※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

槐「草笛君…今夜僕のところまで来てほしい。渡したいものがあるんだ。」
み「!?」

みっちゃん宅…
み「槐先生が私に渡したいもの……もしかしてもしかすると……(///)」ドキドキ
み「…よしっ!」シュバッ

み「お風呂入った…ムダ毛処理おk…メイクも念入りにしたしコロンも付けた…タンスに眠りっぱなしだった勝負下着も履いた……よしっ!戦闘準備完了!いざ!!」バッ!

槐宅…
み「き…来ました…。」
槐「おぉ、まあ入りたまえ。」
み「お…お邪魔します…。で、私に渡したいものって…?」
槐「あぁ、これのことだ。」
み「……(///)」ドキドキ

槐「ほれ。」スッ
み「……え?これって…」
槐「覚えてないのか?先日注文してきたドール服だ。ついさっき完成したからな。」
み「………あ、そういえば。」
槐「本気で忘れてたのか…まったく。」
み「あ…あははははwwwなーんだ…。」
槐「?」
み(はぁ…安心した反面、ちょっぴり残念だなぁ。)
槐「複雑な表情だな…もしかして気に入らなかったか?」
み「い…いえ!そんなことは!」
槐「ふむ…まぁいいか。」
み「あはは…はぁ。
じゃあ私はこの辺りで失礼します…。」
槐「……待て。まだ帰るんじゃない。」ガシッ

み「……え?」ドキッ

槐「服の代金払っていきたまえ。ウチもボランティアじゃないんだ。
あと…今日はいやに厚化粧なんだな。日頃の不摂生が祟って肌荒れでもしたのか?」
み「ッッ!!
この鈍感!無神経!裸エプロン狂!
もう信じらんない!!ふんッ!!」バタンッ!

槐「な…何なんだ?急に怒り出して………訳がわからん…。」

その後場末の居酒屋で夜更けまでヤケ酒に溺れるみっちゃんと工房で頭をひねる槐の姿があったとかなかったとか…





草笛みつの休日…

ザー…

み「あ~、せっかくのお休みなのに外は雨だし、カナはジュンジュンのとこに行っていないし……暇だなぁ。」

ザー…

み「梅雨……6月……ジューンブライド……。
いいなぁ…。」

み「私なら…やっぱ洋式かなぁ?真っ白いウェディングドレス…憧れよね~。」
み「教会でタキシードに身を包んだまだ見ぬ素敵なダーリンとロマンチックな結婚式……
くぁーっ!いいなぁいいなぁ~♪きゃはぁーっ♪(///)」ゴロゴロ

み「はぁ、はぁ……………………はぁ…」


み「……虚しい。」

ザー…

 

 




み「あっつい…あっツィーよう…」
ジ「もー、なんなんですか。遊びにきたんですからクーラーくらい付けてください」
み「だってお金かかるもーん」
ジ「じゃあ涼しいとこ出掛けたらどうです?」
み「外行く支度するのめんどいもーん。実はまだすっぴんだったりするの」
ジ「へー」
み「あれ?女の人のすっぴん見れてときめかない?」
ジ「冗談は顔だけにしてください」
み「………なんか、寒くなってきたわね」
ジ「気のせいです」
み「じゃあそーね、ジュンジュンが何か涼しくなるよーなことしてよ」
ジ「んー…では、個々に来る前に金糸雀から預かったコレを」

つ『請求書』
つ『貯金通帳』

み「………」
ジ「じゃあ僕はこれで」

金「みっちゃんどうだったかしら?」
ジ「ああ、青ざめてガタガタ震えてたな。あれはかなり涼しいに違いない」



「そばかす♪なんて♪気にしないわ♪ 」
やけに古いアニソンを聞きながら、車で通勤する彼女の名は、草笛みつ。
彼女は『みっちゃん』『行き遅れ』と、もう一つの名前を持っていた。それは……!

「ハッ!!あれは!!! 」
みっちゃんはフロントガラスの向こう側に見える少女の姿に目を見張った。

十字路の先から走ってくる、食パンを咥えた女の子。
遅刻しまいと必死に走りながらも、紅茶の入ったカップを手放さなしていない。
さぞかし、立派なレディーなのだろうと容易に予想できる。

そんな金髪の、可愛らしい女の子が……
十字路の陰から飛び出した、男子学生にぶつかろうとしている…!!

