※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

心とは夜空の星のように、離れ離れの孤独なカケラ。


その末には、誰とも触れ合うこともなく儚く散りゆく運命・・・。


しかし中には、小さな窓を通し繋がり合った煌きがあるといいます。



想い。



時に己を犠牲にしてまで愛する者を救う、それは別れを告げる皮肉にして残酷な鋏。


これは自分の影法師を真に愛した、
二人の少女の哀しい悲しいお話でございます・・・。


恐怖の幕間に垣間見る一雫の涙。


あなたには愛する人がいますか?




静かに張り詰めた空気の中、壇上には厳かな断罪人。


その重い口が裁きの言葉を下す。



「・・・判決----被告人を死刑に処する。」



ざわつく法廷。


泣き叫ぶ声。そして怒声。


その隙間を一人の少女が連行されていく。
何を言う訳でもなく、ただうなだれたまま。


少女、名を翠星石という。
両の手には重い鉄の鎖。


『・・・蒼星石、これで良かったのです。これで・・・。』


彼女は瞳を閉じ、想いを巡らせる。


あの哀しい運命の日を噛み締めながら・・・。




一ヶ月前---


晴れた昼下がり。
ここは大学の中庭。今日は冬にしては暖かく、爽やかな日差しが気持ちいい。
隣りには蒼星石。いつも一緒の、大好きな妹。


「翠星石、そろそろ行かないと講義に遅れちゃうよ。」
私なんかよりしっかり者で、堂々としている。そんな誇りの彼女。
「今行くですぅ~!」
私は二人で歩くのが好き。そばにいると、優しい気持ちになれるから。
「よう、翠星石。蒼星石。」
「! こ、こんにちはジュン君・・・。」
「おっすですぅ、ちび!」


あ、ちなみにこの冴えない奴は私と蒼星石の・・・。
「僕は午後休講だから、それじゃな。」
後ろ姿を見せるジュン。隣りでは蒼星石が顔を真っ赤にしている。


「蒼星石~、ジュンのこと見て『恥ずかしい・・・』なんて・・・いつになったら馴れるんですかぁ?w」
ムッと頬を膨らます蒼星石。
「もう!心を読むのはやめてよ!翠星石だってドキドキしてたくせに~!」
双子とは不思議な存在。いや、多分私達だけに限

ることだけど・・・。
「そんなこと言っても仕方ないですぅ。」

そう、私達は互いの思いが読み取れる。
そうでなくても、それが強ければ自分の心に自然と流れ込んでくる。




幼い頃から『そう』だった。 基本的に、無断で心の中を覗くことはタブーだったけど。
でもお互い特に気にはしていなかった。むしろ隠している悩みなどは二人で解決できた。
そう、私達はそういう関係。
そんな事を考えながら、ふと少し昔を思い出す。
それは高校時代、テスト中。
『ぅう・・・蒼星石ぃ~、この問題どうやって解くですかぁ?』
心の中で蒼星石に助け船を求める。
『翠星石は遊んでばっかりだったから、教えてあげな~い。』
キッパリと断ち切られる。
『姉の頼みが聞けないってんですかぁ!?』
『僕は勉強したほうがいいよって言ったけど、翠星石は聞かなかったじゃないか!』
心の火花が飛び散る。


「成績に関わってくるんですよ!? 」
「自業自得じゃない!」


気付いたら心の中ではなくて、声に出して言い合っていた。


当然二人とも廊下に立たされた。廊下でも、心の中の激闘は続いていた。
二人、手を繋ぎながら。
『蒼星石の手、暖かいですぅ・・・。』
『翠星石の手、柔らかい・・・。』
「あ」
その後顔を見合わせて笑い合った。


『そういえばそんなこともあったです。』
つい笑いがこぼれる。




「懐かしいね。でもあれはやっぱり翠星石が悪いよw」
目の前では蒼星石がクスクス笑っている。


「あ~! 蒼星石!心を読んでたですね~!」


「お互い様~!」


そう言って共に駆け出す。
この後の講義には、一緒に仲良く遅刻した。



暖かい木漏れ日が降り注いでいる。


そよそよと。


さらさらと。




それから一週間後、
私達は大学の休みを利用して、二人での登山を計画していた。
そこは冬になると、とても綺麗な雪景色が見れる事で有名だった。


「少し険しいコースだけど、翠星石はついてこれる?」


小生意気な笑顔を向ける蒼星石。


「蒼星石こそ、おやつは300円までですよ!」


よく分からない言い合い。


でも、そんな愛しい時間、とても優しく流れていく。


私達は一緒。


いつまでも。


いつまでも・・・。



一面の白い世界。
サクサクと心地良い雪の感触が、足の裏から伝わってくる。
「やっぱり来て良かったですね!」
「そうだね!まだ山小屋は遠いけど、のんびり行こうか。」
珍しく蒼星石もはしゃいでいるように見える。
雪に映る彼女の横顔は透き通っていて、とても美しかった。


しかし、


30分


1時間


今まで晴れていた空には、厚い雲が顔を出し、次第に気温が下がってきた。
「風が出てきたね・・・。翠星石、少し急ごう。」
蒼星石も気付いていたようだ。
「はいですぅ。」


