※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
  2-1
 
 
明けて、翌朝――
仰ぎ見る青天に雲はなく、空気も凛然と澄みきっている。
少しばかりの肌寒さを覚えるものの、それ以外には、さしたる問題はない。
もしかして、運命の女神が前途を祝福してくれているのだろうか?
そんな風に思いたくなるほど、旅立ちにはもってこいの、清々しい朝だった。
 
耳をそばたてれば、小鳥の囀りや、朝ご飯を待ちきれない犬たちの遠吠え……
その他にも様々な――日々の営みによる、生活臭ただようリズムが聞こえてくる。
町の息吹、とでも言おうか。それらは健やかで、力強い躍動感に溢れていた。
 
「んー。いい天気で、よかったわー」
周囲の活気に触発されたらしく、みつが上機嫌にハミングする。
 
「本当に、気持ちのいい陽気ですね」
 
淡々と答えた巴も、満更ではない表情。
これからピクニックにでも出かけるかのような、和やかムードの乙女たち。
 
――しかし。
 
「待ってくれぇ……おまえら早いよぉ……」
 
重く恨めしげな声に縋りつかれて、みつと巴が脚を止め、振り返る。
彼女たちの見つめる先には、陰鬱な表情でヨタヨタと歩いてくる人影が、ひとつ。
誰あろう、ココロの樹を探して三千里の夢境を行く少年、桜田ジュンだ。
 
だが、その姿は、およそ主人公らしからぬ無様なものだった。
身体を『く』の字に屈めて、巴から借りた竹刀を杖がわりにしている。
宿の雑貨コーナーで、防寒と天狗を隠蔽するために買った安物の黒いローブが、微妙に老人くさい。
それが彼のツンツン頭と相俟って、どことなく売れ残りの野菜を彷彿させた。
 
「なんだか、萎びたナスみたいよね」
 
みつの言葉に、巴は思わず噴きだしかけて、グッと息を呑み込んだ。
「悪いこと言っちゃダメですよ。桜田くん、大丈夫?」
 
気遣わしげな面持ちで訊ねるが、巴の小さな鼻は、笑いを堪えてヒクヒクしていた。
みつも、自分の冗談がツボに入ったのか、口元を手で押さえて肩を震わせている。
そんな彼女たちの様子に、ジュンは憤懣やるかたなく声を荒げた。
 
「痛いんです。腫れてるっぽいんです。擦れると激痛が走るんです。
 だぁーっ! 変な天狗の面と関わったばかりに、ナニもかもブチ壊しだ!」
 
ナニがなにを示唆しているのかは、さておき。
さすがに、なにもかもは誇張しすぎだなと、ジュンは思い直した。
 
前屈みにならないと、歩くことすら、ままならないけど――
巴の竹刀は割れてしまって、いまやジュンの杖になり果てているけれど――
それでも、壊れなかったものは、確かに存在する。
ひとつには、かけがえのない仲間同士の絆。そして、忌々しい暴れん坊天狗の面だ。
天狗は今日も、ジュンの純潔を守っている。ありがたすぎて血の涙が出そうだった。
 
「……ごめんね。私の……せいだよね」
 
巴が、目深にかぶったフードの下で表情を翳らせ、俯く。
ジュンの露わな憤りを目にして、罪悪感が胸中で疼いたのだろう。
 
「浅はかな思い込みを無理押ししたから、こんなことに」
「いやいや、巴ちゃん。それなら、あたしにだって責められる事由があるわよ」
 
答えを急ぎすぎるあまり、度が過ぎてしまった感は否めない。
ごめんなさい。みつと巴は揃って、神妙に頭を下げた。
 
それまでの晴れやかなムードが一転、お通夜のような暗澹たる空気に――
こういう重たいのは苦手だ。ジュンは胸にあった苛立ちを押し潰して、2人に告げた。
 
「……いいんだ。僕こそ、怒鳴って悪かったよ。はずそうと努力してくれたのに」
「でも結局、桜田くんを苦しめただけだったし」
「あたしたちじゃあ、なにも解決できなかったものね」
「だからって、落ち込んでばかりじゃ仕方ないだろ。もう済んだことだ。
 気を取り直して、前向きに行こうよ。いつまでも悪いことは続かないって」
 
