※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
  1-5
 
 
「ふむふむ。なるほど」
 
割り箸を手に、したり顔で呟くのは、柏葉巴。
ジュンたちと相席して夕食を摂りつつ、互いの簡単な紹介を済ませた後のことだ。
目下の話題は、ここに至った経緯と、今後の目的へと移っていた。

「桜田くんは、ココロの樹を探す旅をしているのね」
「まだ、始めたばかりだけどな」
「……それでも、扉を閉ざしたままよりは、ずっといいと思うよ。
 ひたむきな人って好きだな、私。応援したくなっちゃう」

言うと、巴は優しい眼差しを、ジュンに注いだ。
思いがけず温かな言葉をかけられたことに感激して、テーブルの下のポニョ――
もとい、ジュンの暴れん坊天狗が、ビクビクッ! と反応する。
その気まずさから、つい、目を逸らせてしまうジュンだった。

「……で、みつさんは――」そんなコトは露しらず、巴は右へと視線を滑らせる。
「どう言った理由で、桜田くんと同行を?」

口調こそ平静だが、険のある瞳。
汚れを知らないウブな娘にありがちな潔癖さが、声音にも滲んでいた。

「まさか、桜田くんを若いツバメにしようと……」
「やぁねえ。モエモエったら、想像力が豊かね。ぜ~んぜん違うから」

みつは苦笑って、ひらひらと手を振って不定したが、巴の態度は和らぐことがない。

「やめてくれませんか、その呼び方。なんだかバカにされてるみたいで、キライです」
「あー、ゴメンゴメン。じゃあ、巴ちゃん……で、いいかな?」

こくりと頷く間も、巴の瞳は揺らぐことなく、みつを射たままだった。
あからさまではないにしても、敵愾心みたいな気配も、仄かに感じられる。
ジュンは、どこで口を挟むべきか模索しつつ、結局、とっかかりを掴めずにいた。

「巴ちゃんが考えてるような、やましい関係なんかじゃあ、決してないから」
「そう言われて、ホイホイ信用すると思いますか?」
「んー。若いのに、割と頑ななんだ」

揶揄する風でもなく呟いて、みつは続けた。
「ワケありの独り旅をしてたのよね、あたしも。
 細かいことは、あんまり詮索しないで欲しいんだけどー」

「つまり、旅は道連れ、と」
「そういうコト。やっぱり、なにかと心強いじゃない。男の子にいてもらうと」
「……ですね。解ります、それ」

ようやく表情を和らげた巴は、「失礼しました」と会釈した。
その折り目正しい態度に、ジュンは現実の柏葉巴を、脳裏に思い描いた。
学級委員長を務め、剣道に打ち込む、しっかり者の幼なじみを。

「柏葉も、旅をしてるのか?」

この世界の彼女も、面倒見のよい性格で、大勢の人間をまとめているのだろうか。
ジプシーと言えば、キャラバンでの移動。そんな連想から発せられた質問だった。
巴は、料理を口に運びながら、コク、と首肯した。

嚥下して、ふたたび巴が言葉を紡ぐ。
「実を言うと、私も独り旅の途中なの。
 食事のついでに、一緒に旅してくれる人を探すつもりだったのよ」

生きていく以上、飲食と休養は、必要不可欠だ。
畢竟、旅をする者は、酒場や食堂、宿へと集うこととなる。
道連れを探すのに、これほど適した場所はない。

「でも、探してみると、これがなかなか難しくて。
 私も女の子だから、可能なかぎり、人は選びたいし」
「解るわー。見ず知らずの人を誘うのって不安よねー。それが男の人だと、特に」
「ええ。だから、女性をメインに探そうと――」

なるほど。ジュンは、ついさっきのやり取りを思い出して、即座に理解した。
みつが同僚の女性を呼んだと勘違いして、ジュンという響きに反応したわけだ。

「ところが、期待して振り返って見れば、僕だったんだな」

――『なぁんだ』
てっきり、嘲りだとばかり思われた、あの一言。
けれど本当は、溜息混じりに吐きだされた、落胆の呟きだったのだ。
ジュンが訊ねると、巴は、ほんのりと頬を上気させた。

「失礼な真似しちゃったわね。ごめんなさい」
「確かに、カチンとはきたけど、もういいよ。間違いは、誰にでもあるしさ」
「でも、私の気が済まないし……あ、それなら」

ポン! と手を打って、喜色を露わにする巴。
「ココロの樹の在処を、占ってあげる」

なんという棚ボタ展開。ジュンにしてみれば、渡りに船だ。
これで有力な手懸かりを得られれば、7日間も苦しまなくて済む。
 
だが一方で、こんなに簡単でいいのか? と自問するジュンがいた。
そもそもが占いだ。百パーセント的中なんて、期待できない。
鵜呑みにして右往左往した挙げ句、タイムアップで成果なしという可能性も――

