※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


例えば、いつもより早く家を出てみる。
たったそれだけで、朝の時間なんて随分と違って見える。

きらきらと輝く太陽が地面を暖めるが、それでもまだ肌寒く…だが、それが逆に心地良い。
まだ人通りの少ない通学路では、小鳥たちが爽やかなメロディーを口ずさんでいる。

(ああ…アイツと…水銀燈と登校の時間をずらすだけで、なんって素敵な朝になるんだろう…)
僕はついついニヤケる自分の顔を抑えられない。
「ふふ…うふふふふ…」
それどころか、笑みさえ漏れてくる。

そして、そんな朝早い時間だからこそ、見れるものも有った。
例えば…
校庭の隅。花壇の近くで、草木を慈しんでいる青と緑のジャージ姿の女の子。
やっぱり女の子はあんな風に、おしとやかな感じがする方が断然良いね!

僕はそんな二人の女の子の姿を、視かn……より脳に焼き付ける為に、何気ない感じを装いながら近づき…
いつの間にか二人が、一瞬で消えた事に気がつかなかった。

「抵抗しないでもらえるかな?……これも、君の為を思って言ってるんだよ…?」
いつの間にか、青のジャージの女の子がいつの間にか僕の背後に回り、そう小さく声をかけてきた。
僕は、振り向かない。ってか、振り向けない。だって……


ああ、自己紹介が遅れたね。

僕は桜田ジュン。

見知らぬ青ジャージの子に、首元にいきなり鋏を突きつけられた…可哀想な高校生です。
  

「…桜田ジュン君…こんな方法で接触をしといて何だけど…僕達は、君の味方だよ…」
青ジャージの女の子が、僕の耳元で囁く。

オーケー、オーケー。味方なのは分かったから、僕の首に当ててる鋏をどけよう?な?

何とかして、その言葉を伝えたいが…
青ジャージの子の吐息が耳にかかり、鋏が僕の首をチクチクする。
その快感……じゃない、恐怖に、僕の足はガクガク震え、緊張のせいで荒い呼吸しか返せない。

そんな僕の様子に業を煮やしたのか…
緑のジャージを着た女の子が、スッと僕の前に立った。

「…ちんたらして見つかったら、元も子も無いですぅ。……ここは、多少強引ですが…!」
そう言い、僕の口元にハンカチを押し付けてきた。

おいおい。確かに、僕は匂いフェチでもあるんだぜ?
それに、強引なのも嫌いじゃあないけど…
だからと言って…いきなり男子に、ハンカチに染み付いた自分の匂いを嗅がせるかね?
……
いいだろう!嗅いでやろうじゃないか!

