※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

おやおや皆々様、御久しぶりでございます。


ところで、美しい絵画や風景には人を魅惑する力が宿っているといいます。


籠の中、あの小さな鳥のさえずりにさえ。


しかし、歌を失った飼い鳥は、翼をもがれた天使に同じ。


誰にも必要とされず、孤独に朽ちゆく運命。


その末に、悪魔に売った魂の代償に得た歌声は何を奏でるというのか・・・。


これは羽根のように軽く、鎖のように重い愛の物語。


混沌の扉が、再びその口を開こうとしています。



それでは参りましょう、己の足跡を見失わぬよう・・・




○○精神病院隔離棟・・・
カツカツと廊下を叩く靴の音。
看守1「・・・またですか、あの患者・・・。」
看守2「あぁ。ここに運ばれてきてから毎日な・・・。夜も眠らずにああやって歌ってるんだ。」


二人の話し声以外には、暗く唸るような「歌」が木霊するだけ。


看守1「なんだか他の患者とは違いますよね。不気味っていうか・・・『憑かれてる』みたいで・・・。」
看守2「言うな・・・。しかし医師達が話してるのを聞いたんだが、止めようとすると『連れ去られる』と叫びだすらしい...。何かから気を紛らわすために歌ってるんだとか・・・』


看守1「連れ去られる?誰に?何から気を紛らわすんです??」
看守2「さぁな。だが・・・あいつの目を見てみろ。俺は何年もここの看守やってるから分かるが、
   あの目をした奴は大抵過去に恐ろしい体験しちまったとか、未だにそういうもんに縛られてる目だ・・・。
ああなったら、もう戻ってこれない。」


凍りついたように静かな病棟。


響くのは暗い、冥い、呪怨のさえずり



『・・・~・・・~♪・・・フフ・・・フ・・フフフ・・・』



一年前・・・


友達1「なぁ、桜田! お前同じクラスの金糸雀ちゃんと付き合ってるんだって!?」
明るい声の先には、クラスの端で一人たそがれている僕。


「・・・え? いきなりなんだよ。」


友達2「そうなのか!?」


めんどくさいなぁ・・・まぁ適当にあしらっとくか。
「まぁそういうことになるかな・・・」


そう、金糸雀は特別な存在。歌の才能を買われてスカウトされた有名人。この学校のアイドルだ。


僕は彼女の彼氏ってとこかな・・・。あいつは僕にメロメロみたいだけど。



「あ、ジュン! 今日はカナがお弁当作ってきたかしら!」
ちっ、今日もかよ・・・。
「ん、ああ。」


「それとそれと、明日はカラオケ行かないかしら?」
うるさい奴・・・。
「あぁ、また今度な。」


「じゃ、じゃあ今日一緒に帰らない・・・かしら?」
うざいなぁ・・・
「今日は無理。」


いつもいつも、こんな調子だ。僕のどこがいいっていうんだ?


気付くと、目の前には涙を浮かべた金糸雀が。


「ぅう・・・ジュ、ジュンはカナのこと・・・嫌いかしら・・・??」


泣けばいいとでも思っているのだろうか・・・
「あぁ、ゴメン。好きだよ金糸雀。」
ふん、こんな言葉反吐が出る。


「カナも好きかしら! カナは・・・カナはジュンのために歌い続けるかしら!」


満足気な笑顔の金糸雀。


僕のために歌い続けるか・・・僕のためにね。



それは突然だった。誰も予測していなかった。


ある理科の実験中・・・


ガシャン!


甲高い破割音。響き渡る悲鳴。激しい騒動。


ここには地獄のような光景。


「あ゛ぁぁぁ゛ぁあ゛!!! ガナの顔がぁ、のどがぁぁ゛!!!!」


これは・・・夢か? だとしたらなんて醜い、怖い。


ただれた金糸雀の顔。飛び散る濃硫酸。叫び声。


僕は、教室を抜け出して吐いた。


後ろからは恐怖の旋律が零れだしている



そらから金糸雀が再び登校してきたのは半年後だった。
賑やかな教室が静まり返った。


扉の前には顔に包帯を巻いた金糸雀が立っている。


「・・・・・・。」
脇目も振らずに僕のところへ歩いてくる。
「久しぶり・・・かしら。」
体に油汗が浮いているのがわかる。
「・・・おう。」
「久しぶりかしら、ジュン・・・。」
そう言って顔の包帯を解き始める。
とっさに目を逸らしてしまった。見るに耐えない゙それ゙。


火傷の跡は生々しく残り、赤黒く腫れた顔。
引きつった笑顔はまるで嫌らしくニヤけたようだ。


「あのときの言葉・・・カナ覚えてるかしら。ジュンは覚えてるかしら?」


「あのときの・・・ことば?」




『好きだよ金糸雀』


脳内にフラッシュバックするその言葉。
僕は、はっと表情を曇らせる。それ金糸雀は気付いたようだ。


「ジュン・・・覚えててくれた・・・。」


何が言いたいんだ? どうしろって言うんだ?


