※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

~ジュジュの奇妙な冒険~

み「ねえジュンジュン、今度はあそこ行きましょう!」
ジ「あはは、わかりましたよみっちゃんさん」
ベ(ジュンの奴め…俺の目の前で女といちゃつきやがるとは…くくく、今に見ていろ…ジュジュ!!)

ベ「貴様がジュンの女かぁ!ファーストキスはこのBEGI様が頂くぜ!」
み「んむぅ!?」ズキュ~ン!
べ(くくく、ジュジュよこれで貴様は…ん?な、なんだこの女…ぐ、俺様の力が…吸われていく…だと!?ぐおおお…)
み「ぷはっ!やー、いきなり抱きついてくるなんて若いっていいわねー!あはははー!」
べ(ジュジュ…覚えてろ…)

ジ「BEGI!お前が父さんを毒殺しようとしたのか!」
べ「ふはは!バレては仕方ない…俺は人間を辞めるぞジュジュー!!」
ジ「それはサイア人化する金色ポマード!?止めるだBEGIー!」

槐「お前がBEGIか…爺さんの爺さんの体を奪った男…」
べ「ふはは、なる程、貴様がジュンの子孫…槐十次郎…ジュジュか!!」
槐「お前は私が潰す…『薔薇水晶(ローズ・クリスタル)』!」
薔「ばらばらばらばら」
べ「ふん!貴様のドールスタンドなど…無駄無駄無駄無駄!さあ!俺様の最強のドールスタンドを見るがいい…ゆくぞ!『超世界(ザ・スーパーワールド)』!!時よ止まれぇえ!!」
槐「くっ!?」

べ「バカな…こんな、ことが…」
槐「お前の敗因はたった一つのシンプルなものだ。お前は…私を怒らせた」


み「今度の私達のクラスで学園祭の出しものの劇はこれでいこうと思って持ってきたんだけどどうかしら!最高だと思わない!?」
ジ「教師の癖に学校にマンガ持って来ないでください。今クラスで話し合ってるんでとりあえずそれ持って帰ってくださいね」

|