僕はクワッと目を見開き、深呼吸をする。
すると、あら不思議。
僕の意識は溶けるように、眠るように、薄くなり……

完全に眠りに落ちる直前、僕は気がついた。

(…なん…だと?…クロロホルム?……彼女は…匂いフェチじゃなかったのか…!
それは…予想してなかったな………僕とした事が………不…覚………――― zzz)
  

 
~~~~~


(むにゃむにゃ……あぁ…そんなにキツく縛らないで……僕…もう…ああ……アッーー!!)
「ーーッ!!!」
僕は、体に食い込む縄の感覚で目を覚ました。
なんって素敵な目覚めだろう。

いや、これ、皮肉ですよ?変態じゃないんだから…縛られるのが好きとか、ありえませんから。

とにかく、目を覚ましたそこは……
ここはどこだろう?部屋のつくりからして、学校には間違い無さそうだけど…
僕は一体、どれ位の時間眠っていたのだろう?

暫く、椅子に縛られたまま周囲を観察すると…チャイムの音が聞こえた。
うん。やっぱり僕は冴えてる。学校に間違いない。
それに校庭から聞こえる喧騒は、きっと昼休みのものだ。

そして…
こんな冴えてる僕を、アッサリと捕まえた青と緑のジャージの二人…
間違いなく、目的は僕の天才的な頭脳だろう。

何の根拠も無いけど、そう確信する。

(だけど…見張りも付けずなんて、僕も甘く見られたもんだな!)
僕は簀巻きにされたまま、ピョンピョンと地面を跳ねる。

疲れただけだった。
  

 
(…こんな所で無駄に体力を消費してもダメだ。何とか助かる方法を考えないと…)
僕は床にグッタリしながら、何とか考えを巡らし…

と、不意に扉がガラガラと開き、二人の女の子が部屋に入ってきた。
制服に着替えているけど、間違いなく、今朝のジャージ二人組みだった。

「(クスクス)……でも、クロロホルムはやりすぎだったね」
「大丈夫ですぅ!漫画でもよく有る、常套手段、ってヤツですよ!」
「ふふ…でも、実際に漫画みたいな使い方を素人がしたら、最悪の場合、一生意識が戻らないって言うよ?」
「え゛!?…マジ…ですか…?」
「ふふ…もしそうなったら、花壇に埋めちゃおうよ?きっと来年の今頃には、綺麗な花が咲くよ?」
「……じょ…冗談…ですよね…?」
「ふふふ…もちろん、冗談だよ?」


いやぁ、見目麗しい女子達が、にこやかに会話してるのって、見てるだけで楽しくなるね。
内容は酷かったけどさ!

とにかく僕は、埋められたくない一心で、二人に声をかける。
「…あの…起きてるんだけど…」
 
僕の声に驚いたように二人は体をビクッとさせ……あぁ…良いよ…今の表情……フヒヒ…
  

 
「ちょ…ちょっと待ってろです!」
ロングヘアーの方の女の子がそう言うと同時に、二人は部屋の隅に置いてあるダンボール箱に飛びつき――

そして、ショートヘアーの子が鋏。ロングヘアーが如雨露を持つと、
二人はその先端を『キン』と合わせながら叫んだ。

「普段は、緑を愛する園芸部!」
「ですが!その真の姿は!!」
「生徒会副会長・蒼星石!」
「生徒会会長・翠星石!」
「僕達!」
「私達は!」
「「学園の平和を守ると誓います(ですぅ)!!」」

「………」
何だこいつら?
『それにしてもこの二人、ノリノリである。』なんてナレーションが聞こえる気がする。
そんな呆然とする僕に気がついて…
二人――蒼星石と翠星石というらしい――は、なにやら小声でゴニョゴニョ相談し始めた。

「…おかしいですよ…タイミングはバッチリでしたのに…」
「…ちょっとセンスが良すぎて、彼には理解できなかったみたいだね…」
「そうです!このジュンとか言う野郎のセンスに問題有りなだけですぅ!」
「うん。翠星石が徹夜で考えたセリフだもんね。変なわけが無いよ」

なるほど。僕のセンスの問題だったのか。
まあ、百歩譲って、それを認めてやっても良いが…ちょっとは疑問を持てよ。特に青いの。


~~~~~ 


「…とにかく、水銀燈に見つからずに君と接触する為には、仕方ない事だったんだ…」
とりあえず、逃げない事を条件に縄を解いてもらい、僕は蒼星石から一連の流れの理由を教えてもらった。

何でも、僕が水銀燈の魔の手から逃れる為の手助けをしてくれるらしい。

「で…その為に、僕が水銀燈を拒絶する必要が有る…って事か?」
実に分かりやすいまとめで、僕が聞き返す。

「そうです。基本的に生徒会は、生徒個人個人の意思には干渉しないですぅ」
「だけど…個人の意思とは関係無く、力による主従関係。それが立証されれば…」
「私達が、力になれるです!」

「なるほど。よく分かった。…僕にとっても、非常にありがたい提案だよ」
僕は手を差し出し、翠星石と蒼星石の二人と熱く握手を交わす。
当分、この手は洗わないつもりだ。

