※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


その日、翠星石は異変を感じて目を覚ました。

「はて?…何か…変ですぅ…… 」
緊張した面持ちで呟く。
物音を立てぬよう、静かにベッドから身を起こし、窓辺へ向かい…
そして暫くそこにたたずみ、耳を澄ましてみた。

……外から聞こえてくる音は、いつもと同じように感じるが…でも、何かが足りない。

カーテンを開き、外を眺めてみる。
いつもと同じ、見慣れた景色が広がっているだけだった。

翠星石は何か引っかかるものを感じながらも、二度寝でもするかとベッドに戻ろうとして……そして、気が付いた。

机の上に山積みにされた夏休みの宿題。
慌てて窓の外を見る。
足りなかったのは…違和感の正体は……聞こえなくなった蝉の声。
再び、机の上に視線を向ける。
新品同様、綺麗なままの夏休みの宿題。
カレンダーを確認する。八月の下旬。

翠星石はガクガク震え…その場にペタンと尻餅をついた。

「な…夏休みが……翠星石の夏休みが…終わっちまうですぅ…… 」 




◆ ◇ ◆ ◇ ◆  この町大好き! ☆ 増刊号16 ☆  ◆ ◇ ◆ ◇ ◆




「……おかしいな…そろそろ起きてくる時間なんだけど… 」
蒼星石は昼過ぎになっても起きてこない翠星石の様子を心配して、彼女の部屋まで様子を見に来ていた。

「…翠星石、もうお昼過ぎだよ?……翠星石?…入るよ? 」
どれだけノックをしても、呼びかけても、部屋の中からは反応が無い。
不審に思いながら蒼星石が部屋の扉を開けると……

むわっ、と翠星石の部屋から熱風が吹いてきた。

見ると翠星石は、部屋の真ん中に季節外れなヒーターを置いて…
その前でニコニコしながら正座してる。

「いやー、暑いですねぇ。まさに夏真っ盛り!といった感じですぅ 」
虚ろな視線で汗をダラダラと流し、ヒーターと会話してる翠星石。
「いけない!!姉さん!目を覚ますんだ!! 」
蒼星石は叫びながら翠星石の頬を思いっきり叩いた。

「今は八月下旬だよ!?気をしっかり持って! 」
蒼星石はすっかりラリった翠星石をパンパン叩く。
「う…嘘ですぅ……だって…こんなに暑いんですよ…? 」
半笑いで虚空を見つめながら、翠星石はされるがままにカクカク揺れていた…。

◇ ◇ ◇

「うぅ……本当は…翠星石だって気付いていたですぅ……でも…信じたくなかったですよ……
 夏が…終わっちまうなんて…… 」
やっと正気に戻った翠星石は、涙を流しながら説明を始めた。 

「うん。…辛かったね…… 」
蒼星石はその背中を撫でながら、優しく声をかける。
いつまでも、どこまでも、姉には甘い蒼星石。
そして…
そんな妹に背中をさすられる翠星石の目が、人知れずギラリと光った。

「…でも……蒼星石が宿題を写させてくれるなら……特別に泣き止んでやっても…いいですよ…? 」
ニヤリと笑みを浮かべながらも、翠星石は涙声で喋る事も忘れてない。

「うん…うん……分かったから、もう泣かないで?……今、僕のノートを持ってくるからね…? 」
蒼星石はそう言い翠星石を一度ギュッと抱きしめてから、扉へと向かっていった。

その背中を上目遣いにチラッと確認して……翠星石は「大成功ですぅ!!」と言わんばかりに目をギラギラ輝かせる。

だが、蒼星石はドアノブに手をかけたまま不意に立ち止まると……
先ほどまでが嘘のように、冷めた目で翠星石へと振り返った。
「……って、そんなに簡単に騙せると思ったかい? 」
それから、綺麗な笑顔を作り、部屋の外へと出て行った。
「夏休みの宿題くらい、自分でしないとね 」
パタン。と扉が閉まる。

「………むきーーーーー!!姉妹を騙すなんざ、ヒドイ事しやがるですぅ!! 」
地面をダンダン踏みながら、翠星石が叫んだ。


◆ ◇ ◆ ◇ ◆


『夏休みの友』と銘打った宿題が、この世の中には存在する。
どう見ても『敵』なのに、堂々と『友』と名乗るその精神。
翠星石はその図々しさに気付いて以来、夏休みの宿題が嫌いだった。
気付く前からも嫌いだった。

そんな宿敵、夏休みの宿題。

一ページも開かれる事無く、今日まで机の上に陣取っていたそれを睨み付けながら……
「さて……これだけあると…何から始めたらいいか見当もつかねーですぅ… 」
シャーペンをクルクル指先で回していた。

クルクル回転させる内に…シャーペンはバランスを崩して机にポトリ。
翠星石は暫く、机に落ちたペンを見つめ…
それから拾い上げ、またしてもクルクル回転させる。

落っこちる。拾う。ペンを回す。落ちる。拾う。

◇ ◇ ◇

突き放すような事を言ったものの…
やっぱり蒼星石は、翠星石の事が心配だった。

ばれないように、そっとドアの隙間から翠星石の様子を見てみると……
今まで見た事無い位、集中しながら机に向かっている。
「……やっぱり……翠星石は、やれば出来る子なんだよ… 」
ちょっとだけ熱くなってきた目頭を押さえ、頑張る姉に激励をと、差し入れのお茶とお菓子を取りにリビングへと向かった。

