※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

み「カナー、カナってば」
金「みっちゃんちょっと待ってね。今はお姉さんとお話してるから」
銀「浮かない顔ね」
金「みっちゃんがあれ着ろこれ着ろ言ってくるのかしら」
み「それはもうカナがかわいいから!」
銀「ふぅん、普通は自分が着たいでしょうにね」
み「カナってばもー、てれちゃって」
銀「まぁ、でもそれくらいならいいんじゃない?」
金「うん、でも、でも」
銀「なによぉ?」
金「自分の娘にあだ名で呼ばれるのってどうなのかしらTT」
銀「隙が多すぎるのよ」
み「カナこんどはこのふくをきてみてー!」

母親メイデン1/8

マスター→子ということで一つ。

 



母親メイデン2/8

銀「(小声)ただいま~っと…」
め「おかえりなさい」
銀「寝てなかったの!?」
め「…」コク
銀「今日は遅くなるから寝てなさいって行ったじゃないの」
め「やだ」
銀「なんで?」
め「…」
銀「…」
め「お歌…歌ってほし…ぃ」
銀「歌って…それだけのために?」
め「…」コク
銀「しかたないわねぇ」
銀「♪からたちの花が咲いたよ…♪」
め「…」
銀「青いあおい…♪」
め「zzz…」
銀「眠れなかったのよね、本当は寂しがりやなんだから」
銀「まったく、寝顔は天使みたいね」

 




 母親メイデン3/8

の「あぅぅ…ジュンくん…」
ジ「ぐすっ…」
真「どうしたの?」
の「あの、ジュンくん幼稚園でめぐちゃんにからかわれたんです」
真「いいこね、のり。でも私はジュンに聞いているの」
真紅はしゃがみ、泣きべそをかいてうつむくジュンと目線を合わせる。
真「さ、言ってごらんなさい」
ジ「のりねえちゃんに…ふくかんがえてあげたら…めぐちゃんに『おんなのこみたいおかしい』って」
真「それから?」
ジ「へんとか、よわむしとか、おねえちゃんがきたら、あっちいっちゃった」
真「それでおわり?」
ジュンはこくりと頷く。
真「そう」
真紅は手を伸ばした。しつけに厳しい真紅がジュンを叩くのかと思って、のりはどきどきした。
真紅はジュンの頭にぽんと手を乗せる。
真「女の子にやり返さない貴方は優しいわ」
そのまま、自分の胸にジュンを引き寄せ、ジュンの頭をなでながら言った。
真「よく頑張ったわね、ジュン。貴方はなにひとつ恥じる事はない。だから、誇り高く胸を張りなさい」
真紅の胸から離れた時、ジュンはもう泣き止んでいた。
真紅は立ち上がり、ジュンと手をつなぐ。ジュンの指の感触は長く、華奢で、そして暖かかい。
真「その指はきっと魔法の指だわ 今に王女のローブだって作れるわ」
ジ「…うん」
真紅の嬉しそうな笑顔につられて、ジュンはにこりと笑った。
真「いい子ね。ジュン」 

 



 母親メイデン4/8

槐が床に腹這いになって、画用紙に向かっている。
薔「何を…描いてるの?」
槐「ふくです。おかあさま」
薔「海…」
槐「それはふぐです」
薔「ぶたさん…」
槐「それはにく。ようふくです。どれすです。ぷれたぽるてなんです」
薔「…ジュン君?」
槐はコクリと頷く。
槐「わがらいばるはきょうもぜっこうちょうで、ぼくもまけていられません」
薔「がんばって」
槐「はい」
薔「じゃあ…ご飯作るね」シュルリ
槐「くっ」ガバァ
槐は突然起き上がった。
薔「…お絵描き、は?」
槐「エプロン姿だけはみのがさん!!!」
槐(ちょっとしせいをかえただけです)
槐「ふぅ、ごまかせた」
薔「声…逆」
槐「はうあ!」 

 



