※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

NE

第六話

「Dune」





この星に生きる限り、重力からは逃れることなどできない。
少しずつ離れていく空を見上げ、鳥の群れが浮かんでいるのを見た。
ただ浮かんでいるのではなさそうだ。何かから逃れるように。
黒い、それらより大きな鳥。あぁ、カラス。捕食者がいるんだ。
しかし、数が多すぎて餌をどれにするか絞り切れていないのか。
まだ、満足出来ていなさそうだ。
食われれば死ぬ。食わなければ死ぬ。結局どちらも同じこと。

視界は映す風景をずらしてゆく。残念、もう少し見ていたかったのに。
曇り空。
下界に空、上界に地面。
アスファルト舗装された地面。
私がさっきまで登っていた住居棟。
三階ベランダの落下防止用の柵が見え、私は手を伸ばす。
その手はベランダ下部の突き出しを掴んだ。
体はそこを中心に回転する。
私の体の重心が二階ベランダの柵を越える瞬間、掴んでいた指の力を抜く。
当然、指はそこから離れ、また私の体は重力に縛られることとなる。
しかし、回転のモーメントが失われたわけではなく、体は描いていた円の接線に垂直に射出される。
背筋に力を入れ、体を少し弓なりに反らす。
ベランダに着地し、勢い余ってガラスを蹴り、割ってしまった。
前を見ればカーテンが開いていた。
住人が呆然とこちらを見ている。当り前だろう。
いきなり女が空から降ってきて、あまつさえ窓ガラスを割ってしまったのだから。
部屋の中は、きちんと片づけられていて、彼らの性格を表しているようだった。
白に統一された、清潔感溢れる部屋。物は多いでも少ないでもなく、適当な感じがした。
誰が選んだのか、妻のか夫のかは分からないが、センスが良かった。今度、参考にしてみよう。
私はすぐに体を翻らせ、手すりに登った。
隣の家屋の屋根に飛び移ろうと、足に力を込める。
足の筋肉が収縮と伸長を、跳ぶために行う。
その瞬間、目眩がした。

世界が、私以外の”人”を置いてゆき、音を忘れる。
クソ、こんな時に。揺れる視界の中、私の足は着地したと、振動を脳へと伝える。
だが、体の軸はぶれ、転がってしまう。
立とうと前を見る。目の前にはあの記者がいた。
私を見ずに、さっきの屋上を睨んでいる。
「そこから一歩右に」と言った。
私はその通りに動く。さっきまでいた所で屋根の破片が飛び散る。
この“世界”では物質的な影響は反映されるらしい。
そのまま、私は前へと駆ける。
一歩、二歩、三歩。
五歩目で踏み切る。右足で跳び、胸を張り出す。
そして、手足、体のすべてをできる限り前方へと伸ばす。
あと一歩分でも前へ、より遠くへと。
体はエビぞりに、空を舞う。一瞬、そのままどこまでも飛んで行けそうな気がした。
だが、思い通りにはならず、放物線を描いてゆく。
何のぶれもなく、家屋の向こう側に着地し、また走り出す。
いまだに、私以外の“人”は帰ってこない。
だが、死者に導かれる。次は右、次は左、といった具合にだ。
襲撃者に背を向け、顔も分からないまま逃げてゆく。

10分ほど走り続けただろうか。もう追ってこれまい。撒いたはずだ。
そこでやっと立ち止まり、息を整える。2、3分ほど休憩した後に、フォンブースを探す。
うまい具合に、すぐに見つかった。
入る前にもう一度周りを確認する。誰もいないことがわかった後に、中に入り、硬貨を入れ、電話をかける。
白崎の所へだ。
3、4コールほどした後にガチャリ、と音をたて、相手が出たのを知らせる。

「はいもしもし、桃種商事有栖支店です」と目的の相手が出た。
「アリスよ。さっき襲撃を受けたわ」
受話器の向こう側で、緊張が走るのが伝わる。
「どこで? 」
「事務所の東、10分ぐらいのところ。完全に私を狙っていた」
そう、完全に狙われていたのだ。他の誰でもなく、私が。
「詳細を」

私はありのままに説明した。仕事終了ののち、移動中を襲われた。
大体の時間。おそらくどのあたりからつけられていたのか。敵は一人だったこと。
逃亡経路。負ったけがの程度。現在の状況。

「大体はわかった」
「何で私のことが知られたの?どこかで情報が漏れたんじゃないの? 」
一気にまくしたてる。今までこんなことがなかったのだ。色々不安になるのは仕方ない。
「調べておくよ。それと、今日は来ない方がいいな。ここの場所が知られても厄介だ。
 あと、これからしばらくは帰らない方がいいかもしれない。多分住所も割れていると思う。手頃なところでホテルを探しておいてくれ」
と、白崎は注意し、最後に、
「くれぐれも軽率な行動は控えてくれ」と残し、通話を終了させた。
正確には私がうんざりして切ったのだけど。


