※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新番組
『乙女戦隊!薔薇レンジャー!!!』
                       放送時間:作者の気分次第

Phase1 薔薇乙女

突然、窓ガラスを突き破ってきた鞄五つ
無理やり契約させられ、右手の指には全て指輪がついている

そう僕の受難の日々は、あの日から始まった…


--------------------------------------------------------------
真「RM変身!乙女レッド!!!」
蒼「乙女ブルー!!!」
金「乙女イエロー!!!」
翠「乙女グリーン!!!」
雛「乙女ピンク!!!」

光り輝く五人の身体
五色の光が交じり合う
光のもとには、ゴスロリ衣装をまとった乙女達

真「悪を滅ぼす、正義の乙女!」

真・蒼・金・翠・雛「「「「「乙女戦隊!薔薇レンジャー!!!!!!」」」」」

ババーン!という効果音とともに、五人が決めポーズをとる
よくわからないが、とにかく決まってる

銀「なっ、五人がかりなんて卑怯よぉ!やりなさい!殺人ピエロ!」
ピ「うがぁあああっ!」

銀色の髪に黒い羽、ゴスロリ衣装をまとった乙女が、殺人ピエロに命令する
それに合せて、殺人ピエロが襲ってくる


ジ「ひゃぁっ!化け物ぉ!!」
真「下がってなさい、ジュン。主人である私達が貴方を守るのだわ」
雛「そうなの!ジュンは雛が守るの!」

そう言うと彼女達は殺人ピエロに攻撃を仕掛ける
五対一、という物理的ハンデに任せて乙女達は勝利を収めた
畑から見たらリンチだ

真「うがうがうるさい魔物ね、お仕置きが必要だわ」
蒼「あー、この手の形変じゃない?僕が切ってあげるよ。」
翠「つまんね―顔です。落書きしてやるデすよ、雛苺!」
雛「うーい!」
金「あ、カナもやるかしら!」

滅茶苦茶にされたピエロご少し可愛そうにも思えた
四肢は無残にも切り刻まれ、顔は落書きだらけ…

銀「くっ、薔薇水晶!あの薬を打ちなさい!」
薔「…わかった。キラキー、あれよ、あれを持ってくるのよ」
雪「…わかった。薔薇しぃ、あれよ、あれを持ってくるのよ」
薔「…わかった。キラキー、あれよ、あれを持ってくるのよ」
雪「…わか(ry」
銀「…orz、いいわぁ自分でやるから。えいっと」


水銀燈が何か瓶状のものを投げる
その瓶は殺人ピエロの上で割れた
すると…

ピ「うがぁぁぁぁぁあああああ!」

そこには巨大化したピエロ
さっきの1,5倍はある

ジ「ウワッ!巨大化したぁ!!」
真「落ち着きなさい、私たちには精霊がいるのだわ。通信兵、精霊を呼びなさい!」
雛「わかったの!のり~、精励をおくってなの~」

雛苺が腕につけた機械に呼びかける
ん?のり?僕の姉ちゃんじゃないか!

の『わかったわ!今送った!』

何がわかっただ!姉ちゃんがこんなことしてるなんて聞いてないぞ!

ゴォオオオオオオオオオオオオオオッ!

突如背後から空気を切り裂く音
慌てて振り向くと、五色に輝く小さな光たちが
あれが精霊だろうか?


真「来たのだわ」
蒼「それじゃ、さっそく合体よ!」
翠「精霊合体ですぅ!!!」

翠星石がそう叫ぶと、精霊がくるくると回りだす
カッ!
突然激しく光ったと思ったら、精霊が巨大なロボットへと変わっていた

ジ「あれ?真紅たちは?」
真「ここよ」

はるか高いところから声が聞こえる

真「このロボット、『乙女ちゃん』にのってるのだわ」

『乙女ちゃん』
なんてネーミングセンスだ…、言葉が出ない
それに…、なんてでかさだ…
1,5倍になった殺人ピエロの、ゆうに10倍はある

ジ「あ、あのさ?でかすぎないか?その『乙女ちゃん』ってやつ…」
金「なに言ってるのかしら、ジュン!楽してズルして楽勝かしら~」
ジ「…」


またも始まる戦い
そして、またも物理的ハンデに任せて勝利する乙女達
それはまるで、ライオンがねずみを食い殺すかのような…

翠「い~ひっひっ、踏み潰してやるですよ、子のチビチビ!」
雛「ぷちっ!ぷちっ!ぷ~ちっ!なの~♪」
真「王者とはこうあるべきものなのだわ!」
蒼「たのしいな~、これ」
金「卵焼きおいしいかしら~♪」

ああ、やっぱり可哀想だだ…
魔物だったそれは、いまや紙となっていた
10倍の大きさの乙女ちゃんに踏み潰されたのだ、これは堪らない

かくして、完全勝利を収めた薔薇乙女
始まった時と同じ様にならび…

真「悪がこの世にある限り!」
蒼「乙女は走る!」
金「地の果てまでも!」
翠「年増と電波双子には負けないですよ!」
雛「我らは乙女、薔薇乙女!!!」

真・蒼・金・翠・雛「「「「「乙女戦隊!薔薇レンジャー!!!!!!」」」」」

ババーン!という効果音とともに、五人が決めポーズをとる
よくわからないが、とにかく決まってる
始まりも、閉めも、同じポーズだ

銀「お、覚えてなさい!次は今日みたいにいかないんだからぁ」
薔「…負けちゃったね、キラキー怒ってる?」
雪「…切れてないっすよ!うん」

ははっ、とんでもなく疲れた
彼女達は僕の力を使って変身しているらしい
変身後の衣装は、ミーディアムの潜在的な欲求だと言う…
なるほど、ぼくはロリコンらしい
しかも、ゴシック…

真「今日も疲れたのだわ。紅茶をいれなさい、ジュン」

でも、悪くないかも、この生活
五人ともうるさいけど、可愛いし…


Phase1 薔薇乙女 完

|