※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

351

雛「じゅーんー、前回のまんま、トモエ縛ってほっといていいの?」
ジ「いいだろ。本人が望んでいるなら、このままベッドの上に縛らせておけば」
雛「ジュン変態なのー」
ジ「ど・こ・が・だっ!だからアイツが勝手に…」
雛「だって、トモエ涙目なのよ」
ジ「そういうシチュエーションってことにしてるんだろ?」
雛「でもさっきはあんなに苦しそうじゃなかったと思うの」
ジ「状況を楽しんでるんじゃないのか」
雛「うーん…」



巴「……」
雛「ねぇジュン、トモエやっぱり…」
ジ「しつこいなぁ…。だから柏葉はそのままがいいんだって。なんなら、試してやるよ。…柏葉、ほどいてやろうか?」
巴「パアァッ」
ジ「って言ってもどうせ首振るだけ…ってあれ!?もしかしてほんとに苦しい!?」
巴「コクコク」
ジ「い、今ほどくぞ!!」
巴「……」
ジ「ご、ごめん…気づいてやれなくて…」
巴「桜田くんの…バカ……!」ダッ
ジ「か、柏葉ぁ!!そんな、だって…ぼ…僕が悪いのか!?」
雛「トイレなの」

 

 



352

巴「人形はトイレ行かないの……!!」
ジ「うわぁ!?なんだいきなり…」
巴「前回雛苺が、私が部屋をいきなりかけだしたのはトイレだなんていうから…」
ジ「え、違うの?」
巴「違う…アレは桜田くんのアレっぷりに絶望しただけ…」
ジ「……。……まぁいいや。突っ込むのも疲れた。っていうかさ、柏葉、どうしてあんなことしてたんだ?」
巴「…だって、桜田くんが好きだと思って…」
ジ「好きじゃないよあんなの!」
巴「それに、辛いかと思ってたけどやってみたら…案外悪くなかった」
ジ「……あー……そう……」
巴「桜田くんも気に入ってくれて、嬉しい…な」
ジ「だからなんでそうなる!!」
巴「……恥ずかしい……」ダッ
ジ「人の話を聞けー!…いっちゃったし。ほんと何考えてるんだ…
  …それにしても、一人で自分の体は縛れないよな…。
  ……どうやったんだ……?一人じゃできないはず…いや、柏葉ならあるいは…」

め「いやー、まさかベッドの上で縛られてたらきっと彼の気を惹けるよなんて、
  あんなの信じ込むとは思わなかったわ、可愛いわね柏葉さん。はりきっちゃった」
銀「あんたのその発想はどっから来るのよっていうかどこであんな縛り方覚えたのよ」

 

 



353

巴「桜田橋…巴橋…」
雛「ジュンとトモエのスレタイなのねー、嬉しい?」
巴「それは違うわ、雛苺」
雛「ほぇ?」
巴「私が名前なら、桜田くんも名前にして、桜田橋はジュンデレ橋にするべきでしょう」
雛「しかも実在するのねその橋」
巴「だから、これは私と桜田くんじゃないの」
雛「せっかくジュンとセットだって言ってあげてるのに」
巴「いいえ、雛苺…これはつまりね…こういうことなの。2つの単語をくっつけると…桜田巴」
雛「おぉーなるほどなのー」
巴「桜田巴…桜田巴…」
雛「割と違和感ないのね。いい感じなのよ」
巴「けれど、14年間柏葉の苗字に慣れ親しんでいると…間違えそうになるかも…」
雛「だって、まだトモエは柏葉トモエなの。そのときがきたら、慣れたらいいの」
巴「そんなことないよ。今から慣れておかないと…って、本当を言うとね、心配ないの。
  いつでも準備できるように、私毎日練習してるから」
雛「練習?」
巴「桜田巴、桜田巴、桜田巴、音読反復にノートに書き取り…毎日欠かしたことはないわ」
雛「うぃー…」
巴「今じゃむしろ柏葉のほうに”あれ?”って感じるくらい」
雛「ほぇー…」
巴「この分なら、つい旧姓使っちゃってきまずくなることもないかな」

巴「だから安心してね、桜田くん」
ジ「え?」

 

 



