※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「VCは客人に茶のひとつも出せないのかしら?」
「いつからここは喫茶店になったんだ? 茶が飲みたいのならお前の巣に帰れ」
「ほれ、ジュン。さっさと課長にこいつらのこと説明してくるですよ」
「ココハドコ ボクハダレ」
「ねぇ、照明キツすぎなぁい?」
「・・・うーん。やっぱり国営だけあって豪華だなぁ」
「・・・スー、うにゅーがやまのよーにあるのよー」
「貧乏な民間組織と比べるのはアレなのでは」
「お茶が入りました」
「え? 私の分は? 私が頼んだはずなのに」
「淹れて参ります」
「ダージリンがいいわ」
「かしこまりました」

chaos
1 無秩序,大混乱 《★【類語】 ⇒→confusion》.→
2 [通例 C] (天地創造以前の)混沌(こんとん) (→cosmos).
ギリシャ語「深い淵(ふち)」の意;  chaotic

~新英和中辞典 第6版 (研究社)より~

狭い応接間に、えーと・・・いち、に、さん、し・・・私も含め8人がこの部屋に詰め込まれている。
私、水銀燈。
読心術を使う『神の為す殺戮(マエストロ)』、ジュン。
停止の魔法と対人外の結界を弄ぶ少女、翠星石。
活殺自在の奇剣と不幸体質の持ち主、蒼星石。
心に白薔薇を飼う幼い子供、雛苺。
異国の剣、異国の技術を操る異国の者、柏葉。
そして今のところ正体不明のチビ女、真紅。
そして更に正体不明のメイド(?)、薔薇水晶。
ぶっちゃけた話、私にとってはこの部屋、正体不明ばっかりの異空間である。
半吸血鬼の分際で言えたことではないのだけれど。

「そいじゃあ、翠星石と蒼星石でこいつの話を聞いといて。僕はこいつら連れて課長のところまで行ってくるわ」
「ワカッタヨ」
「・・・さっきので変なところ打っちゃったんだな。可哀想に」
「グリーンダヨ」
「もういいよわかったよそれはむしろ翠星石だろ」
姉が医者でよかったね、蒼星石。
「ジュン、できるだけ早く帰ってきなさい」
これは真紅の弁である。あんたは黙ってなさいよ。

「水銀燈」
ジュンが話しかけてくる。
「真紅が気に入らないか」
応接間から課長の部屋へ続く廊下をあるく途中。
「ええ。ちっちゃいくせに偉そうで腹が立つわ」
ジュンが苦笑する。
「実際のところ、あいつは偉いよ。あいつが所属しているのは、
 吸血鬼とか、人外が起こした犯罪に対処する『対人外機動隊』。そしてあいつは機動隊長。
 本部に戻ればあいつにも上司はいるが、現場だとあいつがトップだ」
「え・・・」
私は絶句する。きっと目もものすごい見開かれているに違いない。
「じゃ・・・じゃあ、もしかして・・・あいつの方がジュンより偉かったり・・・するの?」
「まぁ、あいつの方が高給取りではあるね」
後ろで柏葉が小さく笑う。
「そんなこと言っちゃって。水銀燈。いいこと教えてあげる。あの子はもともと桜田君の部下でね。
 彼女は桜田君がVCに移ったからその後釜に座っているのよ」
「へぇ」
ん?
つまりもともとジュンがその『対人外云々』の現場のボスをやってたってこと?
「んまぁ、な」
ジュンが私の心へと、思考へと踏み込む。
「それじゃあ、ジュンがやたら強いのは、その『対人うんたらかんたら』にいたからなのかしら?」
ジュンは返事をしない。
「・・・それはまた別の話だよ」
ジュンは一言、そう零した。
何となく、話しづらい雰囲気。
そしていつの間にやら、私たちは課長室にたどり着いていた。
「課長は、まぁ、変わり者だから。あんまり言ってること、真に受けないようにな」
ジュンはそういって、課長室の部屋を開いた。

「やぁやぁやぁやぁ! 桜田君! よく生きて帰ってきてくれたね!
 それもこんなにべっぴんさんを連れて! この色男め! そのモテパワーをちょっとだけでも分けて欲しいねぇ!」
私たちが部屋に入ったとたん、金髪の男が挨拶もなしにまくし立てる。
それをジュンは軽くあしらう。
「からかわないで下さいよ。それに槐課長には薔薇水晶たちがいるでしょうに」
「そうだねぇ。ふふふ、可愛だろうウチの薔薇水晶は。一体どう?」
金髪の男性はふぅ、と溜息をつく。
「かまいませんよ。メイドが必要になるような場所には住んではいませんから。
 あ、でも、あとで一体だけ、できればオーダーメイドで欲しいんですが」
男性は下品に笑う。
「ふふふ、桜田君。何に使うんだね。おじさんに言ってご覧」
「あー、ご心配なく。課長が思っているようなことにゃあ使いませんから」
ジュンはまともに相手にしない。
そう言われるなり、男は微笑んだ。
「まぁいい。その話はまた後で聞こう。
 で、この銀髪の子が水銀燈君、ほくろの子が柏葉君、そっちの小さいのが雛苺ちゃん。
 そして・・・雪華綺晶だね。薔薇水晶が一体欲しいというのは、ふむ。そういうわけか」
「察しが早くて助かります、課長」
男は、私たち『部外者』に微笑みかける。
「ようこそ、我らが砦に。私は対人外統合組織、VC部の課長をしている、槐という者だ。よろしく」
眠りこけている雛苺、雪華綺晶以外、つまり私と柏葉はよそよそしく挨拶をする。
槐、と名のった男は私と向き合う。
蒼い瞳からは、先ほどとはうって変わって、深い知性が伺える。
・・・道化、か。
そしてそれが私を見据える。威圧を受ける。