ニカッ! と新庄剛志ばりの爽やかスマイルを浮かべて、サムズアップ。
ジュンなりの『元気ハツラツ』アピールだった。
それを受けて、みつと巴にも、緩い笑みが伝播した。
 
「言うようになったじゃない。見直したわよ、ジュンジュン」
「私……いまモーレツに感動してる。感激しすぎて漏らしちゃいそう」
「漏らすのは感嘆の吐息だけにしてくれ」
 
巴の迷言をバッサリ一刀両断して、ジュンは顔を上げ、道の彼方を睨んだ。
「よっし、レツゴー三匹。はりきって行くぞー!」
 
と、勢い込んで、一歩を踏み出したまでは良かったが――ビキッ!
 
「ぬぉお……ぅ」
 
下半身に電撃のような激痛が駆け抜け、ジュンは内股になって硬直した。
そんな彼に手を貸すべく、みつと巴が歩み寄る。その表情にはもう、嗤笑はない。
 
「無理しないほうがいいって、ジュンジュン。
 ヘンな意地はらずに、『お自動さん』たちに担いでもらうといいわ」
 
昨日の『お自動さん』は、日付が変わった時点で召喚解除されていた。
そのため、利用するなら新たに契約しなおす必要があるのだが……
ジュンは彼女の好意を、やんわりと断った。
 
「なんのこれしき。まだ、ぜんぜん大丈夫だ。歩けるうちは歩くから」
 
気遣ってくれるのは嬉しいけれど、ご利用は計画的に。
多重債務の挙げ句に、ここぞの場面で利用停止なんて羽目はカンベン願いたい。
それに、ジュンの男としてのプライドが、強い抵抗を示していたのもある。
運命共同体の旅仲間であっても、助けられっぱなしは我慢ならなかったのだ。
 
 
 
町を後にして、街道を行くこと半日。
一行は、田園地帯の一本道を進んでいた。牛のごとき歩みは、相も変わらず。
ジュンの調子も、明け方よりは快復したくらいで、本調子には程遠かった。
 
「それにしても」一抹の不安から、ジュンが吐息する。
「こんな状況で戦闘になったら、どうしたらいいんだ?」
 
大きな街道だとて、旅路の安全など、誰も保障してはくれない。
夜盗に襲撃されるかも知れないし、モンスターが出没することも考えられた。
そのとき巧く対処できなければ、呆気なく全滅の憂き目を見るだろう。
 
みつは女性だし、召喚師(サモナー)だからバックアップ要員。
占術師(タロットマスター)の巴も、どちらかと言えば、前衛タイプではない。
常識的にも、消去法で選んでも、やはり最前線はジュンが受け持つべきだろう。
となれば、採れる戦法も、おのずと限られてくる。
 
「柏葉。これ、返しておくよ」
 
ジュンが囮となって敵を引きつけ、その隙に、巴とみつの連携で倒す。
現状では、これが最も有効な戦い方に違いない。
下手をすれば、ジュンが囲まれてタコ殴りにされかねないけれど、
女の子たちを危険に曝し、怪我させるよりは、良心の呵責に苛まれなくて済む。
加えて、男としてのプライドも、一応は保てると言うものだ。
 
差し出された竹刀を一瞥した巴は、フードを脱いで、小さく頭を振った。
「ううん。それは、桜田くんが持ってていいよ」
 
前衛ならば、武器のひとつも装備していて当たり前。
たとえ壊れた竹刀でも、徒手空拳よりは、ずっと心強い。
 
「僕としては、ありがたいけどさ……でも、柏葉だって困るんじゃないか?」
 
その問いに、巴は破顔一笑して、キュッと拳を握って見せた。
「平気よ。竹刀がなくたって、戦えるから」
 
この状況にあって、なんと頼もしい一言だろうか。
ジュンは期待と憧れに瞳を輝かせ、みつは妄想に胸をときめかせた。
 
「もしかして、合気道とかの経験者かよ?」
「なになにー? 巴ちゃん、格闘技を習っちゃってたりするの?
 一撃必殺のカラテ少女……くぅ~、凛乎としてカッコイイわあー。あたし妊娠しそうー」
「いえ、あの。そんな絶賛されるようなレベルじゃなくて――」
 