◇ ◇ ◇

「ふぃ~…集中したから疲れたですぅ… 」
ペン回しにも飽きて、椅子の上で翠星石が大きく伸びをしていると…
「…翠星石?入るよ? 」
ノックの音と蒼星石の声が聞こえてきた。

振り返ると、蒼星石がニコニコしながらお茶とお菓子を持ってきてくれてる。
「あんまり頑張りすぎてもどうかと思うし、一緒にお茶でもどうかな? 」
「おお!流石は蒼星石!気が利くじゃねーですか! 」
ピョンと椅子から飛び降りると、翠星石も誘われるがままにテーブルに着いた。

翠星石の部屋に置かれた、背の低いテーブルにお茶とお菓子を並べ、クッションに座りながら二人は向かい合う。

「どう?はかどってるかい? 」
「いやー、ちょっと頑張りすぎたせいで、指先が痛くなってきたですよ 」
「…あんまり無理したらダメだよ? 」
「大丈夫ですぅ!この程度でへこたれる翠星石ではないですよ! 」
「ふふ…それを聞いて安心したよ 」

かみ合ってはいるけど、どこか思惑のズレた会話。
そんな事には一切気付かず、蒼星石は「翠星石、頑張ってるなぁ」と嬉しそうにしていた。


◆ ◇ ◆ ◇ ◆


蒼星石が空になったお盆を持って部屋から出て行き…
おやつの時間も過ぎた事だしと、ようやく翠星石も心を入れ替え、夏休みの宿題に向かい合うようになった。

「とはいえ…いきなり数学なんて難しいのをしたら、知恵熱が出ちまうですぅ 」
そう言い、比較的簡単なものからやっていく事に。

ちなみに知恵熱とは、生後半年から一年ほどの乳児が起こす症状であり、この際は当てはまらない。

「国民の三大義務…ですか………確か…『自由・平等・博愛』ですぅ! 」
ブツブツ言いながら、問題集を攻略していく。すると……
『豪華客船・ダイナ号が大西洋上で沈没したのは、昭和何年の出来事か。またその事故により…』云々。
という問題を見つけた。

「確かこれは……マンガで見た事があるですぅ! 」
翠星石はマンガばっかり置かれている本棚へと向かうと、4巻と書かれた本のページをパラパラめくり始めた。

◇ ◇ ◇

「ふふ……翠星石のあんな表情…久しぶりだな… 」
蒼星石はちょっと微笑みながら、先ほど使ったコップを洗っていた。

いっつも変な事ばっかり考えていて、妹としては目が離せないけど…
でも今日は、翠星石の真面目な一面が見れて、ちょっとだけ安心できた。

食器を全て洗い終えてからも、蒼星石はリビングで一人、悦に浸り続けていた。
その頃姉は、ちょっと見るつもりだった漫画を広げながら、ベッドでゴロゴロしているなんて思いもせずに。

「……そうだ! 」
蒼星石は名案を思いついて立ち上がる。
頑張った翠星石の為に、今日の晩御飯は僕が作る事にしよう。

そうと決まれば、善は急げ。
蒼星石は財布を持つと、翠星石の邪魔にならないように扉越しに声をかけてから買い物に出かけた。

◇ ◇ ◇

「………ハッ!? 」
翠星石は寝転びながら漫画を読み……気が付けば西日が眩しい時間になっている事に気が付いた。

「こ…これは……そもそも、こんな目立つ所に置いてある本棚が悪いんですぅ! 」
誰に言うでもなく、言い訳を叫びながらジタバタする。

「こうなれば…夏休みの宿題攻略の第一歩、集中しやすい環境造りから始めるしかないですよ! 」
うんうん頷きながら、本棚をガシッ!っと掴むと……
「うぅぅぅぅ……うーごーきーやーがーれーですぅ!! 」
部屋の模様替えを始めた。

◇ ◇ ◇

スーパーの袋を両手に持ちながら、蒼星石は考えていた。

まだ一日だけとは言え、あれだけ頑張っていた大好きな姉。
ちょっと位なら…やっぱり手伝ってあげても……

そこまで考えて、蒼星石はブンブンと首を振った。
「はは…やっぱり僕は、翠星石を甘やかしすぎかな…? 」

でも、ちょっとだけなら甘やかしても…

矛盾した二つの考えの間で楽しそうに悩みながら、蒼星石は帰路へとついていた。
大好きな姉はその頃、部屋の模様替えを終えて満足そうに頷いているとは想像だにせずに…。

◇ ◇ ◇

「ふぅ~…完璧ですぅ! 」
すっかり配置の変わった部屋の中心に立ち、翠星石は会心の笑みを浮かべていた。

ふと時計を見ると、そろそろ晩御飯の時間。
今日のごはん当番は蒼星石だから、まあ良いとして……

翠星石は、相変わらず机の上に忌々しく陣取る宿題の山を睨みつけた。

「あとは…こいつらを何とかするだけですぅ… 」
そう言い、意を決して机に向かう。

そして…一枚の紙を取り出すと……
「とりあえず…明日からは7時に起きて……
 午前中に3時間、夜に2時間、宿題をして……おお!完璧な計画ですぅ!! 」
明日からの予定表を作り始めた。

そもそも、そんな予定通りに進める事が出来る人間は、こんな土壇場まで宿題を残さない。 

翠星石はその場限りの決意を胸に、机に張られたスケジュールを見ながら高らかに叫んだ。 


「明日から頑張るですぅ!! 」 





    
|