※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヒトの心とは、いともたやすく揺れるもの。


しかし引き合う磁石のように、切り離せない絆を持っているはず・・・。


願い続けるこで、掴み取れる答があります。



星が煌き続けるならば。


それが過去であろうと、未来であろうと。


想いが強ければ、きっと叶えることもできましょう。



たとえ、己の魂を喰われるはめになろうとも・・・



「う・・ん・・ジュ・・・ン・・・。ジュン!!」


がばっ


暗く静かな部屋に、私の声が木霊する。曇った空が、カーテンの隙間から覗いていた。


カチ・・・カチ・・・。時計は5時を指している。


「また、ですか・・・。」
溜め息をつき俯く。あれ以来、ほぼ毎日見続けている夢。


--------私と繋いでいた手を解き、ヒトリ去っていってしまうジュン。


『さよなら、翠星石・・・。』
私は彼の後ろ姿を眺めるしか出来ない。
いくら彼の名前を叫ぼうとも、ただ息が漏れるだけ。
私は独り暗い闇の中に残される・・・。


--------そんな、悲しい夢。


溜まっていた涙を拭って、窓を開ける。


「そうです・・・。もう、ジュンはこの世界にいないんです・・・。」
空を仰ぐ。
広い天井は、深い深い雲に覆われていた。
また一日が始まる。



4週間前-----


涼しい秋の午後。
私はジュンのこぐ自転車の後ろに座り、一緒に下校していた。


穏やかな時間。


何気ない会話のひとつひとつが、私の心を満たしてくれた。


気付かれないように、ジュンの背中にそっと『LOVE』となぞったのを覚えている。


いつまでも、大好きな彼の温かい背中に寄り添っていたかった。



なのに・・・、なのに願いとは儚く散ってしまうもの。


次の瞬間、大きな衝撃と共に私の視界は反転して、意識は暗闇に放り込まれる。


それはあまりに突然の、不幸な事故だった。


そう、交通事故が・・・。




私が目を覚ましたのは病院のベッドの上だった。


どうやら3日間意識が戻らなかったらしい。


奇跡的にも、私には目立つ外傷はほとんど無かった。


そう、私には・・・。



事故から数日後、いろいろ落ち着くと、医者はためらいながらあることを告げた。



ジュンが、即死だったと・・・。



その言葉に、私の時間が停止した。


ただただ聞いているしか出来ない無力な自分。


病室で私はヒトリで泣き続けた。


涙が枯れるまで。



____________________________

学校から帰って来た私は、すぐに部屋へ駆け込んだ。


ジュンのいない毎日は、予想以上に寂しく悲しいものだった。


ベッドに体を投げ出し、ゆっくり目を瞑る。


『ジュン・・・私はあなたのことを、いつも想っています。
もし、ジュンが戻ってくるのなら、翠星石は・・・。』


思いとどまり、考えようとしたことを頭から振り払う。


『・・・いいえ、ジュンは戻ってきません。
 私は、ジュンのためにも、一生懸命生きていかなければならないんです。
 いつまでも、泣いてちゃだめなのです・・・。』


そう、私はヒトリじゃない。


心の中、ずっと、一緒。



そのままうたた寝をしそうになる私の耳に、甲高い音が響く。
電話が鳴っている。


私は一階まで降りて、受話器を取った。
「はい、もしもし・・・。」
電話の向こうは無言で、しばらく静寂が漂う。
いたずらか、と思い受話器を置こうとした瞬間、聞き慣れた声が聞こえた。



「・・・翠星石か・・・?」


私の頭の中は混乱した。  それは、二度と聞けるはずのない。愛しい彼の声だったから。


「翠星石か?僕だよ。ジュンだ。」


そんなはずがない。そんなはずが・・・。
「誰ですか!? 不謹慎ないたずらはやめるです!」


言葉ではそう叫んだが、心のどこかで期待をしていたかもしれない。
そんな自分が変に思えた。
だって、彼の声を聞き間違えるはずがないから。


「そうだよな・・・お前が信じないのも無理ないよ。
 だけど僕は、最期にお前に言いたいことがあるんだ・・・。」


悲しげに離し続ける彼。



「僕がこうやって話せる時間も、もう長くない。聞いてくれるかい?翠星石・・・。」


私は、もう何も疑っていなかった。
彼と過ごした今までの季節を思い出していた。
偽りであっても、不安定な心にはすっと染みこんでくるものだ。


「私は・・・聞いています。話してください、ジュン・・・。」


私は全て受け止めようと決めた。


「ありがとう、翠星石。僕もお前が大好きだったよ・・・。
 だけど、ごめんな・・・。
 お前を最後まで幸せにできなかった・・・。」


 
その声は、昔のジュンそのものの優しい声だった。


泣かないって決めたのに、涙は枯れたはずなのに、次々と温かい雫が頬を伝う。


「そんなこと、ないです・・・。」


哀しかったけど、とても嬉しかった。


「翠星石は・・・翠星石はジュンといられた時間、とても幸せでした・・・。」



受話器を持ったまま、ぽろぽろ涙が落ちていく。


「あり・・とう・・・翠・・・星せ・・・き。僕は・・・ずっと・・・・」


だんだんと遠ざかっていくように、電話が聞き取り辛くなっていく。


その瞬間、決心した心が揺れた。


「待って・・・待ってください、ジュン!! 翠星石は、翠星石はあなたがいないとだめなんです!!
 離れ離れになんてたくなんかないですぅ!! 翠星石をひとりにしないでぇ!!!」


叫びが届くことはなく、電話次の瞬間には切れる。


「・・・・僕・・・ずっと君・・愛・・て・・・・」


ぷつ




受話器からは、電子音だけが流れている。もう今みたいにジュンの声を聞けることはないだろう。
それでも今はジュンと過ごした、ジュンの背中を感じたあの場所へ向かいたかった。
時計は10時をすぎ、外では雨が降っているようだった。
傘も持たず、着替えもせずに家を駆け出そうとする。
ただ思い出だけが、私を癒し包んでくれる・・・。あの思い出の場所が・・・。


ドアを勢いよく開けた。
玄関、目の前には、


血みどろの


顔半分が潰れ


脚は逆に折れ


片腕の無い
愛しい愛しい『彼』がいた。



「僕 も ず っ と 愛 し て る よ ♪」



 あ


全て罠。私だけが助かることは許されな
FIN



愛の影に潜むもの。


呪縛という名のそれは、常に片方の目を探しています・・・。


決して見つかってはなりません。


逃げて下さい。


逃げて、逃げて、逃げて・・・。



彼方よりの呼び声が、良いものばかり運んでくるとは限りません。


甘い罠にお気をつけ下さい。


捕まったら最期、光が差し込むことはありませんから・・・。


それでは、ごきげんよう。

|