※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

桜田オートエンジニアリング。
その屋根の下で、自分のRやファミリーカーに囲まれる中に、その車はいた。
湾岸を300km/hで駆け抜ける、悪魔のZが。

 
 
 

湾岸 "Maiden" Midnight
 

SERIES 1 「悪魔と天使と人間 Part 2」

 

 
 

「これが……、真紅の言ってたZ……なのか?」
「そうよ、これが私のZ」
「そして、こんな呼ばれ方をしているわ」
「何て……、呼ばれているんだ……?」
 

「……悪魔の、Z」
 

「悪魔の……、Z……」
 

悪魔のZと言う名を聞いて、ジュンは思い出す。
昔、噂で聞いたことがあった。
 

湾岸を300km/hで駆け抜ける、S30Zが居るらしい。
それは、悪魔のZと呼ばれているそうだ。
 

ただの噂話、都市伝説だと思っていた。
そんな車が、存在するわけがない。S30Zは最終型でも、もう20年以上前の車だ。
それが、300km/hのスピードを出せるなんて、夢にも思わなかった。
だがその車は、ジュンの目の前に存在している。
ジュンのRを、湾岸で置き去りにしていった事実は、ただの噂話ではなかったという証左。
 

「本当にこの車が、あの、悪魔のZなのか……」
 

思わず口からこぼれてしまう、現実に追いつけていない頭の言葉。
 

「そうよ、これが悪魔のZ」
 

ジュンの頭は、まだ混乱しているというのに、心は更なる熱を帯びてゆく。
体内の中心から放たれる熱が、冷えた頭に熱を与えてゆく。
考えているのではない、感じているのだ、悪魔のZを。
 

「それで、私のお願いは聞いてもらえるのかしら?」
 

一瞬忘れてしまっていた。
そういえば、オーバーホールの依頼をされていたのだった。
ジュンは、目の前の悪魔に魅入られていて、肝心の仕事などそっちのけの状態だった。
だからこそ、頭で考えるよりも先に、心が言葉を紡ぎだす。
 

「ああ、僕がこの悪魔をオーバーホールしよう」



―――――――――



後悔先に立たず、か。
勢いに任せて、あんなことを口走ってしまった。
僕が悪魔のZをオーバーホールする?とてもじゃないけど自信がない。
なんとなくわかる、あの車は、ただの車じゃない。
とてもデリケートなチューニングカーは世の中に数多く存在する。
僕だってチューナーのはしくれだ。チューニングカーを扱うのが怖いわけじゃない。
だけど、あの車は違う。
言葉にできない不安が襲いかかってくる。
 

やっぱり断ろう。
誠心誠意謝って、帰ってもらおう。



―――――――――



確か昼ごろに来ると、真紅は言っていた。
ジュンの気持ちは憂鬱だった。
自分でやると言っておいて、結局断ることになる。
プロ失格だ。
自分に対して、どうしようもなく腹が立って来る。
なんて無責任なんだ。
もう子供のころじゃないんだ、いい歳した大人なんだ。
それなのに、ぜんぜんあのころと変わってないじゃないか。
ジュンは、工場の事務所の机に突っ伏したまま、真紅が来るのを待っていた。

 
 
 

音が聞こえた。
少し調子を崩した、人間で言うと鼻声みたいな音。
しかし、たとえ鼻声でも、周りの車とはっきりと違いのわかる音。
ジュンは事務所から飛び出すように外へ出た。
 

真紅と、悪魔のZがいた。
 

「あら、準備がいいのね」
「ああ、車を中に入れてくれ」
 

また、ジュンの心が勝手にしゃべりだした。



――――――――――



「それじゃ、見積書作るからちょっと待っててくれ」
 

違う。僕が言いたいのはそんなことじゃない。
 

「待って」
「うん?」
「このお店は、客にお茶の一つも出さないのかしら?」
「ああ……、悪い、気が利かなかったな」
 

少し、考える時間ができた。
ナイスアシストだ、真紅。
さてと、お茶の葉はどこにしまってあったっけ?
 