「危なぁぁぁぁい!!!! 」
みっちゃんは叫ぶと同時にハンドルを大きく切り…

  ド ン !!
男子学生を跳ね飛ばした。

「…危ない所だったわね…怪我は無い? 」
窓を開け、みっちゃんは女の子に声をかける。

女の子は、突然の事にガクガク震えていたが…カップの中の紅茶がこぼれてない所を見るに、怪我は無さそうだ。

「…良かった……食パンを咥えたまま学校に行くのは危ないわよ♪ 」
それだけ言い残し、ボンネットのへこんだ車で颯爽と走り去る彼女の名は、草笛みつ。
人は彼女をこう呼ぶ……『フラグクラッシャーみつ』と…!!

全ての人間を行き遅れにするまで、彼女の戦いは終わらない!

 




銀「最近みっちゃんさん見ないわねぇ、漁船かしら」
槐「ワッーハッハ! 草笛君なら私の家だよ」
銀「あらあらぁ(やっと結婚?)」
み「見て見て! この大人用スク水と花柄エプロンのコンボは!」ドドーン

銀(うわっ)
槐「さすが草笛君最近の流行を捉えている。ブラボーだ!」
銀(コメントに困るわぁ……)





「ねーねー槐先生ってばぁ♪」
「断る!僕も忙しいんだ!」
「そんなぁ…私と槐先生の仲じゃないですかぁ。」
「草笛くん…いいか?僕も仕事があるんだ。なのに君の注文の衣装の手伝いなどできるわけないだろ!?自分が受けた依頼なら自分でなんとかしろ!」
「そんなぁ…そんなこと言ってると私泣いちゃいますよ?」
「あぁ泣け泣け。泣いたらとっとと帰ってくれ。」
(チッ…こうなったら…)ゴソゴソ


「ふぅ…ちょっと休憩だ。」
「え~んじゅセンセ♪」
「…なんだ、まだいたのか?」
「もぅ…流石に私も諦めましたってば。
仲直りとお詫びの印にコレをどうぞ♪」
「これは…?」
「栄養ドリンクです。私もよく飲んでるんですけどよく効くんです。ささっ、ぐぐーっと。」
「…なにか非常に怪しいのだが…」
「ひ…酷いです!いくらなんでもそんな言い方ないじゃないですか!?私はただ槐先生の疲れた体を少しでも労ろうと思って…ううぅ…」
「す…すまん。
まぁ、そういうことなら…折角だしいただくとしようか……。」グビッ

………
……

槐「zzz」
み「…よし、ちゃんと効いたようね。でわでわ…」ゴソゴソ
数時間後…
「ん…んぅ…僕は一体……ん?ここはうちのベッド…いつの間に…」ムニュ
「…何だ?隣に柔らかいもの…が…!?」
「すぅ…すぅ…」
「んな!?」
なんとすぐ隣では下着姿のみつが安らかな寝息を立てているではないか!槐は焦った。焦りながらも状況を把握しようと布団の中を見る!

「パ…パンツを履いちょいません…」

槐は泣いた。
泣きながらもパンツをはきフラフラと部屋を出る。
(落ち着け…落ち着くんだ槐!これは何かの間違いだ。そうだ…そうに違いな…)
「いきなり置いてくなんて酷いわよ、槐♪」
「!?」
振り向くとそこには下着姿のみつが満面の笑みで立っていた。
「あ…あわわ…すでに呼び捨てにされている!」
「もう…なんて顔してんの?さっきはあんなに激しかったくせに。私…始めてだったのに…///」
「な…なな…なんの話だ」
狼狽する槐にみつは頬を赤らめて口を開く…

「分かってるくせに……セ○クスよ…///」
「X!?(ジャパン)」

♪Forever love Forever dream♪

「♪時間を…埋め尽くす…♪」
「それはX(ジャパン)。」
「ち…ちょっと待て…僕は何も覚えて…」
「凄かった…///、そして黒かった…。」
「馬鹿なぁああああ!!」

