※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


薄暗い教室の中で、彼女はワイングラス(中身はファンタ)を傾けていた。

遠く沈み始めた夕日が、空を赤く染める。
それを静かに眺めながら……少女は、友の事を想っていた。

いや、友だけではない。
この町の事。この国の事。そして、世界の平和を…。

自分が何とかするしかない。
夕日に染まる町を見つめながら、少女は決意する。
自分が、友である雛苺を恐怖のどん底に叩き落した悪魔を倒すのだ。

静かに燃える闘志を糧に、少女は立ち上がる。
それを応援するかのようにキランと光った太陽が、彼女のデコに反射した。


彼女の名前は、金糸雀。
『自称』無敵の策士である。




◆ ◇ ◆ ◇ ◆  この町大好き! ☆ 増刊号21 ☆  ◆ ◇ ◆ ◇ ◆



 
金糸雀は家に帰り…さっそく、行動を開始した。

『敵を知り己を知れば、百戦危うからず』
何やら小難しい言葉を知っている金糸雀だが……あいにく彼女は、自分のキャラをよく把握してない。

ともあれ、金糸雀は、自らの保護者である草笛みつ…
悪魔の在籍する学園で教師をしている彼女から、情報を集める事にした。

「みっちゃんの学園に、片目に薔薇を付けた……その……ええっと……『何とか晶』という生徒はいるかしら? 」


……この悲劇は……ここから始まる。

金糸雀が、悪魔の名前をちゃんと覚えてなかった事。

そして……
『片目に薔薇』『何とか晶』これに当てはまる人物が、二人いた事。

恐ろしい悪魔と勘違いされた『雪華綺晶』
ちょっぴり無口で妄想が大好きな『薔薇水晶』

この二人が当てはまるにも関わらず……みっちゃんは、こう答えてしまったのだった。
「ええ、居るわよ。薔薇水晶の事でしょ? 」

金糸雀はその名を聞き…ゴクリと固唾を飲み、誰に言うでもなく小さく呟く。
「……薔薇水晶…それが……悪魔の名前かしら…… 」


全ての悲劇は……ここから始まった。
 

◆ ◇ ◆ ◇ ◆


薔薇水晶は下校しながら、止まらない妄想を楽しんでいた。

今日の妄想は、学園でバトルロワイヤルが開かれる話。


数々のクラスメイト達を血の海に沈め……最後に残ったのは、私ときらきー。
でも…私にはきらきーを撃つ事なんてできないよ……
私が迷っていると、きらきーは突然、私に銃口を向けてきて…
驚きと戸惑い。迷いと…まぎれもなく存在する、生きたいとい意思。
バキューン!
私は咄嗟に、きらきーに向けて銃を撃ってしまった。
……きらきーの銃には、弾が入ってなかった事にも気が付かず……。
そんな……きらきー……!!
私は急いで、大切な友達へと駆け寄ろうとすr


「………ハッ!? 」
そんな妄想をしていたせいで、薔薇水晶は危うく電信柱にぶつかる所だった。

◇ ◇ ◇

「……ついに…見つけたかしらっ!!雛苺のカタキ…この策士・金糸雀が楽してズルして 」云々。
不審者丸出しで匍匐前進で進んでいた金糸雀は……
ついに見つけた『白い悪魔(雛苺談)』の姿に、鼻息を荒くした。
 
でも……
「でも…よく見ると…そんなに白くないかしら…? 」
どうも、雛苺の証言と食い違う。
金糸雀はちょっとだけ首をかしげて考え込み……

「!! そうよ!きっとあれは…『擬態』というやつに違いないかしら!! 」
結局、たいした疑問も持たずに、薔薇水晶へと攻撃を始める事にした。

◇ ◇ ◇

「………… 」

薔薇水晶は、小学生のたどたどしい文字で書かれた『道路工事中。迂回路→こっち』という看板を見つめていた。


最近の小学生って、ずいぶんと思い切った事をするね。
私が小さい頃は、せいぜい公園の砂場で遊ぶ位だったけど……
まさか、今の小学生は土木工事にまで手を出すだなんて……
日本の道路事情は安泰だね!


そんな風に考え、さしたる疑問も持たずに、明らかに怪しい林道へと足を踏み入れて行った。
でも、そんな林道でも、薔薇水晶にとっては小さい頃から馴染んだ場所。

「………懐かしい……それに……変わってない……… 」

思い出に浸りながら歩く内に…

突然!薔薇水晶の足元が消失した!!
 