あの鳥たちはどうなったのだろうか。と思いつつ、時間を潰す方法を考えていた。
足を向けた先はファミリーレストラン。一人なのに、ファミリーもあるのかなんて思う。
いや、“一人”じゃなかった。目の前にはもう“一人”、男がいた。
この仕事を始めて、二人目の犠牲者だ。
「君は、自分を災害かなんかかと思っているのかい? 」
答える気はない。
「全く、よく逃げ切れたよね。かなり危なかったじゃないか」
この“世界”はシュールだ。“人”はいない。だが、本来ウエイトレスが持ってくるべきものは、ゆらゆらと空を漂い、運ばれてくる。
注文したストロベリーパフェを一口食べる。甘い。だが、まだ甘さが足りないんじゃないか。
「はぁ。君は糖分の摂りすぎだと思うよ。体に気をつけなくちゃ」
全く、こんな仕事をしている人間に対し、体を壊すな、だと?馬鹿げている。あまりに馬鹿げすぎている。
いつ命を落とすか分からないのに。なら、生きている間ぐらい好きにさせてもらってもいいじゃないか。
まぁ、代わりにこんな幻覚を見なくなるのなら、考えるところだが。
「それはないな。だって僕らは君の脳が作り出したもの。僕らを見させているのは君自身なんだから」
そんなこと、分かっている。
「僕らを見づにすむように出来る方法、教えてあげようか? 」
そんなもの、あるのだろうか。
「バン! 」
右手の人差指と親指は伸ばし、残りの三本は握る。そして、その人差し指をこめかみに突き付ける。
つまりはピストルだ。
その手を、撃ったかのように動かす。
単純明快。死ねばバイバイ。全てとバイバイ。そんな単純なこと。
「けど、これをしないってことは分かってるよ。だって僕らは君の一部なんだから」
だったらするな。見ているだけで不愉快になる。
「無駄なおしゃべりもそろそろウザいってか? 」
そういうことだ。分かるじゃないか。幻覚のくせに。
「じゃあ、そろそろバイバイ」
出来る事なら、そのままバイバイ・フォーエヴァー。
また目眩。そして、“人”と音が帰ってくる。
あふれるざわめき。ここはこんなにも騒がしいところだったのか。
残されたパフェをまた口に運びなおす。
やっぱり甘さが足りない。


その日はラブホテルに泊まることにした。
顔を見られることもない。その点では動きやすかったのだ。
一人にとってはあまりに大きすぎるベットに横たわり、今日のことをもう一度整理しなおす。
だが、考えれば考えるほど分からなくなり、今はどうしようもないことだった。


日は昇り、事務所へと向かう。この時ほど、周りに警戒をしたことはない。
事務所のある雑居ビルにつき、細い入口の階段を登ってゆく。
コンコン、と二回ノック。中から誰かと尋ねる声。
「アリスです」
入っていいと返された。
ノブを回し、部屋へと入る。
白崎はパソコンに向かい、何かを調べているようだ。
ここのパソコンは機種としては新しいらしく、インターネットにも繋がっているらしい。
インターネットについての知識は持っているが、いまだ活用されたことはない。
そもそも、繋がっているものがまだまだ少ない、普及はあまりしていないのだ。

「襲撃したのが誰か分かったの? 」
開口一番、これを問うた。
「いや、まだまだ分からない。もしかすると、民間のかもしれない」
民間…。そうだとするとやっかいだな…。
調べにくすぎる。簡単に見つかるものではない。
私たち以上に水面下で動いているのだ。最悪の敵ともいえる。
「特定には時間がかかりそうだ」と、白崎はもう一度言う。
「じゃあ、私の情報が漏れたのはどこから? 」
もう一つの疑問もぶつけた。
「それも、まだ分からない。3人までには調べたんだけどね」
そう言って、三枚の紙を渡してきた。
それを手に取り、そこに乗せられた三人の人物について読む。
二人については全く知らない人物。だが、もう一人については……。
「これって、もしかして」
「ご名答。今だから言うけど、二つ前の仕事の依頼主だよ。あの汚職政治家、記者の次は、僕らのことが怖いのかもしれない」
「つまりは口封じね」
まったく、こちらは信頼が重要だから、洩らすことなんてありえないのに。
「こいつを殺せばいいの? 」
「いや、まだ確証が取れてないからもう少し待って。多分、それで当たりだろうけど」
仕方がない。待つか。

白崎が、モニターから顔をあげ、こちらを見る。
「あれ?顔色悪いよ。どうかした? 」
そうなのだ。あのホテルで、またあれが起こったのだ。最近あまりに多すぎる。そのせいで、寝ていない。
「単に枕が合わなかったせい。枕を高くして寝れないだけね」
「……。やっぱりおかしいな。冗談を言うような子だったか?君は」
しまった。墓穴を掘った。
「何か隠してないか? 」
私の心の奥底を覗こうとするかのように、目を細めて見てきた。
嫌いだ。この感じは。寒気、怖気がする。
皮膚を焦がし、身を焼き尽くす殺意とはまた違う。
氷のような、いや無機的な機械の手で、身体、精神の最も弱い部分を掴まれたような。
冷たさゆえ凍りつき、凍傷を起こし、火傷よりもひどく腐らせるような。

気がつけば、全てを漏らしていた。あの目のせいだけじゃないかもそれない。
もしかすると、誰かに知ってほしかったのだろうか。
「ふむ。分かった。知り合いのカウンセラーを紹介しておくよ。腕は確かにいいから」
すべてを聞いた白崎はこう言った。


狂人とは、誰かに知られているから狂人なのであり、だれも知らなければ、ただの一般人となんの変わりもない。
こうして、私ははれて、狂人の仲間入りを果たした。





DUNE 第六話 「Dune」了

|