「待って」
「今度は何だ?」
「お茶といっても、緑茶じゃなくて、紅茶を用意するのよ」
 

相変わらず尊大な態度だこと。
えっと、紅茶ってうちにあったかな?
こういう時に限って、なんであいつはいないんだよ……。
ああもう、どこにあるんだ、紅茶。
 

「ジュン、遅いわよ、早くしなさい」
「ちょっと待ってくれー!、今探してるんだよ」



―――――――――



ジュンが慣れない作業に悪戦苦闘しているそのとき、事務所のドアが開いた。
 

「遅くなってごめんねー、ジュン……くぅん……?」
「ああ、やっと帰ってきたか、遅いぞ姉ちゃん」
「えっと、どなた……?」
 

ジュンに姉と呼ばれた人は、真紅を見て、目をパチクリさせていた。
 

「はじめまして、私は真紅よ」
「あっ、はじめまして、桜田のりです。えっと……、真紅ちゃんは、ジュン君の……、コレ?」
 

そう言ってジュンの姉、のりは小指を出す。
 

「違あぁーう!」
 

ジュンが大声で叫んだ。
 

「えっ、違うの?」
「お客さんだよ!お客さん!」
「お客さん?だって……、ジュン君が女の子を連れて来るものだから、てっきりお姉ちゃんそう思っちゃうじゃない……」
「ああもう、その話はいいから、紅茶を用意してくれ!」
 

ジュンとのりの、いきなり大胆な会話を真紅は軽く聞き流した。
そんなことはどうでもいいから、早く紅茶を出して欲しいのである。
未だ変な熱に浮かれるのりに、発破をかける。
 

「紅茶はまだかしら?」

 
 
 

事務所の中は、沈黙に包まれていた。
のりが、見積書を作成するために、パソコンのキーボードをたたく無機質な音。
真紅が、紅茶を口に含み、そしてカップを置く無機質な音。
ジュンが、このあと、どう断ろうか悩んでいるときに出る有機質なため息。
8畳程度の小さな部屋の中で、3人がそれぞれの音を出す。
真紅が、紅茶について文句を言い出した。
しかし、ジュンの耳には、真紅とのりの会話が入ってこない。
何も聞こえない。何も見えない。何も言えない。そして、再びの沈黙。
もう、見積書は出来上がりそうだった。
言葉が出てこない、出てくるのはため息ばかり。
心が言うことをきいてくれない。
あの悪魔のZを目の前にすると、考えていたことがすべて吹き飛んでしまう。
自分の心が、全身を支配してしまう、自分の意志とは無関係に。
そんな感覚を、ジュンは感じていた。

 
 
 

結局、ジュンは断ることができなかった。
真紅はもう帰って、工場には悪魔のZだけが残された。
納車できる日がわかったら連絡する。
そう言って、引き受けてしまった。
心が、断ることを許してはくれなかったのだ。
 

工場内にたたずむ悪魔のZを眺めながら、一足先に昂る心を抑えられずにいた。
不安はある。しかし、もう後戻りはできないのだ。
こうなった以上、プロとして、与えられた仕事をするのみ。
頭が覚悟を決めた。よし、やろう。僕がやろう。
この悪魔のオーバーホールを。
 

そして、ジュンは電話をかけた。

 
 
 

「すみません、突然押し掛けちゃって」
「構わない」
 

ここは、チューニング業界において、屈指の技術力で名を売ってきた「ガレージ槐」の工場。
そして、ジュンと会話をしている彼は、ここの社長であり、1代でこの工場を築き上げた槐というチューナーであった。
 

「悪魔のZ、か……」
「はい、そのことについて槐さんに聞きたくて」
「そうか、僕もその名を聞くのは久しぶりだ―――」

 
 
 

簡単な説明を一通り受けたジュンは、帰りにひとつのスクラップ帳を渡された。
 

「この中に、僕が知っている悪魔のZのことについて書かれている。持っていって構わない」
「いいんですか?借りちゃって」
「ああ、ゆっくり読むといい。なにか参考になるだろう」
「すいません、じゃあ、借りていきます。今日はありがとうございました」
 

そう言って、ジュンはガレージ槐の事務所を出て行った。
そして、ジュンと入れ違いに、1人の男が事務所へ入ってきた。
 

「相変わらずご執心だね、彼に」
「白崎か……」
 

白崎と呼ばれた男は続ける。
 

「薔薇水晶が不満そうにしていたよ、早く戻って来いってさ」
「いい音だ……」
「……へ?」
 

突然、槐が変なことを口走るので、白崎は混乱する。
 

「彼のRだ」
 

白崎は窓の外を見た。
ちょうど、ジュンのRが暖機運転をしているところだった。
 

「ああ、確かにRのエキゾーストノートはいいね」
「違う」
「はい?」
「エンジンの音だ」
「エンジンの音?」
 

工場の喧騒にまぎれて、ジュンのRの音が響いてくる。
メカニックたちは、ほとんどジュンのRに目もくれず、仕事を続けていた。
その中で、槐はわずかに聞こえるその音に、耳を傾けていた。
 