◇ ◇ ◇

「よし!作戦通りかしら!! 」
金糸雀はグッとガッツポーズをした。

嘘の看板で薔薇水晶を林道に招きいれ……そして落とし穴でやっつける作戦。

見事に、すっぽりと落っこちた薔薇水晶を見てると……
穴を掘ったせいで真っ赤ににじんだ指先も報われる。

だが、感慨に浸っている時間は無い。
雛苺の話では…悪魔は、あの巴ですら凌駕する力の持ち主との事。

金糸雀はタタタッ…と駆けると……
落とし穴の上に、『悪霊退散』と書かれたお札(通販で買った)を貼りまくった紙で、ペタ。とフタをした!

「ふぅ~…カナにかかれば、悪魔を封印だなんてチョロイものかしら!! 」
知らずの内に、緊張感でデコに滲んでいた汗を拭う。

「ホーッホッホー!!流石は策士!!カナは天才かしら~!! 」

と、勝利の確信に高笑いをしていると……

何と悪魔は…
落とし穴の底から、封印のお札(みっちゃんのカードで買った)をバリバリ破りながら出てくるではないか!

◇ ◇ ◇
 
……最近の子供って……アグレッシブだね……
こんな大きな落とし穴作るだなんて……

落とし穴の底で、薔薇水晶はドキドキしていた。

ここまで大きな仕掛けだと……怒るより、むしろ純粋に感心しちゃう。
……お父様にコーヒーと言って墨汁を飲ませる悪戯なんて……可愛い方だね。

とりあえず、いつまでも穴の中に居ても仕方ないし…服だって汚れちゃう。
そう考えた薔薇水晶が立ち上がろうとすると……

ぺた。と、穴の上に何かでフタをされた。

閉じ込められた!?嘘!?美人薄命キタコレ!?こんな所で『薔薇水晶、死す!』とか嫌だよ!?

半泣きになりながら、薔薇水晶はがむしゃらにフタを下から叩き……
でも、フタだと思っていたのは大きな紙で、あっさりと壊す事が出来た。

また閉じ込められたら、今度こそ泣いちゃう。
そう考え、薔薇水晶は急いで落とし穴から這い出ると……

「キャーーーー! 」と叫びながら逃げる、小さな子供の背中が見えた。


とりあえず、今の子を捕まえて、お姉さんとしてお説教でもしてやるべきかな…?
薔薇水晶はちょっとだけ考えるも……
でも、子供は自由で腕白なものだよね!今回だけは特別に許してあげよう。

とはいえ、流石にこれ以上、罠にはかかりたくない。
そのまま林道を戻ると、薔薇水晶はいつも通りの道で帰宅する事にした。

◇ ◇ ◇

どうやら、あの悪魔にはお札は効かないらしい。
「さすが…雛苺が言うだけの事はあるかしら… 」
神妙な顔で、金糸雀は呟いた。

「とはいえ……これで終わりじゃあないかしら!!
 常に二手三手先を読む。それが、策士たるゆえんかしら!! 」

そう意気込むと、金糸雀は薔薇水晶の行く道を先回りして……
手ごろな木を見つけると、スルスルと登り始めた。

◇ ◇ ◇

先ほど落とし穴に落ちたせいで、薔薇水晶の妄想も爆発していた。


……地の底から復活した大魔王。
それを倒すべく立ち上がった……勇者・私。
共に旅をする仲間は、武道家の真紅。シーフの水銀燈に……きらきーはやっぱり、賢者かな。
迫る魔物の群れを、私と真紅と水銀燈で引き寄せ…きらきーが魔法で一網打尽。
出会った中ボスは、私と真紅と水銀燈が牽制して…きらきーが魔法で一撃。
………
あれ?きらきー強すぎるよ?

そんな妄想ロールプレイングゲームをしていると……
不意に頭上から、何か白いモノが音も無く降ってきた。
 
「……こんな季節に…雪……? 」
ちょっと疑問に思ったけど……

ううん、きっとこれは、穴に落っこちた可哀想な私に、神様がくれた奇跡なんだよ…。

何だか電波丸出しな思考で、白い粒をそっと手にとってみた。
でも、雪だと思ったそれは…手の上でも一向に溶ける気配は無い。

雪じゃなかったら、何だろう?
ふと頭上を見上げてみると……先ほどの女の子が、木の上からパラパラと塩をまいていた。

◇ ◇ ◇

「くっ…!どうして……どうして効かないのかしら!? 」
金糸雀は一生懸命に塩をまきながら、半ば叫ぶように声を上げた。

古今東西、悪魔に効くとされている清めの塩。
それが…あの悪魔には一向に効いてないではないか!

「……やっぱり…味塩では効果は薄いのかしら…… 」
それでも諦めずに、金糸雀は塩をパラパラ。

と……

薔薇水晶はその塩を手に取り……そして、グルリとこちらに顔を向けてきた!

