※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

この世界には、無数の扉が隠れています。


さの先に潜む物とは恐怖の悲鳴か、はたまた愛の詠唱か。


枝分かれした運命。


定められた者同士が邂逅するとき、小さな光が産れます。


出会い。


それは気まぐれな女神の落とした、儚い時間。


今宵も物語が始まります。


運命に耳を澄ましましょう。



薄暗い夕方。
狭い路地をとぼとぼと俯きながら歩く一人の青年がいた。


彼の名は槐という。夢を追いかけ、遠く離れた異国に辿り着いた若者。
彼の夢は一流の人形師になることだった。日本という国は、そのためには小さすぎた。


しかしここでの生活も楽ではなかった。
修行の成果もなかなか表れず、なにしろ貧しい。
彼の頭の中にはある考えがよぎっていた。
『あと半年。あと半年して成果が出なければ、日本に帰ろう・・・。』


そんなことを思いながらふと周りを見る。
気付くとそこは借家への帰路ではなく、見知らぬスラム街のような場所だった。


「悪い癖だな・・・。考え事してるといつもこれだ・・・。」
もと来た道を戻ろうと方向を変える。


すると、そこにはさっきまではいなかった、小さな少女が立っていた。



その少女はお世辞にも、いい格好をしているとは言えない。
みすぼらしいボロボロの服。傷だらけの手足。
そして左目には大きな眼帯。
何かを訴えるように視線を向ける。


「えーと、ここら辺に住んでるの? 道とか教えてもらっていいかな?」
しかし少女は口を開こうとはしなかった。


仕方ない、と思った槐は少女の横を通り抜ける。


自分の足音に合わせ、ぺたぺたと聞こえるもう一つの足音。


振り返ると少女はついて来ていた。
「もう暗いよ。おうちに帰らないの?」
だがやはり少女は喋らない。
ただ首を横に振り続ける。


まいったな、と溜息をつく。
そのとき、彼女の小さなお腹から腹の虫の音が。


ぐぅ・・・



槐はあることを悟った。
『そうか、この子に家は・・・。』


しばらく少女と目を合わせていると、降参したかのように頭を掻いて呟く。


「うちに、来る?」


途端に少女の顔がぱぁっと明るくなる。
『悪い癖だな・・・困った人を見かけると、いつもこうだ・・・。』


手を握り歩き出す。


夕日が眩しかった。


彼女の手は暖かかった。



小さなテーブルを挟んで、槐の向かいには少女が座っている。
よっぽどお腹がすいていたのだろう、無我夢中で皿に手をつける。
大変な生活をしていたのだろうとすぐにわかった。


「名前、なんていうんだい?」
同じように黙っていたが、今までの質問の時とは違い、少し悲しげな顔を見せる。


彼の哲学からいうと、一度手を差し伸べたらもう放り出す訳にもいかない。


「そうだな・・・薔薇のように紅い唇。水晶のように澄んだ右の瞳。
 そう、君の名前は『薔薇水晶』だ。これからはここが、君の家だよ。」


それを聞いた少女は初めて見せる笑顔でコクコク、と頷いた。


槐はまたも溜息をつく。


しかし、その顔には穏やかな笑顔が漏れていた。


それからというもの、槐の生活には少しずつ変化が表れてきていた。
忙しい毎日でもそれは充実していたし、そして何より薔薇水晶が時折見せる笑顔に癒された。


薔薇水晶にも少しずつ、変化が訪れていた。
表情は増え、喋りかければ言葉を返すようになった。


槐はまるで父親のように彼女を見守ってきた。
薔薇水晶の心が、ちょっとずつでも開き始めていることが嬉しかった。


そしてある日・・・



「・・・聞いて欲しいことが・・・あるの・・・。」
仕事から帰ってきた槐に薔薇水晶が話しかける。
彼女から言葉をかけてくれたのは初めてと言ってもよかった。


嬉しく感じた槐の反面、薔薇水晶の表情はとても哀しげだった。


「私の・・・過去・・・。」


________________________________
薔薇水晶の話を聞いた槐はあまりのことに言葉を失った。


薔薇水晶が産れた直後、父親は蒸発。母親は新しい夫を作った。
そして新しい家庭の中、薔薇水晶は名前すらつけてもらえずに、邪魔者扱いされていた。
新しい父親は酒癖が悪く、いつも薔薇水晶を虐待していた。
ある時、暴力に耐えかねた薔薇水晶は母親に助けを求めたが・・・。


