※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジュンが赤ちゃんを拾ったようです。

ジ「というわけだ。助けてくれ」
銀「アナタねぇ…拾うならもっと猫とか犬とか…」
ジ「もちろん後で適切な場所に届ける。それまででいい」
銀「私子供は好きじゃないんだけどぉ」
ジ「そこをなんとか…ところでさっきから泣き止まない上にお尻に湿度とぬくもりが生まれ加えて強いアンモニア臭が(ry」
銀「きゃー!?人の家の玄関で何してくれるのよぉ!?ほらさっさとお風呂場連れて行って洗うわよ!」
ジ「よし。…だけど洗い方が解らないわけだが」
銀「ったく、私がやるわよ…ほらぁ、暴れないで大人しく洗われなさい」
ジ「お前の服が随分汚れてしまった。申し訳ない」
銀「謝ってる暇があるならそこの薬局でオムツと粉ミルクとほ乳瓶を買ってくるのね」
ジ「財布がないわけだが」
銀「あーもうっ!リビングの黒いカバンに財布があるから持ってきなさい!私はこの子洗って…ぷはっ!?」
ジ「…凄く濡れてしまったな」
銀「いいから行く!!」
ジ「心得た」

ジ「買ってきたぞ」
銀「こっちも終わったわぁ…はやくミルク作って飲ませなさ…いいわ、私がやる。どうせ出来ないんでしょう?ほらかしなさい」
ジ「恐れ入る」
銀「まったく…あー、ようやく落ち着いてくれたわぁ…手間かけさせて…これだから子供は嫌なのよ…」
ジ「だが顔がほころんでいるのは何故だ?」
銀「今すぐこの子を連れて出て行かないとアナタを壁に貼り付けにしてイロイロしてあげる…ところを想像したからよ」
ジ「さようならだ水銀燈。世話になった。礼はまたする」
銀「絶対しなさい。しまくりなさぁい」
ジ「ではこれにて御免。ではベイビー、お姉さんにお礼を言うんだ」
銀「言えるわけないでしょぉ?バカじゃないのぉ?」
ベ「…ママァ」
ジ「うむ、良くやった。それでは」
銀「はいはい、もう面倒はこれまでにしてね」
ガチャン
銀「ふぅ。まったく疲れるったら…」


銀「…え?ママ?」 






ジュンがベイビーを抱えて困っているようです。

ジ「む。さっきから泣き止んでくれない。だが素そうも無しミルクも与えたのに一体…」
ベ「びゃ~!ママァ~!!」
ジ「ママー?パスタがどうかしたのか?ベイビーにはまだスパゲティは早いと思うが…おお、そうか水銀燈の事か。水銀燈に会いたいんだなベイビー。僕もそんな気がしていたんだ。このまま泣かせ続けるのも忍びない。連れて行こう」

ピンポーン
銀『どちら様ぁ?』
ジ「僕と」べ「ママァ~!!」ジ「だ。開けて欲しいんだが」
ガチャン
ジ「………」
ピンポーン
銀『…何かご用?』
ジ「お届けモノがございます。どうか鍵を開けていただけないでしょうか」
ガチャン
ジ「ふむ。ベイビー、もう少し待ってくれるか。お前のママァはなかなか手強いのだ」
べ「あー」
ピンポーン
銀『…いちいち出る自分に嫌気が差してきた所で用件は?』
ジ「お詫びをしに来た。すごいお詫びだぞ?それはもうすごいんだぞ?さあ欲しければ開けてくれ」
銀『財布の無い人が何言ってるの』
ガチャン
ジ「その洞察力、流石ママァと言いたいところだが、感服したぜママァと言っておこう」
べ「あう…うぇ…」
ジ「狼狽えるなベイビー。僕を信じるのだ。道端で拾った本にも『求めよ、さらば与えられん』と書いてあった。与えられんじゃダメじゃないかと思ったがきっと誤植に違いない。ゆくぞベイビー。これが僕達のラストアタックだ」
べ「あー!」
ピンポーン
銀『これで最後よ。何か言いたい事はある?』
ジ「僕が産んだ。お前の子だ」
べ「ママァ」
銀『……………』
ジ「……………」
べ「……………」
銀『…私の負けよ…入りなさい』
ウイーン
ジ「ふぅ…長く辛い戦いだったが、我が軍の勝利だベイビー」
べ「ちゃー!!」 







