※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

薔薇水晶「闇鍋パーティー・・・・・イエーイ」
J&銀&雪「・・・・・・・・・」

薔薇水晶「皆・・・・・ノリ悪い・・・」

ジュン「いや・・・・だって・・・・なぁ?」
雪華綺晶「ば、薔薇しーちゃん・・・」
水銀燈「何をまた唐突に・・・・」
薔薇水晶「闇鍋・・・・テレビでやってた・・・・やりたい」
ジュン「うーん・・・・闇鍋ねぇ・・・・まあ、俺はいいけど」
雪華綺晶「私も・・・・楽しそうですし」
水銀燈「そうねぇ・・・たまにはいいかしらぁ」
薔薇水晶「決定・・・・今夜の晩御飯は闇鍋パーティー・・・・」
???「ちょっと待ったぁ!!」
水銀燈「どうしたの?蒼星石」
蒼星石「・・・・・・・・なんですぐに分かるんだい?」
雪華綺晶「いきなりごみ箱から出てくる人なんて蒼星石さんしかいません」
蒼星石「そ、そう・・・・と、兎に角!僕もそのパーティーに参加するよ!」
薔薇水晶「別にいい・・・・」
蒼星石「な!!ほ、ほら、鍋は沢山で囲んだほうが楽しいよ?ね?」
水銀燈「別に4人で十分よねぇ・・・」
ジュン「まああんまり多くてもな」
蒼星石「そ、そんな事言わないで、い、今なら松坂牛も付いてくるから!ね!?」
水銀燈「しょうがないわねぇ・・・”特別”に、入れてあげるわぁ」
蒼星石「く・・・あ、ありがとう・・・・」
水&薔&雪「ニヤニヤ」
蒼星石(く・・・・・僕は負け犬だぁ!!)

ジュン「それじゃあ・・・・各自材料を用意して7時に俺のうちな、姉ちゃんもいないから」
薔薇水晶「了解・・・・・」
雪華綺晶「いってきますね、ジュン君」
水銀燈「ちゃんと食べられるものよぉ」
蒼星石「分かってるよ・・・ジャン君!またね!」
ジュン「さて・・・俺も用意してくるか」

(略)

ジュン「よし、みんなそろったな・・・材料は?」
蒼星石「OKだよジュン君」
水銀燈「ちゃーんと持ってきたわぁ」
雪華綺晶「沢山持ってきました」
薔薇水晶「・・・・・バッチグー」
ジュン「・・・・・あんまり変なものを入れないように・・・よし、それじゃあ皆座って、もう鍋の用意はしてあるから」
木製のテーブルに大きいガスコンロ、その周りに座る五人
ジュン「それじゃあ電気を消すから・・・・皆材料入れて」
ジュンが明かりを消す
水銀燈「それじゃあ入れるわよ」
ボチャボチャボチャジャポンジャポン
ジュン「・・・最後なんか凄い音しなかったか?」
雪華綺晶「それでは入れますね」
ポチャポチャポチャガシャン
ジュン「金属音がしたような気がするんだが」

蒼星石「次は僕だね」
ポトポトポトポトポトポト
ジュン「小さい物が中心か」
薔薇水晶「ケチクサイ・・・・」
蒼星石「・・・・・・・」
ジュン「よし、入れるぞ」
ポチャポチャポチャポチャ
水銀燈「普通ねぇ」
ジュン「俺以外に普通なの入れた奴がいるかが問題だ」
薔薇水晶「・・・・・・・最後」
ポチャボチャギョプーンフォアアアアアポチャ
ジュン「・・・・・・・・・・・」
薔薇水晶「・・・・・完了」
蒼星石「それじゃあ煮込もうか」
ジュン(・・・・なんで誰も突っ込まないんだ?)

 _   ∩
( ゜∀゜)彡 煮込み!煮込み!
  ⊂彡
 _   ∩
( ゜∀゜)彡 煮込み!煮込み!
  ⊂彡

ジュン「よし・・・・もう十分火が通っただろう・・・・それじゃあ・・・」
水銀燈「順番はさっきジャンケンで決めたわねぇ」
雪華綺晶「順番は、銀ちゃん、薔薇しーちゃん、ジュン君、私、蒼星石さん、ですね?」
蒼星石「そうだね」

水銀燈「それじゃあいくわよ・・・闇鍋のエースと呼ばれた私の実力見せてあげるわぁ」
ジュン「いつ呼ばれたんだ?」
水銀燈「・・・・・これよ!・・・・・いただきます」





水銀燈「これはシャーペンの芯ね」




ジュン「 ち ょ っ と 待 て 」
水銀燈「ありえない話だけど本当よ」
ジュン「誰だ入れたの!?」
薔薇水晶「・・・・私」
ジュン「お前か」
薔薇水晶「・・・・ドンマイ」
水銀燈「・・・震える手が止まらないわぁ・・・」
雪華綺晶「だ、大丈夫ですか・・・?」
蒼星石「つ、次は薔薇水晶だね」
薔薇水晶「・・・・・OK」

薔薇水晶「・・・・・・・・これ」
水銀燈「戻しちゃだめよぉ、箸をつけたものは必ず一口は食べるのがルールよぉ」
薔薇水晶「はむ・・・・・・松坂牛ウマー」
蒼星石「それは僕が入れたお肉だね」
ジュン「運がいいな、薔薇水晶」
薔薇水晶「・・・・・・・普段の行いのおかげ・・・」
水銀燈「く、なんで私がシャーペンの芯を・・・」
蒼星石「次はジュン君だね」
ジュン「く、緊張するな・・・」