「さて…こうなった以上ばらしーちゃんにも報告しなくちゃね…なんせ私たちは只ならぬ関係になっちゃったんだから…」
「!?ち…ちょっと待て…!それは…第一僕は何も…」
「酷い!酷いわ!私の純潔を奪っておきながら何も知らないだなんて!鬼!外道!訴えて勝つわよ!?うわぁぁぁああああああん!!」
「あぐ…ぅぐ…す、すまない…許してくれ…何でもするから娘にだけは…」
「………今、何でもするって言いましたね?」ニヤリ
その瞬間、みつの瞳がドブ川が腐ったような色で輝いた

「……へ?」


【数日後…】
「あっはっはwwいや~、儲けた儲けた♪まさか下着姿で添い寝してあげただけで【自分から】私のお手伝いをさせてくださいって頼んでくるなんて♪やっぱ持つべき物は優しい男友達よねー♪」

「…あなたは最低だ。」

「…なんか言った?ジュンジュン。」
「いえ、何も…」
「あ、そーだ♪美味し~ぃドリンクがあるんだけど…飲まない?」
「死んでも嫌ですッ!!」

草笛みつ…目的のためなら手段は選ばない女。
ちなみに心身ともに極限まで疲労した槐は一週間床に伏せたとか伏せなかったとか……。






みっちゃんはついに無職です

猫「にゃーにゃー」
銀「あら、ねこ……」
猫「にゃー」
銀「にゃー」
猫「? にゃー」


み「水銀燈ちゃんが猫と会話する様子を収めたビデオ、一本5000円、今が買い時よ!」
金「カナが悪かったかしら! もう働いてなんて言わないから、こんなこと止めてかしら」

べ「一本くれ」






み「あーあ~お腹空いたなぁ~。でもお金無いしな~パン耳も尽きちゃったし…次の給料日まで我慢かぁ…あら?やだ雨じゃない洗濯物洗濯物…」
ガラガラ…
み「まったく余計お腹空いちゃったじゃない…って、これはカナの下着!?なんでうちに…あ、一昨日泊まりに来た時の…」
?(くくく、なかなか美味しそうじゃないのよ)
み「あ、貴女は!?」
みつ悪魔(見てごらんなさいそのキュートな形。まるでふわふわのマシュマロのよう)
み「ま…マママママシュマロ…」
みつ天使(止めなさい!それは布、食べ物じゃないわ!)
み「はっ!私は何を…」
みつ悪魔(けっ、余計なことを。でも食べなくてもこのままじゃ倒れるわ。ならどっちだって同じ。それにこんなに美味しそうなんだから食べれないワケないでしょ?)
み「た、確かに…」
みつ天使(駄目よみつ!それは下着よ!下着を食べるなんて真似が人間に許されると思うの?貴女は人の尊厳を忘れてしまったの!?)
み「そうよね…いくら私でも…パンツ食べるなんてこと出来るワケが…」
みつ悪魔(でもそれカナのパンツよ?)
み「ですよねー♪」
みつ天使(ちょwww)





み「じゃあお願いねジュンジュン」
金「頼んだかしら!ちゃんとご褒美もあるかしら~」
ジ「はいはい…」

ジ「たく…なんで遊びに来た途端に掃除に突き合わられるのか…しかも洗濯物たためって…もう少しデリカシーってものを…う」
ピラ
ジ「これは…金糸雀のブラだな。ブラと言うよりヒモ付き布って言った方が正確かもな。ま、金糸雀だからなーとっととたたんじまおう…はっ!」
ピラリン
ジ「このボリュームのあるカップ…貴様、みっちゃんさんのだな!?くそっ…いくらみっちゃんさんでもさすが独身乙女…なかなか綺麗な色の下着だ…と言いつつ何故かきちんとたためる僕であった。…いや、これは姉ちゃんのをやらされて…ぬわっー!」
ピラリラ~ン
ジ「こ、これは…この真っ赤なショーツは…!バ、バカな…この紐でしかないようなモノが下着として成立するだと…!?だが、現実から目をそらしてはならん!しかし、こんな大胆なものをみっちゃんさんが…ハアハアハアハアハア!」
金「正直無理しました」
ジ「てめえのかぁー!!」ブンッ! 