ジュンがベイビーのために奮闘するようです。

ジ「まず家に入れてくれたことに礼を言う。ありがとう。僕の保険金の受取人を君に書き換えておく」
銀「やめなさい。…まぁ、あれ以上されたら近所に変な噂が立ちそうだったからやむを得ずよ。感謝しなさぁい」
ジ「山より高く海より深く心より…心より…感謝する。ついでに保険金の受取人にもする」
銀「だからそれでアナタが死んだら私が殺したみたいじゃないの。あー、まったくどうしてこう次から次へと…」
ジ「むぅ、すまない。ところで、さっきからベイビーのほっぺをツンツンモミモミしてくれていることにも感謝の極みなのだが、ぜひまた抱いていただけないだろうか」
銀「なんでそこまでしなきゃいけないのよぉ…ほら、これで充分喜んでるじゃない」
べ「キャッキャッ!」
ジ「だが抱いてやればもっと喜ぶこと殴り合いだ」
銀「殴らずに受けなさい」
ジ「もし抱いていただけたら次に僕も抱いてくれていい」
銀「私は人を抱いた体制から4秒で両肩を外してやれるのを忘れたのかしらぁ?」
ジ「はっ!…『ママァだっこちてぇ~』…これが彼、ブッシュ・ベイビーの魂の叫びであると今僕に伝わってきた」
銀「この子女の子でしょう?」
ジ「…とりあえずオープニング曲の『鳥になる』は名曲だと言っておく。お、そうか。もし抱いてくれるなら僕が一曲歌ってやれるのだが」
銀「この子が騒音に泣き叫ぶ姿がみたいなら、どうぞ?」
ジ「くっ…今僕は心に傷を負い体が前に倒れようとする…時の重力を利用し一瞬で移動。なんということでしょう。匠の技によってベイビーが水銀燈の腕の中に」
銀「赤ん坊抱かせる為に縮地を使った人初めて見たわ。なんて言うか…必死ねぇ」
ジ「誉めてもらえるとは思わなかった。よし、もっと言ってくれ。携帯に今録音する」
銀「呆れてるのよ…まあいいわ。とりあえずリビングに行きましょう。立ってると疲れるわ」
ジ「うむ、かたじけない」

べ「Zzz…」
ジ「よしよし。良く眠っている。幸せそうだ」
銀「それは結構だけど、そろそろ腕が疲れてきたから交代しましょう?」
ジ「その寝顔は実に和むではないか?」
銀「聞けよバカ」
ジ「ぬ、すまない。だが、こうも安らかであるところを起こしてしまうのはいかがなものだろう」
銀「腕が疲れたって言ってるの」
ジ「君の子供も支える姿に全米が泣いた」
銀「アメ公の涙じゃ私の腕の筋肉の乳酸は消えないのよ」
ジ「頑張る君を応援したい」
銀「どっかで聞いたことある言葉はいいから早くして。でないと投げるわよ」
ジ「…わかった。すまないベイビー。僕の力ではベイビーをママァに抱かせ続けることが出来ず…む、どこへ行く?」
銀「こんな時間じゃ連れて行っても迷惑でしょ。粉ミルクも残ってるし、今日はここに泊めなさい。その子起きたらまたミルクあげないといけないわよ」
ジ「そうか、何から何まで…僕に出来ることがあれば命を賭して戦う事を誓おう。保険金付きで」
銀「誓わなくていいから。そうね、とりあえず今日の夕飯付き合いなさぁい」
ジ「君が作ってくれたハンバーグシチューは絶品だった」
銀「…図々しさもここまでくると感心しるわねぇ。まあいいけど、ちょっと話があるわ。逃げないことね」
ジ「…了解した」 