はにかみながら、巴は「桜田くん、ちょっと」と、ジュンを立ち止まらせた。
そして、馬飛びの要領で、ひょいとジュンの背中に飛び乗るが早いか、
しなやかな両脚で、クワガタのように彼の胴を挟み込んで……
……ぺし! ジュンの脳天に、やおら手刀を落とした。
   
一瞬にして凍りつく空気。
いまの、なに? ジュンとみつが、眼で会話する。
そこに、巴の消え入りそうな声が割り込んだ。
 
「空中トゥモエチョップ」
「……あ? ……元彌? すまん、柏葉。よく聞き取れなかったんだが」
「ごめん、巴ちゃん。あたしも聞き取れなかった。わんもあぷりーず」
 
さすがに、いたたまれなくなったのだろう。
ジュンの背中から飛び降りるや、巴は2人に背を向け、しゃがみこんでしまった。
「ううん……なんでもない。忘れて」
 
忘れろと言われても、少々、インパクトが強烈すぎた。
生真面目のカタマリ魂みたいな巴が演じた、よもやの痴態――いや、狂言か?
どうフォローしたものかと、ジュンたちが考えあぐねていると……
 
「おーい。どうしたのかね?」
 
のんびりした嗄れ声が、車輪の回る音を伴って、彼らの背後から届いた。
振り返ると、一頭立ての小さな馬車が近づいてくるではないか。
馭者は、ハンチング帽をかぶった老人。オープントップの荷台に、貞淑そうな老女も見える。
ジュンは思わず「あっ」と声を上げた。彼の顔なじみだったからだ。
 
「そっちの少年は、急病かい? なんだったら、町まで乗せてあげるよ」
 
少年だって? ジュンは咄嗟に、自分のことを言われたのだと思った。
しかし、屈んでいるのは巴であって、彼ではない。
ショートカットの後ろ姿だけ見て、どうやら彼女を、男の子と勘違いしたらしい。
 
真相に気づいたジュンとみつが噴きだすのと、巴が肩越しに振り返ったのは、ほぼ同時。
その段になって、老人もやっと、自分の誤りを悟った。
 
「やややっ、娘さんじゃったか。これは失敬した」
「いえいえー、お気になさらず。よく間違われてますからー」
 
などと軽い調子で人なつっこく答えたのは、みつ。
あまりに素早い対応だったので、巴やジュンが口を挟む間もなかったほどだ。
 
「それは、ともかく」みつは、馬車に歩み寄って、ぺこりと会釈した。
「ご覧のとおり、連れが急に具合を悪くしたもので、難儀してます」
 
なんの話だ。訊き返そうとしたジュンに、みつが目配せしてくる。
巴は、彼女の意図を察したのだろう。タイミングよく苦しげに呻きだした。
ワケも分からず、呆気に取られるジュンは、完全なおいてきぼり状態である。
 
「恐縮ですけど、ご厚意に甘えさせていただけたらと……」
 
なるほど、そう言うことか。ここに至って、ようやくジュンも得心した。
2人の仲間は、彼のために、如才なく芝居を打ってくれているのだ。
ならば、ジュンとしても、協力することに吝かでない。
 
「お願いします」
言って、ジュンも御者台の老人に向かって、深々と頭を下げた。
ほんの少しだけ、小賢しい生き方を学んだ気がした。
 
 
  ~  ~  ~
  
老人は、柴崎元治と名乗った。時計職人で、置き時計の出張修理をした帰りだという。
荷台に乗っていた老女は、元治の妻。やはり、翠星石の祖父母だった。
しかし、ここでは現実世界と異なり、向こうはジュンのことなど知らなかった。
 
「大変だったのねえ、本当に」
巴の背中をさすっていた老女――柴崎マツが、みつのほうに向き直る。
「お薬の持ち合わせを、スリに盗られてしまうなんて」
 
なにかと体調を崩しがちな老人にとって、薬がないのは怖ろしい状況なのだろう。
同情に満ちたマツの表情にも、我が身に置き換えたときの不安が垣間見える。
こちらの柴崎夫妻も、現実世界と違わず、思いやりに満ちた善良な人たちらしい。
 
