※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

水「ねぇ~・・・一年の雛苺ってどれ~・・・?」ヒソヒソ
蒼「あれ?まだ水銀燈は会った事なかったっけ?・・ほら・・あのピンクのリボンをした・・・」ヒソヒソ
水「え~!・・全然可愛くないじゃな~い!!・・・あんなので薔薇学園の『薔薇乙女』の中に入ってるのぉ~!?」ヒソヒソ
翠「しょうがね~ですよ~wいつも真紅と一緒にいるからイヤでも目立っちゃうんですよ~www」ヒソヒソ
蒼「それは言えてるwww・・・だけど僕らと同じ薔薇乙女って言われてるのは納得いかないな~」ヒソヒソ
翠「・・・それも、しょうがね~ですよw最近はロリコンが増えてますからwww」ヒソヒソ
水「て、いうかあの子、胸でかくない?www」ヒソヒソ
翠「ですよねー!!wwwあの体型であの胸はバランス悪すぎですぅーwww
あの子、頭も悪いし抜けてるとこがあるから私達の中で狂牛病って呼んでるですぅwww」
蒼「はははwwwそんな大声で喋ったら聞こえちゃうよwww・・どーせ自分が言われてるって思わないだろうけどwww」ヒソヒソ
J 「お?そんなとこで三人とも何してんだ?」

水翠蒼「!!!!!!!!?」

水「・・あ~ん、JUMぅ~会いたかったわぁ~!!」
J 「ちょ!?wそんなにくっつくなって!!(///)」
翠「水銀燈!!・・・ずるいですぅ~!・・翠星石も抱き付くですぅ~・・・えいっ!!(///)」
J 「だぁ~っ!!!やめろって!!!!(///)」
蒼「いいなぁ~・・・僕も抱き付いていい?」
J 「蒼星石!!?(///)」


蒼「はははw冗談だよ(///)・・・JUMくんこそ、こんなとこでどうしたの?」
J「おい!二人とも離れろって!!(///)・・・いやね、今日は真紅達と一緒に昼飯食うことになってさ、雛苺を呼んでくるよう頼まれたんだ」
蒼「へぇ~そうなんだ・・・、僕たちも真紅に頼まれて雛苺を呼びに行ったんだけど・・雛苺がいなくてさ・・しょうがないから戻ろうとしてたとこなんだ」
J「えっ!?雛苺いなかったの!!?・・・どうしようかな~探したほうがいいかな?」
水「ね~JUMぅ~誰それ?もしかして私に内緒で浮気してるのぉ~?」
J「そういうんじゃないって!!その前に浮気ってなんだよ!!別に僕たちは付き合ってないだろ!!?・・・ったく・・・水銀燈はまだ会ったことなかったっけ?」
水「知らないわよぉ~、でもぉ、蒼星石たちから少しだけ聞いたことはあるんだけどね♪会ったことはないわぁ~
・・・そんなことより、お腹が減ったわぁ~早く行きましょうよ~♪」


J 「え?でも雛苺が・・・」
翠「JUM!!雛苺にも雛苺の都合があるです!!ほっといて私たちも早く行くですぅ!!」
J 「いや、そういう訳には・・・」
蒼「JUMくん、今から探すのは時間がかかっちゃうよ?また今度、一緒にお昼を食べればいいじゃないか、
・・・それに僕もお腹が減ったし、真紅も待ってるんじゃない?」
J「そっか・・・また今度誘えばいいよな!・・じゃあ行くか!!」
蒼「うん!!!行こう!!!!」
J 「それにしても真紅はお前らも誘ってたのか・・・」
水「あたりまえじゃない♪友達なんだから♪」
翠「もしかして私たちと食べるのがイヤなんですか!?」
J「いや、そうじゃなくて・・・ホントに何も聞いてなかったからさ・・・」
蒼「まぁ、いいじゃん♪早く行こ♪」
J「そうだな!!・・・っていいかげん離せってば!!・・だぁ~!蒼星石まで抱き付くなって!!」
水翠蒼「「「ウフフフ・・・・・・(///)」」」






笹「・・・なんかさ~・・最初から聞いてた者からするとさ~・・・女って恐いよね・・・」
べ「・・・ああ・・・誰だよ、あいつらの事を薔薇乙女なんて呼んでるの・・・聞いたことねぇーよ・・・」
笹「・・・JUMの事、うらやましぃーと思ってたけど・・・考えが変わったよ・・・」
べ「ああ・・・・・・」
笹「・・・JUMにこの事を伝えとく・・・?」
べ「・・・よせよ・・俺はまだ死にたくないし・・・自分の身が可愛いなら心にしまっとこうぜ・・・」
笹「・・・そうだね・・・」
べ「・・・俺たちはただ黙って見送ればいいんじゃないか・・・?」
笹「・・・・・そうだね・・・」


fin

|