ジュンと水銀燈が食後にワイン片手に(長めの)お話するようです。

銀「と言ってもアナタは飲めなかったわよねぇ?」
ジ「いや、少しなら大丈夫だ。…その、練習した」
銀「ふぅん…で、お食事はいかがだったかしらぁ?」
ジ「前より美味くなってて食器にかじりつくかどうかを真剣に悩んでしまった。見事と言わざるをえない。…いや、言わざると言っても僕は言いたいんだ。とても言いたいんだ。誤解しないでほしい」
銀「誰もしないわよそんなこと。でも、そう…お互い昔より少しは進歩したってところかしら?」
ジ「う、む…」
銀「さてジュン。私はアナタのワガママも聞いてあげたしあの子の世話もして寝かしつけたし食事も良いワインも出してあげたわ。ならいくつか質問する権利くらいあるわよねぇ?」
ジ「当然だ。そんなモノではとても足りない。いくらでもなんでも聞いてくれ。なんなら中学生時代に妄想していた人形で戦うサバイバルアクションの話でも考えよう」
銀「それなりに興味深いけど止めておくわぁ。では聞くわね。ジュン…母親は誰?」
ジ「……………流石だな」
銀「子供を捨てる親にも良心はあるらしくてねぇ、それは春先に集中するそうよ。ましてこんな12月になろうとする時にあんな薄い服じゃ殺すようなものだもの。
で、万が一寒空の下にそんな状態で赤ん坊が捨てられていたらアナタは真っ直ぐ病院へ行く。アナタはそういう人だったと記憶しているけれど、反論はある?」
ジ「いや…無い」
銀「結構。ではあの子の母親は?」
ジ「それは…すまない。言うことはできない」
銀「あっそ。別に期待してなかったからいいけれど。じゃあ次ね。あの子の名前は?」
ジ「…今は、無い。あの子は僕のベイビーであってそれ以外の何者でもない」
銀「理屈ごねるのは相変わらずねぇ。いいわ。ジュン、あの子の目の色は?」
ジ「黒だ」
銀「髪の色は?」
ジ「金だ」
銀「アナタの目の色は?」
ジ「黒だ」
銀「真紅の髪の色は?」
ジ「……………………金、だ」
銀「はぁ…アナタって本当にお馬鹿さん。そういう性格治さないといつか厄介事を抱えると言ったのは忘れてしまったようねぇ?」
ジ「いや…覚えている。君から言われた事は…みな覚えている」
銀「…じゃあ、どうしてここに来たの?」
ジ「ここしかアテが無かった」
銀「じゃあ私がアテを探してあげる。それで解決よ」
ジ「いや、違う。今のは…言葉のアヤだ。ここしか…頼れる場所が無かった。ベイビーを安心して連れてこれる場所が…」
銀「昔、自分を捨てた女をそこまで信頼していいわけ?」
ジ「その事の責は全て僕にある。ベイビーを託す際の判断材料にはならない」
銀「でも一度帰ったわよね?」
ジ「これは大変な事だ。無理は言えない」
銀「でも帰ってきた」
ジ「ベイビーが…君を求めた。ママと呼んで君を求めた。ベイビーは今の僕の全てと言っていい。だから、また連れて来た」
銀「…アナタって昔からそう。自分勝手で他人想いで、優しくって残酷で、頭はいいのに無鉄砲。二年前から全然変わってないじゃない」
ジ「言葉もない。ただ、一つだけ君に関して述べる事を許されるのなら、昔の男が買った財布を未だに持ち続けるのはどうだろう」
銀「ッ…!まさかとは思ったけど…覚えてるなんて…」
ジ「覚えている。だから、君が変われていないのもわかった。しかしだからと言って好きだったはずの子供を拒絶するのは感心しない」
銀「小児科の看護師は辞めたと言ったハズよ。何?私に説教する気?」
ジ「…すまない。僕が何か言える立場ではなかった」
銀「はぁ、まったく…いいの、気にしないで。私もちょっと整理がついてないだけよ。…それで?アナタはそんな私に何をお望み?」
ジ「僕ではベイビーを幸せに出来ない。だから、君が幸せにしてやってほしい」
銀「はっ!他人の子供を幸せに育てろなんて、勝手過ぎて笑いが出るわね」
ジ「その代わり、その穴は僕が埋める」
銀「…は?何が言いたいの?」
ジ「君がベイビーを幸せにする。そして、僕は君を幸せにしてみせる」
銀「………馬鹿じゃないの?」
ジ「そうだ。僕は馬鹿だ。さっき君が言った通りだ。そんな僕でも、大切なモノと大切な思い出はある」
銀「な、何よそれ…子供の為に別れた女と寄り戻そうって言うの?」
ジ「僕は君が知っての通りの人間だ。だから上手くは言えないが、ベイビーが君を好いてくれるのを望んでいた。そして君がベイビーを好いてくれるのを望んでいた。だから君がベイビーを抱いて笑い、ベイビーが君をママと呼んだ時…とても、嬉しかった」
銀「だからって…だからってそんな…」
ジ「そして僕は、君が好きだ」
銀「!」
ジ「君は、僕が嫌いか?」
銀「…アナタからの質問は許可しないわ」
ジ「わかった」
銀「……ムリよ…私に子育てなんて…だって私…」
ジ「できる。それは僕が保証する」
銀「…なんでそう言い切れるのよ」
ジ「子供だった僕を、ちゃんと育ててくれたからだ」
銀「…なら止めとくのね。また馬鹿な子が育つから」
ジ「君は馬鹿な僕が嫌いなのか?」
銀「だから!だからそれは…!」
べ「ビャァアア!!」
銀「いけない!…ジュン、話は中断よ!」
ジ「わかった、頼む」