「あたしたちにも油断があったとは言え、アタマきちゃうわよねー。
 盛り場に不心得者が寄ってくるのは、世の常なんだろうけど」
 
みつの返事に、マツも「ええ、ええ」と、頻りに頷く。
「私たちもねぇ、賑やかな街に出張するときは怖くて、気が気じゃないのよ」
 
「だから――」ジュンが、荷台の隅に置かれた無骨なモノを、視線で指す。
「そんな物を積んでるのか?」
 
彼の言う『そんな物』とは、あまりにも有名な『バールのようなもの』だった。
子供でも簡単に扱えるし、壊れにくく、そこそこ威力もある優れモノだ。
老人の細腕で、盗賊やモンスターを撃退しようと思えば、妥当な選択だろう。
どれほどの効力があるかはさておき、備えあれば憂いなし。
 
マツは悲しげな顔で首肯した。「必要悪よね。使いたくは、ないのだけれど」
 
それは当然だ。誰だって、理不尽な暴力に命まで奪われたくはない。
ベジータに襲われたときのことを、ジュンは思い出していた。
ならず者相手には、所持金を渡すだけで済まない場合が多々ある。
本意でなくても、兇悪には対等以上の武力をもって抗う。それが最良の防御法なのだ。
 
「それならさ」と、ジュンは微笑して、みつと巴を順繰りに見た。
「せめて僕らが同行してる間は、それを使わずに済ませてあげないか」
 
せめてもの恩返しに、護衛役を買ってでよう。
ジュンの提案を受けて、2人の仲間も笑顔で頷いた。が、その直後!
 
「ぅわあっ!」
 
御者台にいた元治が、驚きの声をあげて、馬車を急停車させたではないか。
ハッと腰を浮かせたジュンたちが視たもの――
それは、驚いて竿立ちになった馬と、彼らの進路を塞ぐ異物の列だった。
 
「な……なによ、これ? マジックショーとか?」
「知らん。いきなり、地面から突き出てきたのじゃ」
「この辺りでは、よくある自然現象なのかも……」
「どう見ても天変地異の類だと思うぞ、柏葉」
 
みつと巴の言を、元治とジュンが代わる代わるに否定する。
しかし、彼らとて、その正体を説明することはできなかった。
 
「とにかく、取り除けるか調べてみよう。爺さんたちは、残ってなよ」
 
率先して、ジュンが竹刀を片手に、荷台から飛び降りた。
この緊急事態に、股間が痛いなどとは言ってられない。
 
「これは……紫水晶っぽいな。なんだってまた、こんな物が突然?」
慎重に近づいたジュンは、水晶の柱を竹刀で小突いてみた。硬質な手応えがあった。
「やっぱり、本物の紫水晶だよ。幻影とかのフェイクじゃない」
 
彼を追いかけてきた巴とみつも、一様に首を傾げる。
よもや、隕石みたいに空から降ってきたワケでもあるまい。
柴崎老人も、地面から突きだしたと証言していた。
 
「簡単に撤去できるのかな? ちょっと試してみるね。えいっ!」
 
止める間もなく、巴が飛び蹴りをかましたが、水晶柱は頑として動かず。
蹴った巴のほうが、足を押さえて、その場に蹲ってしまった。
 
「人力じゃ無理そうだな。この分だと、バールで叩いても砕けるかどうか」
「しょうがないわねえ。借りすぎだけど、ここはイッシュ・カーンに……」
「待て待て、みっちゃん。ご利用は計画的に」
 
やおら伝家の宝刀『¥ロッド』を掲げた召喚師を、ジュンが押し留める。
しかしながら、彼にも、これといった名案はなかった。
馬車を迂回させるにしても、路肩は両側とも水田。はまれば行動不能になろう。
さりとて、老人たちを見捨てては行けない。引き返すのも、負けたみたいで嫌だ。
 