354

雛「トモエはジュンといつ結婚するの?」
巴「…………!!ひひ雛苺、急になんてことを…」
雛「そんなに慌ててもいまさらなのー。トモエだってそのつもりなんでしょ?」
巴「その……えっと、うん……。…でもね、あまりはやすぎるのもどうかなぁって…」
雛「どうして?」
巴「だって、こういうのって時間をかけたほうがいいと思うから…。それに、結婚するまでとしてからじゃ、気分も違うし…」
雛「ほぇー」
巴「だから慌てて結婚することも…あ、でも、結婚してなんの拘束もなくなって、
  もうお互い感情の昂ぶるままに…っていうのもいいのかな!?」
雛「いきなりテンションあがったの」
巴「むしろむしろ、結婚する年齢にすら達してない状態で、ついに我慢できなくなった桜田くんと囚われの幼馴染みたいな!?みたいな!?」
雛「わーい」
巴「思春期の欲望を暴発させる桜田くん、その標的になった私…どうかな?どうかな?」
雛「どうってことないのー」
巴「ああでも、やっぱりじっくり時間かけて少しずつ距離を縮めていったほうが…
  どうしよう、ねぇ雛苺、どっちのほうがいいかなぁ?」
雛「ヒナおなかすいたの」

 

 



355

巴「桜田くんの部屋、散らかってる…片付けようかな…」
セッセッ、セッセッ
巴「ふぅ、だいぶ片付いた。勝手にいじっちゃったけど…いいよね。いつものことだもの」
 「さてと、ベッドの下も片付けないと…」
 「あ…またこんなの隠してる……」
 「はぁ…桜田くん、こういうのが好きなのかなぁ…」
 「……!?この折り目がついてるページの子…私にちょっと似てるかも…」
ジ「はー、ただいま。って柏葉、お前また勝手に人の部屋を……ってそれは!」
巴「桜田くん、これは…」
ジ「あ…ち、違うんだ、それは…その……」
巴「……」ダッ
ジ「ま、待ってくれ柏葉!違うんだって、本当に…!」
 「…行っちゃった…」
 「……嫌われた、のかな……」



巴「どうしよう柿崎さん…私、あんなに胸大きくなくて…どうしよう…」
め「あんたらちょっとむかつくわ」

 

 



356

め「柏葉さん、以前本当に、縛られたまま桜田くんのこと待ってたの?(cf:352)」
巴「はい…でも、桜田くん、あんまり好きじゃなかったみたい…」
め「おっかしーなー。絶対好きだと思ったんだけどなぁ、変態だし」
巴「私もそう思ったんだけど…」
め「何がいけなかったのかしら?あ、もしかして…あんな縛り方じゃお気に召さなかったとか」
巴「!じゃあ、もっともっと高度な縛り方をしないとってことで…」
め「マニアックな縛りじゃないときっと興奮しないのよ。本当に変態ね。救いようがないわ」
巴「ほんとに…でも、それが桜田くんの望みなら……」
め「健気ねぇ」
ジ「おーまーえーらー!!」
巴「あ、桜田くん」
め「あらいたの変態」
ジ「誰がだッ!勝手に想像して人を変態にするなぁ!!」
巴「違うの?」
ジ「違う!!」
め「はいはい、そーいうことにしておこうか」
ジ「だーかーらー、違うっての!!」
め「息を荒げれば荒げるほど怪しいなー」
ジ「本当に違うんだ、お前ら勘違いしてる……」
め「?」
ジ「僕は…縛るより縛られるほうがいいんだよ!!」
め「ほぅ」

 

 



357

巴「ジューンブライド……私も結婚したら、赤ちゃんが……」
ジ「柏葉?なにか考え事してるのか?」
巴「……」
ジ「…そうみたいだな」
翠「ジュン!!ちょっとこっち来るです、翠星石特製のクッキーが余ったんで、特別に食べさせてやるで…
  ってお馬鹿イチゴ食べすぎですぅ!せっかくジュンのために……じゃないですけどあのチビにもちょっとは残しておかないと…」
ジ「……なんか一人で盛り上がってるやつがいるな。じゃ、行ってくるよ」

――――

巴「よしよし…よしよし…もう、なかなか泣きやまないなぁ…」
ジ「おなかすいてるんじゃないか?」
巴「うーん、ちょっと前にミルクあげたばかりなのに…。ま、いいか。じゃあ、ミルク作ってくれる?」
ジ「や、無理」
巴「え…?」
翠「ジュンー、ご飯できたですよ、そんなやつに構ってないで、さっさとこっち来るですぅ!」
ジ「オーケー。じゃ、そういうわけだから」
巴「な…この子をほっといて自分だけご飯を!?あ、あなたの子なのよ!?」
ジ「うるさいなー」
翠「ジューンー」
ジ「おう、今行くよ」