「水銀燈君、君はこの桜田君から私に、『部下にしたい』という手紙を貰っている。
 私としては、別にどうだって構わない。
 一つ付け加えるなら、仕事をする手が増える事は、歓迎こそすれ忌避されるものではないと思っている。
 まぁゴタゴタと言ってしまったがね、要は君の意思次第ってことだよ」
槐氏は、そこで一呼吸置く。
「ここでVCとして働くか、やっぱりやめておくか」
鋭い槐氏の眼差しが、ふっと、緩む。
そして、自由にしてくれ、と呟いた。
・・・ッフ
愚問。
何を今更聞いているのだろうか。
私は家を失った。確かに家は、父親との思い出が詰まった、私の父殺しの罪が充満した、私の財産だった。
けれどそれと同時に私は友を得た。
私は今、現在進行形で思い出を作っている。友を知り、仲間を知り、同胞を知った。
私の未来は今、作られているのだ。今。

進む事に。
どうして疑問など持つことがあるのだろう。
進むことしか出来ない私は。
振り返れない私は。
立ち止まることはできない。

隣でジュンが噴き出した。
私はびっくりする。
そうか。
この人は、心が読めるんだった。
今の思考も全部読まれていたと考えると、泣ける。
まぁいい。
とりあえず言っておこう。
「勿論です。是非、ここで働かせてください」
きっと私は。
満面の笑みをたたえて。
そう言っていた事だろう。
ジュンも、私の新しい上司、『槐課長』も微笑んでいた。
一方。左斜め後ろのほくろは、無表情だった。

「それじゃあ、お前は戻っていてくれ。後は柏葉の話があるから」
ジュンはそういって、私を部屋から締め出した。
勢いよく、さっき自分が出て行ったばかりのドアが閉まる。
あまりいい気分はしないものね。
ここにくるまでは緊張していて、よく周りを見れていなかったが、
うん、なかなかに凝った装飾だわね。燭台や、カーペットも、よく掃除されている。
薔薇水晶。
やはり『あれ』が、ここの雑務を執り行っているのだろうか。
私はこの施設に入ってから、3回、『あれ』を見た。
1,2回目は廊下ですれ違った際に、3回目は私たちに飲み物を運んできたときに。
3回目は、正直どうでもいい。
問題は1,2回目である。
一直線の廊下。
そこで、『同じ方向から来る』彼女を、2回見たのだ。
あんな芸当、カラクリ屋敷か、双子(以上)かなんかでないと、説明できない。
催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ 断じてない。
もっと恐ろしいものの 片鱗を味わった気分だった。
そして先ほどのジュンと、槐課長の二人の会話を思い出す。

『そうだねぇ。ふふふ、可愛いと思うだろうウチの薔薇水晶は。一体どう?』

『かまいませんよ。メイドが必要になるような場所には住んではいませんから。
 あ、でも、あとで一体だけ、できれば特注で欲しいんですが』

・・・一体?
彼らは、やはり『あれ』を人として数えてはいなかった。
ならばあれは。あれは。あれは一体。
「何なのかしらぁ、『薔薇水晶』って」
私は物思いに耽っていて、気がつかなかった。
私の眼前に迫っていた影に。
噂をすれば、影が立つ。
「ひぃっっっ!!」
「私のこと ききたい?」
眼帯、紫がかった髪の毛。メイド服。
予想通り、抑揚のまったくない、合成音声のような声。
薔薇水晶がそこにいた。
そしてまるで笑おうとしているかのように、口元を歪めた。


第二十夜ニ続ク


不定期連載蛇足な補足コーナー「男たちの挽歌」

ジ「よーやく! 二人目の男性キャラです」
槐「フヒヒwwwwサーセンwwwwwwww」
ジ「このSSの槐課長は、たぶんこんな感じになると思います」
槐「酷い言いようだね桜田君。君はいつのまにそんなに偉くなったのかな」
ジ「やだなぁ課長。ちょっとからかっただけですよ。真に受けるなんて、大人気ない」
槐「あそう? そーだったのね。ゴメンネー。全く出番なかったもんでさー」
ジ「たぶんここの(トビセカの)槐さん、このスレの槐さんの中でも一番ジャンクに近いと思います」
槐「それでも仕事はちゃんとするがね」
ジ「はい、そこはいいところだと思いますよ」
槐「実は実戦だって行けるのだ。『人形遣い(ドールマスター)』と呼ばれてブイブイ言わしてたあの頃・・・。
  今となってはもう全て過去のこと・・・。今は事務職と薔薇水晶こそが恋人さ」
ジ「薔薇水晶は娘でしょう。それと、機会があったら、活躍させられると思いますよ」
槐「ゑー。正直働きたくねーよ私は」
ジ「逃げちゃダメだ」
槐「気持ち悪い」
ジ「あなたが言うか」


|