「あ、いや……気持ちは、ありがたいんだけど」
「私なんかの助力は、必要ないかな?」
「自力で探さなきゃいけないものだしな。
 それに経験上、横着すると、大概よくない結果になるから」

「そのかわりに」ジュンが、切り出す。
「呪いの解き方とか知ってたら、教えてくれないか」

呪い、とは無論、暴れん坊天狗のはずし方についてだ。
鬱陶しいアレが取れるだけでも、ジュンのココロは、晴れ晴れとする。
人目を気にして、コソコソ歩き回らなくたって済むのだから。

しかし、巴の表情は浮かなかった。
「呪術系は、お役に立てないかも。専門外だし」

ごもっとも。一縷の望みは、身勝手な期待にすぎない。
穿った見かたをすれば、畑違いの依頼をするなど、悪意を疑われても仕方のない行為だ。
巴を不快にさせてしまっただろうか? ジュンは頭を掻き掻き、眉を曇らせた。

「……だよな。ごめん」
「気にしてないよ」

素っ気ない言葉のやり取り。少しだけ重量を増した空気。
周囲のテーブルから届く喧噪が、ひどく白々しい三文芝居みたいに感じられた。

そんな中で貫禄を見せたのは、3人の中で一番の姉貴分である、みつ。
彼女が指を鳴らした途端、凝固点寸前だった彼らの時間が、再び緩やかに流れだした。

「だったらさー、あたしのお願いを聞いてくれない?」

言うが早いかテーブルに身を乗り出し、返事をする暇も与えず、巴の手を握る。
いきなりのコトに面食らった巴が、小さな悲鳴をあげて、箸を取り落とした。

「な、なんですか?」
「あなたなら知ってるでしょ。クラスチェンジについて」
「ええ……それは、もちろん」

また、妙な設定が出てきたぞ。
ジュンは内心でボヤきながら、2人の会話に割り込んだ。

「ちょっと待った。なんだよ、クラスチェンジって」
「あたしも他人から聞いた話だから、よく解らない。巴先生、ご教授よろしく」
「ええと……端的に言うと、ぬるぽ」

――省略しすぎなので、ジュンが巴の話を聞いて、把握できた内容を整理すると、
クラスチェンジとは、ロールプレイングゲームによくある転職のシステムらしい。
経験値を稼いで、レベルを上げ、上級職に進化するというアレだ。

だが、クラスチェンジはプレイヤーの任意ではなく、自動で行われるのだという。
この世界での様々な行動がパラメーター化されていて、それが反映されるらしい。

「てことは、盗みや悪事を働いてばっかりいると」
周囲の目を気にして、ジュンがテーブルに身を乗り出し、声を潜める。
「盗賊とか、ヤクザみたいなクラスにされるのか?」

なにを分かり切ったことを。巴の瞳が、そう語りかけてくる。
もちろん、ジュンとてベジータに襲われ、盗賊がいることぐらい承知していた。
それでも訊いてみたのは、一応の確認としてだ。

「やっぱり、命の危険に曝されることも、有り得るんだな」

装備は貧弱。持ち金も少なく、下手をすれば野垂れ死に。
夢世界のクセに、なんともまあ、変なところだけ現実そっくりだ。
チートコードとか、ないのかよ。それか、プロアクションリプレイでもいい。
ジュンは口を噤むと、憂鬱な気持ちで、椅子に座りなおした。

「それで本題なんだけどさ、巴ちゃん」
みつが会話を継ぐ。「あたしの、現在のクラスチェンジ予想をしてくれない?」

「いいですよ。それでは」

にこりと朗らかに微笑んで、巴は懐から、タロットカードの束を抜きだした。
詳しくは、大アルカナと呼ばれる22枚のカードを、である。

「夢とか、あるんですか?」カードをシャッフルしつつ、みつに訊ねる巴。
「叶うなら、裕福になりたいわ」みつは胸の前で両手を合わせ、夢見ごこちに呟く。

「ああ……お金持ち。ステキ……。逆玉サイコー! お宝ゲットだぜっ」
「おーい、みっちゃーん。どこ行くんだー。帰ってこいよー」

ジュンが脇から茶化すけれど、馬耳東風。
ほわわ~ん、なんて擬音が聞こえてきそうなほど、みつは妄想に耽っている。
巴はクスッと笑みを零しながら、一枚のアルカナを提示した。
「こんなん出ましたけど」