――――

巴「恥を知りなさい!!」
ジ「え!?なんの話!?」

 

 



358

巴「ちょっと、雪華綺晶」
雪「はい、なんですか?」
巴「桜田くんの家のお風呂場に、こんなものがあったの」
雪「ああ、隠しカメラですか」
巴「ご丁寧にあなたの名前つきでね」
雪「私のですから」
巴「……誤魔化さないのね」
雪「誤魔化す理由はありません」
巴「…いい度胸ね。なに考えてるの?これにうつってるのは…」
雪「ジュンの裸でしょうね」
巴「!!この変態…覗き魔…犯罪よこれは!」
雪「うーん、というか、そのカメラは非常に見つけづらいところにセットしておいたのに、
  いったいなぜそれが見つけられたのか疑問なのですが…」
巴「私はいいの!でもあなたは…ふざけないで。桜田くんの裸はあなたなんかに見せられない!」
雪「まぁ…私もそこまで見ようとは思ってなかったですよ。
  でも、最近覗きといえば巴さんな感じだもの。けど、私だって覗きが得意だってこと、忘れられたら困るわ」
巴「犯罪に誇りをもたないでッ…!雪華綺晶、あなたのしていることは許されないことよ…」
雪「……けっこうよく撮れてますね」
巴「って、言ってるそばから見ないで!!それ以上続けたら、警察を呼ぶから…!」
雪「いっしょにみます?」
巴「うん」

 

 



359

雛「ねー…トモエ…」
巴「なぁに?雛苺」
雛「キスがレモン味って本当?」
巴「……さぁ……どうして?」
雛「翠星石がそう言ってたの」
巴「かわいこぶっちゃって……。…私にはわからないわ」
雛「うゅ、いまだにジュンとキスしてないのね」
巴「…だ、だって…いいじゃない、別に…」
雛「いいけどぉ」
巴「慌てなくても、そのうち雛苺にも素敵な男の子ができて、キスするようになるわ」
雛「想像つかないのー…。……ジュンとちゅーしたらだめ?」
巴「!?なに言って…」
雛「だぁって、トモエはいつまでたってもしないんだもの、だったらヒナが先にジュンとしちゃうのよ」
巴「だ、だめ!桜田くんは…だめ!!」
雛「ぶぅ~、ヒナだって、ジュンのこと好きなのにぃ…」
巴「じゃ、じゃあ…私がしてあげる!」
雛「えぇ…ヒナ、トモエのことは好きだけど、そういう好きじゃないの……っていうかひくの……」
巴「ででででも、私と桜田くんがキスしてたら、ほら、間接的に桜田くんとキスしてるともいえるし…」
雛「その理屈だと世間はバイセクシャル大量発生なの。それ以前にトモエはジュンとキスしてないのー」
巴「いいえ雛苺!私は桜田くんが飲んでたコップに口付けたことがあるし、のみかけの缶ジュース半分もらったことがあるし、
  桜田くんが使ってた箸をちょっとだけ使っちゃったこともあるし…!」
雛「うわぁ」
巴「まだ直接はしてないけど、間接でたくさん練習してるから…!これからも練習は続けるし…」
の「……」ガチャン
巴「あ……お姉さん?…お皿、落としましたよ…」
の「巴ちゃん、今の話…ジュンくんと間接キスで練習してるって…」
巴「え……あ、いや、それはその……」
の「いやぁっ…!私…巴ちゃんに唇奪われる…っていうか、犯されちゃうぅ~!!」
巴「なにいってるんですか!?っていうか…それって桜田くんに何を……じょ冗談ですよね!?ね!?」

 

 



360

巴「指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪」
ジ「暑さで頭溶けた?」
巴「…違う。ほら、パソコンでwikiの341~350を見て」
ジ「え?…うわ!エンゲージリングのでかい写真が…」
巴「これは本文中で指輪の話をしてたからじゃないかって…」
ジ「なるほど…や、それはわかったけどさ、なんで連呼するの」
巴「この話を読み終わったあと、すぐにこの指輪が目に入ったらどうなると思う?」
ジ「さぁ…」
巴「私と桜田くんと結婚指輪がね、一緒になって、読んだ人に刷り込みされるの」
ジ「ええー…そ、そうかなぁ…」
巴「だから邪魔しないで」
ジ「ま、まぁいいけど…」
巴「指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪
  指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪
  指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪
  指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪指輪(ry」
ジ「なんか怖い…」

 

 



戻る

|