※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
こんな事なら、一次会で帰っておけばよかった。
 
降りしきる雨を見上げながら、もう何度目かの溜息を吐く。
 
雨音と雷鳴が響く駅の出入り口に、ひとり佇む私。
 
 
「あの傘、けっこうお気に入りでしたのに」
 
 
一次会の会場が蒸し暑かったから、ついお酒を飲み過ぎてしまった。
 
二次会の店に傘を忘れてきたと思い出したのは、ついさっき。
 
改札を出たところで、やっと気付いたのだ。
 
 
「はぁ……どうしよ」
 
 
アルコールのせいで朦朧とする。頭の回転が鈍い。なにもかもが億劫に感じられる。
 
家までは歩いて三十分ほど。
 
傘ならコンビニで買えるけれど、だからといって歩く気にはなれなかった。
 
 
 
バスだと寝過ごしてしまいそうだし、やっぱりタクシーが無難かしら。
 
それが最も現実的な選択だと思う。料金は高めだけど仕方ない。
 
 
「えと……乗り場は……?」
 
 
見慣れてる景色なのに、酔いのせいか、それとも夜の暗さのせいか――
 
タクシー乗り場が、なかなか思い出せない。
 
頭がガンガンして、思わず額に手を当てた。とても火照っている。
 
それに、冷えたせいか急に尿意を覚えてしまった。
 
……ふらふら。まっすぐ歩いているつもりだけど、どうも歩けてないらしい。
 
対向する人波が、厄介ごと嫌うように左右に逃れて、背後へと流れていく。
 
私は頭上に掲げられているガイドを頼りに、どうにかトイレに辿り着いた。
 
 
 
個室に籠もり、髪が床につかないよう気を付けて屈み込む。
 
更なる災難に見舞われたのは、その直後だった。
 
眩い閃光が走った瞬間、照明が消えて、換気扇のファンが減速していく。
 
 
「え? ……ウソ。まさか、停電?」
 
 
独りごちたのとほぼ同時に、ものすごい轟音がして、私は身を竦ませた。
 
落雷による停電。それしか考えられない。
 
 
閉ざされた真っ暗な箱の中に、私の生み出す、はしたない水音が木霊する。
 
目が見えないから余計に音が気になってしまうのか。なんだか、とても恥ずかしい。
 
用を済ませた私は、そそくさと個室を出て手を洗い外に出ようとした。
 
そして――
 
 
 
壁を手探りしながらトイレを出たところで、私は何かにぶつかって弾き飛ばされた。
 
 
「きゃっ?!」
 
「ぅわっ?!」
 
 
闇の中で発せられた、私と男性の声。私の中で鳴り響く、警戒警報。
 
相手の男性がチカンや変質者ではないと、どうして言い切れようか。
 
私は屈んで口元を手で覆い、身じろぎもしなかった。物音を立てるのが怖かった。
 
 
「いやあ……申し訳ない。真っ暗で、なにも見えなかったので」
 
 
沈黙に堪えかねたのか、男性は陽気な口調で語りだした。
 
 
「近くに雷が落ちたかナニかで、停電したらしいですねえ」
 
 
それでも私が黙っていると、向こうも察したらしい。
 
……ぽりぽり。頭を掻いた音だろうか。そんなものが聞こえた。
 
 
「いやはや。かさねがさね申し訳ない。
 こんな状況で、どこの誰とも判らない男なんかと話したくないですよね」
 
 
そう。とても気を許せる状況ではない。
 
男性は、さながら独り芝居みたいに大きな溜息を吐いた。
 
 
「たぶん、もう暫くすれば非常用電源に切り替わるでしょう。
 それまで、ここでジッとしてると良い。じゃ、僕はもう行きますから」
 
 
擦り足で進む音が、ゆっくりと遠ざかっていく。
 
すると急に心細く感じてしまうから、不思議なもので。
 
私は足音のする方向へ声をかけていた。
 
 
「あの……」
 
「はい?」
 
「もし、ご迷惑でなければ……明かりが点くまで、傍に居てもらえませんか」
 
 
女の子の心情としては、男性に居てもらう方が心強い。
 
 
「いいですよ。僕で良ければ、お安いご用だ」
 
「あ、ありがとうございます」
 
「なぁに。取りたてて急用もない暇人ですから」
 
「まあ」
 
 
私たちの忍び笑いが、廊下に響く。
 
どういうわけか、私たち以外の誰も、トイレ来る気配はなかった。
 
 
「お仕事の帰りですか?」
 
「僕かい? うーん。仕事中……になるのかな。使いの帰りでね」
 
「お使いで、こんな遅くまでなんて。大変ですのね」
 
「慣れれば、あまり疲れないかな。手の抜き方を憶えるからね」
 
「あらま。誠実そうな声だけど、実は腹黒?」
 
「どうかなぁ。否定も肯定もしないでおくよ」
 
 
男性が快活に笑う。案外、あけすけで付き合いやすい人らしい。
 
そんな彼に、そこはかとなく好感を覚えて。
 
 
「ねえ。お名前を――」
 
 
訊ねようとした矢先、一斉に照明が点された。眩しくて目を細めた。
 
それも束の間。ずっと付き添ってくれていた男性に、私は笑顔を向けた。
 
……が。それは瞬時に凍てつくこととなる。
 
 
「ま、まあ! 白崎っ!」
 
「ぉおっ?! お嬢さま!」
 
 
優しそうな人だと思っていたのは、誰あろう我が屋敷に仕える執事、白崎だった。
 
私はここで初めて、今朝のことを思い出した。
 
彼が出かける、と言っていたことを。
 
 
「いやあ……参ったなぁ。ちっとも気が付きませんでしたよ。
 これでは執事失格ですかね」
 
 
白崎はいつものように、ヘラヘラした笑みを浮かべる。
 
こういう気安い感じ、私はどうも気に入らない。
 
でも――ちょっとだけ、好きになれたかも。
 
 
「いいわ、別に。さ、帰りましょう」
 
 
弾みをつけて立ち上がると、酔っていたのもあって立ち眩みがした。
 
あわや倒れそうになったところを、白崎が抱き留めてくれた。
 
彼は、ふと眉間に皺を寄せて、くんかくんか鼻を鳴らした。
 
 
「随分と聞こし召したみたいですねえ。臭いますよ、アルコール」
 
「しっ、失礼ですわね! それがレディに向かって言うこと?」
 
 
前言撤回。やっぱり私は、こんなデリカシーのない男、好きにならない。
 
白崎は眉を八の字にして困っている。
 
そんな彼の様子に、少しばかりの意趣返しができたと、私は気をよくした。
 
 
「でも、まあ。とりあえず肩を貸してくださらない。足元が覚束なくて」
 
「かしこまりました、雪華綺晶さま」
 
 
ソツなく、如才なく。ときどき、この男が分からなくなる。
 
さっき、暗闇の中で語らってくれた彼もまた、紛れもなく白崎なのだ。
 
 
「不思議な人――」
 
「は? なんです?」
 
「……別に。それより、傘を店に忘れてきてしまったの」
 
「じゃあ、タクシーを捕まえますよ」
 
「ええ、よろしく」
 
 
雨降る夜の、ちょっとしたアクシデント。
 
こういうのも、たまには面白いかもしれない。
 
そう。酔狂だ。いま私の胸にある、この気持ちも……たぶん。
 
 
 
  おしまい

|