「あんたなんか・・・あんたなんか産れて来なければよかったんだよ!!」
その言葉は彼女の心を深く抉った。


そしてその三日後、薔薇水晶は郊外から離れたスラム街に捨てられたのだ・・・。



話し終えた薔薇水晶は、左目の眼帯をゆっくりと外す。


槐は唖然とした。


眼帯の下、そこには白く濁った瞳。
そう、過去の激しい暴力は、彼女の左目の光を奪ったのだった。


「いつか言ってくれた・・・澄んだ瞳って・・・。でも私は澄んでなんかいない・・・。
 壊れた子、要らない子・・・。」


透き通った右の瞳と濁った左の瞳からは、透明な涙が零れている。
ぽろぽろと泣く彼女はいつもより小さく見えた。


スッと暖かいものが彼女を包んだ。


それは槐の両の腕。



「そんなことはない・・・。君は僕にとってのアリスだ・・・。


 
 君と出会った日、僕の誕生日だったんだ。


 
 君は僕の前に舞い降りた天使。 


 
 神様がくれた、最高の贈り物だよ・・・。」


薔薇水晶は槐の胸の中で瞳を閉じた。


零れていた涙は、気付いたらとても暖かかった。


「お父・・・さま・・・」


過去は変えられない・・・。


だからこそ、今はこうしていたい・・・。



それから月日は流れた。


今日は槐の誕生日。
そして、「薔薇水晶」という名前の誕生日でもあった。


槐は仕事の帰りに小さなケーキを買おうと思っていた。
その頃、薔薇水晶は留守番をしている。
薔薇水晶も同じように、槐へのプレゼントを考えていた。


『私、お金持ってない・・・。・・・そうだ! 綺麗なお花を摘んでこよう。
 きっと、お父様喜んでくれる・・・!』


思いがまとまった薔薇水晶は家を駆け出した。


川沿いの草原へ向かう彼女。


空には暗い雲が出てきていた。



日は沈みかけていた。
『綺麗なお花、たくさん・・・。お父様、待っててね・・・。』


高鳴る想いを抑えながら帰路を走る薔薇水晶。


しかし次の瞬間、薔薇水晶の意識は暗闇に飛ばされた。


彼女の左目の死角。


急いでいた彼女には、飛び出してきた車の存在とは知る由も無かった。



『だいぶ遅くなったな・・・薔薇水晶、怒ってないかな?』
雨が降る中、傘もささずに家を目指す槐。
その手には、小さなケーキの入った箱を抱えていた。


通り道に人だかりができている。家路につくには、そこを通るしかない。
「何があったんですか?」
事情を聞こうと尋ねる。
「女の子が車に撥ねられたんだ!」
それを聞いた途端、何故か槐の心を針が刺さったような緊張が襲った。


嫌な予感を振り払い、人込みを掻き分ける・・・。


そこには


白く長い髪。小さな体。


薔薇水晶が横たわっていた。



『そんな・・・そんな、嘘だ!!』
人を押し退け、その小さな体に駆け寄る。


「薔薇水晶・・・!!! 薔薇水晶!!! 目を開けておくれ・・・!」


上半身を抱き寄せる。それに反応したのか、微かに唇が動き目を薄く開く。


「お父・・・様・・・。」
安心したように、力無く微笑む薔薇水晶。


「ダメだ! 僕の・・・君は僕の大切な・・・!!!」
槐の涙が薔薇水晶の頬に降る。


「・・・今日は・・・お父様が・・私を生んでくれた日・・・。わた・・し、本当の・・・天使に・・なり・・・た・・・。」


瞳を閉ざす薔薇水晶。
声を上げ泣く槐。


二人の周りには、小さな、綺麗な花が散っていた。



それから9年後
日本に帰ってきた槐は、ある製作に取り掛かった。


それは、一体の少女人形。


食事や睡眠もまともに摂らずに、ただひたすらに道具を握る毎日。
そんな日々が5年も続いた。


そして出来上がったのは、彼の人生作品の中での「至高の少女」。


その人形。いや、その少女が完成した日、それは・・・。


「誕生日おめでとう・・・。僕の薔薇水晶・・・。」


小さなアトリエに、優しい木漏れ日が降り注ぐ。


その少女の両の瞳は、まるで水晶のように光り輝いていた。



FIN



偶然の出会いが光を生むのか、


光が偶然の出会いを生むのか。


運命の歯車とは止められぬ流れ星。


それは儚く散るか、願いを運ぶか・・・。


過去は塗り替えられません。


だからこそ、この今を大切にしてください。


おや、どこからか悲鳴が聞こえます・・・。


次の物語まで、しばしの休憩。


それでは、ごきげんよう。


|