんざん口汚く罵り続け、「死…………う……うぅ……」
突如として、白目を剥いて昏倒した。
 
ようやく訪れる静寂。その場の誰もに共通していたのは、ひとつの疑問だった。
この女の子は、何者なのだろう? ジュンは娘を見おろしながら、ポツリと呟いた。
 
「ココロのコスモを燃やし尽くしたのか……無茶しやがって」
「無茶させたのは、ジュンジュンでしょうに」
「桜田くん、最低……」 
 
そして、少年はまたも脳天に、¥ロッドと空中トゥモエチョップの洗礼を受けたのだった。
 
 
 
再び、馬車の荷台に場所を移して、暫し――
くいだおれ太郎の衣装を着た女の子が、みつの膝枕で、うっすらと目を醒ました。
 
「あ、気がついたー?」
驚かせないように配慮したのだろう。みつが、軽い口振りで話しかける。
すると娘は、呆気に取られたように、パチクリと瞬きを繰り返して――
やおら、胸の前で両手を組み合わせた。
 
「金ピカのローブ…………あなた、もしかして…………マツケン?
 マツケンね! そうよ、わたしの元にマツケンが来てくれたんだわ。やったぁ!」
 
いきなり、なにを言いだすのかと思えば、よもやの世迷い言。
上機嫌に『マツケンサンバⅡ』を口ずさむ娘を余所に、みつがジュンに囁きかける。
 
「ちょっとー、ジュンジュンが無茶させたから、この子、おかしくなっちゃったんじゃないの?」
 
「そんなバナナ」ジュンは言って、身元不明の娘と、二度目の対面をした。
「ひとまず教えてくれ。君は誰だ? どうして、倒れてたんだよ?」
 
ここは冗談抜き。彼の真摯さが伝わったらしく、娘も表情を引き締めた。
「紹介が、まだだったわね。わたし、柿崎めぐ。吟遊詩人よ」
 
どう贔屓目に見てもチンドン屋だろ。そう告げたい衝動を、ジュンは堪える。
めぐと名乗った娘は、表情を翳らせ、続けた。
 
「相棒のメイメイと一緒に、旅をしてたわ。そうしたら、ここで盗賊に襲われて、楽器を――
 ……って、そう言えば、あの子は? メイメイは、どこ?」
「え? いや……倒れてたのは、君だけだったけど」
「そんな――きっと、盗賊に連れ去られたんだわ! あの子カワイイから掠われたのよ!」
 
ここで何を思ったか、マツが立ち上がって「メぇーイちゃぁぁぁぁん!」
周りに広がる田圃に向かって叫んだから、めぐの顔が蒼白となった。
さすがに、このタイミングでトトロネタはないだろ、婆さん――
絶句するジュン。これで池にサンダルが浮かんでたりしたら、洒落にもならない。
そんな彼の腕に、めぐが必死の形相で縋りつく。
 
「おねがい! わたしにチカラを貸して。メイメイと楽器を取り戻したいの!」
彼女のパッチリとした双眸からは、いまにも涙が零れ落ちそうだった。
 
これも縁か。あるいは、運命の出逢いか。
ジュンは、みつと巴に目配せして同意を取り付け、めぐに頷いて見せた。
「もちろんだ。困ったときは、お互い様だからな。喜んで協力するよ」
 
それに、盗賊団なら、財宝も山ほど貯め込んでいるに違いない。万年金欠から脱出するチャンスだ。
 
 
情けは人のためならず。
各々の思惑を孕んで、殴り込みシナリオは進みゆくのだった……。
 
 

|