 母親メイデン5/8

ジュンが二人いるのは仕様です。

翠「さて、洗い物でも片付けますか」
翠星石はエプロンを手に取る。
翠「あれ、小麦粉ですかね?」
翡翠色のエプロンの裾あたりに、白い物が付いている。翠星石はエプロンをたぐった。
翠「薔薇?」
エプロンには白い糸で綺麗な薔薇が縫い取られている。
翠(草原に薔薇が一輪咲いてるみたいですね。)
ジ「ぼくがししゅーしたんだよ!」
食器棚の陰から、ひょっこりとジュンが顔を出した。
ジュンが期待のまなざしで翠星石を見ている。
翠「ふうん、まぁまぁがんばったじゃないですか。…あ!汚れた手でエプロンに触ってないでしょうね!?」
ジ「ちゃんとてあらったよぅ!」
ジュンが必死で抗弁するのも聞かず、翠星石はジュンに両手を広げさせ、表裏よく観察した。
翠「今日はちゃんといいつけを守ったようですね」
翠星石は内心ほっとした。本当のところ、針を手にさしていないか念入りに調べていたのだ。
翠「さ、お母さんはお菓子を作るから、他のところで遊んでなさい」
ジ「スコーン?」
翠「もちろんですぅ」
ジ「やったぁ!」
ジュンはキッチンから出て行く。

翠星石は静かにキッチンの扉を閉じた。そのまま何かを堪えるようにかがみこむ。
翠「くぅ~」ジタバタ
翠星石は携帯を取り出し、一番よく使う短縮を押した。
翠「もしもし、蒼星石ですか、ちょぉっと聞いてくださいよ、家のチビがですね…」 

 



母親メイデン6/8

麦藁帽子に半ズボン、吊りベルトに白いシャツ、手にはバケツさらにその中にはスコップ如雨露種、鋏。
一葉は立派な小さな庭師だった。
庭師らしく、胸を張って一葉は言う。
「にわしです」
かわいい、と言いかけてから、蒼星石は言い直した。
「立派だよ」
一葉は力んで言う。
「あおいばら」
「うん」
「ぼくがたくさんさかせます」
「ふふ、頑張って」
一葉は撫でられている間、猫のように目を細めていた。
「はい」
元気よく一葉がうなずく。そのまま庭に行こうとして…やっぱりやめて、蒼星石をちらちら見ている。
「?…あ」
蒼星石は一葉をもう一度撫でてやった。
一葉が出て行った後、蒼星石の顔は綻んだ。
「本当は甘えんぼなんだから…誰に似たのかな?」 


 
母親メイデン7/8

ペタペタ…
雛苺が幸せそうに笑っている女の子の油絵を描いている。
頬をばら色に塗っていたら、後ろから話しかけられた。
「こりんぬさんですか?」
「さん、だなんてめーなのよ、あなたのおねえちゃんなんだから」
雛苺の注意を巴は聞こえないふりをする。
「ばらとぬいぐるみがいっぱいですね」
雛苺が微笑む。
「うん、コリンヌがさびしくないようにって」
「でもこのえのとき、ひないちごさんさびしそうです」
「Non、雛は嬉しいのよ」
雛苺は胸に手を当てた。
「今でも、コリンヌは私の中にいるのだもの。絵を描けば、それを確かめられるのよ」
雛苺の背中に小さな熱い感触。巴が抱きついていた。
「わたしはひないちごさんとずっといっしょです」
「ありがとうなの。でもね。巴は巴の好きなだけここにいて、そして好きな場所に行っていいのよ」
「そんなのないです」
「ジュン君のそばとか」
「…」
巴はしばらく黙り込んだ。
「でも、わたしがどこかにいったら、ひないちごさんひとりぼっちです」
「だいじょうぶ。雛はぜーんぜんへいきよ。心はどこでも繋がっているし」
ペタペタ…
「雛は雛の選んだ場所にいるのだから」

それから雛苺は何度かおかあさんってよんでほしいの。と言ったが、巴はやはり聞こえないふり。
しかし雛苺は慌てない。
雛苺はこの問題に10年でも20年でもじっくり取り組むつもりだった。
明日の続く限り。



母親メイデン8/8

友達のみっちゃんと一緒に考えた方法。
母親の気持ちを確かめる質問。

「おかあさまはわたしがかわいいですか?」
「勿論ですよ。どんなお人形だって貴女には敵いません」

「おかあさまはわたしがすきですか?」
「勿論ですよ。世界中に叫んだっていいくらいです」

「じゃあ、じゃあ、おかあさまはわたしをあいしていますか?」
「勿論ですよ。食べちゃいたいくらい」
「もしもし、じどうそうだんじょですか?」

おしまい
|