テーブルに置かれたのは、【女教皇】。巴から見て、正位置。

「ふぅん……なるほどね」
「これって、なに?」

さも面白そうに眼を細めた巴に、みつが、不安の滲んだ声で訊ねる。
「まさか、よくない意味があったり……する?」

「いいえ」巴は笑みを崩すことなく、答える。

「逆です。正位置ならば、いい暗示よ」
「そうなんだ? よかったぁ」
「知性面が優勢で、研究職が向いているみたい。
 いまの行動パターンを続けていけば、サモンマスターにクラスアップできそう」
「えー? 研究職って、地味で泥臭いからイヤなのよねー」

地道な研究職こそ、民衆の生活向上において、最も重要な仕事なのだが……
みつの言いたいことも、ジュンは解らないでもなかった。
研究に明け暮れ、そこそこに高給を得ても、使える時間がなければ宝の持ち腐れ。
愚かな浪費は慎むべきコトだけれど、やはり、お金は使ってこそ価値があるのだ。

「じゃあ【女教皇】なんだしさ、新興宗教の教祖にでもなれば?」

ジュンが、肩を竦めて笑いながら言う。無論、冗談のつもりで。
しかし、みつは「それだわ!」と、メガネのレンズを輝かせた。

「悟りを開いた――は古いわね。超能力系なら、まだ通用するかな。予言とか。
 んー、燃えてきたわ。あたしだけの宇宙を創っちゃうわよー。おーほほほほ!」

ダメだこりゃ。ジュンが、顰めっ面を横に振る。
その正面では、巴が黙々とアルカナを捲って、「あ、変わった」。
彼女が手にしていたのは【女帝】の正位置。

「えっ? ちょっとー、天国から地獄パターンはイヤよ?」
「大丈夫。もしかしたら……叶うかもね、夢」
「マジ?! よぉーし、みなぎってきたわー」

グイと拳を握って吼えるお姉さんを後目に、巴は大アルカナの束を差し出した。
他でもない、ジュンの前へと。

「な、なんだよ」
「よく調べて。それから、桜田くんの手で無造作にかき回しちゃって」
「か、かき回すのか?」
「ええ。メチャクチャにしてね」
「メチャクチャ……お、おう、わかった」

なにやら微妙な言葉の響きに、奇妙な胸の高ぶりを覚えるジュン。
またぞろテーブルの下のポ――暴れん坊天狗が、ビクビクッ! と反応する。
なに考えてるんだ、僕は。ジュンは俯き、アルカナの束を混ぜる作業に専念した。

「よし! これでどうだ」
「貸して。それじゃあ、桜田くんのネクストクラス予想をすると……」

巴が抜いたアルカナは、【愚者】の正位置。
続いて、「私のは……これ」と開いた。同じく正位置の【隠者】だ。

「……おい、なんだこれ」引きつり笑いをしながら、ジュンが肩を竦める。
「クラスアップして【愚者】なんて、マジ有り得ないだろ。ダウンしてるって」

しかし、巴は表情を変えない。自信に満ちた瞳で、ジュンを眺め返してくる。

「残念だけど、桜田くん。それが有り得てしまうのよ。
 この、タロットマスタートモエのアルカナは、驚異の的中率を誇るわ」

なんなんだ、そのソードマス――もとい、パチスロ機みたいな呼称は。
思いっきり突っ込みたい欲求に駆られながらも、ジュンは喉元で堪えた。
その代わりに、別の台詞を紡ぎだす。

「いや、でもさ……占いじゃん? これがハズレってことも、あるだろ?」
「現実を直視しようとしない、その女々しさが、この結末を招いているのよ。
 桜田くんは、扉を開いたんじゃなかったの?」
「だけど、僕は――」
「自力でココロの樹を探すと、言ってたじゃない。その気持ち……向上心を忘れないで。
 いまは【愚者】でも、これから努力すれば【皇帝】にだって変われるわ」

確かに、巴の言うとおりだった。
ここで将来を諦めれば、脱落者の烙印を押される。それでは本当に、愚か者だ。
気持ちや意欲を高めることで、意に満たない予想さえも覆すこと――
おそらくは、それも短期集中エクササイズのカリキュラムなのだろう。

「……気に入らない結果でも、現実として受け入れる度量がなきゃ、ダメだよな。
 分かったよ、柏葉。自分でも単純だなって思うけど、頑張ってみる」
「うん。それで、いいと思う。私も応援するから」
「え? 応援って――」
「あーもう、鈍いなぁ、ジュンジュンは」

