※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ココロに浸る思い。


それはこらえ切れず溢れ出すでしょう。


流れ星に願いを託しましょう。


きっと届くと信じて・・・。


春は過ぎ去り、いつかは冬が訪れる。


それでも世界は回り続けます。


呪文めいたその言葉。


どうか、あなたの、思うが侭に・・・。




言葉の鎖に縛られた、


儚い想いは籠の中。



心は涙を流してる。


願いを届けられぬまま。



同じ青空見ていたい。


私が恋している限り。



高校生最後の日。


卒業証書を片手に、金糸雀はジュンを校舎裏に呼び出していた。


一人待つ金糸雀にかかる声。


「よう、お前はみんなと写真撮らないのか?」


そっけない言葉。
とことん鈍感な男だ、と溜め息をつく金糸雀。


それでも彼女の鼓動は速く、切なく揺れていた。


深呼吸。
ジュンの瞳を見据える。


心は決まっていた。


伝えたいことは、ひとつ。



「ジュン・・・、カナはあなたのことが・・・好きです。」



普段とは違う声。そして彼にとっては意外だったその言葉に、ジュンは言葉を失う。
彼等の周りには、通り抜けてゆく春風の音のみ。


・・・・・・・・・・・・。
ジュンは驚いたような表情をし、すぐに俯いてしまう。
「ごめん、金糸雀・・・。僕は・・・。」


そう言い続けようとするジュンを制止する金糸雀。
「謝らないで・・・。ジュンには笑っていてほしいかしら。」


瞳を細め、想いを巡らせる。


『あなたはいつもそうかしら・・・。悪くもないのに謝ってばかり・・・。 


 
 答なんて、はじめから分かってたかしら。それでも、どうしても伝えたかった・・・。


 カナ、臆病だからずっと言えなくて、
 最後の最後にこんな形になっちゃったけど・・・。』


金糸雀は顔を上げ、できるだけ明るい笑顔をつくる。
いつも見せていた、最高の笑顔。



「さ! お別れのときくらい笑わないと損かしら!
カナは先にみんなのところに行ってるかしら~!
ジュンも早く来るかしら!」


金糸雀はその場を駆け出す。


走りながら金糸雀は気付いた。


彼女の頬に、暖かい雫が伝っていたことに。


『あ、あれ?カナ、泣きたくなんかないのに・・・。笑って・・・いた・・いのに・・・。』


堪えきれないそれは、彼女の心を潤していった。


しとしとと降り続く、雨のように・・・。


でも、金糸雀は哀しくても、悲しくはなかった。


大きく息を吸い、何も無い青空を仰ぐ。



とても、とても澄んでいた。



あなたへの恋が沈んでも、


あなたへの愛は霞まない。



心は風に吹かれてる。


白い雲が背を押してゆく。



違う世界でも構わない。


私が笑顔で


いる限り。



FIN



彼方からの呼び声がすべて届くとは限りません。


ならば待ちましょう。


百年でも、千年でも・・・。


求める運命は、いつか必ず出会うもの。


それが喜びの歌となるか、恐怖の雄叫びと化すか・・・。


扉の向こうを見てみることです。


それは、思いもよらぬ拾い物になるかもしれませんので・・・。


それでは、ごきげんよう。

|