べ「ビェェエエ!!」
銀「ん…ちょっと熱っぽいかしら…背中のに水ぼうそうの気もあるけど…」
ジ「いや、問題ない」
銀「邪魔しないで!アナタに何が解るっていうの?」
ジ「もう寝ている。寂しかっただけのようだ」
銀「え?あ…」
べ「あー…すー…」
銀「………」
ジ「…何があったかは聞かないが、焦りや怯えは献身的とは言わない。だからもう少し…」
銀「………なんでよ」
ジ「うん?」
銀「…なんで…泣き止んじゃうのよぉ…なんで、そんな顔で眠っちゃうのよぉ…」
ジ「ベイビーは幼い。だから、したいことをしただけだ」
銀「…また私にこんな赤ちゃん抱かせて…もう…抱かないって決めたのに…ずっと一人でいるって…決めたのに…」
ジ「それはいけない。それはダメだ。一人で生きるなんて、そんなことしてはいけない。絶対にやめろ。考え直すんだ水銀燈」
銀「…必死ね」
ジ「必死にもなる。君は一人で生きる人ではない。君は、誰かを愛する人だからだ。頼む。僕のベイビーを愛してやってくれ。僕が嫌いならば僕は出て行こう。養育費は全て僕が持つ。だから、ベイビーを…」
銀「やめて」
ジ「何をだ?」
銀「そんなこと…もう言わないで」
ジ「そんなこととは?」
銀「…馬鹿なの?アナタ」
ジ「そうだ」
銀「…赤ちゃん、あったかいわねぇ」
ジ「うむ。幼児は大人より平熱が高いと聞いたことがある」
銀「…ふふっ、そうね。馬鹿な私にはアナタみたいな馬鹿がお似合いかもね」
ジ「君は馬鹿ではない」
銀「本当にそう思う?」
ジ「もちろん。ただ、臆病なだけだ」
銀「………そうね。本当にそう。だって、怖いんだもの」
ジ「失うことに怯えないモノに価値などない」
銀「じゃあどうすればいいの?」
ジ「頑張るのみだ。後悔しないよう頑張るなどと言う者もいるが愚かなことだ。何をしても必ず後悔は残る。だから、神でもない無力な僕達に出来ることは頑張ることだけだ」
銀「それ、今アナタが考えたの?」
ジ「………いや、前読んだ本の引用だ」
銀「ふふっ、冗談よ。そんな顔しないで」
ジ「むぅ。…それで、返答は?」
銀「…アナタ、少し震えてるわ。寒い?それとも、怖い?」
ジ「怖い」
銀「…わかったわ。この子は、私が責任を持って引き取ります。幸せにする保証は出来ないけれど、頑張って愛してみるわ」
ジ「…よかった。ありがとう。本当にありがとう」
銀「ただし、条件が一つあるわ」
ジ「何でも言ってくれ。君は、僕のベイビーの恩人だ」
銀「私に…アナタの子を産ませて」
ジ「…え?」
銀「わかってる…私がこんな体になったのは私が馬鹿だったツケ。もう、無理なのかもしれないけど…お願い。私に…自分の子供を抱かせて…」
ジ「…わかった。約束する。何年かかっても、必ず約束を果たしてみせる。今度は、諦めない」
銀「うん…ありがとう。馬鹿なジュン。今更だけど…好きよ。愛してるわ」
ジ「僕もだ。愛してる」

