※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

5話

蓮との帰り道に双子にあって気づいたら蓮はいないし姉妹だし・・あー!頭の整理ができん!
蒼星石「ほら、あがって」
翠星石「しかたねーですからあがらせてやるですぅ」
なんかいつのまにか家にいるんですけど・・・・僕
JUN「僕なんか上がっていいんですか?」
蒼星石「もちろんだよ!JUNく「なにしてるの!!」」
JUN「!?」
翠星石「ま~たあの2人ですね」
蒼星石「だね」
なんだいまの声は!2人って一体何人家族だ?
「真紅はいいからにんじんをもってきなさぁい!」
「あなたこそカレーにヤクルトを入れないで頂戴、水銀燈!」
ガヤガヤ騒いでるけど大丈夫かな?
翠星石「2人共何してるですぅ?」
真紅「あら?お帰りなさい・・・その子は誰かしら?」
JUN「あ、はじめまして桜田JUNです」
水銀燈「はは~ん♪翠星石もそんな年頃だからねぇ~♪」
翠星石「ち、ちげぇですよ!だ、誰がこんなチビ人間を!」
うわぁ・・ちょっとひどいかも、確かに僕は背が小さいけどね
蒼星石「落ち着いてね?ね?」
真紅「まぁいいわ、JUN」
いきなり呼び捨て!?
JUN「は、はい!」
真紅「あなたは今日から私の下僕だから学校ではこき使うわ」
は・・・?何言ってるの?この子は?奴隷がなんだって?頭ダイジョーブ?
JUN「・・・・え?」
真紅「あら?聞こえなかったの?あなたは私の下僕になりなさい」
水銀燈「もぅ~真紅ったら、気に入ったのねぇ」
蒼星石「JUN君ご飯食べていく?」
蒼星石さんこのタイミングでその言葉は・・助かります
JUN「えっと・・いただきます」
水銀燈「ふふふ♪この子かわいいわぁ♪」
JUN「え!」
いきなりJUNの腕に抱きついてきた水銀燈
なんかいい香りがする、しかも銀髪って・・・しかも目はオッドアイ!
JUN「ちょ、ちょっと!む、むむ、胸があったてます!」
水銀燈「照れちゃってかわいい♪」
真紅「人の下僕に何してるのかしら?」
あーこんな事が続くと思うと・・・先が思いやられる

5話終了

|