雪華綺晶(薔薇しーちゃんの掛けてるアレ・・・なんだろう・・・・えっと・・・暗視ゴーグル・・・?なんだろう・・・暗視ゴーグルって・・・)

薔薇水晶「・・・・・・・・ウマー」

ジュン「よし、いくぞ・・・これだ・・・!・・・ガキ!!」


蒼星石「・・・・・ガキ?」
ジュン「・・・・・・これは・・・・ゼンマイのアヒルのおもちゃだね」
雪華綺晶「あ、それ私のです」
水銀燈「・・・・・・・・・」
蒼星石「・・・・・・・・・」
ジュン「・・・・・・・・・」
薔薇水晶「・・・・・・金属は・・・食べられないよ?」
雪華綺晶「あ、えっと・・・美味しいと思って・・・・」
J&蒼&銀「ねーよ」
雪華綺晶「ご、ごめんなさい・・・」

ジュン「ごほん・・・・・それじゃ、次は雪華綺晶だな」
雪華綺晶「はい、いただきます・・・・それでは、これを」
水銀燈「うふふ~どんなゲテモノかしらぁ~?」
雪華綺晶「う、うう・・・いただきます・・・はむ」
蒼星石「どうだい?」
雪華綺晶「これは・・・なにかのお肉でしょうか?」
ジュン「当たりか、良かったな」
水銀燈「ちぇ・・・なんで私ばっかり・・・」
蒼星石「なんのお肉?」
雪華綺晶「これは・・・・兎ですね」
薔薇水晶「・・・・・・・私の」
水銀燈「・・・・・・・・ね、ねえ雪華綺晶、その、お家に帰ったときラプラスいた?」
雪華綺晶「そうえいば居ませんでしたね・・・・どこに行ったのでしょうか・・・?」
薔薇水晶「ちょっと遠くに"逝く"って言ってたよ・・・・」
J&蒼&銀「・・・・・・・・・・・」

薔薇水晶「次は・・・・蒼星石」
蒼星石「僕だね・・・・・よし、いくよ!!」
水銀燈「うふふ~ゲテモノが来るわよぉ」
ジュン「どんな感じだ?」
蒼星石「なんか・・・・重くて・・・・結構大きいね」

雪華綺晶「なんでしょうか・・・・?」
蒼星石「よし・・・食べるよ・・・・・ぶはぁ!?」
ジュン「そ、蒼星石!?どうした!?」


蒼星石「これは・・・・・タワシ・・・だね・・・・」
水銀燈「うふふ、それ入れたの私よぉ」
蒼星石「く・・・図ったね、水銀燈」
水銀燈「更に言うとねぇ・・・・それ便所タワシ」


蒼星石「・・・・・・・・・・パタ」
ジュン「そ、蒼星石ぃぃぃぃいいい!!?」
薔薇水晶「・・・・・ダウン」
雪華綺晶「か、完全に意識がありません・・・・・」
水銀燈「うふふ・・・!私の勝ちよぉ!!」
ジュン「なんの勝負だ、なんの」
水銀燈「なんでもいいのよぉ、私は蒼星石に勝ったのよぉ、うふふ、さあ次ぎ行くわよ!!」
雪華綺晶「次は・・・一周したから・・・・また銀ちゃんですね」
水銀燈「さあ行くわよぉ!・・・・・・パク・・・・・・・バタ!」
ジュン「お、おい、何があった!!」

水銀燈「じ、自分で入れた便所スリッパ当たったわぁ・・・」
ジュン「 バ カ だ ろ 」

薔薇水晶「・・・・・・銀ちゃんも意識不明」
ジュン「これ以上は危険だな・・・・電気つけるぞ」

ジュン「・・・・・・なにこのカオス」
薔薇水晶「ジュン・・・・・私たちがいるんだから・・・・まともな鍋を期待しちゃだめ」
ジュン「いや、最初から期待はしてない、しないけどこの・・・」
雪華綺晶「こ、この・・・・スライム・・・・見たいなのは・・・・ちょっと・・・・」
ジュン「ていうかどんな生物だよ・・・これ・・・・」
薔薇水晶「・・・・・ちょっと・・・余ってたから」
J&雪(何が余ってたんだろう・・・・)
ジュン「と、兎に角・・・・これでお開きだな・・・・ちょっと物足りないけど」
雪華綺晶「あ、それなら何か作りましょうか?」
ジュン「いいのか?頼むよ」
薔薇水晶「私も・・・・手伝う」
雪華綺晶「それじゃあなに作りましょうか・・・・ジュン君、冷蔵庫みていいですか?」
ジュン「ああ、今日買い足したばっかりだから結構あると思うぞ」
雪華綺晶「えっと・・・・これなら・・・・炒め物と・・・・」
薔薇水晶「・・・・私お味噌汁作るね」
ジュン「二人の手料理か、楽しみだな」
雪華綺晶「お料理は得意ですから、期待しててくださいね」
薔薇水晶「・・・・・これでジュンも私にぞっこん」
ジュン「ねーよ」
J&薔&雪「あははうふふ」


水銀燈「うああ・・・・スリッパが・・・スリッパが・・・」
蒼星石「く、次こそはジュン君を僕のものに・・・・うぅ!?た、たわしの後味が・・・・うええ・・・・」
終れ

|