ベ「Zzz…あー…」 









『オー・マイ・ベイビー after』のようです。

ジ「まだ起きていたのか?」
銀「ええ…ちょっとね。あの子はもう寝たの?」
ジ「今寝たところだ。君も夜更かしは良くない。体に触る」
銀「触ってどうするの。触りたいのぉ?」
ジ「うむ。…いや、違う。いや、違わないがそうではなく僕は君の心配を…」
銀「必死ねぇ」
ジ「ああ…君のことだからな。そうだ、一つ聞きたかったのだが」
銀「なに?」
ジ「僕は、君を幸せに出来ているだろうか?」
銀「もっとがんばりましょう」
ジ「水銀燈、明日仕事を休んでドライブへ行こう」
銀「こんなお腹でどこへ行くのよ…嘘よ冗談。少なくとも、一人だったころよりは幸せ。それにしてもジュン、アナタは幸せねえ?こんな素晴らしい奥さんと二人も子宝に恵まれて」
ジ「その通りだ。まるで夢のようだ。だから…少し不安なのだ」
銀「失う事が?」
ジ「それは当たり前のことだ。僕が言いたいのは…こんな僕が、ここまで幸せになって良いのかと…不安になる」
銀「ああ、そう言えばアナタは馬鹿だったわねぇ」
ジ「最近君がその言葉を口にするたびに感じるほのかな快感に戸惑いを隠せない」
銀「昔私に言ったでしょう?私達が出来るのは頑張ることだけ。その結果を操ることは誰にも出来ないのよ。だから、幸せになったのなら素直に受け取っておくのね」
ジ「うむ…」
銀「それと、アナタみたいなのでも幸せでいることで他の誰かに少しでも幸せを分けてやれることを、よく覚えておきなさぁい」
ジ「…ああ、わかった」
銀「おっと」
ジ「どうした?」
銀「…『わかったか馬鹿パパ』。と、私達のブッシュ・ベイビーがお冠のようねぇ。私のお腹を蹴飛ばしてきたわ。生まれる前の赤ん坊から説教されるなんて、もっとがんばることね」
ジ「面目ない」
銀「アナタの面目なんてそもそもあったの?」
ジ「何故だ。何故僕は今気持ちが良いと感じている?」
銀「安心なさいな。私達は幸せよ。だから、もっと頑張りましょうね」
ジ「ああ。死なない程度に頑張ってみせる」
銀「そう、それでいいのよ」


『オー・マイ・ベイビー after』も終わりのようです。これにて投下は終了ですありがとうございました。
|