※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
  こんな夢を見た。
 
 
夏目漱石の小説みたいな台詞を枕に、黒髪の娘は、まじめな顔で語りだした。
その声が向けられた先には、カフェのテーブルを挟んで座る少年が、ひとり。
 
「決して夜が明けない世界。わたしは闇の中を独り、走り続けているわ」
「ただ走ってるだけ?」
 
ふるふる。彼女――柏葉巴は、青ざめた顔を、力なく横に振った。
少年、桜田ジュンの表情も、それを受けて曇る。
けれど、彼から訊ねようとはせず、巴が続けるのを辛抱づよく待っていた。
 
「わたしは巫女服を着て、二振りの刀を携えているのよ。いわゆる二刀流ね」
「……なんか、物騒な夢だな」
 
刀を持って走り回るだなんて、通り魔とか辻斬りみたいじゃないか。
そんなジュンの軽口に、巴は愛想笑うどころか、困惑が綯い交ぜになった顔をした。
仕切りなおしとばかりに、メロンソーダをストローで吸い上げるも、表情は変わらず。
 
「だけど、必要なの。襲撃者を、撃退するためにはね」
「襲撃者……って、暗い夜道に、痴漢とかストーカーが潜んでるのか」
「ええ。それらより、もっと質が悪い相手が、ね」
 
バカらしくて、話すのは気が引けるんだけど――
巴は、そう口ごもりつつも、縋るような眼差しをジュンに注いでいた。
 
 
「その相手って言うのはね…………ゾンビなの」
 
 
 
 
「なんだよ、それ。ゲームのやりすぎで、そんな夢を見るんじゃないか?」
 
事実、ジュンは数日前に、巴と似た内容のゲームしたことを憶えていた。
彼女もかなり熱中していたし、愉しかった記憶が、夢に甦っているのではないか?
そういうことは、ままある。
 
真意を探るべく、ジュンは巴の目を、まっすぐに見つめるけれど――
彼女の瞳は、泳いだり、焦点が定まらなくなったりせずに、彼を見つめ返してくる。
およそ、嘘を吐いたり、からかっている風ではなかった。
 
「ゾンビは群をなして襲ってくるわ。それこそ、休む間もないほどにね。
 わたしは、バッサバッサと斬って、斬りまくって……」
「……で、目を醒ますと、クッタクタに疲れてるワケか」
「そうなの。ここ最近、ずっと同じ夢ばかりで、眠った気がしなくて。
 だから、こうして桜田くんに相談してるんだけど」
 
言って、巴は口元を手で覆うと、大欠伸をした。
ファンデーションで隠しているが、眼の下には、うっすらと隈が透けて見える。
 
「何日ぐらい、そんな状態が続いてるんだよ」
「えぇと……もう3日くらい連続で」
「なるほど。それは妄想の為せる技だな。間違いない」
「やっぱり、専門のカウンセリングとか、受けてみるべきなのかな」
 
不眠症は、れっきとした病気だ。
しかし、今回のケースは、少し違うのではないか。ジュンは、そう答えた。
 
「柏葉ってさ、けっこう、ストレスを溜め込んじゃうタイプだろ、性格的に。
 そういう鬱憤を、夢の中で晴らしてたりするんじゃないか?」
「そう、なのかしら」
「断言は、できないけどね。ただ、それだけ繰り返し見るってコトはさ、
 柏葉自身にも、少なからず欲求があるんじゃないのかって、思ったんだよ」
「わたしが……その夢を見たがってる、と?」
 
釈然としない様子の巴に、ジュンが問いかける。
 
「じゃあ訊くけど、夢の中でゾンビを斬りまくるのは、どうだった?」
「どうって?」
「ナニを感じたかって意味だよ。爽快感とかさ」
「それは――」
 
胸に手を当てて、考え込むこと、暫し。
巴は、ジュンの前でしか見せない照れ笑いを、満面に貼りつかせた。
 
「気持ちよかった……と思う。てへっ♪」
「てへっ♪ じゃないだろ」
 
と応じながらも、ジュンは自らの見立てが、それほど的外れではなさそうだと感じた。
普段はおとなしい巴も……いや、おとなしいからこそ、不満を溜め込んでしまい、
暴力的な衝動を、破裂しそうなほど蓄積させてしまっているのだろう。
 
フラストレーションを発散する術には、人それぞれのやり方がある。
剣道に長けた彼女は、身に染みついた経験から、ゾンビ相手に●●無双な世界を夢想した――
そんなところだろうか。夢とは願望の充足だから。
 
「柏葉は欲求不満なんだと思う。早速、僕の家に行って、治療にはいろうか。
 リアルにブチ切れて暴れだす前に、ちゃんとガス抜きしなきゃ」
「え? 治療って、どんな?」
「まず、服を脱ぎます」
「…………びっくりするほどユートピア?」
「よく分かったな」 
「ごめんなさい、わたし急用を思い出した」
「わー! 待て待て! 冗談だよ、冗談」
 
腰を浮かせかけた巴を宥めて、ジュンは表情を引き締めた。
 
「とりあえず、また僕の家でゲームでもしながら遊ぼうってことだよ」
「そんな簡単な方法で、不眠が治るのかしら?」
「さあ? 専門家じゃないから、そこは、なんとも――」
「……まあ。モノは試し、よね」
 
巴は、そそくさと席を立つ。「行きましょ、桜田くん」
「ああ、そうだな」と、ジュンも伝票を手に、カフェのレジへと向かった。
 
 
  ~  ~  ~
 
 
その後。
 
「散れっ! あ、このド腐れがっ! ブッタ斬るわよ!」
「落ち着け、柏葉。チカラ入りすぎ! 人変わりすぎだって!
 コントローラーがギシギシいってるぞ」
 
睡眠不足もあってか鼻息を荒くしながらゲームに興する巴に、ジュンはガクブル状態だった。
 
 
ちなみに、そのゲームの名は、『お姉チャンバラ』である。
 
 
  ~  ~  ~
 
 
さらに、その翌日。
2人の、電話での会話。
 
「どうだった、柏葉。眠れたのか?」
 
受話器の向こうで、巴が、欠伸をかみ殺した気配。それが答えだった。
 
「ダメだったのか」
『でも、効果はあるような……そんな気がするの。だから――』
「うん?」
『今日も、治療につきあってもらっても……いい?』
「……うん。待ってる」
 
その後、夏休みの間中ずっと、2人は治療と称して一緒に遊んだそうな。
 
 
  〆

|