http://rozeen.rdy.jp/cgi/sym/1225810388.jpeg 



ジ「ネタは上がってるんだ!あの下着はどういうことだ!?」
み「見栄張って大きいの買ったけど…やっぱ無理で…頭にきて放り投げたら流し台に落ちちゃったから…洗ってました…」
ジ「捨てずに洗うとはまだ未練があるんだな!?」
み「だって…高かったし…」
ジ「どのくらい見栄張ったんだ!?」
み「…10センチです」
ジ「神に誓って?」
み「神に誓って」
ジ「金糸雀に誓って?」
み「すみませんすみません本当は20センチサバ読みました!うわーん!!」


TV『今日午後6時過ぎ、「マンションのベランダで女性の下着を口に含んで暴れている変質者がいるかしら」との通報があり、警察はこの女性を取り押さえるとともに危険人物として連行するという騒ぎが起き、付近住民は一時騒然となった他、目撃情報からその女性の…』





み「はあ…」
金「元気だすかしらみっちゃん。確かに偽りの産物だったかもしれないけど、ジュンも一瞬とはいえハアハアできたかしら」
み「でも怒られた上にメジャーでブラの上からしっかり計られちゃったわ」
金「みっちゃんは知らないのよ。メジャーを手にしたジュンがどれだけ輝いていたことか。あれは真性かしら」
み「うん…そっか。こんな私だけど、男の人はちゃんと魅力を感じてくれるのよね。わかったわカナ!私、もうくよくよしない!この親から貰ったカラダでこの時代を駆け抜けていくわ!」
金「かしらー!」
ピンポーン
み「ん?こんな夜中にだれかしら…ちょっと確認しましょう。はい、どなたですかー」
真『同胞がいると聞いてやってきました』←カメラの映像
み「はあ…」
金「元気だすかしらみっちゃん。確かに偽りの産物だったかもしれないけど、ジュンも一瞬とはいえ(ry」





み「なんかみんな鯖のみそ煮作ってるみたいだから、ほら。どうぞジュンジュン召し上がれ」
ジ「まず鯖のみそ煮と言ってるのに白くてふわふわな三角形が皿の中央に鎮座していることに疑問を感じざるを得ない」
み「うん、鯖買うのもったいなかったから、はんぺん」
ジ「じゃあはんぺんのみそ煮じゃないっすか」
み「いいから食べてごらんって」
ジ「やれやれ…まあいい匂いはするから食べれるんでしょうけど所詮はんぺんじゃ…うはwwwちょwwwマジうめえwwwktkrwwwテラヤバスwww」
み「貧乏主婦舐めんじゃないわよん」






み「明日はイブ…か…予定?なにそれ美味しいの?…ええ、美味しいんでしょうね…色々さ…」
槐「今晩は草笛さん」
み「ああ、槐っちー聞いてよー私今年もクリスマスフリーなのよーしかもこんな時に限って仕事もナイジェリアなのよー」
槐「そうか…それは良かった」
み「溺死、圧死、失血死、撲死。好きなの選べや」
槐「いや…その、だ。僕も予定が無くてな」
み「そっかぁ~槐っちも仲間か~2人で酒でも飲むかぁ~?」
槐「その誘いに来たんだ。では明日の夜8時に駅前のレストランに来て欲しい。予約してあるから大丈夫だ」
み「んーあいよー」
槐「では明日」
み「バイバイキーン。さて、明日はじゃあ世の幸せな奴らの愚痴を魚に………え?あれ?おや?」









アサダヨオキロアサダヨオキロ

「……ん、うー痛い。あー飲み過ぎちゃったわ」
今日も仕事だというのに私は何をしてたんだろう。
○○才独り身クリスマス記念と称して、ワインに日本酒、ウィスキー……どうかしてたわ、本当。

アサダヨオキ
「はいはいうるさい」
バコンっと目覚ましを黙らせ、私はやっと起き上がる。
面倒ね。朝ご飯はお茶漬けと昨日のつまみの残りでいいか。
「ん?」
机の上に飲み散らかしたお酒やお菓子はなく、いかにもな箱が置いてあった。
『Khristmasおめでとうかしら』
そこには私のサンタからのカード。手に取ってよく見る。待って、KじゃなくてCよ、受験は大丈夫?

昨日は友達とパーティでそのまま学校に行くって言ってたから、朝早く家に来て置いてくれたのかな? 
うん。私に彼氏はいないけど、こんなに素敵な家族がいるんだもん。まだまだ捨てたもんじゃないわよね? 私の人生。一日遅れのプレゼントを手に取って宣言。
「今日も一日がんばろう!」
|