「彼には才能がある、持って生まれた才能が。だが、経験が足りない」
「最近はチューニングの仕事がないらしいからね、彼」
「それでも、僕は彼の組んだエンジンの音が、とても心地よいと感じている」
 

ジュンのRは、暖機運転を終えて工場を出て行った。
 

「もし、彼に十分な経験が備わったならば、そのエンジンはどんな音を出すのだろうか」
「なるほど、彼に期待しているわけだ」
「そうなのかもしれない……。ところで、何の用だったんだ?」
「おいおい、人の話はちゃんと聞いてくれよ……」
「それで?」
「薔薇水晶が」
 

その言葉と同時に、槐は無言で立ち上がり、そそくさと工場内へ消えていった。
 

「まったく、娘と彼とどっちが大切なんだか……」



――――――――――



僕は、結局槐さんにオーバーホールの話はしなかった。
独り占めしたかったのかもしれない。
今になって思えば、ちゃんと話しておくべきだったと思う。
槐さんから借りたスクラップ帳。まるでだまし取ったような気分だ。
だけど、せっかく貸してもらえたのだから、きちんと読んで返そう。
そして、返す時に言おう、悪魔のZのことを。
 

僕は、工場に戻ると一心不乱に読み漁った。
悪魔のZ。その成り立ちを。
 

まずエンジン。
これはL28を3.1Lまでボアアップし、ツインターボ化させたもの。
600馬力、トルク80kgf-m以上を発生させる。
槐さんにも聞いた話だが、あのZがわずか600馬力というのには驚いた。
湾岸には、600馬力以上のマシンがごろごろ存在する。
というか、それ以上出ていて当たり前の世界だ。
僕のRだって700馬力までチューニングしたんだ。
それを、いともたやすく抜き去るとは信じられないが、現実がそれを証明している。
 

次に、悪魔と呼ばれる所以だ。
あの悪魔のZを作り上げたチューナーは、ローゼンというらしい。
ドイツ出身のチューナーということ以外は、人物に関する詳細があまり知られていない。
ただ分かっているのは、80年代のストリート、つまり東名、第三京浜、首都高を走る車を手掛けてきた伝説のチューナーであること。
そして、彼の作り上げた車は、とびきりの速さを誇っていたが、同時に乗り手を選ぶ車でもあったということ。
彼のマシンは次々と事故を起こし、何人もの死者を出した。
ゆえに、伝説のチューナーであると同時に、悪魔のチューナーとも呼ばれた。
決して表舞台に出ることはなく、ストリートにこだわり続けた。
彼の作る危険な車は客を減らし、やがて工場は倒産。以後行方不明となっている。
そんな人が昔いたなんて、知らなかった。
ページをめくる手が震えてきた。
もっと知りたい。僕自身が、悪魔のZを欲している。
 

ローゼンの作り上げたチューニングカーのなかでも、ずば抜けた速さを持っていた7台の車がある。
悪魔のZもその1台だ。
国産ターボカー黎明期に、600馬力ものパワーを与えられたその車は、特に幾度となく事故を繰り返した。
次第に、この車は悪魔のZと呼ばれるようになる。それでも、この車を求める者が絶えず、そして死んでいった。
この現代において、悪魔のZの行方は知れず、廃車になったのか、新たなオーナーの手に渡ったのかはわからない。
 

そんな、いわくつきの車だったとは、思わなかった。
そんな、危険な車を、真紅が運転しているなんて、思わなかった。
そんな、魔力を持った車を、僕がオーバーホールしようとしているなんて、思わなかった。
 

それなのに、それなのに……、心が弾む。
 

僕はいつの間にか、悪魔のZの前にいた。
外は、すでに夜になっていた。
 

この悪魔に乗ってみたい……。
 

真紅からは、自由に乗ってもいいと、預かるときに許可はもらっている。
なのに、なんだろうか、この背徳感は……。
べつにやましくも何ともないじゃないか。現状把握のためのドライブだ。
時間もいいころじゃないか。
そうやって、言うことを聞かない頭を無理やり納得させる。
 

そして、僕は悪魔のZのキーを回した。

|