いつの間にか素に戻っていたみつが、ジュンの背中を叩いた。

「巴ちゃんはね、一緒に来てくれるって、申し出てくれてるんだよ。
 男の子なら、『黙って僕に着いてこい』ぐらい強引なこと言っちゃいなさい」

みつに促されたからではないが、ジュンは、まっすぐに巴を見つめた。
巴も、動じた風もなく対面する。

「本気なのか?」
「もちろん本気よ。迷惑だって言うなら、諦めるけれど」
「いや、いやいやいや、ぜんぜん。ちっとも迷惑なんかじゃないから」

この先、選択に迷うことは、多々あるだろう。
そんなとき、気軽に相談できる仲間がいてくれたら、きっと心強い。
占いだって、一歩を踏み出すキッカケにはなる。

「僕らと旅をしよう。ただ、万年金欠状態なんで、贅沢はさせられないけど」
「野宿ぐらい、平気よ。狼さんに襲われなければ……ね」
「それこそ無用な心配だっての」

ジュンは悠然と笑って見せたが、ココロの中では、血の涙を流していた。
彼とて健康優良な少年。女の子に興味がないワケではない。
でも、暴れん坊天狗に前面を塞がれている限り、一線は越えられないのだ。

こうなればナニが何でも、呪いの解き方を探し出してやる。
少しばかり斜め方向の決意を固めるジュンだった。
 
 
 
その後、3人はミーティングのため、上階の一室に場所を移した。
無為無策では、すぐに期日も資金も尽きる。
できる限り効率よく物事を進めるには、それなりに打ち合わせが必要だ。
そう。そのためのミーティングだったのだが――

「わぁ……これが、呪いのアイテムなのね」

巴の熱を帯びた眼差しは、もっぱら、暴れん坊天狗に向けられっぱなしだった。
初めて目にするイチモツに、興味津々らしい。

「ねえ、桜田くん。その……ちょっと試させてもらっても……いいかな?」
「なにをだよ」
「呪いを解く方法。いま、ちょっと閃いたの」
「マジか! それって、どんな?」
「えっと……説明するより、実際にやってみるね」

有無を言わせず、巴は、ジュンをベッドに横たえさせる。
「みつさん。桜田くんの肩を、押さえつけててください」

どういうことだ。不穏なモノを察知して、ジュンが飛び起きようとするも、
そうはさせじと、みつの両腕が彼を押さえつけた。
ばかりか、『お自動さん』とか言う6体の地蔵まで、四肢に乗ってくるではないか。

「男の子なら覚悟を決めなさい、ジュンジュン」
「ちょ、待て、お前ら! なにをする気だ、柏葉!」
「じっとしてて、桜田くん。暴れると危ないよ」
「やめろ! 下手なコトしたら、天狗の祟りで柏葉がっ」

このままでは、梅岡のときと同様、巴がひどい目に遭わされてしまう。
しかし、ジュンの手足は、盤石の重みで固定されている。

ダメだっ!
歯を食いしばって足掻きながら、目を見張ったジュンが見たもの――

「天翔ける巴の閃きっ!」

それは、竹刀を振り翳した幼なじみの姿だった。
閃いたって、そういう意味か! て言うか、その竹刀どこから出した?
胸裡では、怒濤のように言葉が飛び交うものの、なにひとつ吐き出せない。
 
 
空を斬る音。乾いた殴打音。駆けあがってくる激痛。
竹刀が、天狗の鼻を打ち据えたのだと、すぐに解った。
けれども、さすがは伝説の防具――なのかは不明だが、暴れん坊天狗は無傷だった。

「くぅっ! まだまだっ!」
「痛ててててっ! タンマタンマ! やめて柏葉っ! 死むうーっ!」

ジュンは、それこそ必死で制止するも、巴は聞く耳持たず。

「この出っ張りさえ壊せば、はずれるに違いないわ! エブリバディ、プッチン!」
「なるほどっ! プッチンプリンの発想ね。さすがだわ、巴ちゃん」
「バカーっ! お前ら、冗談やめろぉー!」

懸命の叫びは、竹刀が天狗の鼻を打つ、小気味よい破裂音に遮られる。
間断なく与え続けられる激痛。麻酔なしで外科手術されるような、生き地獄。

どうして、こんな目にばかり遭わされるのか……。
植物は踏まれるほど、強く芽を伸ばす、とでも?
苦悶の中で答えを探すうちに、ジュンの意識は、プッチンと途絶えた。
 
 

|