軽かった足取りがだんだんと重くなる。とうとう雪まで降り始めた。
それは純白な氷の結晶ではなく、まるで灰色の暗い鉄の粉。


雪が降る降る。


しんしんと。


さあさあと。




【ここで視点変更】
何十分経っただろう。
激しい吹雪のカーテンが辺りを包み込んでいた。
視界はほとんどゼロ。


「そ、蒼星石! 山小屋まではまだ遠いですか!?」
荒々しい風に声が流されそうになる。
「・・・そうみたい! どこか吹雪をしのげる場所があればいいんだけど・・・!」


ビュウ!
突然の横風に、すぐ前を行く蒼星石の細身が飛ばされかける。
「うわっ!」
「蒼星石!大丈夫ですか!?」
すぐさまそばに駆け寄る。
「うん、なんとか・・・つっ!」
「あ!あそこの洞穴で休むですぅ!」
重い吹雪を押し分け、ようやくその目的地へ辿り着く。
そこは、なんとか二人が入れるような狭い空間。


「ほら、こうやって体を寄せれば暖かいですよ!」
くっつき合う二人。
しかし蒼星石の体温はそれに反するかのように下がっていく。
今日にそなえて、山についての知識を養ってきた蒼星石は感じていた。


この吹雪は明日になってもやまない。


そしてこのままでは・・・。




蒼星石は自分の足首に手を添える。
さっきの転倒で、かなり痛めてしまったようだった。


蒼星石は必死に心を閉ざし、読まれないようにしながら、打開策を探す。


『これじゃ、もう歩けない・・。もし僕のペースに合わせて山を下ろうとしたら、絶対に助からない・・・。
 翠星石は、翠星石だけは・・・。』


『僕を置いて行け、なんて言っても翠星石は聞きやしないだろうね・・・。
 なんとかしないと。』


隣りでは翠星石が眠たそうにしている。
時間の問題、そう思った蒼星石はある案を決意した。


『翠星石・・・辛い思いをさせるかもしれないけど、君を助けるためなんだ・・・。』
翠星石の頭を優しく撫でる。
そして閉ざしていた心を開く。




睡魔に襲われていた翠星石の頭に、突然何かが流れ込んでくる。
それには感じたことの無い殺意が満ちていた。心に聞き耳を立てる。


『僕は死にたくない・・・。そうだ、翠星石のポケットにはビスケットが残ってる・・・。
彼女を殺して奪おう・・・。やらなければ、僕分が死ぬ・・・。』
あまりのショックに体中の細胞が痺れる。翠星石は恐る恐る蒼星石に目を向ける。
そこには目を血走らせた蒼星石が。
「翠星石・・・生きて帰るのは僕だ・・・。」
狭い空間の中、すぐにでも襲われる距離。腕を振り上げる蒼星石。
「そ、蒼星石・・・いやぁぁあぁ!」


ドスっ


滴る血。それは蒼星石のものだった。
翠星石は自分のピッケルを反射的に突き立てていた。
鋭いそれは、蒼星石の腹部に深く食い込んでいる。



「な、なんで・・・?蒼・・せ・石?」
蒼星石が振り上げた手には、折り畳まれた彼女の薄い毛布があった。


もたれ掛かるように倒れる蒼星石。彼女の頬は冷たかった。
翠星石の心には蒼星石の最期の想いが流れ込んでくる。
『これで・・・良かった・・・。翠・・星石、・・・君は・・・生きて・・・。』
蒼星石の顔には一滴の涙、そして穏やかな笑顔に満ちていた。
翠星石は全てを悟った。
彼女は蒼星石を抱きながら洞穴に、吹雪にさえ響く声で泣いた。




そのあとはほとんど記憶に無かった。
目が覚めたら蒼星石と抱き合いながら寝ていた。
彼女が残した一枚の毛布と共に・・・。


_____翠星石は決めていた。
事故が落ち着いた後、出頭しようと。
血族を殺した罪、そして罰。それは死。


「私が・・・妹を殺しました・・・。」



_____冷たい独房の中、あの日のことを思い返していた。


_____死んで罪を償えるとは思っていない。


_____救われようとも思っていない。


ただ最期まで清かった彼女に救われたこの命で、
自分を騙し、穢れて生き続けるのはあまりに辛かった。



裁判の日は、明日。



カツ、カツと冷たい音が廊下に鳴り響く。



「翠星石、出なさい。」



黒い男の人に囲まれながら歩き続ける。
着いた場所、目の前にあるのは、ひとつの椅子。



縛られる四肢。冷たい感触。



「最期に言い残したことは?」
感情のこもらない声に首を横に振る。
涙はとうに枯れていた。
「無いです・・・。ただ、私が後悔しないうちに・・・早く・・・。」


ゆっくりと黒い布を被せられる。それと同時に静かに瞳を閉じる。


闇が視界を覆う。
しかし彼女が向かう先には闇は、無い。


『聞こえますか、蒼星石・・・? 私もすぐに行くですから・・・。誰にも邪魔されない、
 ふたりだけの世界へ・・・』



FIN




想いを貫く。


それは正しいことなのか、間違ったことなのか・・・


誰が知るというのでしょうか?


しかし離れ離れの星が触れ合うことの奇跡。


分かれても、絆は断ち切れないもの。


愛する人を大事になさって下さい。


それが悲鳴と化すか、涙と化すか・・・。


想いという天秤に掛けてみることです。


それでは、ごきげんよう

|