では、どうする――アイフル。
途方に暮れていると……ククッ。含み笑いが、どこからか流れてきた。
 
「誰だっ! 出てこい!」
 
ジュンが叫ぶや否や、ひらり……水晶柱の頂に舞い上がる人影が!
つられてハッと顔を仰け反らせたジュンは、そこに長い髪の女の子を見た。
花弁を思わす、ひらひらした薄紫色のドレスを着た娘だ。左眼を、眼帯で覆っている。
その娘は、ジュンたちを一瞥してニヤリと笑うと、からかうように歌い出した。
 
「とっおせんぼ、とおせんぼー。どうしましょったら、どうしましょー」
「なんなんだ、おまえは?」
 
ジュンの誰何に、謎の眼帯娘はピンと立てた両手の人差し指を頬に当てて、ぶりっ子ポーズ。
「いたずらウサギだぴょん」
 
はあ? ジュンは眉根を寄せた。彼女は、どうみても普通の女の子。
ウサギだなんて、こちらを煙に巻こうとしての戯言ではないのか。
けれど、昔話の『鶴女房』みたいに、人間そっくりに化けているのかも知れない。
 
「ちょっと、こっちに降りてきてくれないか。訊きたいことがあるんだ」
「……いいよ。ぴょんぴょん……っと」
 
ふわりふわり。水晶柱の頂を跳ねてくる。じつに身軽な仕種だ。
ジュンの前に降り立った彼女は、挑むように彼を見つめた。「なにが訊きたいの?」
 
「それは――どぅあ?!」
話そうとした折りもおり、ジュンはいきなり、みつのタックルで真横に吹っ飛ばされていた。
 
「か……かわいいー! お持ち帰りしたいぃーっ!」
「わ、私も……だっこしたい」
「みっちゃんモチツケ! 柏葉も、なに血迷ってんだ!」
 
自称いたずらウサギに抱きつく乙女組のアタマを、ジュンのゲンコツが薙ぎ払う。
「おまえら、少しアタマ冷やそうか」
 
頭を抱えて蹲る2人を尻目に、ジュンは竹刀の切っ先を、謎の眼帯娘に突き付けた。
「この水晶柱は、おまえの仕業か? なんで、こんな悪さをするんだ!」
 
「だって――」にこ~、と無邪気な笑みを湛える眼帯娘。
「愉しいじゃん。人の不幸は大好きさっ! 人の不幸は大好きさっ!」
 
しかも、腕と腰を振り振り、ダンス付きで不謹慎な歌まで披露しだす始末だ。
これでは、まともな会話など望めない。言って素直に聞き入れる相手でもなかろう。
向こうのペースに翻弄されている間は、勝機など見出せない。
 
ならばと、ジュンは逆転の一計を案じ、「おおっ!」と眼帯娘の背後を指差した。
まんまと引っかかった眼帯娘が、不用心に振り返った、その一瞬!
ジュンは神業とも言うべき速さで、娘の背後に回り込み、そして――
 
「尻尾を現せ! この化けウサギめっ!」
 
眼帯娘のスカートを捲った。桃のような白いお尻とTバックが、彼の双眸を眩ませる。
ジュンはつい、「ムッハァー」と奇声を上げてしまった。
それもすぐに、凄まじい金切り声と怒号の速射による三重奏に掻き消される。
 
「きゃあぁっ?! なにするぴょん、このスケベッ!」
「信じられない! 見損なったわよ、ジュンジュン!」
「桜田くん最低! 不潔! 女の敵! エロガッパ!」
 
ひどい言われようだ。だいたい、エロガッパってなんだよ。
ジュンが反駁しかけた矢先、「この恥辱、絶対に忘れない……きっと復讐してやるぴょん」
瞳を潤ませた眼帯娘は、水晶柱もろとも霞と消えた。
撃退したのだ。結果オーライ大成功。
 
「ふふん……どうよ、まさに会心の一撃。大逆転で、めでたく道路も開通だ」
 
自分の機転が功を奏したとあって、ジュンは誇らしげに胸を張った。流れる鼻血は勇者の証し。
――が、みつと巴は、相も変わらずコワイ顔。
どうやら、ただでは許してもらえなさそうだ。
結局、いつものパターンかよ。ジュンは肩を竦め、路上で大の字になった。
 
「どんと来い、教育的指導」
 
 

|