「どうやら話はまとまったみたいだし……」
「善は急げですぅ!早速、突撃ですぅ!!」
「…へ?」
流れが理解できない僕を引っ張りながら、二人が教室の出口に向かう。

「ちょ…一体どこへ……!」
「もちろん!直接対決ですよ!」
「ふふ…正義の一撃を振り下ろすんだよ…ゾクゾクするなあ…」

ちょっと待て。それは聞いてない。

  
~~~~~


あれよあれよと言う間に、僕は屋上まで連れて来られ…
そこで破壊の天使・水銀燈が降臨するのを待っていた。

「いや…いくらなんでも、マズイだろ!」
僕はそう抗議するが…
「大丈夫、僕たちがついてるから」
「てめぇには指一本触れさせないですぅ!」
すっかりぶっ飛んだ二人を前に、何の結果も出せないでいた……

それでも…

僕の事を、こんなに考えてくれる人が居る…

その事実が……なんだろう…僕の心に不思議な勇気をくれる。

(……ありがとう翠星石、蒼星石…僕は……)
負けない。
絶対に、二度と…水銀燈に屈したりしない!

怯えきった羊の目から、戦う決意をした男の目に変わっていくのが、自分でも分かる。

僕は、水銀燈がやってくるであろう扉。その先を射抜くように睨み続け…――

やがて、その扉がゆっくり…まるで地獄の門のように開いた……

  

背中に浮かぶ背景を、怒りのオーラで歪ませながら、水銀燈が姿を現す。

100人いたら、99人が「怒ってる」と答えるであろう、彼女の姿――
ああ、ちにみに残りの一人は「僕が昼食を奢らなかったから怒ってる」って答えるんだけどね。

僕は、後ろに立つ翠星石と蒼星石の方を振り返り…そして…
強張っていたけど、精一杯の笑みを浮かべながら、搾り出すように言う。
「無理だ。逃げよう」

「ちょ!何言ってるですか!ここまで来て、そんなのありえないです!」
「そうだよジュン君!正義は僕たちに有るんだ!」
二人が僕の背中を、グイグイと押す。
いや!やめて!死んじゃう!マジで!

水銀燈は相変わらず、恐ろしげな雰囲気を纏いながら近づき……そして、ピタリと立ち止まった。
「…下僕のくせに、ご主人様の昼食を忘れるなんて……良い度胸してるわねぇ…」

ああ、これはマズイ。
200パー殺される。
殺して、蘇生させて、また殺してで、200パーセントだ。

完全に足がガクガク震える僕。
そんな僕に……生徒会の二人が助けを出してくれた。

二人は僕と水銀燈の間に立ち塞がり、勢いよく啖呵を切る。

「やめるんだ!彼は君の下僕なんかじゃない!」
「そうです!自分の意思を持った…大切な生徒です!!」
  

突然飛び出した、二人の女の子。
水銀燈はその姿をまじまじと眺めると…僕に視線を向けてきた。

「ですってぇ……ふふふ…いいわぁ……だったらジュン…あなたが決めなさぁい…
女の子の背中に隠れながらガタガタ震えるか……
私の前に跪いて、忠誠を誓うか……」


蒼星石が、僕を庇うようにバッと両手を広げる。
「…立ち向かうんだ……大丈夫…僕たちがついてるから…」
翠星石も、水銀燈に挑むような視線を向けながら、激励してくれる。
「……ジュンは……私が守るですよ…」

僕は…僕は、そんな二人の背中がとっても眩しく見え…何だか泣きそうになってくる。
頑張ろう。
この二人の期待に答える為にも…!

「ありがとう…二人とも……僕は…もう負けない!」
  

 
二人が顔をパッと明るくして、振り返る―――
だが……すぐにその表情も、暗いものに変わってしまった。
「…ジュン…君…?」
「てめぇ…何してるですか…」
「??」
二人の蔑むような視線にゾクゾク……いや、不思議に思い、僕は自分自身に視線を向ける…―――

…土下座してました。


(い…いつの間に!?
あ…ありのままに今起こった事を話すぜ!『立ち向かおう』と思ったら『土下座してました』
何を言ってるのか分からないと思うけど、僕にも分からなかった!
超スピードとか催眠術とか、そんなチャチなもんじゃねえ!もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ……)


愕然とした僕の耳に、どこか遠い感じがする声が聞こえる。
「……帰ろうか…」
「…完全に、しらけちまったですぅ…」

ああ!待って!違うんだ!置いてかないで!
スタスタと遠ざかる二つの足音に、僕は精一杯手を伸ばし―――

その手を水銀燈に踏まれた。

  

 
視線を上げると……引き攣った笑みを浮かべながら、僕を見下ろす水銀燈が。
…さよなら、ねーちゃん。僕、多分死ぬわ。


「……とんだ茶番につき合わせてくれたわねぇ……」
そう言い、僕の手をグリグリと踏んでくる。

「…とりあえず、そぉねぇ…再教育の前に……」
水銀燈が、意地悪く口の端に笑みを浮かべる。

「ふふふ……跪いたまま…私の靴に口付けなさぁい…」


ドS全開の視線が、僕に向けられる。僕は思わず、ゾクゾク……いや、何でもない。



 
|