「カナはもう、昔みたいな綺麗な声は出ないけど・・・それでもジュンだけのために
 歌い続けるかしら・・・。」


それを聞くと僕の中で何かが切れる。
気付くと金糸雀を突き飛ばしていた。



教室中の視線が伝わってくるのが分かる。
それでも僕は気にしなかった。
「ふざけるな、この化物。」


目の前に倒れているそいつは唖然としている。もちろん、教室も。


「僕がお前を好きだって? 冗談はよせ。もう僕に近づくな。」
そう言い捨てその場を去る。
教室からは泣く声だけが響いた。



僕が金糸雀の彼氏でいた理由は、「金」と「名声」。
あいつの彼氏というだけで、僕が見下されることはなくなった。
それにあいつの歌は売れていた。
頼もうと思えば金に困ることもなかった。


そう、どれもこれもあの日までは。


僕が彼女と一緒にいる理由も今では皆無だ。


僕には関係ない。


ただこれだけは言える。


愛なんて、羽根のように軽い。



金糸雀の死はその一週間後に聞かされた。
病院の屋上から飛び降りたらしい。
その場の目撃者によれば、落ちながら「歌」を歌っていたらしい。


クラスはざわついたが、すぐにいつもどおりに戻った。


そうだ、僕には関係ない。


僕もいつも通りだ。


そう、何も変わらない。


なのに、


足の震えが止まらない



つまらない授業。僕はうたた寝をしていた。
クラスの大半が寝ている。


~・・・・♪・・・~・・フフ・・・フフフ・・・♪・・・


歌が聞こえた。
微かな、でもはっきりと。


冷や汗が滴っている。鼓動が速い。眠気が掻き消える。


周りを見渡すが、原因となるようなものは無い・・・。



え?


視界の隅。今、窓の外を何かが落ちてった。



気のせいだ。


僕には関係ない。


カンケイナイ



暗い空間。僕はどす黒い池に足を浸している。周りには何も無い。ただ、闇、闇、闇。
何処からか微かに聞こえる歌。耳を塞ぐ。それでも染み込んでくる。僕は、泣いている。


コワイ
コワイ
コワイ


ふと見下ろす。僕の真下の水面には僕が映っている。
僕の゙うしろ゙にも何か映っている・・・。


ちがう、それは映ってるんじゃない。


何かが水の中に潜んでいる。


ガバっ


薄暗い部屋。六時を指す時計。


これは、ただの夢。


ただの夢。


耳が、


痛い



いやな夢だった。体中が冷え切っている。
なぜか耳が痛い。キリキリ引っ張られてるように・・・。


渋々立ち上がり部屋に朝日を取り込もうとする。重々しいカーテンに手を掛ける。
日の光が目を刺激する。細めた目をゆっくり開く。



スッ



僕のすぐ目の前をあいつが落ちていった。
目が合った。あいつは笑っていた。
さらに体温が下がった。


頭は混乱している。驚くことなんてできやしない。
ベランダから体を乗り出し下を確認する。
しかし何も無い。


当然だ。


寝返そう。


どうせこれも夢だ。



今聞こえてる、歌だって




学校は楽しい。友達。勉強。お喋り。買い物。先生。



ちがう!!!!そんなことはどうでもいいんだ!!!!!!くそくそくそくそ!!!!


あの日聞こえた小さな歌。どんどんでかくなっていく!!!!!


今じゃ頭にガンガン響きやがる!!!


耳が引き千切れそうだ!!


ちくしょう!!!!!あの化物!!!!!


金糸雀ぁぁああぁあぁ!!!! 出て来い!!!! いるんだろ!!! 殺してやる!!!!



歌。暗闇。夢。あいつあいつあいつあいつアイツアイツアイツアイツ




僕はもう学校へは行ってない。
皆が僕を見ている。気が滅入りそうだった。
窓には紙を張り、カーテンを締切り、一人ベッドにこもる毎日。


耳が、痛い。


鏡で耳を見ようとする。
久しぶりに見る鏡。学校へ行かない今、必要は無かった。そこには・・・


「ぎゃあぁああぁぁぁぁ!!!!」


鏡に映る僕の後ろ。そこにはアイツが、金糸雀が僕の耳を引っ張り上げている。


満面の笑顔で。


耳からは血が滴っている。


引っ張り上げた耳に顔を寄せるアイツ。なにかを呟く。









「あ な た の た め に 、歌 い 続 け る 。」











看守1「恐ろしいことって・・・一体・・・」


看守2「あまり見続けていいものじゃない・・・お前も連れて行かれるぞ。」


看守1「あっ、待ってくださいよ!」


カツカツ


遠ざかっていく靴の音



『待ってくれ! 僕は、僕は歌ってなんかいない!!! 誰か助けて!!!』



心の叫びは届かない。


だってそこにいるのは


ただ歌い続けてる少年がひとり。


体を奪われた、少年がひとり。


FIN




愛という薄いヴェールはあるゆる物を通します。


憎しみ、怒り、恨みさえ。


そして時には鎖となって縛りつける鉄の茨・・・。


あなたの耳に聞こえる音は何を奏でますか?


愛の歌? 呪怨の叫び?


愛とは軽く、重い物・・・。


底無し沼にご用心、抜け出せなくなる前に・・・。


それでは、ごきげんよう

|