金糸雀にはその右目が「何をやっても…無駄…」と言ってるような気がして……思わず、震え上がる。
「キャーーーキャーーー!!! 」
叫びながら、それでも精一杯、力の限り味塩のビンを振りまっくった。
 
◇ ◇ ◇

何でこの子は、木の上から塩をまいてるんだろう?

ぼんやりとちびっ子を見上げながら考えていた薔薇水晶だったが……
見上げていたせいで、目の中に塩がちょっぴり入ってしまった。


これは痛い。うん。かなり痛いね。

しょんぼりと涙目になりながら、目を押さえる。
「やった!効いてきたかしら! 」
何だか訳の分からない事を叫びながら、女の子はさらに塩をパラパラ。

……ここにいたら、塩漬けにされちゃうよ……
私は半泣きになりながら、タタッ…とその場から逃げるように駆け出した。

と…ほんのちょっと走って、曲がり角を曲がった時……
「あら?ばらしーちゃん……どうかなさいたの?そんなに泣いて…… 」
パーフェクトなフトモモ(雪華綺晶)が、そう声をかけてきた。

「……目の中に……塩が入った…… 」
半泣きで事情を説明すると、「あら、まあ!」と言って、雪華綺晶は目薬を貸してくれる。

「……ありがとう、きらきー…… 」
「いえいえ……どういたしまして、ばらしーちゃん 」

さっきまでの災難も忘れて、薔薇水晶はちょっとだけ和んできた。

◇ ◇ ◇

清めの塩の効果で、苦しそうに逃げ出した悪魔。 その背中を見つめながら……
「…今こそ…決着の時かしら!! 」

金糸雀はそう叫ぶと、追撃のために木から飛び降りようとする。
「……… 」
でも、やっぱり怖かったので、下を見ないようにしながらゆっくりと降りた。

おかげで、薔薇水晶には逃げられてしまったが……
「まだ遠くには行ってないはずかしら! 」
自分にそう言い聞かせ、走り出す。

そして、いざトドメを…と、曲がり角を曲がろうとした時…――――

ドシーン!と、素敵なフトモモに正面衝突した。

「……ぅぅ…ご…ごめんなさいかしら…急いでいたから、つい…… 」
地面に尻餅をつき、鼻を撫でながら金糸雀がそう言い、顔を上げると……

薔薇水晶……と似てはいるが…どこか雰囲気の違う人物が立っていた。

「あらあら…元気なのは良い事ですが……悪戯も程々にしなくては…怪我をしてしまいますわよ? 」
そう言い、その人物はこちらを見下ろしてくる。

まさか…!

金糸雀は戦慄した。

まさか…ついに薔薇水晶とかいう悪魔は『擬態』を解いて……本気を出してきたのでは!?
  

よく見れば…
目に付けた薔薇の位置がさっきと逆なのが本気の証拠。
髪の毛もさっきよりふわふわしてて……あふれ出る威圧感に揺れてるように見える。
そして、ぶつかった時に感じたフトモモの弾力……恐ろしい魔力が秘められてると容易に想像できる……

殺意の波動に目覚めた薔薇水晶(仮)は、しばらく微笑んでいたかと思うと……
不意に鞄から何かを取り出した!

ヤられる!!

金糸雀の本能が悲鳴を上げる。
きっと鞄から取り出したのは、一瞬で人間をバラバラにするような悪魔の道具に違いない!

「キャーーーーー!!命だけはお助けをーーーかーーしらーーー!!!! 」
地面をゴロゴロ転がりながら、金糸雀は悲鳴を上げ……
そのまま転がりながら、逃げ出した……

◇ ◇ ◇

「……あら? 」
ハンカチを鞄から取り出した雪華綺晶は…変な叫びを上げながら逃げ出した女の子に呆然としていた。

と…
「……もう…大丈夫……? 」
恐る恐る、といった感じで、薔薇水晶が背後からヒョッコリ出てくる。

「ええ。ばらしーちゃんが言ってた、変な女の子…でしたっけ?
 何だか急いでいるらしく…どこかに行ってしまわれましたわ 」
  

それを聞いて、薔薇水晶は安心したように胸を撫で下ろす。
雪華綺晶も、そんな友人の仕草に、ちょっとだけ微笑む。

「……最近の子供………元気だね…… 」
「あら。でも、私の知る限りでは、ばらしーちゃんが子供の時の方が…――― 」

二人でお話をしながら、テクテクと帰宅。
ちびっ子の悪戯に巻き込まれたせいもあり…ちょっとだけ、懐かしい話にも華が咲いた。

◇ ◇ ◇


そして……


泥だらけ。まさに九死に一生といった感じで帰って来た金糸雀は…

服を着替えるとすぐに、頭から布団をかぶってガタガタ震えていたとか、いなかったとか…… 






   

|